ネットが遅くてイライラしてない!?

みなさん、こんにちは。

今回はオイルランプについてなのですが、普段エンジンをかけている時(アイドリング時、走行時)はオイルランプはついていないのですが、この間、バッテリーを起動してみたら、オイルランプがずっと点灯しています。気になってエンジンを付けてみたら点灯はなくなりました。オイルチェックをした感じでは少し汚かったですが、特に汚かったり、オイルの量が少ないということはないような気がします。

オイルランプというのはバッテリーをつけているときは常についているものなんでしょうか?それともこれはなにかのトラブルなんでしょうか?

よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

>油圧が正常であれば、オイルの量は多少、少なかったり多かったりしても大丈夫なんでしょうか?



多少であれば問題ないですが、多すぎるとオイルが燃焼室に入りやすくなってマフラーから煙が出たり、エンジンの回転抵抗が増えて出力や燃費に影響が出ます。

>オイルが適正量はいっているかどうかはどのようにチェックしますか?

エンジンにオイルレベルゲージと言う物が付いてますので、そのゲージにオイル量の上限と下限のマークがあり、ゲージに付着するオイルの位置でオイルの量と
付着したオイルの色で汚れを判断します。
レベルゲージの位置は車種によって違うので取説を見るか、ディーラーやスタンドで聞いても教えてくれると思います。
    • good
    • 0

どこのメーカーの車なのでしょうか?


メーカーによって、エンジンチェックランプ、ABS,オイルランプなど、ONの位置で全部点いて数秒で消えるメーカーと、ずうっと点いているメーカーがあったとおもいますが。でも、皆さんが言っている様に、正常なのだと思います。始動したら消えるそうなので、油圧は大丈夫そうですし。心配ならディーラーで聞いてみるのが一番だと思います。
それよりも、暖かい時やオイルが温まっている時、エンジンを始動する時に、オイルランプを見ていて、掛かった瞬間パッと直ぐにランプが消えるか、ジワーッと消えるかで、オイルの換え時(劣化)が目安としてわかりますよ(あくまでも目安)消える時間が長ければ劣化してきたかなぁ~と言う風になります。
一応参考までに・・・
    • good
    • 1

No.8の人、



<エンジンが回っていて、オイルが規定量の範囲内であるのに、警告灯が点灯するのは、何かが異常です。

質問者の方は、エンジン始動時に消灯すると記載してあるようですよ。

エンジンが回っていれば、点灯は確かに異常ですが、質問内容からは外れていますね。
もっと、質問をよく読みましょう。

ただ、No.9の人のような書き方は、問題あるように感じますが・・・。。
No.8の人の、「エンジンが回っていて・・・」 という部分をはずして、「あんたは不正解」 というのもずるいですね。
    • good
    • 0

>オイルの量は多少、少なかったり多かったりしても大丈夫なんでしょうか?



多過ぎた場合には燃焼室に入り込むこともあります。
その前に、クランクのカウンターウェイトで液面をたたくことによりオイルの中に気泡が発生し、この気泡がベアリング(メタル)とシャフトの中に入り込み、焼き付きが発生する可能性が高くなります。
少ない場合には焼きつきの危険が高くなります。

>オイルが適正量はいっているかどうかはどのようにチェックしますか?
レベルゲージでのチェックは自動車学校でも習っていると思います。
また、一応ドライバーの運行前点検で義務付けられているんですけど(^^;
    • good
    • 0

#5の人が正解。



>オイルが規定量の範囲内であるのに、警告灯が点灯するのは、何かが異常です
#8の方の上記発言は不正解。

当該ランプは油圧がかかってナンボなのでオイルの適正量をみているわけではありません。オイルが減っていても油圧が出ていれば点灯しますし、オイルが大量に入っていても油圧がかかっていなければ点灯します。

この回答への補足

ありがとうございます。
オイルの適正量ではなく、油圧を見ているんですね?
それでは、油圧が正常であれば、オイルの量は多少、少なかったり多かったりしても大丈夫なんでしょうか?また、オイルが適正量はいっているかどうかはどのようにチェックしますか?
よろしくお願いします。

補足日時:2004/12/09 09:56
    • good
    • 0

エンジンが回っていて、オイルが規定量の範囲内であるのに、警告灯が点灯するのは、何かが異常です。



現在のオイルがいくらきれいでも、過去のオイル管理が悪かった場合、油圧センサの穴がスラッジで詰まっていて油圧を感知しない場合があるので、このセンサを交換すればよいような気がしますが、現車を見てないのでなんともいえませんね。

本当に油圧不足になった時には大きなトラブルが起こりますので、真因を突き止めるためにも、ディーラーを含めた修理工場にもっていく方が良いと思います。
    • good
    • 0

オイルランプがエンジン始動後しばらくしなくても消灯しなければ異常です。


他の回答者のおっしゃるとおり油圧がかかれば消灯するはずです。
そうでなければディラーへお持ちください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/07 02:58

他の回答者の方の回答を見るとメーカー、車種によってイグニッションスイッチONでエンジンをかけなくてもオイル警告灯が消えるタイプとエンジンがかかるまで消えないタイプがあるようですね、私も知りませんでした。


ホンダ車は消えないタイプです。
質問者さんの車種は何でしょうか?

この回答への補足

こんにちは。僕の車は三菱車です。三菱オーナーのみなさん、イグニッションONで消えますでしょうか?

補足日時:2004/12/07 02:49
    • good
    • 0

正常ですよ。



油圧が掛かっていると消えるんです。
油圧が低下すると点灯して警告。

エンジンが廻らないと、OILポンプも廻らない(ギアで連動)、だから油圧が無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エンジンが回らないと油圧がないということで、オイルランプは点灯したままということですね。ありがとうございまいた。

お礼日時:2004/12/07 02:57

エンジンをかけようとするときに、スターターの位置にスイッチが入ります。


その時には、ほぼ全部の表示灯が異常がないか確認するために一旦点灯します。

そして、オイル表示灯はしばらくすると消灯します。
当然エンジンが正常に掛かったときにも消えます。
それが正常な状態です。
もしもトラブル等が発生すれば表示灯が点灯します。

その表示灯についての説明は、車に搭載されている取扱説明書にきちんと書かれています。
その説明を読んでみてください。

正常時とトラブル発生時の表示の仕方が説明されていますので、見てください。

取扱説明書に無い状態であれば、すぐに修理工場へ行くことを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、イグニッションON時にも少しの間点灯して消えるということですね。わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/07 02:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QXJR400R オイルランプが点灯します

96年式 XJR400R
オイル、エレメント交換は先日したばかりです。

エンジン始動時などは問題ないのですが
走行しているとオイルランプが点灯し、信号待ちなどで停止していると消える状況で
ランプ点灯も毎回点灯するわけではなく、点灯したり消えたりです。
この状態で400km程度走りましたが、今のところは走行中エンジン停止など特に大きな問題は発生していません。

この症状になるすこし前にタンク脱着とオイル交換をした程度で他はさわっていません。
何が原因と考えられますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ランプはオイル量では点灯しないので油圧の低下かセンサーの誤作動が原因だと思います。
オイル量も十分に入っているようなので心配ありませんが、油圧低下はエンジンの焼き付きに繋がります。

テスターがあればセンサーが導通しているかチェックできるのですが持っていますか?
(¥1000ぐらいでも売っています。Ωマークで電気が流れるかどうか調べます)

本当はランプが点灯した時にチェックするのがベストですが、エンジンを掛けたときと停止時でセンサーの導通に変化があるか調べてみてください。サービスデータなど正確な数値が分からなくても始動時/停止時どちらかでは電気は通るがどちらかでは通らないなど明らかに違う数値が出るはずです。
掛けても止まっていても変化がない場合はおかしいですね。

XJR400のエンジンだとセンサーはエンジン下面左側に付いています。
配線を辿っていけばカプラーがあるはずなので、2本あればプラスとマイナス、
1本の場合はプラスを配線に、もう一本をボディに付けてチェックします。
センサーを外すとオイルが出てしまうのでもう一度オイル交換前提でセンサーを外してみるのもいいかもしれません。

もしセンサーに問題がない場合は油圧低下の可能性があるので(めったにありませんが)安心のためにも信頼できるバイク屋さんに持っていくのが安全です。

ランプはオイル量では点灯しないので油圧の低下かセンサーの誤作動が原因だと思います。
オイル量も十分に入っているようなので心配ありませんが、油圧低下はエンジンの焼き付きに繋がります。

テスターがあればセンサーが導通しているかチェックできるのですが持っていますか?
(¥1000ぐらいでも売っています。Ωマークで電気が流れるかどうか調べます)

本当はランプが点灯した時にチェックするのがベストですが、エンジンを掛けたときと停止時でセンサーの導通に変化があるか調べてみてください。サービスデ...続きを読む

Qオイルランプが時々点灯します。最善の対応方法を教えてください。

H12年1月新車で購入、走行距離7万キロ弱のノアです。数日前よりオイルランプが時々点灯するようになってしまいました。前回オイル交換より半年以下、走行距離で3000キロ程度です。

ディーラーで見てもらうと、「オイル残量がLOWレベルになってしまっています。オイル漏れは見あたらないため、エンジン内で燃焼して減少してしまったと思われます。シリンダーに傷があるか、パッキン?が破損しているかが原因の可能性が高いです。完全な修理のためにはエンジンを分解して見る必要があります。20~30万はかかります。破損の状況次第ではもっとかかるかもしれません。とりあえず、エンジンシールコートを入れてみて、オイルの減少が止まるか低減するかどうかを見てみましょう。添加後3000キロくらいの間様子を見ます。」と言われました。

既に9年、7万キロ乗っていますが、オイルは年2回程度交換してきています。このような故障(症状?)になるのは普通なのでしょうか?

シールコートが効いてオイルが減らなくなったら、その後は特に問題はないのでしょうか?効果がなかった場合には、エンジンの分解整備は必須なのでしょうか?今まで以上にオイル残量に注意して、減ったら追加するという乗り方では問題でしょうか?

年数から考えて、30万以上かかるかもしれないエンジン整備の選択肢は可能性が低く、その場合は買い換えも選択肢にあがってきますが、気に入っている車ですし、できるだけ長く乗って出費を押さえたいと思っています。よろしくお願いいたします。

H12年1月新車で購入、走行距離7万キロ弱のノアです。数日前よりオイルランプが時々点灯するようになってしまいました。前回オイル交換より半年以下、走行距離で3000キロ程度です。

ディーラーで見てもらうと、「オイル残量がLOWレベルになってしまっています。オイル漏れは見あたらないため、エンジン内で燃焼して減少してしまったと思われます。シリンダーに傷があるか、パッキン?が破損しているかが原因の可能性が高いです。完全な修理のためにはエンジンを分解して見る必要があります。20~30万はかか...続きを読む

Aベストアンサー

シールコートはオイルシールを柔らかくするものです。
洩れがないのにシールコートを入れたと言う事は、バルブシールからオイルが燃焼室に入っている可能性があるということです。(オイル下がりといいます。バルブシールはシリンダヘッドのバルブ部についています。)
ふつう、ピストン下から燃焼室にオイルが上がってしまうオイル上がりよりも、オイル下がりの方が先に起こります。
どちらもマフラーから白煙(寒い日の水蒸気とは違います)が出て、オイルの焦げた匂いがしますが、違いは、
オイル下がりの場合、アイドリング中では白煙が出ないが、負荷がかかった状態の時や加速時に白煙が出ます。
オイル上がりの場合、アイドリング中に白煙が出て、加速時には出ません。こちらの場合は圧縮圧が低いのが特徴です。オイル上がりの場合、エンジンを降ろして、分解作業しなければならないので、かなり費用がかかります。
また、オイル上がりを起こしているエンジンは、オイル下がりも起こしている場合があります。

>シールコートが効いてオイルが減らなくなったら
問題ないと思います。その後、まめにオイル交換した方がいいと思います。

>エンジンの分解整備は必須なのでしょうか?
前回の依頼時、圧縮をみたのかわかりませんが、圧縮に問題なければオイル下がりの修理になり、シリンダヘッド分解、両バルブやバルブシート交換などになります。低ければオイル上がりの修理になり、シリンダやピストンリングに問題があるので、エンジンを降ろさなければなりません。

>今まで以上にオイル残量に注意して、減ったら追加するという乗り方では問題でしょうか?
大丈夫とは言い切れません。今以上のペースで燃焼され消費してしまうかもしれません。潤滑不足になれば焼き付いて、走行中にエンジンがロックするかもしれません。車検の排ガス点検も通らないかもしれません。

シールコートはオイルシールを柔らかくするものです。
洩れがないのにシールコートを入れたと言う事は、バルブシールからオイルが燃焼室に入っている可能性があるということです。(オイル下がりといいます。バルブシールはシリンダヘッドのバルブ部についています。)
ふつう、ピストン下から燃焼室にオイルが上がってしまうオイル上がりよりも、オイル下がりの方が先に起こります。
どちらもマフラーから白煙(寒い日の水蒸気とは違います)が出て、オイルの焦げた匂いがしますが、違いは、
オイル下がりの...続きを読む

Qオイル切れのランプが点灯したまま走行して・・

車に乗りエンジンをかけたらオイル切れランプが点灯しました。5日前にオイル交換をしたのでオイル切れとは思えわず、計器の故障かと思いましたが車も新車を購入して2年目ですし、それも考えられず出先の駐車場だったのでとりあえず、1~2キロ先のディラーまで行く事にしました。しかし1キロ程走行した所で、車が止まってしまいました。ディラーに電話をして車の止まった道路まで来てもらいました。調べて解った事は、当日何かの拍子にエレメントが外れてオイルが漏れてしまったそうです。新しいエレメントをはめてオイルを満タンにしたら、オイル切れランプは消えました。こんな事は初めての経験だとディラーの方は言っていました。教えていただきたい事は、オイル切れ状態で1~2キロ走行してしまった車は後で、何らかの故障の原因になりますか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

とりあえず、5日前にオイル交換したのであれば、その時にエレメント交換を
してちゃんと締め付けられていなかった可能性が高いですね。

エレメントのある位置よって、停止時でもほとんど抜けてしまう場合と、走行し
てポンプが回った際にオイルが抜けてしまう場合があるでしょうが、どちらに
せよそれだけ大量のオイルが抜けたのならエンジンの下にはオイルが溜まっ
ていた事でしょう。

エンジンへの影響ですが、オイルが抜けた状態で走行してもシリンダ内に油
膜がある状態ならかなり走行できます。
以前、廃車のエンジンを使って通常の運転状態でドレンボルトを抜くと、どの
くらいエンジンが持つか実験した事がありますが、通常走行で50kmくらい走っ
ても大丈夫でした。

ただ、これはシリンダ内にオイルが残った状態ですから、5日前にオイル交換
してそれ以来運転していなくて、全てのオイルがオイルパンに落ちた(抜けた)
状態から運転した場合は、油膜がほとんど無く影響があると思われます。

kodemariさんの場合、1kmくらいで停止してしまったという事ですが、油膜切れ
で焼き付いて止まる場合は本当に一瞬の出来事で、ガクンと止まってしまい、
オイルを入れてもダメだと思いますが、その後何の変化も無ければ油膜切れに
至る前に、ECUが異常と判断してエンジンを止めたのかもしれません。

ですから、現在異常が無ければ故障の原因にはならないと思いますが、作業ミス
の可能性が高いですので、オイル交換をした所にそうなった旨を伝えて作業ミス
である事を認めさせておいた方がいいと思います。(万が一異常になった場合は
原因を調べてオイル切れが起因していたら無償修理するなど)

こんにちは。

とりあえず、5日前にオイル交換したのであれば、その時にエレメント交換を
してちゃんと締め付けられていなかった可能性が高いですね。

エレメントのある位置よって、停止時でもほとんど抜けてしまう場合と、走行し
てポンプが回った際にオイルが抜けてしまう場合があるでしょうが、どちらに
せよそれだけ大量のオイルが抜けたのならエンジンの下にはオイルが溜まっ
ていた事でしょう。

エンジンへの影響ですが、オイルが抜けた状態で走行してもシリンダ内に油
膜がある状態ならかな...続きを読む

Q油圧警告灯の点灯について

お世話になります。
エスティマルシーダ TCR20Gに乗っております。
105,000キロ走行。

エンジンをかけると5~10分の間、油圧警告灯が点灯します。
(ジョウロのようなマークから液体がポツンとたれている模様の赤ランプ)

走行中はぼや―ッと点灯することもあります。
(明るく点灯を100%としたら40%くらいの明るさ)
消灯することもあります。
現在はぼやーっと点灯したり、消灯したりという状態です。
(点灯時30%、消灯時70%くらいの割合でついたり消えたり。)

エンジンオイル他、油量は通常レベル値にあります。

取説には「車を安全な場所に止め、toyotaに連絡を」と書いてありました。

どのような原因でこのような症状が出るのでしょうか。
整備士や経験者の方で、具体的にお答えいただける方からの
ご解答をお待ちしております。

Aベストアンサー

まず油圧警告灯については読んで字の如く、エンジン内の油圧低下をドライバーに知らせる為のものです。

通常はエンジンの始動後、油圧の上昇とともに消灯するのですが、何らかの不具合(油量不足、油路の詰まり、センサー不良など)があれば走行中でも点灯します。

これまでに拝見させていただいたエミーナ(ご質問のルシーダと兄弟車)では、エンジンはもちろん、オイルリザーバタンクにもオイルが入っていればOK、と考えていたユーザーさんがオイル交換を怠り、注ぎ足し給油してご使用されていた事がありました。

質問者様同様、インジケータが点灯するということで初めて気付かれたそうですが、既にエンジンのクランクケースにはスラッジなどの老廃物が堆積し、潤滑不良を起こしていました。
このような場合、エンジンのオーバーホールや最悪の場合にはエンジン交換となり多大な出費を余儀なくされます。前兆としてはエンジンから「コンコン」という異音が出始めるなど、何らかの予見性はあります。

何れにせよ、早急に点検・整備されたほうが得策かと思われます。
単なるセンサー不具合であれば「誤表示」ということで済みます。

ご参考まで。

まず油圧警告灯については読んで字の如く、エンジン内の油圧低下をドライバーに知らせる為のものです。

通常はエンジンの始動後、油圧の上昇とともに消灯するのですが、何らかの不具合(油量不足、油路の詰まり、センサー不良など)があれば走行中でも点灯します。

これまでに拝見させていただいたエミーナ(ご質問のルシーダと兄弟車)では、エンジンはもちろん、オイルリザーバタンクにもオイルが入っていればOK、と考えていたユーザーさんがオイル交換を怠り、注ぎ足し給油してご使用されていた事があり...続きを読む

Qオイルランプが点灯してエンジンがかかりにくい

バイク初心者です。
題記の件、原因と対応策を教えてください。
バイク屋さんに2週間前に整備してもらったばかりなのですが。

Aベストアンサー

Nの真ん中に○の入ったマークはありませんか?
こんなヤツです

|\  |
| ○ |
|  \| うまく見えるといいんだけど。

このマークのあるレバーかノブがチョークです。
コールドスタート(エンジンが冷えきっている)時に
混合気を濃くして、始動しやすくするものです。

Qオイルの油圧低下について

今まで30年間車に乗っていますが警告ランプで油圧低下ランプだけ点いた事がないのですがどうやったら油圧って低下するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、知っておいたほうが良いことは、

油圧警告灯は、オイルの量、すなわち、レベルゲージで測るオイルのレベル(量)については、全く警告を発しません。

どんなにオイルの量が減っていても、ストレーナーがオイルを吸っている限り、油圧警告灯は点灯せずに正常な状態を表示しています。

よって、オイル警告灯が点いていないからといって、それだけに理由で運転席からオイルの量は大丈夫だと安心することは出来ません。

オイルの量は、エンジンに付いているレベルゲージで確認します。(測り方は、下記URL q=2060320の No.4 をご覧下さい。)


ストレーナーとは何かといいますと、エンジンの一番下に付いていますオイルパン部分を取り外しますと、その中で最も下に付いています、金網の付いたオイル吸い込み口です(オイルストレーナー)。
写真は(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2060320)の No.4
図は(http://www.do-da.co.jp/sun-mec/na61/na6_f_1400.html)14-240 のパーツ
ここからエンジンオイルをある一定の量 吸っていれば、警告灯は点きません。


下記No.1様~No.3様のご説明の通りです。

それ以外には、

例えば、エンジンオイルとオイルフィルターを交換してからオイルを規定量測って入れた後(つまり、エンジンオイル交換後)、エンジンを回しますと、しばらくは油圧警告灯が点いています。長くても5秒位でしょうか。正常な場合、その後すぐに消えます。


☆ (後付けオイルクーラー付きなどの場合はこの限りではないかもしれませんが)→、通常は、オイルストレーナーから吸ったオイルはオイルポンプを通ったあとオイルフィルターに行き、オイルクーラー(装着車)に行ってからエンジンに戻ったところにオイルプレッシャーセンサーが付いています。

よって、オイルフィルターやオイルクーラーに(またはその間の配管)穴でも開いてオイルが漏れ出せば、油圧警告灯は点灯します。ラリーなんかでは、ままあることです。ラリーではそのままリタイアでしょうが、ダートトライアルでは走行中は、暇さえあれば油圧警告灯もチェックします(もしもの時は1本目は即リタイアして、直してから2本目にかける。)。



☆ 当方の経験では、当方、古い車が好きですので、海外で暮らしていたころの話ですが、前オーナーが全く手入れをしていないトヨタの3T-GTEUツインスパークエンジンの車を買ってきて、すぐ自分でオイル交換をしました。抜いた古いオイルは特別変でもなく、また、それまでの走りも特別変ではありませんでした。

オイルフィルターはトヨタ純正品ではありませんが、現地トヨタディーラーで入手したものを使い、オイルフィルターレンチはトヨタ純正品のおわん形レンチを使い、1~20Nmが測れるイギリス製のまともなトルクレンチを使って、トヨタの指定する規定トルクでしっかりとオイルフィルターを取り付けました。

オイルは高級品の、エンジンの汚れを良く落とすことで有名なモービル1を規定量入れ、いざエンジンを回してみると、即オイルフィルターが爆発して、ものの数秒で全てのオイルが飛び散りました。

すぐにエンジンを止め、よくよく見てみますと、爆発したのはオイルフィルターの金属ケースではありませんでしたが、オイルフィルターのパッキンが完全に外れ、ドロドロのフルーチェ状態(色は真っ黒ですが)になったエンジンオイルが全て流れ出ていました。


何が言いたいかといいますと、オイルフィルターは、きちんと正しく取り付けていても、このようなトラブルに逢うものなのですね。

通常は、オイルフィルターの中にも万が一のバイパス機能が付いていますし、車によってはたいてい、リリーフバルブ(バイパスのようなもの)が付いているのですが、
しかし、オイルがフルーチェ状態になってしまっては、どれも役には立たず、結果、オイルフィルターのパッキンが外れて、ものの数秒で全て漏れ出てしまうということが起きるのですね。

これを読んで、車に詳しい専門家のかたのほうが驚いて、またとても参考になっているのではないでしょうか。

手入れのされてこなかった車のオイル交換なんて、よくする作業ですよね。

洗浄作用の強い 良いオイルに交換することによって、まっさらな新品のオイルが一瞬にしてフルーチェ状態になってしまい、そしてオイルフィルターのパッキンまで外して爆発してしまうのです。

当方の経験では、たまたまエンジンの汚れがあまりの悪い状態でしたので、走り始める前に爆発しましたが、もしこれがもう少しだけ綺麗なエンジンの状態でしたら、パッキンが爆発することは走行中に起きたのでしょうね。

このような時、油圧警告灯に早く気付くかどうかが、安全の分かれ道になるのでしょうね。


最後に、ネット上におもしろいページがありましたので、参考になるかどうかは分かりませんが、載せておきます。
(http://homepage2.nifty.com/~hassy911/itsau.html)



☆ 上記URL q=2060320の No.4 のURL ホンダのページが変わっていましたので、現在は(http://www.honda.co.jp/manual/mente/seibi1.html)です。

最近気付いたのですが、ある車では、エンジン始動前ではオイルレベルが測れないことがあるということが分かりました。
上記URLでもホンダのサイトでも、エンジン始動前が良いだなんて書いてありますが、ある車の場合、エンジン始動前では全く測れませんでした。
なんだか狐につままれたような感じでしたが、本当です。
当方は沢山車を持っていますが、この間、その内の1台のオイルレベルを測ろうと思いましたところ、エンジン始動前では、どうやっても測ることができません。
感じとしては、“これでもかっ” てほどにオイルが入っている感じです。
え~えっ?って感じで、でも一応(昨日もちゃんと走ってたし)エンジンをかけてみてしばらく暖めてから、止めてまたしばらく冷まして、そして測り直したら、きちんと測ることができました。
オイルの量は、ちゃんと規定量でした。
そのようなこともあるのですね

その時のコンディション

車両とエンジン:1991年式FF車 4G6○ エンジン (三菱)
オイル交換日:前日に正規ディーラーにてフィルターとともに交換
エンジンオイル:純正オイル
測った時の気温:24.3℃

まず、知っておいたほうが良いことは、

油圧警告灯は、オイルの量、すなわち、レベルゲージで測るオイルのレベル(量)については、全く警告を発しません。

どんなにオイルの量が減っていても、ストレーナーがオイルを吸っている限り、油圧警告灯は点灯せずに正常な状態を表示しています。

よって、オイル警告灯が点いていないからといって、それだけに理由で運転席からオイルの量は大丈夫だと安心することは出来ません。

オイルの量は、エンジンに付いているレベルゲージで確認します。(測り方は、...続きを読む

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qcbr400f エンジンかからない

おとといまで普通にアイドリング安定してあとわ同調だけだと思っていましたが
昨日いきなりエンジンがかからなくなっていました。
プラグが原因かと思い4本とも新品に換えても火花が散らずエンジンがかかりません。
キャブにもガソリンわいってます。
メインジェット、スロージェット、エアーやキャブクリーナー、針などで綺麗にしたばかりです。
エンジンがかからない原因わなにがかんがえられますか?

Aベストアンサー

友達同士は「わ」でもいいけど、こういうところは
正しく「は」のほうがいいよ。

>プラグが原因かと思い4本とも新品に換えても火花が散らずエンジンがかかりません

そりゃ掛からんよね。
この場合、一番多いのはプラグキャップとコードの接触不良。
一度、全部キャップからコード抜いて火花4本とも出るなら
コードの先端5mm切ってねじ込み直すといいです。
コード単体で火花出ないならバッテリー、イグニッションコイル、イグナイター
パルスジェネレーター、ACジェネレーターの順で疑いチェック。

>イグニッションコイルやイグナイターわ急にダメになるものですか?

厳密に言えば、徐々に消耗し、一定以上になるとある条件下で
始動困難になり、やがて完全にダメ、始動しなくなります。
IGコイルは、2次側抵抗値で大体分かります。
どちらも消耗品で古い車体ならアース不良、ハーネス断線含め
何でもアリな状態です。

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

Qタイヤの寿命?

タイヤの寿命のことで、教えてください。
時間経過で劣化するのは、当たり前ですが・・

1 ヒビ割れは、ちょっとでもあれば、全くダメなんでしょうか?

2 例えば、3万キロとか、明確な目安は?

3 チューブタイヤの場合は、チューブ交換さえすれば、外見にヒビがあってもOKですか?

4 チューブレスの場合は、ヒビが見えると、そこから空気が抜けていくのでしょうか?

命が乗っているので、交換するのはヤブサカではないのですが、実際のところはどうなんでしょう?

Aベストアンサー

1、ひび割れは、ゴムの劣化の証拠です。ひび割れはタイヤの構造をあまり知らない方からすれば表面に少し出てきているだけと思いがちです。しかし、実際は見えている以上に内部までひびが進行しています。また、特にひび割れがよく見られるタイヤの横はタイヤの中で一番薄く、たわみが大きい部分です。弱い部分に力はおのずと集中してしまいます。ですので、ひび割れているなと確認できたならなるべく早く交換されることをお勧めします。
 また、タイヤの空気圧が低い場合は更にタイヤのたわみが大きくなり負担がかかります。その状態で高速走行するとタイヤが大きくたわんでその際発生する熱でタイヤが一気に破裂します。スタンディングウェーブ現象によるバーストです。車のタイヤで発生しても重大な事故につながります。バイクでは言うまでもありませんね。

2、明確な目安としては大体2年から3年、2万キロから3万キロです。ゴムはゴムでも輪ゴムとは比較にならないくらい劣化しにくく作られているタイヤですが紫外線や温度変化、時間の経過によってゴムの分子結合が切れてだんだんと弱くなっていきます。

3、これも1と同様にいくらチューブがよくても周りを覆っているタイヤがはじけ飛んでしまえばチューブも破裂し重大な事故につながります。ですので、タイヤも一緒に、できれば空気を入れるところについているバルブも交換しておくといっそう空気漏れなどを防ぐことができます。

4、ひびから空気が抜けていくまでなると相当危険な状態です。そのままで高速走行などをするとそこから一気に空気が漏れてしまいます。また、ひびでなくてもタイヤの中のワイヤー等が外に飛び出している、タイヤが傷ついてえぐれているなどの状態が見受けられたときも危険です。

 最後に、走行中路面と接しているのは唯一タイヤです。前輪後輪合わせても設置面積ははがき一枚分にも及びません。発進、停止、曲がる、支えるなどすべてをまかなっているためタイヤをケチると本当に死に一歩近づきます。タイヤとブレーキだけはお金をかけておきたい消耗品です。

 タイヤの溝は雨の日のためにあります。レースでも雨が降ったらスリックタイヤ(溝無し)からレインタイヤに変えますね。溝が無いタイヤを交換しないのも危険極まりないです。

1、ひび割れは、ゴムの劣化の証拠です。ひび割れはタイヤの構造をあまり知らない方からすれば表面に少し出てきているだけと思いがちです。しかし、実際は見えている以上に内部までひびが進行しています。また、特にひび割れがよく見られるタイヤの横はタイヤの中で一番薄く、たわみが大きい部分です。弱い部分に力はおのずと集中してしまいます。ですので、ひび割れているなと確認できたならなるべく早く交換されることをお勧めします。
 また、タイヤの空気圧が低い場合は更にタイヤのたわみが大きくなり負担...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング