人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

中3の女子です。
受験にていてなんですが
私の代からは一期はなくなるのでつまり推薦はなしでみんな学力勝負です。みんな、二期(第一志望)に落ちた時のことを考えて三期に受ける高校も考えますよね?
つまり、高校に2個しか受けられなく、三期で落ちてしまったら高校には行けないですよね。通信制以外。私はそれだけは絶対嫌で、絶対普通の高校には通いたいので私立の存在を思い出し、
私立は受験日が1月くらいで早いですよね。だからもし私立に受かったら、すべり止めにもなりますよね。
私の家はお金持ってる方ではないけど、すべり止めとしてならいいかと思ったのですが
お母さんやおばあちゃんが、私立に受かったら入学するしてもしないとしても入学金10万くらい払わなければならないんだよと言っていました。それって本当ですか?入学金って入学する場合に入れればいいんじゃないんですか?
もし本当なら、おかしくないですか?入らないかもしれない人も10万払わなければいけないって。

A 回答 (4件)

高校の入試制度は、都道府県によってまったく異なります。

あなたの質問にはどの都道府県の公立高校受験のことか書いていませんので、一期だの二期だの言われても、全国(全世界)の人が見ているネットQ&Aでは、どこの話だかわかりません。
あなたの文章から推測して、検索したところ、どうやら福島県の公立高校の話のようですね。公立高校のI期=推薦、II期・III期=一般、というのが、あなたの学年からI期とII期が統合される、と。

で、まあご質問の内容は、公立高校の入試制度変更とはあまり関係ないわけですが。
お母様やお祖母様が言っていることは、本当です。厳密には、高校側は「入学手続き納付金」などの名称を使っているでしょうが、事実上の入学金です。高校によっても多少違うとは思いますが、福島県内の私立高校の募集要項をいくつか調べたところ、公立高校の入試が始まる前に「一次手続き金」として10~15万円程度を払わないといけません。これが「入学金」に相当する金額で設定されています。その後、公立高校の入試が全部終わってから、入学を確定させた人は「二次手続き金」として、授業料や設備費、後援会費などの残りの費用を納めることになります。
そして募集要項には、「納入された入学金は原則として返還しません」と書かれています。この「原則として」というのは、公立高校に合格したから入学辞退する、という場合も返還しません、ということです。(返還される特殊な事例は、入学予定の生徒が死亡したとか、そういうレベルの話でしょう)
つまり、「一次手続き金」=「入学金」は、先に入試を実施する私立高校を「滑り止めとして確保しておくための担保金」なのです。

あなたはお金を払う側の立場で「入らないかもしれない人も10万払わないといけないなんて、おかしい」と思うのでしょうが、逆に、私立高校の立場になってください。入るかどうかもわからない、むしろ「公立高校に合格したら確実に逃げてしまう生徒」のために、合格枠を確保しておかなければならないなんて。それなら、入学を確約できる生徒に合格枠をまわしたい、と思うのが当然でしょう。

ちなみに、入学金というのは、入学するときに払うものではなく、「入学の意思表明をするために払うもの」であり、したがって入学する前、合格後の早い内に支払うのが普通です。「お金を払うから、入学の権利を確保してください」と高校にお願いするためのお金です。
高校側にしてみれば、「公立高校を全部失敗して、中学浪人することに比べれば、10万円や15万円くらい、なんてことはないでしょう? 高校だって合格者に逃げられるというリスクを抱えているんですから」ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入試制度変わったのって全国でじゃないんですか!?
私の県だけって初めて知りました、、
知識不足で申し訳ないです。


めちゃくちゃ納得いたしました…
確かに、私からすれば私立はすべり止めで、絶対合格してやるぞ!とやる気満々の公立高校にもしも受からなかったらこっちに入学するってだけのことだけど、
もし私が私立高校に受かって、でも第1志望校の公立高校に受かったら入学しない、そしたら私立高校に入りたかったのに受からなかった子が可哀想ですよね…
でも、私立に合格した人で誰か一人でも入学はしないってなったら本来不合格になってしまった生徒とか後から入学できるというのはないのでしょうか?(興味本位の質問です)
私立側からすれば迷惑でしょうし、不合格の子に受からせてあげたいですよね…
でも、公立高校で例えたとしても、第一志望校落ちたら、のためのすべり止めで絶対に入れそうな高校に受験して受かって、でも第一志望校が受かったから入学しないって人も公立側からしてみれば不合格の子を合格させてあげたかったって思いますよね。でもお金は取らないですよね。

まあそこは私立高校(お金がかかる)ところだからですよね…

とにかく、納得いたしました…
ご回答ありがとうございました!!

お礼日時:2019/06/04 19:01

No.2です。

お礼コメントを読みました。
あなたの県の公立高校の制度はよく知りませんが、福島県で合っていますか? 違っていたら、回答の臣が無くなりますが。
福島県公立高校の入試制度を調べてみたところ、福島県では、推薦=I期選抜、一般入試=II期選抜、推薦と一般で定員割れを起こした学校の2次募集=III期選抜、と呼んでいるようですね。I期II期という呼び方があなたの県独特のものではありますが、制度自体は、全国的に似たようなものでしょう。
それが2020年3月実施分から、「前期選抜」と「後期選抜」の2種類になる、と。「前期」=推薦・一般入試・連携型(連携中学校を優先)で、推薦と一般は両方に出願できるようですね。「前期」に合格したら、公立入試はそこで終わり(「後期」は受験できない~。「後期」は、前期で定員割れを起こした高校の2次募集、ということのようですね。

最初の質問文で、「みんな、二期(第一志望)に落ちた時のことを考えて三期に受ける高校も考えますよね?」と言いますが、III期=定員割れの2次募集、だとしたら、III期選抜をする高校がどこになるのか、それはII期選抜が終わってからでないとわからないということです。
まあ、例年の傾向でだいたいはわかるでしょうが、一般的に、定員割れを起こす高校というのは不人気の高校ということで、理由はいろいろですが、不便なド田舎にあったり、偏差値が県内最低レベルだったり、荒れていたりで、要するに「残り物」です。
だから、2次募集を計算に入れて「公立は2回チャンスがある」などと考えるようではいけません。

以下は、お礼コメントへの回答です。

>でも、私立に合格した人で誰か一人でも入学はしないってなったら本来不合格になってしまった生徒とか後から入学できるというのはないのでしょうか?(興味本位の質問です)

スケジュールとしては、私立高校の合格発表→併願者は入学金を納めて滑り止めキープ→公立高校の合格発表→私立高校の最終手続き日(辞退者が手続きしない)→私立高校の合格辞退者数が確定、という流れです。
私立高校は、公立高校に合格した人の辞退率を計算して、定員よりも多めに合格者を出すのが普通です。それでも、ときどきは予想以上に辞退者が出て、定員割れを起こすことがあります。その場合、補欠合格の制度があるならば、補欠合格対象者の順位が上の人から定員の人数まで、繰り上げ合格を出します。もし補欠合格の制度がなければ、2次募集を行います。
私立高校が、不合格だった人に繰り上げ合格の連絡をしたとして、その生徒の第一志望がどこかはわかりません。連絡したら、「第一志望の公立高校に合格したので、繰り上げ合格は辞退します」と言ったら、また次の人に連絡しないといけません。延々と、その繰り返しです。とても手間が掛かります。ですから、私立高校としては、安易に受験生に「滑り止めとして合格をキープ」してほしくはないのです。

>でも、公立高校で例えたとしても、第一志望校落ちたら、のためのすべり止めで絶対に入れそうな高校に受験して受かって、でも第一志望校が受かったから入学しないって人も公立側からしてみれば不合格の子を合格させてあげたかったって思いますよね。でもお金は取らないですよね。

入試は私立高校のほうが先に実施され、公立高校はその後ですよね。なので、私立高校が第一志望の人は、そもそも公立高校を受験しません。あなたの県はどうか知りませんが、公立高校を受験する場合、「公立高校の合格は辞退できない」という縛りのある道府県が多いです。
公立高校の入試日程から考えても、複数の合格をもらってどちらに行くか悩むとすれば、後から合格した公立高校の入学手続き締切までに、先に合格をもらっている私立高校と合格した公立高校のどちらにするか、という二択しかないはずです。
福島県公立高校の制度で言えば、前期で合格したらそこで確定ですから、公立高校の合格を複数キープできる状態は生じないのです。
公立高校は、私立高校のように「後に合格発表を行う併願校の合否発表が出るまでの間、合格の状態をキープするための保証金」の制度を設ける必要が無いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めちゃくちゃ説明力ありますね…なるほどです。

私がこの質問を書いたときは、二期と三期しかなく、二期で不合格でも三期で合格すれば的な意味で言いましたが、三期は定員割れを起こした学校に再度募集するっていうのを忘れていました…チャンスなんてなかったですね、、

納得です。
志望校合格できるように頑張ります!!!

お礼日時:2019/06/05 15:24

公立高校の2回勝負までというのは全国的に見たら普通の制度ではないかなと思います。


公立高校の入試制度は都道府県によって千差万別ですが、推薦なんて元から存在しない地域だって普通にありますよ。
むしろ通常で3回も受けられてたのは恵まれてたんじゃないでしょうか。

2回の入試でしくじったとしても、たいていの地域の公立高校なら定員割れの高校が生じた場合については、その割れてる定員を埋めるために3月末に専用の募集機会が設けられるはずです。
なので、通信制以外にも選択肢はあると思いますよ(ただし、受験生の志望動向にもかなり左右されることなので、確実なことは言えませんが)。

とはいえ、それより前にまずはきちんと学力試験で得点を取って合格できるように、勉強して実力を高めることが肝心です。
入試制度が変わっても動じずに済むだけの実力を養成しましょう。

次に、私立の入学金は合格したら確実に入学する専願の人はともかくとして、併願で合格した生徒は万が一の公立高校入試をしくじった時に私立高校に入学させてもらえる権利を一定期間保持しておくために高校に払うお金だと考えておきましょう。
なので、そこらへんを考えれば高額ではありますが、別におかしい話ではありませんよ。
それが、嫌なら払わなければ良いだけのことです(ただし、せっかくの合格は確実に取り消されます)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の地域では推薦が一期としてありますが、今年から私の地域では入試制度が変わって推薦がなくなったとしても私はそもそも志望校に推薦でいけるような過去に良い成績がないし部活もやっていないので私もこの制度ができても変わらないです。
推薦あるのも当たり前かと思っていました…
自分の立場だけが当たり前だと思わないようにしようと思います…

あ!聞いたことあります!なんか思い出しました…全てに落ちたら人数が空いてる学校に入れるかもしれない、と。でも私のいとこの一つ上の男子が一期二期三期全てに落ちて通信制に行ったのでその存在に忘れていました…

はい!!第一志望校に絶対合格できるように頑張ります!!!!!

私立のお金のことですが、納得いたしました。
ご回答、ありがとうございました!!

お礼日時:2019/06/04 19:22

どこの話かわかりませんが、私の住んでいる県ではほぼ一発勝負でしたけど。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

一発勝負って一期とか二期とか三期とかじゃなく、一回で一つの高校だけで合格しなければならないということですか?
そういう高校もあるんですね!?

お礼日時:2019/06/04 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング