(1)子育て中の主婦です。私は、はしかをやったのか良くわかりません。母は三日ばしかならやったと思う。というのですが、それなら大丈夫なのですか?

(2)それから、もし、検査をするくらいなら予防接種をしちゃった方が二度手間、二度出費になるよりいいかな・・・と思っているのですが、どうでしょうか。

(3)病院によって金額は違うかと思いますが、検査費用と予防接種代ってだいたいいくら位するのでしょうか。

(4)予防接種は、今の時期(暑い)はやらない方が良いのですか?これは、子供も含めて知りたいです。

(5)麻疹の予防接種は、接種すると麻疹にならないのですか?

以上 5点、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)麻疹(はしか)と風疹(三日ばしか)は別の病気です。



(2)抗体を持っていれば意味がありません。抗体検査をしなければ予防接種も出来ないと思います。

(3)病院で違うのでお近くの小児科又は内科で聞かれた方が良いと思います。病院によっては予防接種の日が決まっているところもあります。

(4)自治体にもよります。私の住んでいるところは7,8月は一切の予防接種がありません。
今、麻疹が流行していることもありますのでこれも病院に問い合わせて見られたらいかがでしょうか?

(5)必ずしもそうではないそうです。麻疹に感染したら永久免疫といって2度と麻疹にはならないそうですが、予防接種の場合は免疫が切れてしまうことがあるそうです。
今、大人の間で麻疹が流行っているのはこの為だそうです。

もしこれから妊娠する予定があるなら絶対妊娠していない時を見計らって検査、予防接種する事をお勧めします。
妊娠中に麻疹にかかると大変なことになるようです。

参考URL:http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。やっぱり受けようと思います。

お礼日時:2001/08/07 12:25

まずは、はしかとは麻疹のことです。


三日ばしかは風疹です。ですから、それぞれに罹患しても罹患したものにたいして抗体はできません。
風疹、麻疹、水疱瘡などは、貴女のようにやったのかやってないのか不明な方は多く見られます。
しかしいずれも、終生免疫が完成するので、もし罹った事があるならば、予防接種はすべきではありません。お子さんは小さいのならなおさらです。
必ず抗体があるかどうか(罹った事があるかどうか)
の検査を受けましょう。ただ1978年10月より麻疹は任意接種から定期接種に切り替えられておりまた麻疹、風疹、おたふくかぜのMMRという混合ワクチン接種も1989年から希望者に接種が開始されています。こういった予防接種に関してお母さんに接種を受けたかどうかをもう一度確かめる必要があります。
まず最寄りの保健所に当たってください。
たぶん検査から予防接種までの指示を与えてくれると
おもいます。金額についても。
予防接種は体力低下、他の病気が確認された場合、接種は見合わせます。ただ夏はどうしても体力低下が見られる時期ですけれど、余り考えないで良いと思います。予防接種は、そのウイルスの病気を発現させる性質を出来るだけ取り除いたものを人体に接種することで、病気は起こさないけれど抗体ができるという
理屈なのですが、抗体がどの程度出来るかはその人によって違います。ただいずれの予防注射も決められた通りに接種した場合、90%以上抗体が出来ると言われています。
貴女の予防注射歴、お子さんの年齢、貴女の既往歴
などがとても大事なことなのです。
    • good
    • 0

私も麻疹をやってません。

3日麻疹はやったそうですが。
中学生の時、やったかどうか気になって抗体の検査をうけました。
それで、正確に麻疹の抗体がないことがわかったのですが、
その当時、予防接種をこの歳にすると50/50の確率で障害がでるかも
しれないといわれ、予防接種をあきらめました。
(大人になってからの予防接種はよくないとのことでした)

数年前にもう一度、病院で聞いたのですが、今では大人でもOKみたいですね。
ただ、やはり仮性の麻疹にかかるということで発熱があるみたいです。
費用はその時聞いたのですが・・・すいません。忘れちゃいました。
でも、そんなに高くなかったような気がします。

結局、私は仕事もあるので(発熱が1週間ほど続く事があるらしい)
そんなに休めないために予防接種してません。
結婚前にはしなければと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。発熱が続く事がある。と聞いてなんだかタイミングを計ってしまいますね。でもやっぱり受けることにしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/07 12:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 風疹・三日ばしかのまとめページ

    風疹(三日ばしか)とはどんな病気か  発疹、リンパ節腫脹(しゅちょう)、発熱を3つの主要な徴候とする急性ウイルス性疾患です。妊婦がかかると胎児に感染することがあり、子どもに奇形を生じた場合には先天性風...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻疹の罹患検査

こどもがこの度、正体不明の病にかかりました。

発疹と発熱、その他所見から川崎病疑いで大病院を紹介され、詳しく診ていただきました。
結果、川崎病ではなく、次に疑われた他の病気でもなく、何かは分からないが菌が悪さしているのでしょうとのことでした。

が、親の勘からすると、症状や経過が修飾麻疹だと思います。先生にも麻疹に思えることを伝え話し合いましたが、先生的にも麻疹は否定できない所見はあるものの、まぁ身近な人がかかっていない限り可能性は低いでしょうということでした。

私が修飾麻疹だと思った詳細根拠は省きますが、先生には麻疹にかかったか分かるような血液検査は病院ではできないと言われたのですが、どこかの病院あるいは機関で調べてもらうことは本当にできないのでしょうか?自費でも構いません。一般人は受け付けてもらえないのでしょうか。

体の弱い兄弟がいるので(というか家族みんな体が弱いほうなので)、麻疹ならワクチン接種済みでも心配ですし、心づもりしたいのです。また、保育園に通っているので、お友達に感染力強いウイルスをばらまきたくありません。違ったら違ったで安心できるので…。

ちなみに、今年麻疹の報道で出た地域に住んでいます。
あと、自分の勘のおかげでこどもの命が助かった経験がありますので(先生には軽くあしらわれた症状が、緊急を要する命に関わる病気だった)、今回も自分の勘が気になって仕方ないのです。

こどもがこの度、正体不明の病にかかりました。

発疹と発熱、その他所見から川崎病疑いで大病院を紹介され、詳しく診ていただきました。
結果、川崎病ではなく、次に疑われた他の病気でもなく、何かは分からないが菌が悪さしているのでしょうとのことでした。

が、親の勘からすると、症状や経過が修飾麻疹だと思います。先生にも麻疹に思えることを伝え話し合いましたが、先生的にも麻疹は否定できない所見はあるものの、まぁ身近な人がかかっていない限り可能性は低いでしょうということでした。

私が...続きを読む

Aベストアンサー

麻疹であるか否かを検討するためには、喉の奥を綿棒で拭ったもののRNAを増幅させる検査(RT-PCR)を行うか、血液の中の麻疹に対するIgMの存在を診るか、という方法があります。PCRは発症してから7日間経過するとRNAが検出できなくなる事があるため、検査が陽性ならば麻疹と診断できますが、陰性の場合は、結果は不明、という事になります。

お話からすると、既に7日は経過していると考えますので、PCRは不適な検査と思います。

麻疹IgMの場合は陽性となる期間が一か月程度と長いため、質問者さんの場合であれば、麻疹IgMを測定してもらうのが宜しいでしょう。こういったことをお願いすることについては、大病院よりもむしろ開業医の先生の方が、より患者さんの要望を聞いて下さりやすいので、開業医の先生にご相談されることをお勧めします。

もちろん・・・修飾麻疹に似た症状、経過を示す、他のウイルス疾患は非常に多く存在し、そして、日本においては、麻疹の頻度よりも、それらのウイルス疾患の方が、圧倒的に頻度が高いので、その大きな病院の先生の診断(麻疹の可能性はとても低い)が正しい確率のほうが、非常に高いと想像します。

しかし、質問者さんの要望は、「確率の問題では無く、麻疹を否定、または診断するためには、かなりの労力を惜しまないし、そうしなければ日常生活を正常に営めない」といったお話なのだろうと想像します。それであれば、是非お近くの開業医の先生にご要望下さい。

麻疹であるか否かを検討するためには、喉の奥を綿棒で拭ったもののRNAを増幅させる検査(RT-PCR)を行うか、血液の中の麻疹に対するIgMの存在を診るか、という方法があります。PCRは発症してから7日間経過するとRNAが検出できなくなる事があるため、検査が陽性ならば麻疹と診断できますが、陰性の場合は、結果は不明、という事になります。

お話からすると、既に7日は経過していると考えますので、PCRは不適な検査と思います。

麻疹IgMの場合は陽性となる期間が一か月程度と長いため、質問者さんの場合であれば...続きを読む

Qはしか予防接種後の効果はいつから?

1歳3ヶ月になる娘のことです。昨日やっとはしかの予防接種を受けることが出来ました。受けたくてもけいれんをおこしていたため受けられず、はしかの流行地域であるため、これまで外出を控えてきました。 質問なのですが、はしかの予防接種を受けた後はすぐに効果があるのでしょうか?たとえば、昨日受けて、今日はしかの感染者と接触した場合などは発症してしまうのでしょうか? 抗体獲得は2週間程度と聞いて心配になりました。

Aベストアンサー

麻疹の流行地域といっても、年間3万人も結核患者が出ている事を考えると、今回の麻疹はそれほど流行地域だからといって心配する必要はありませんよ。
勿論、風邪の予防と同じように密集した場所に行かないなどは、麻疹に限らず感染症予防の為には大切な事ですし、2週後に抗体ができたとしても、他の感染症にかからないように密集した場所に連れて行かないなどの対策はしばらく必要でしょう。
それと、麻疹は飛沫感染します。つまり、麻疹の患者に近くで咳やくしゃみをされたりしなければ、感染はしませんよ。

Q麻疹の症状

1歳になった時に麻疹の予防接種をしたのですが、その1ヶ月後ぐらいに熱がでて、発疹が顔や体に広がり突発性発疹かと思い病院に行って先生も「おそらく突発でしょう」との事で様子をみていたのですが、5日たっても熱が下がらないので再度受診をしました。麻疹の検査をしたところ結果、麻疹だったのですが先生も驚くほど麻疹の症状が全くなかったのです。麻疹なら口の中にも発疹ができるんですよね?何もできてないし、先生も検査するまで「麻疹の症状はないな~」とおっしゃってました。結果がでた後「一番抗体ついてる時なはずやのにな~」とも・・そんな事もあるんでしょうか?本当に麻疹だったのかな~と、ふと思ってお聞きする事にしました。同じような経験されたかたいらっしゃいませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
それは十二分にあることです。
必ず典型的な症状が出るとは限らないところが病気のやっかいなところです。

他にも水疱瘡で水疱が出なかったり、全く無症状でかかったこと自体気づかない事だって多々あるんです。

いかにお医者さんの経験というのが大事かわかる部分ですね。。

Q 20年前でも、麻疹の予防接種とは有効なものでしょうか?

 20年前でも、麻疹の予防接種とは有効なものでしょうか?

 はしかの抗体を持っていることを証明しなくてはなりません。
 ただ、はしかの予防接種はそうとう高いようです。
 予防接種を受けなくても大丈夫です。
 ただ、その場合は、「抗体」を持っているのだということを証明しなくてはなりません。

 私は、かつて麻疹の予防接種を受けたことがあります。
 ですが、それは20年以上も前の話です。

 それでも、私はまだ、抗体を持っている・・・というのが普通なのでしょうか?
 抗体をもっていないことが判明して、
 それからさらに、予防接種をするということになると、二重に料金が発生するので、
 それは避けたいところです。
 
 そこで、GOOに質問をしてみることにしました。
 どなたか、ご存じの方がいましたら、よろしくお願いいたします!
 
 

Aベストアンサー

20年前の麻疹ワクチンの抗体が現在あるかどうかは調べて見ないと分かりません。
たとえ検査で抗体があっても、今後一生続くことは通常ありません。
麻疹と接触しなければ罹りませんが、接触すればいずれ罹ります。

現在の子供は1才と入学前と2回麻疹、風疹ワクチンを行うのが普通です。

他の国では2回が当たり前のため、日本でも4-5年前より5年間の時限で高校3年生まで接種しています。
(来年頃には1-23才までの人が2回麻疹、風疹ワクチンをやったことになります。

よって、現在22-23才以上の方は、ワクチンを1回しかやらない事になります。
罹ってなければいずれ罹る可能性は残ります。

ですので、高いとは思いますが検査をしないで、MRワクチンという麻疹、風疹ワクチンをやるのがいいのではないでしょうか。
抗体が有ったとしても、全然問題有りません。
かえって抗体を上昇させ罹りにくくしてくれます。

これでも一生かからない保証はないですが、罹ってしまうよりリスクは少ないと思います。
よく、罹ってしまえばその後一生かからないからいいと、と言う考えの人がいるようですが、これは疑問です。
正解はないと思いますが、やった方が良いと思います。

20年前の麻疹ワクチンの抗体が現在あるかどうかは調べて見ないと分かりません。
たとえ検査で抗体があっても、今後一生続くことは通常ありません。
麻疹と接触しなければ罹りませんが、接触すればいずれ罹ります。

現在の子供は1才と入学前と2回麻疹、風疹ワクチンを行うのが普通です。

他の国では2回が当たり前のため、日本でも4-5年前より5年間の時限で高校3年生まで接種しています。
(来年頃には1-23才までの人が2回麻疹、風疹ワクチンをやったことになります。

よって、現在22-23才以上の方は、ワクチンを...続きを読む

Q麻疹とインフルエンザの順番は?

子供が11月で一歳になります。
タイトルの予防接種を受けようとしてますが、順番で悩んでます。候補は2つあります。
A:
11月:インフルエンザ一回目
12月:インフルエンザ2回目→1週後に麻疹

B:
11月:麻疹
12月:インフルエンザ一回目
1月:インフルエンザ2回目

麻疹は感染力や重症化する事を考慮して優先順位が高いと聞きますが、流行するのは春先とも聞きます。ならばAでもいいように思えますが、万が一感染した時が心配です。Bはインフルエンザ流行に接近してるためこちらも心配です。インフルエンザはワクチン入手、年齢、アレルギーの事情で11月以降でないと受けられません。

また私が入手した麻疹の優先順位の話は過去の事で、2005年から予防接種のガイドラインが変わったとも聞きます。
・麻疹の流行は春先、との話は本当でしょうか?
・麻疹の優先順位の話は今でも同じでしょうか?
・総合的にA,Bどちらの案がいいでしょうか?

Aベストアンサー

#6です。
#4がダメで集団生活をしているのなら、MR優先です。
インフルエンザの治療薬はありますが、麻疹の治療薬はないからです。
おっしゃるとおり麻疹は感染力も強く、重症化しやすいです。
また流行の時期は決まってません(春先、と言われてたのは昔の話です。春になると人の往来が活発になって、伝染性の疾患が広がりやすくなったのが由来だと言われています。)
また麻疹は命取りです。
ぜひ麻疹優先でお願いします。

私の地域ではもうインフルエンザの予防接種をしてくれますよ。
なので、周囲の大人と兄弟が先にインフルエンザを受けておいても良いのでは?
保育所への送り迎えだけで、けっこう親も色々もらいますよ。

QHIV検査で予防接種した場合の偽陽性の可能性は?

先日HIV検査で陽性が出ました。
今度再検査になります。
先生は再検査で本当の陽性は10%ぐらいと聞きました。
過去に何度か海外で遊んだことはありますがすべてゴムを使用しています。
先生にそれを伝えると「国は?」と聞かれたので中国と答えました。
「微妙ですね。」という返事でした。。
どのくらい前ですかと言われたので2年ぐらい前と答えると
「1年以上前ですね。う~ん。。。」との反応でした。
偽陽性を調べると予防接種原因で陽性が出ると見ました。
二か月前に風疹の予防接種を受けました。
予防接種で偽陽性が出る可能性は何%ぐらいでしょうか?
不安でたまりません。。。
お願い致します。

Aベストアンサー

インフルエンザ ワクチンについては偽陽性率が2~3倍に増加したというレポートがあります。

ただし、風疹の予防接種との関係はないと思います。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7539579

Q主人が麻疹の可能性ありと(至急!)

主人(38歳)が体の発疹から「麻疹の可能性あり」という診断をされました。月曜日に血液検査をする予定ですが、熱や風邪症状など麻疹に見られる症状は今のところ発疹以外ありません。

そんな折に小学生の息子も昨日から顔にうっすら発疹(ボツボツではなくまだらな感じ)が出来ました。鼻水は一週間ほど前からありますが、熱はなく元気です。
息子には当然1歳過ぎに麻疹の予防接種を受けていますし、2002年生まれ(小1)なので昨年、風疹麻疹混合ワクチンの予防接種を受けています。
参考http://www.nsknet.or.jp/katoh/measles.html

それでも麻疹ってうつるものでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

度々失礼します。

息子さんは、修飾麻疹の可能性があります。

ワクチンとかで免疫が出来ても、その後、免疫力が低下したときにかかるようです。発疹がでなかったりで、麻疹(はしか)と分かりにくいのだそうです。
目の充血、目やに、発熱と咳。これが続くと、麻疹を疑う必要があります。

とくに、同じ家に旦那さんがいるのですから・・

しかし症状には、医師も判断に迷うことが多いようです。

Q破傷風の予防接種

先日飼い犬に咬まれて破傷風の予防接種をしました。
医者に1ヵ月後に2回目、1年後に3回目の接種が必要だといわれました。
一度病院を転院しているのですが、転院先の医者は1ヵ月後に2回目だけでよいと言われました。
どちらが正しいのでしょうか?
ちなみに、私は3歳頃に3種混合ワクチンを接種したきりで、それ以降はしていません(本来なら12歳頃に接種するのでしょうが、私はしませんでした)。

Aベストアンサー

基本免疫ができていると考えるかどうかで回数が違います。
1968年以降の生まれで、その後遣っていないのですから、
生活状態や体力・免疫などを考えてどちらも言っている訳です。

又、68年以降でも二種の場合も有るが、三種は確実でしょうか?
最初の医師は全てをカバーして安全を考えているわけです。

Qどうやら麻疹になったらしいのですが・・

麻疹の症状である、高熱、口の中のブツブツ、体や顔に出る赤いブツブツなど、見事に麻疹の症状に一致するんですけど、病院は何科に行けばいいですか?あと今、大学生なんですけど明日どうしても出なきゃいけない授業があってでも麻疹だったら感染するからよくないのかなと思うのですが、麻疹でも正当な欠席には認めてもらえないのでしょうか。だとすれば他人に移しても学校に行こうと思うのですが。

Aベストアンサー

内科でOKですが、隔離待機ですので
受付で発疹、高熱とお伝え下さい。

麻疹は失神が出てる時が、感染力が一番強いです。
大学は元より、病院以外は家から出ないように。

本当に麻疹であれば、これは学校保健法学校伝染病第二種にかかげられており
解熱後3日は登校禁止です。

学校保健法で登校が禁じられてるんですから
学校側は配慮してくれるはずです。

ウイルス性の風邪での発疹、口内炎もありますから
麻疹じゃなかった時は…配慮なしと思いますが。

お大事に。

Q破傷風の予防接種

下水道の工事をしている者です。
破傷風の予防接種を二週間前に受けた後に、工事が始まりました。
そのとき傷口(あかぎれ程度)に下水の水がかかってしまいました。
質問なんですが、破傷風の予防接種を受けてから、抗体ができるまで
どのくらいの期間かかるのか教えてください。

Aベストアンサー

以前の破傷風ワクチンをうって10年以内に2週間前の破傷風ワクチンを打ったのなら十分な抗体があると期待できます。普通は小学6年生で2期をうつので22歳以下ならば、問題ないかと思います。
10年以上経過していても、外傷をおった直後に破傷風ワクチンをうって間に合わず破傷風になったという人は私は経験がないので2週間前ならまず問題ないかと思います。
ただ、あかぎれ程度ですと破傷風菌は”偏性”嫌気性菌..酸素が少しでもあると生きていけない..ですからまず心配ないかと思います。


人気Q&Aランキング