【お知らせ】カテゴリの見直しについて

裁判は、お金を持つている方が勝ちいい弁護士をつけられるから貧乏人は悲しい。 不公平だと思いませんか?
私は、お金がないから裁判できません。どうすれば良いのですか?

A 回答 (11件中1~10件)

民事裁判はそんなにお金は掛かりません。

訴額1千万だとしても印紙5万円と切手代です。また、弁護士を付けるのは自由ですし 勝ち取ればそこから弁護士費用も出せるのでそんな理由はない。
また勝敗はどちらが法的に正しく また証拠もあるかで決まるので弁護士の有無は関係ないです。

弁護士は所詮他人事だし複数抱えるので時間稼ぎだけや そこそこの対応。 本人訴訟は上手くできれば キメ細かく進められるメリットがある

以前 賠償責任がないと主張する弁護士相手に 本人訴訟で勝ちました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
そうですね

お礼日時:2019/06/04 23:01

裁判は、お金を持つている方が勝ちいい弁護士をつけられるから


貧乏人は悲しい。 不公平だと思いませんか?
 ↑
不公平ですが、世の中には不公平があふれて
います。
数千万円もするガンの特効薬なども出現して
います。




私は、お金がないから裁判できません。どうすれば良いのですか?
 ↑
1,本人訴訟をする。
2,法テラスを検討する。

まずは法律相談から始めましょう。
30分5千円が相場ですから、誰でも利用出来る
でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
検討して見ます。

お礼日時:2019/06/04 15:59

裁判は、法律に従って公平です。

しかし、公正とか正義ではありません。法律は人間社会のすべてを網羅して対応出来ていませんので、ほぼ公平だろう。と、言うところで落ち着くようになっています。

従いまして、法の公平の拠り所が分からない貧乏人が裁判をしても負けるでしょう。おっしゃっているとおりです。後は、国民の道徳観・倫理感を味方にして戦うしか無いでしょう。そのエネルギーたるものは相当なものになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
良く考えて見ます

お礼日時:2019/06/04 16:00

資本主義社会は、公平社会であって。


また、その公平を司るのはエリート層。
従い、ある程度の不公平は容認する社会と言うことですが。

でも、お金が無いから裁判できない,裁判に勝てないと言うのは、やや不正確かと。
正確には、お金だけではなく、知恵や知識とか、行動力や人脈など、色んなものが欠落している結果かと思いますし。
それらが欠落していることが、お金が無いことにも繋がっているのではないですかね?

逆に言えば、そう言う部分でも努力した人が、その努力が報われない社会も、不公平と言いますか・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうかも知れません

お礼日時:2019/06/04 16:02

弁護士だって商売でやっているので、弱い者の味方ではなく、勝訴して弁護士報酬(成功報酬)が多く取れる人の味方になるわけです。

なので弁護を頼めば必ず引き受けてくれるわけではありませんよ。
いまお金がなくても着手金10万円を何とか用意し、勝訴する可能性が高くて、金銭的に多額のもの(たとえば数千万円)を得られそうなら(いまお金がなくても)いい弁護士を選べます。
裁判で争っても得るものが少なければ、弁護士をつけるのは無理かもね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
悲しいです。

お礼日時:2019/06/04 16:03

相手には武器がある。


叩いても跳ね返す鎧もある。
後ろには他の兵隊が大勢待機している。

対してこちらは竹槍一本に拾ってきたダンボール。
訓練もろくにしてなければ駆け引きも出来ない。

これはたしかに不公平 だが もともと戦いとはそうやって 不利なものを叩き潰すのが目的だ。
裁判とはそういうもの 決して正義ではない。

お金がないなら 知恵を使い 有利な交渉条件を集めるのが正しいが 実際のところ 貧乏人に手を貸す者は稀だし 案外自由な時間もない。
結果として十分な装備を整えることが出来ず 負けてしまう例は多い。

が 他に方法はない。
策を使い 罠を仕掛け 思わぬ奇襲を行い 相手の失敗を突いてこちらを恐れさせ 正常な判断を奪う。
古来から戦いとは そうやって不利を覆すもの。
文句を言う暇があったら 一が駄目なら十の策を 十が駄目なら百の策を練る。
敵を知り己を知り 可能性と勢いを味方につけるのだ。

この世界に もともと公平など無い。
食うものがいて 食われるものがいて 生きるものがいて 死ぬものがいる。
食われるシマウマが 食うライオンに向かって あるいは他のシマウマたちに向かって 「不公平だ」と声を上げたとて 何の意味があろう。 
それでもなお 「在るべきだ」と声を上げるつもりなら 文句を言うのではなく 行動で示すべきだ。
今回の例であれば 「貴方が弁護士になればいい」となるだろう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/06/04 16:03

そんな事ないって その為に無償のホーテラスがあるじゃん

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/06/04 16:04

民事裁判でも 勝訴の見込みがある場合は 資力がない人には法テラスで弁護士費用を立て替えてくれます。


まずは ご相談を
たしかに 民事裁判は弁論主義ですから 真実であろうとなかろうと 言い負かした方が勝ちですので 弁護士の力量によって差が出ます
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
検討して見ます

お礼日時:2019/06/04 16:05

この世の中は、お金をたくさん持ってる人が作ってますからね。


ある程度は仕方ない。

賢くなるしかない。
勉強するしかない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2019/06/04 16:07

外から決め付けて、あれこれ言っていても何も解決しないし、現状も変わらないですよ お金が無いならないなりに、いろいろ深く調べて見るといいですよ いい弁護士を付けようが付けまいが、え❓なんでってゆうような理不尽も事多々ありますけど 無料で相談に乗ってくれる所も結構ありますよ


諦めないで、何とかしたいとゆう気持ちが大切かなと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良く考えて見ます
ありがとうございました

お礼日時:2019/06/04 16:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング