フットサルについてしりたいのですが。

サッカーと何が違うのですか?
人数や試合についておしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

人数などは、no2の回答の方がされているので、他のサッカ-との違いについて答えたいです。

 
サッカ-とフットサルはコ-トの大きさがかなり違います。 そのためにサッカ-では通るような浮いたパス、相手へのパスがずれているような場合はレベルの高いフットサルの試合ではまず、通りません。 そしてドリブルにおいても、一人抜いたらまた一人と次々にディフェンスがやってみます、ボ-ルコントロ-ルが下手だとドリブルしてもすぐにとられてしまいます。
あとはボ-ルの大きさ、ピッチの素材等が、違うために、フットサル選手は基本的にサッカ-をすることがほとんどありません。
僕はサッカ-あがりでフットサルを始めましたが、高いレベルのチ-ムと対戦して通用するまでにはなかなか時間が要りました。
    • good
    • 0

サッカーとの違いは以下の通りです。



[競技場]
1. 基本的には室内競技です。天然芝、人工芝、コンクリート
  などのピッチでは国際試合は行なわれないようです。
2. 競技場の大きさは、縦40m、横20m程度。
[ゴール]
3. ゴールは高さ2m、幅3m。
[ボール]
4. ボールは専用のものがあり、強くけってもあまり飛びません。
[競技者]
5. 1チーム5人。うち1人がGK。
  交代選手は最高7人で、「交代ゾーン」から自由に交代が出来る。
[審判]
6. 主審1名、副審一名。ちなみに、ルールが違うので当然ですが、
  フットサル用の審判の資格があります。私は持っていませんが。
[反則]
7. ショルダーチャージとスライディングは禁止
8. チームの反則が5つになると、6つ目の反則から、第2ペナルティ
  マークという、ゴールから12mのところからの直接FKが与えられます。
[キックイン]
9. スローインはなく、キックインで競技が再開されます。
[ゴールクリアランス(キーパースロー)]
10. サッカーのゴールキックに代わるもので、ノーバウンドでハーフライン
  を超えることは出来ません。
[GKのプレー]
11. GKがキャッチしたボールは、投げるか、蹴ることが出来ますが、ノー
  バウンドでハーフラインを超えることは出来ません。
12. 但し、ドロップキックやピッチ上に置かれたボールはこの限りではあり
  ませんので、大抵の場合はドロップキックで蹴ります。
13. ペナルティエリア外でもプレーできますが、4秒以上ボールはキープ
  出来ません。  
[4秒ルール]
14. ゴールクリアランス、FK、キックイン、コーナーキックのリプレーは、
  4秒以内に行なわなければなりません。
[オフサイド]
15. オフサイドはありません。

以上、手元にあるフットサル競技規則からの抜粋と経験談でした。

参考URLは日本フットサル連盟のものです。

参考URL:http://futsal.jfa.or.jp/
    • good
    • 0

基本的にはミニサッカーみたいな感じでとらえていただけるとよろしいんじゃないんでしょうか?


「草サッカー」なんていったりしますけどね。

規模や人数もサッカーより小さいです。
詳しい広さはわからないんですけど、体育館の中でやってる映像をよく見るのでそんなに大きくはないでしょう。
人数はGKを含めて5人です。
試合時間は20分ハーフ。ハーフタイムは(ルールだと)15分以内だそうです。
そして、スパイクは履いちゃいけないそうで、室内だと靴底に突起のあるものも禁止されるそうです。


たぶん人数を11人集めたり、広い場所を確保するというのは結構難しいことですよね?
それを気軽にできるようにと開発されたんじゃないかなぁと個人的には思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報