出産前後の痔にはご注意!

簡保:普通養老保険に、今年の7月に入りました。

月々の掛け金が負担なので、解約を考えていますが、今の段階で解約できますか?

また、これまで掛けてきた分は、幾らかでも、戻ってきますか?掛け金は、月額:約28000円です。

A 回答 (4件)

解約は、保険に入った郵便局で、本人であれば、


窓口で、証書と印鑑を持っていけば、
すぐその場で、解約はできますよ。
(私も先月解約しました)
ただ、絶対とはいいきれませんが、
期間が短いので、たぶん、
解約の戻りは、ほとんどないのではないでしょうか?
簡保も色々種類あるので、正式にわかりませんので
気になるのでしたら、電話して聞いてみたらいかがですか?
本人であれば、証書番号を言えば、
保険課が教えてくれますよ。
簡保の場合、あまり解約にしてもニッセイなどのように、
うるさくありませんので、ご安心を!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
入ったのは窓口ではなかったんですが(訪問の担当者経由ではいりました)解約は簡単にできそうですね。
掛け金は、ほとんど戻らないことを覚悟します。
電話するの、いやなんですよ。。個人的な理由なんですが。。。
(ひどいトラブルでもないんですが、口先だけの担当者にあたって嫌な目にあってから、もう郵便保険係に、かかわりたくないって感じでして。本人は誠意ないし、上司は部下をかばうし、結局、私の仕事を増やされたわ、高い保険に加入させられていたわで。。相手を信じて、まかせてしまった私もバカですが)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/06 18:42

証書・印鑑・身分証明書を加入局へ行けば


即解約出来ます。
ただし半年もないので限りなく0円だと思います。
ただ還付金の可能性があるなら、早いほうがいいです。
効力発生日になると解約還付金からその月の保険料は引かれますので、その前日までの方が還付金のでる確率が高くなるからです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。効力発生日に気をつけます。早い目に窓口にいきます。

お礼日時:2004/12/09 14:06

ご契約しているのが「養老保険」ということであれば


それなりの金額(半分以上)がもどってくることも考えられますね
保険期間、保障内容等にもよりますが・・・

手続きに嫌な思いをお持ちのようであれば
以後保険料を一切支払わず、自動失効といったパターンも
対応方法としてあるかと思います
    • good
    • 1
この回答へのお礼

それ以外にも2つのかんぽがあり、合計で引き落とされてまして、あとの2つは続けたいので、自働失効は無理みたいです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/09 14:03

基本的なことは約款を持ってられると思うのでそれを参考に・・・


で、解約は出来ますよ。
ただ還付は0でしょう。なんせ1年掛けてないのだから・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生命保険、転換1年未満の解約について

去年の10月に転換したばかりの生命保険についてなんですが、妊娠をきっかけに仕事を辞めるので保障が高い今の保険をやめたいのと、少しまとまったお金がほしいのですが。
1年未満でも転換した金額ぐらいは解約金として戻ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
勝手ながら少々補足させて頂きますと、転換したら戻り(解約返戻金)が無いのではなく、どこの部分に充当されているかによります。
転換とは前契約の解約金を元に前払いで保障の一部を買っておくものです。前契約の解約金を終身保険等の貯蓄性のある程度高い部分に充当しているなら1年目でも戻りはあるでしょう。(性質の悪い外務員だと全額掛捨ての保障に充当と言う事も・・・)
妊娠されたと言う事で、注意はした方がいいですよ。
と言うのも、妊娠中は単体の医療保険等は入れないか部位不担保になる可能性が大きいです。部位不担保と言うのは妊娠に関わる疾病等は支払対象外と言う事です。通常分娩なら良いのですが、異常分娩、例えば帝王切開になれば今の保険は支払対象になります。
つまり、妊娠時は解約時でも見直し時でも無いと考えられます。
保険料を抑えるには不必要な死亡保障を減額や解約(特約の解約)する事でも可能ですから、医療保障は確保しておく事をお勧めします。正常に出産されて1年程経てば割安な医療保険等選択肢は広がります。
保険の種類にもよりますが、契約者貸付の制度も使えるかもしれません。(解約返戻金の8~9割程度引き出せます。)
不必要な保障の部分的な解約と契約者貸付で医療保障だけは確保しておき、無事に保険の見直しが出来る時期になったら解約して割安な医療保険など考えてみては如何でしょうか。
一度お客様センター(カスタマーセンター)に連絡して、貸付可能額と解約返戻金の額をお尋ね下さい。

こんにちは。
勝手ながら少々補足させて頂きますと、転換したら戻り(解約返戻金)が無いのではなく、どこの部分に充当されているかによります。
転換とは前契約の解約金を元に前払いで保障の一部を買っておくものです。前契約の解約金を終身保険等の貯蓄性のある程度高い部分に充当しているなら1年目でも戻りはあるでしょう。(性質の悪い外務員だと全額掛捨ての保障に充当と言う事も・・・)
妊娠されたと言う事で、注意はした方がいいですよ。
と言うのも、妊娠中は単体の医療保険等は入れないか部位不担...続きを読む

Qかんぽ生命の養老保険を解約した場合の返戻金は?

現在、かんぽ生命の養老保険に加入しています。

現在加入している他の保険会社と保障内容が重複しているため、
かんぽ生命を解約して、解約した資金を利回りがいい別の方法で運用していきたいと
思っております。

満期保険金200万円で、全期前納(保険証券には「全期間分払込完了」と記載されています)
しております。

(1)全期前納の場合は、保険金を一時的に保険会社に預けているので翌年以降の分を解約しても、
解約返戻金が全額戻ってくると聞いたのですが本当でしょうか?

(2)損をする場合、どのようなしくみで返戻金が計算されるか教えてほしいです。
損額が大きい場合は、特約の部分だけ解約することも考えたいと思います。

郵便局に直接行って聞くと、かんぽ生命側で都合が悪くなる点は教えてくれず、
うまく言いくるめられるのではないかと心配なので、事前に解約に関する詳しい情報を
ここで教えてほしいと思いました。

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

養老保険および一時払い養老に関しては、他の保険に比べて返済金利が高く、

満了時の運用益によって確定します。

養老保険に関しては、保険を扱える免許が、他の保険と違うため説明できる人は

限られていますし、満了時でないと換算できないという不便があります。

たぶんそのためにはっきり言えないと思います。

とはいえ、やっぱり調べたいですよね。

そこで、簡保保険のホームページで有る程度は調べられます。

登録が必要ですので、確かめてください。

入力方法が複雑で一定期間しか閲覧できません。2ヶ月後には再度閲覧申請が必要です。

http://www.jp-life.japanpost.jp/index.html

Q1年以内の解約はできない?

似たような質問があったのですが、少し違うので質問します。
大手の○生の生命保険なのですが、保険を解約したいと言うと、
まだ1年たってないので無理です、といわれました。
1年以内の解約ってできないのですか?
証券には1年の場合の返戻金の金額が表示されていますが、
1年未満はどうなのでしょう?やはりできないのでしょうか?
そのレディーさんは、結構ご自分の成績ばかり言ってくるので
正直辟易しています。

Aベストアンサー

できます。保険というものはどこの会社がいいとかどの商品が良いとかよりも良い担当者に出会えるかが最重要です。
1年以内の解約となると、手当全額返納と継続率悪化となりレディーさんにはかなりの痛手にはなりますが。

Q解約の手続きについて(簡保)

現在、郵便局の簡保に加入しているのですが、一身上の都合(家事都合)にて、解約する事になりそうです。そこで質問です。解約手続きに必要なもの(証券&身分証明&印鑑以外)は何かありますか?そして、手続き終了後どのくらいの時間(日数)で解約金は戻ってくるのでしょうか?まぁ~解約の段階で損は目に見えてるつもりなのですが・・・宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

簡保の解約は、
・簡保の証券
・身分証明
・印鑑
・通帳等
で大丈夫です。
なるべく契約した郵便局で手続きしたほうがいいです。
わたしも解約したことがありますが、解約のために照会してあとは、保険料の未払い(自動引き落としの場合タイミングがずれるので、契約金で清算されます)の清算等で処理されます。30分ほどで処理完了され解約金は保険を支払った期間によって金額は変わってきます。
契約者本人の場合のほうがより早くすみそうです。代理人の場合(奥さんや夫)は、全国に同姓同名(呼び名)で同じ生年月日の人がいるし、その人が簡保に加入しているような場合は、照会に時間がかかるようです。

ちなみに、解約したあと、新規簡保や、定期預金の加入のお勧めがあるようです。

Qかんぽ生命保険!解約した方が良いでしょうか?

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです...続きを読む

Aベストアンサー

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので
差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、...続きを読む

Q解約払戻金が振り込まれるまでの日数

保険を解約したら解約払戻金は、どのくらいの日数で口座に振り込まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

書類が到着して、5営業日というところが多いようですね。
保険会社のお客様商談室に問い合わせると教えてくれますよ。
ただ、この書類が到着してというのが難しいとろろで、
直接、本社(営業所ではありません)にもっていけば、規定の日数ですが、
営業→営業所→支社などの手順で書類を出したなら、それ相応の日数がかかってしまいます。

Q簡易保険を解約すると満額戻るって本当?

私は大手生命保険会社の契約プラス郵便局での簡易保険にも入っています。
先日会社の同僚と毎月の保険の支払いがきつい、けれど
今解約しても返戻金は微々たるものだし、というような
雑談をしていたら簡易保険は解約時点で納めた保険料のほぼ
満額が返ってくると聞きました。
加入する際にそんな話は聞きませんでしたがこの話は本当でしょうか?

Aベストアンサー

ほぼ全額きますよ^^
8割は絶対にくるよ。。。。。。

でも、返戻金に目がくらむより、
それぞれの条件やプランを見直して、
今後腹ってくうえで
どれを残すかとかを考えないと。
ただ戻ってくる額と
払ってる額の損得で決めるのは駄目。

これだけ払ってても、保障はこれだけ、とか
特約とか見て、考えたほうがいい。
簡保は決して悪くないよ。
掛け金も大手よりは安くない?

昔に入ったやつなら政府保証が絶対にあるし。

Q簡保の保険・解約?貸付?

簡保の保険に加入しています。
特別養老保険5倍型というものです。
基本と特約で11300円毎月支払って、ちょうど二年になります。

急にお金が必要になり(20万円ほど)
今解約した場合、幾ら位戻ってくるのか知りたいのですが。
大体の目安でも結構ですので、宜しくお願いします。

又、解約をしないで貸付を受けることは可能でしょうか?
(出来れば続けていきたいので)
その場合は幾らくらい貸付を受けられるのでしょうか?
その返済方法、毎月の返済額などについても教えて頂けると
助かります。
足りない点があれば補足しますので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特約は積み立てになりませんので、基本の積算の85%程度だと思います。基本が8500円なら、一年で10万円、2年で約20万円ですので、それ程度が上限でしょう。

貸し付けは積み立てられたものの9割まで1年を上限として、利率は積み立てられているものより0.5%程度高いものだと思います。つまり、年率で2.5%程度しか利子がつかないので、20万円なら1年借りても利息は5000円程度、半年なら2500円なので、返せるなら貸し付けが有効です。

返済は全額も可能だし、一部返済を都合がいいときにその分の利子と一緒にすると大丈夫ですので、半年後に10万円と2000円程度、その1月後に残額と数百円ということもできるので、便利ですし、そのころにまた追加で10万円借りると、そこから1年は借りることができます。

経過年数が多いほど借りることができる上限は増えるし、個人的には解約は保険が利かなくなるので別に保険が十分になければお勧めしません。

私は急に多額の現金を用意するときは自分や子供の簡保から借り入れをしますが、カードから借りるより利息が安いし、返済できない場合にも保険が自動で解約され充当されるので、安心して借りています。一度に返済するのは厳しいので何回かに分けますが、日割り計算で利息が計算されるので、無駄もなく、現金が入ったときにすぐに返済しているので、とても重宝しています。

保険証書をもっていけば、利息と貸し出しできる上限をすぐに照会してもらえますので、気軽に窓口で聞いたらどうでしょうか。丁寧ですので、銀行で借りるより借りやすいです。

特約は積み立てになりませんので、基本の積算の85%程度だと思います。基本が8500円なら、一年で10万円、2年で約20万円ですので、それ程度が上限でしょう。

貸し付けは積み立てられたものの9割まで1年を上限として、利率は積み立てられているものより0.5%程度高いものだと思います。つまり、年率で2.5%程度しか利子がつかないので、20万円なら1年借りても利息は5000円程度、半年なら2500円なので、返せるなら貸し付けが有効です。

返済は全額も可能だし、一部返済を都合が...続きを読む

Q簡保の解約で先払いした保険料はどうなりますか

一年ほど前、15年満期の保険に入りました。
その時、3年分を先払いしましたが、他の保険に入り直したいので、今解約を考えています。
もし解約した場合、未経過分はそっくり返って来るのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、お答えをさせていただきます。

簡保で前納され、未経過期間を残して保険が消滅した場合、未経過保険料が払い戻されますが、未経過分がそっくり返る(月掛け保険料×未経過月数)にはなりません。
 払込保険料から経過期間の保険料を割引計算して引いた金額を未経過保険料として払い戻します。

 例えば月掛け保険料10,000円を3年分払込、割引1ヶ月とすれば
払込保険料
 10,000円×35ヶ月=350,000円・・・(1)
 1年(12ヶ月)経過時点で解約、1年分の割引0.3ヶ月(仮定です)で必要保険料は
 10,000円×11.7ヶ月=117,000円・・・(2)
未経過保険料は(1)-(2)で 233,000円 となります。

ようするに払込保険料の割引を経過期間で再計算されるという事です。
割引月数は郵便局にご確認してください。

Q終身保険の解約返戻金について

かんぽの終身保険の解約返戻金について教えて下さい。
かんぽの保険は民間よりも割が悪いと聞きましたが本当でしょうか?
すでに10年支払い終了の分があり、すでに払い込みは終わっています。
昭和62年から10年間掛けた分と平成10年から平成21年まで掛けた分の二つです。
解約した場合の返戻金の戻り率などが分かりましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般生保と比べてかんぽの返戻率が良いか悪いかは一概には言えませんが、かんぽの場合は医療特約などを付けている場合が多いですので、その分は悪くなる可能性があります。
(基本的に医療特約の保険料は掛け捨てになるため)
また、同じ商品でも契約した時期によって予定利率が異なるので、それに連れて解約返戻率も違ってきます。
あと、かんぽの場合は死亡保障を2倍や5倍などと大きくした商品もありますので、その倍率が大きいと基本的には解約返戻率は下がる傾向があります。
個別具体的な契約内容を知る方法は、かんぽに直接聞く以外にありません。
証券と身分証明書を持って郵便局の窓口に行けば教えてくれるはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング