グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

弁護士が依頼したくないのでしょうか?

一回目相談した時は
暴行の治療費慰謝料休業損害請求に対しても
勝訴できます
請求金額100万くらい(見込み)
の回答でした
相談終了時間も近づき、怪我が治り次第金額を確定し相手に請求するとの事でした。100万の請求だと弁護士費用差し引いても黒字になるから請求してもいいでしょうとの回答で面談時間終了。
ここで疑問に思ったんですが、弁護士に相談する機会が何度があったんですがいつも最初に名刺をもらうのですが会った時でした。今回相談した弁護士は初めに名刺もくれず、勝訴できるし黒字にもなるから弁護士に依頼してもいいんじゃないかと言っているにも関わらず最後の別れ際にも名刺はくれませんでした。私から名刺がほしいと申し出し始めて名刺をもらいました。
怪我の治りが当初の予定より遅く、休業損害がある分当初の請求金額より多く請求できるにも関わらず弁護士に面談のアポを入れたところ
面談の日程の調整がとれない、それでも予約しますか?と聞かれ、いつぐらいになりますか?この案件は急いだ方がいいですか?遅くてもいいなら待ちます。と答えたところ、先生の日程を聞いて折り返し電話します。と言われ折り返し電話がないままもう1週間経ちます。

弁護士はこういう断り方もするんですか?
今までの弁護士は
勝訴はできますが費用で赤字になりますがやりますか?という言われ方でこちらが引き下がるような言い方でした。
勝訴できるでしょう。弁護士使っても黒字ですと言っておきながらこーいう言い方しておいての音信不通、初回面談のときに名刺を渡そうとしなかったというのがそもそも乗り気じゃなかったということなんですか?

A 回答 (5件)

弁護士も商売でやっているので、勝訴する可能性が高くかつ成功報酬が多く見込まれる相談案件には熱心ですが、(その弁護士にとって)そうではない相談案件には乗り気にはならないんです。



誰だって儲けが大きい仕事のほうに精を出すでしょ。勝訴して100万円を勝ち取ったとしても、着手金と成功報酬で30万円かせいぜい40万円くらいしか弁護士に入らない(経費を差し引けば、その半分以下)でしょうから、(弁護士によっては)乗り気にならないかもよ。
    • good
    • 0

無料相談ですかね?



名刺を誰に渡すか?って判断は人それぞれだから、弁護士といえども委任契約をしない限り渡さない人もいるかもしれませんね。

そもそも初めに渡したつもりで忘れてたのかもしれない。


>面談の日程の調整がとれない、それでも予約しますか?と聞かれ

ここまでは普通というかよくある話ですよね。

でも1週間も返答が無いのはおかしいね。

一般的には「3週間後になりますが、それでも予約しますか?」というのが普通かと思います。


そもそも、その弁護士の本心を皆で想像してもあまり意味が無いと思います。

貴女が、その弁護士に依頼したいなら事務所と連絡を取合って日程調整するしかありません。
質問をするくらい不信感を持ってるなら、他の弁護士を探すだけだと思います。


>弁護士が依頼したくないのでしょうか?

弁護士にも仕事を選ぶ権利はありますからね。

有料相談した弁護士であるなら、貴女の「依頼は請けれない」というべきだと思います。
日程調整を理由に引き延ばすのは不誠実としか言いようがありません。


無料相談をした弁護士なら、そもそも貴女の事も記憶に薄いと思いますからあり得る対応だと思います。
    • good
    • 0

乗り気じゃない、出来ればやりたくない


ということは十分に考えられますね。

100万ぐらいの訴訟案件では
儲けにならず
遠回しに断る、ということはよく
やられています。
    • good
    • 0

無料相談ですか?


それなら話の続きは連絡待ちではなく、あなたがその弁護士事務所に出向いてください。
弁護士が動くのはきちんと委任契約が成立してからです。
    • good
    • 0

そうかも知れませんね。


儲けにならないと判断したのだと思います。
い~ぱいいますよ、そのような弁護士は
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。いくら位利益があれば請け負うんですかね?慰謝料問題だと100、200で請け負ってるの聞くんで請け負ってくれると思ったんですけどねw

お礼日時:2019/06/12 03:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング