来春からダイオキシン分析の業務につく事が決まったものです。ダイオキシンに対しての知識がほとんどなく、分析を行う上での安全面に大きな不安を持っています。ダイオキシンの最終濃縮液や前処理に使用するジクロロメタンなどに対して不安ばかりが先に立ってしまっています。ダイオキシン分析を行っていて体に悪影響を及ぼす事はあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 他の皆さんがおっしゃっているように、ダイオキシンに限らず、


取り扱う物質の物性・毒性、サンプルの特性、分析操作の意味を十分に把握した上で取り扱うようにして下さい。特に、最初は経験者に見てもらいながら、操作の意味や安全対策を確認しましょう。

 ダイオキシンの場合、急性毒性でどうにかなるほど高濃度で取り扱うことはまずないでしょう。標準物質を直接の飲むようなことのない限り。不適切な取扱によって、長年にわたって少しずつ体内に蓄積し、影響が現れます。一応、一日当たりの耐用摂取量が4pg-TEQ/kg-体重/dとなっていますので、食物などから摂取する分とあわせてそれ以下であれば、一応、安心できます。簡単に注意するところを書いてみますと、
(1) 白衣など衣服とともにガスマスクと耐有機溶媒用のゴム手袋を用いる。
(防護メガネもしましょう)
(2) サンプリングの際にも、大気捕集後のろ紙、飛灰(施設周辺に積もっているものも含む)などは、ダイオキシンがあるレベル以上の濃度で含まれています。
(3)抽出、濃縮、精製過程はドラフト内で行う。
(4)飛灰等はダイオキシン類が高濃度であることが多く、また取扱中に飛散しやすいので吸入してしまいしやすい。秤量の際等、取扱中にはガスマスクをしましょう。また、天秤周りの清掃を心がける。
(5)窒素パージ濃縮中は、乾固させてしまうと低沸点のダイオキシン類は飛んでいきます。ドラフト内で作業すること、ドラフト内をきれいだと思わないこと。
(6)用いた容器などを洗う際にも、気をつけてゴム手袋などをする。
(7)ダイオキシンが入っていると思われる試料は分別して、適切な処理業者に委託すること。
 思いつくことを書いてみました。きちんと理解して行動できれば、ぜんぜん不安に思う必要はないと思います。もし、不安なカ所があったら確かめながら、作業するようにして下さいね。定期的に実験台の汚染状況を確認するとか。。。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「東京都環境科学研究所」
http://www2d.biglobe.ne.jp/~chem_env/honma98/s_d …
(ダイオキシン類による環境問題について)
リンクが充実してます!

ご参考まで。

参考URL:http://www.kankyoken.metro.tokyo.jp/japanese/new …
    • good
    • 0

毒物を扱う上で何が最も危険か,それは毒物に対する知識がないことです。

ダイオキシンを扱うのであれば,ダイオキシンの基本的な物性,安全な取り扱い方法,ダイオキシンの体内への進入経路,どうして毒性を示すのか,万一摂取してしまったときの対処法,半致死量など,多くのことを熟知しておく必要があります。そしてそういった大事な情報は,匿名性の高いネット上の掲示板からではなく,もっと出典のしっかりとした信用のおける文献をあたるべきです。

以降,私の個人的な意見です。

ダイオキシンはそこそこ大きな分子であるため,粉末は比較的安全かと思います。ただし,飛散して肺に入ることは注意しなければなりません。次に,ダイオキシンをジクロロメタン溶液として扱う場合,この溶液が皮膚に触れると速やかに吸収されてしまうと考えられるため,相当の注意が必要です。なお,ジクロロメタン自身はそこまで神経質になる事はないと思います。確かに発癌性が疑われておりますが,こちらは広く溶媒として用いられております。ただし,クロロホルムと同様,皮膚に触れるとしばらく刺激が残りますが…。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPAHのジクロロメタンへの溶解度

PAH(多環式芳香族)の有機溶媒への溶解度を調べています。
極性物質のジクロロメタンのPAH溶解度がペンタンより高いのはなぜなのでしょうか?
ペンタンもPAHも無極性で、ジクロロメタンが無極性なのにジクロロメタンがPAHをよく溶かす理由はなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

PAHの方が「極性」という意味ではペンタンに比べ大きいと思います。分子内に分極を持ちやすいので、他に分極した分子が来ると親和性を示します。

Qクロロホルムの代替にジクロロメタンってアリ?

医薬品関連です。
「クロロホルムは毒性が強いので、なるべく使わないようにして
既存の方法を見直して代替溶媒を使いましょう」、っていう話が
何年も前にあったと思うのですが、その情報の出処がわかりません。

ウィキに、
「毒性と厳しい排出規制、およびグリーンケミストリーの観点から極力使用しないよう
推し進められており、より安全なジクロロメタンや、
より環境負荷の小さい溶媒への転換が行われている。」(Wikiより抜粋)
とあるので、確かにそういう動きはあると思うのですが。

また実際、クロロホルムの代替にジクロロメタンってアリでしょうか?
昔はアリだったと思うのですが、今はジクロロメタンも規制されていますか?

Aベストアンサー

出典はここの2ページ目です。

http://www.nihs.go.jp/mhlw/jouhou/jp/jp15_genan_sakusei_youryou.pdf

ジクロロエタンも用いないというものになっています。

ハロゲン化炭化水素は使わないほうがいいでしょう。
いつも、これには泣かされています。
使用するには。
炭化水素で色々やってどうしても出来ないということの根拠を示す必要がありますね。

Q共有電子対などの言葉で電子対とありもすが、電子対の対ってなんですか?そもそも電子対という一括りの表現

共有電子対などの言葉で電子対とありもすが、電子対の対ってなんですか?そもそも電子対という一括りの表現なのでしょうか?

Aベストアンサー

特別な言葉じゃなくて普通に使われる日本語です。
goo国語辞書(デジタル大辞泉)によると、「二つそろって一組みとなること。また、そのもの。」
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/145939/meaning/m0u/
狛犬や金剛力士像は阿形像と、吽形像が対になってますね。

電子対は、電子が2つ一組になっているその組のことです。電子の対。
難しく考えるからいけない。

Qジクロロメタンとアセトン

こんばんは、派遣で実験補助の仕事をしている者です。

実験で使う真空蒸着機の汚れ(有機化合物)を洗い落とすのに、毎日少量ですがジクロロメタンとアセトンを使用しています。会社の安全教育を受けた際に、ジクロロメタンが人に対して発ガン性があると知りました。MSDSには保護具として「有機ガス用防毒マスク着用」などが書かれていますが、うちでは使い捨ての簡素な防塵マスクを使っています(しかもマスク着用は私だけ!)。正社員の人は、「これは薬液を一度にもっと大量に扱う工場レベルの安全基準で見ているから大げさなだけで、うちみたいに少量しか使わない実験室レベルなら問題はない。」と言っていますが・・他にも身体に悪い物質を扱っているし、昨今のアスベスト問題のせいもあって非常に心配です。本当に大丈夫かどうか、どなたか教えてください!

Aベストアンサー

かなりお気楽な回答もありますが、管理者の立場から一言。ジクロルメタンの安全性は年を追うにつれ限りなく「赤」に近づいていますね。昔はインスタントコーヒーの製造に使われていたって言うのに。^^
当事業所では「ジクロルメタン」も「アセトン」も「除害装置」(ドラフトの事ね)以外での使用には、「完全閉鎖系で、排気パイプを付けること」(窒素を流してダクトまで引っ張る)にしました、10年前に。
アセトンが引火物質として消防法の規制の対象になっていることはご存知だと思います。
運が悪ければ即営業停止!うちなんか事業所1つで日量100L以上使ってるから(研究だけだよ)怖くって。営業停止になったら、研究者、ポスドク、学生さん、契約社員、総勢300人以上一体どうやって暮らせと言うのか。
ジクロルメタンもちゃんと除害装置のあるところで使わないと、生命保険払って貰えなくても知らないよ。
日本は大学も緩いけど、米国では学生さんが先に嫌がって実験しなくなるもんね。
もちろん防塵マスクなんか何の役にも立たないから、せいぜい外気を取り入れること。なお「神奈川基準」の環境安全基準が適用されると、排ガス中の有機物質量も規制の範囲にはいるから、我が事業所がこれまでに除害装置だけで投入した資金は12億以上、図体でかいと目立つから。^^
酢酸エチルなんかは人により吸い込んだだけで「胃痛」を起こす「生体応答」が大きいし。
先々大変ですねー。^^

かなりお気楽な回答もありますが、管理者の立場から一言。ジクロルメタンの安全性は年を追うにつれ限りなく「赤」に近づいていますね。昔はインスタントコーヒーの製造に使われていたって言うのに。^^
当事業所では「ジクロルメタン」も「アセトン」も「除害装置」(ドラフトの事ね)以外での使用には、「完全閉鎖系で、排気パイプを付けること」(窒素を流してダクトまで引っ張る)にしました、10年前に。
アセトンが引火物質として消防法の規制の対象になっていることはご存知だと思います。
運が悪ければ即営...続きを読む

Qジクロロメタンの酸化分解

ジクロロメタンの酸化分解について調べてます。適切な酸化条件下でCO2と塩化物イオンに分解されるとまではわかったのですが、その詳細、酸化の過程、副産物などについて教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酸化条件化での生物分解ですね?
ホルムアルデヒドがおもに中間性生物になるようです。
以下参照ください。

参考URL:http://umbbd.msi.umn.edu/dcm/dcm_map.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報