今赤ちゃんを育てている1児の母ですが
ふと耳にしましたので質問致します。
「血液製剤」はどう言う時にしようするものなのでしょうか?
また 身近なお薬にも血液成分の入ったお薬というのはあるのでしょうか?
例えば赤ちゃん(3ヶ月)が
万が一 何かで手術する事になったとき 使用する可能性はあるのでしょうか?
今の段階の安全性とどういうときに使われるかと言う事
母親として 情けないぐらい 知識がなく
近所の奥さんに 勉強した方が良いよと言われ質問致しました。
基本的な所からよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

補足です。


小児科領域でガンマグロブリンを使用する適応疾患として、重症感染症のほかに川崎病の急性期、難治性の特発性血小板減少性紫斑病、先天性の無ガンマグロブリン血症などもあります。
ガンマグロブリンのほか血液凝固因子などの血液成分製剤では、B、C型肝炎ウイルスやエイズウイルス、成人T細胞白血病ウイルスは陰性が確認され、肝機能(GPTの値)が正常な健康な献血者の血液を原料にしていますが、添付文書には「血漿分画製剤の現在の製造工程では、ヒトパルボウイルスB19等のウイルスを完全に不活化、除去することが困難であるため、本剤の投与によりその感染の可能性を否定できないので、投与後の経過を十分観察する」ということが必ず記載されています。
未知のウイルスの可能性もあり、完全ではないのです。
    • good
    • 0

こんにちは。

補足をいただいた様なので。

>インフルエンザ~は、motokiohb さんに手助けいただきまして。m(__)m

>その他の病気~について。
ガンマグロブリンですが、主にウィルスによって起こる病気で、病状が急激に進んで重い症状を呈する可能性のある病気の時、重症化を防ぐ時や致命的な症状を防止する為に使われます。

例えば、インフルエンザなら、数日で死に至るインフルエンザ脳症という怖い病状を呈する場合があります。これを防ぐ為に兆候らしきものが見えたら直ちに注射してガンマグロブリンでインフルエンザウィルスを叩いて、この怖い脳症の発症を防ぐというのが一般的です。

他にも麻疹や水疱瘡、風疹、お多福風邪などでも症状が重症化したりして後遺症が残ったりする場合があるので、軽く済ませる為に使うなどがあります。

また、妊娠中に妊婦が風疹になった時には、先天性風疹症候群という赤ちゃんの発達異常を防ぐ、B型肝炎になった時は、やっぱり1週間程度で死に至る、激症肝炎の発症を防ぐなどに使われます。

それらのいずれの場合でも、病気になる前から使うものではなく、なってから使うもので、そういう怖い症状が出る心配のない時には使いません。

また、使うときは、大抵医師から説明があるはずです。
    • good
    • 0

こんにちは。


#4さんのお手伝い(なるかどうかはわかりませんが)です。
「ガンマグロブリン」はインフルエンザにかかった時の「お薬」ではありますが、一般的に外来(入院でない)では使いません。そして、経口ではなく点滴です。
またインフルエンザ以外でも使います。疾患名はたくさんありますが、「重症の感染症にかかった時に使う薬剤」と考えていただければよろしいかと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。



「血液製剤」で、おそらく一番使う可能性の高いものといえば、怪我や手術の時の輸血「濃厚赤血球液」、輸液として使う「凍結血漿」、インフルエンザその他のウィルス性感染症等で使う「ガンマグロブリン」といったところでしょう。

凝固因子製材というのが血友病で使用されますが、普通の人が使うことはまずありません。

その他に、血小板というものが少なくなって血が止まらなくなる紫斑病などでは、血小板浮遊液というものが使われます。

あと、手術などで使われるフィブリン糊というのも血液製剤です。

安全性については、motokiohb さんの仰る通りです。
現在ではほぼ安全といえると思います。
ただし、まだ知られていない病原体などが発見された時は別ですが。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
全く素人の質問になってしまうのですが
教えていただきたく思います。
インフルエンザなどはとても身近な病気ですが
かかって病院に行くともらうおくすり?
なのでしょうか?その場合
お医者さんからの説明はあるのでしょうか?
それとその他感染症と言うのにはどういうものがあるのでしょうか?
お手数おかけ致しまして申し訳ございません。よろしくお願い致します。

補足日時:2001/08/01 00:28
    • good
    • 0

先天性障害(血友病?)をもつ乳児の場合


大量出血で輸血用血液がない場合
に使うとも聞いています(但し.10年以上前.発行は20年以上前)。
生物学の本に載っていませんか?。

血液製剤のそれぞれの名称は.厚生省のデータベースに記載が有ります。
使用対象病名・症例をみて.それが載っている(索引か目次に記載のある)医学書を購入して
どうせ見ても.内容が分からないでしょうから.わからない内容を調べて.それが載っている生物学の本か看護学の本を見れば大体書いてあります。
看護婦になろうという人々は.大体中学生程度の人からいます(ただし.看護学校で学歴の差を十分叩き込まれて.ちょっとでも成績が良ければ進学する)から.一般の人でも読めるでしょう。
    • good
    • 0

こんばんは。


どういう時に使用するのか、につきましては他の方の回答をお待ち下さい。
 安全性について私の知る限りでお答えします。
 最近、「血液製剤」については、どちらかというと悪い方でニュースなどで取り上げられているので、心配されておられると思います。
 確かに、「血液」という人の臓器(大きい意味で)を使用しますので、100%化学合成ではない、という意味合いで、絶対安全、とは言えません。
 しかしそれは絶対かどうか、という数字上の判断ですので、一般論としては安全です、といって過言ではありません。
 過去にはいろいろな問題があったのはご存じだと思います。しかし、良い、悪いはとりあえずおいておき、過去の経験は十分に生かされています。
 よって私の結論としては、「今の段階の安全性」は確保されている、と申し上げます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q献血した血は1パック(1人分)ずつ血液製剤になるのですか?

私自身は輸血歴があるのでもう二度と献血することができないのですが疑問が2つあります。

1.献血で採決した血は、その後工場(?)でたくさんの献血とまとめて
 混ぜて作っていくのでしょうか?
 それとも献血1人分から輸血1人分を直接作るんでしょうか?

2.どうして輸血歴があると献血できないのでしょう?
 赤十字の説明では、
  >輸血は、現在の検査法では検出できないウイルス及び未知のウイルス感染の可能性が考えられるので、
  >輸血歴のある方は献血をお断りしています。
  >輸血歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているから、あるいは病気であるからというわけではなく、
  >あくまで輸血を受ける方の安全性を高めることを考えてのことです。
 と、なっているのですが、
 この文章は、(私が過去に)輸血された時に使用された血液が汚染されていた可能性が0じゃないから。という意味なのか
 または、体内で輸血と自己血が混じって新たなウイルスが生まれた可能性が0じゃないから。という意味なのか・・・どっちなんでしょうか?
 もしかして、どっちも違います?(;^_^A

輸血歴ある人の方が恩返しの気持ちで献血したいと持ってる人がたくさんいると思います。私もそうですし。
なので、何でだめなんだろうとずっと気になってました。
誰か教えてください。よろしくお願いします。

私自身は輸血歴があるのでもう二度と献血することができないのですが疑問が2つあります。

1.献血で採決した血は、その後工場(?)でたくさんの献血とまとめて
 混ぜて作っていくのでしょうか?
 それとも献血1人分から輸血1人分を直接作るんでしょうか?

2.どうして輸血歴があると献血できないのでしょう?
 赤十字の説明では、
  >輸血は、現在の検査法では検出できないウイルス及び未知のウイルス感染の可能性が考えられるので、
  >輸血歴のある方は献血をお断りしています。
  >輸血歴...続きを読む

Aベストアンサー

最初に遠心分離をして赤血球と上澄みの血漿に分けます
赤血球はその採血ごとのパックになります
血漿もそれをそのまま使う場合は採血ごとのパックですが、さらに成分を選択して製剤化する場合は混ぜ合わせたものになります

2の質問は初めのほうの血液が汚染されていた可能性の意味合いがほとんどで、可能性を考えれば血液での直接的なつながりを断つことを意味します

参考URL:http://www.akita.bc.jrc.or.jp/blo/blo_i5_4.html#i5_4_4

Q高血圧と思うのですが112上で91下と言うのはどういうことでしようか?

高血圧と思うのですが112上で91下と言うのはどういうことでしようか?
下が91ー95と高いのですが、これは何か危ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 数値からすると軽い高血圧ということです。下だけが少し高いだけですから、今すぐにどうこうということもありませんが、一応高血圧です。
 おそらく、細い動脈が収縮して太い動脈が膨らんでいるために、上と下の差がなくなっているのだと思います。下だけが少し高い高血圧は、合併症を起こすリスクは小さいです。

 高血圧の主な因子
1、肥満
2、アルコール
3、塩分
4、遺伝
5、年齢
6、運動不足

Q扁桃腺摘出手術をしようと思っています。

都内に住む25歳、会社員+バンドでVoをやっています。

元々喉が弱かったのですが、22歳くらいから
年に3~5回程、扁桃腺が腫れ、化膿するようになりました。
過去に二度程、高熱を出し、喉も塞がって、
かなり辛い思いをしたので、それからは少しでも異変があれば病院へ行き、抗生物質で抑えていましたが
今後のことも考え、手術をしようと思っています。

手術をするに当たって、とても心配なことがあり
アドバイスを頂きたいと思います。

(1)扁桃腺摘出手術体験者、及び親戚の看護婦の情報で
術後、「声が出にくくなった」もしくは「出なくなった」
という方がいらっしゃるようです。
私は歌を歌いたいので、身体がよくなったところで
声が出なくなるようでは手術をする意味がありません・・。
近所の耳鼻科で話を聞いたところ、その原因は手術中、全身麻酔をするため、器官に入れるチューブで声帯が傷付くためで、暫くすれば回復するだろう、とのことでした。

実際にその様な方がいらっしゃったら
詳細を教えて頂きたいと思います。


(2)お恥ずかしい話ではありますが、私自身とても痛みに敏感で弱く、術後の体験談を読むと耐えられるのと心配です。。各々の病院で対応、処方する鎮痛剤等異なるようですが、こういった対応をしてもらえて良かった、悪かった等、教えて下さい。

(3)ここ一二年で、げっぷが多く出るようになりました。今では一日に50回くらい出ます・・。炭酸を飲んでいるわけでもなく、胃が悪いわけでもないのに。あと、舌苔がたくさん付くようになったのですが、これも扁桃腺肥大の原因でしょうか?

体験談、こんな情報がある、書籍がある、いい病院がある(そんなことは書けませんよね・・)なんでも構いません。
手術をするのであれば、なんとか成功させたいと思っておりますので宜しくお願いします。

(長文ですいませんでした)

都内に住む25歳、会社員+バンドでVoをやっています。

元々喉が弱かったのですが、22歳くらいから
年に3~5回程、扁桃腺が腫れ、化膿するようになりました。
過去に二度程、高熱を出し、喉も塞がって、
かなり辛い思いをしたので、それからは少しでも異変があれば病院へ行き、抗生物質で抑えていましたが
今後のことも考え、手術をしようと思っています。

手術をするに当たって、とても心配なことがあり
アドバイスを頂きたいと思います。

(1)扁桃腺摘出手術体験者、及び親戚の看護婦の情報で
術後...続きを読む

Aベストアンサー

私は4年ほど前に扁桃腺摘出手術をしました。

子供の頃は扁桃腺が弱く、扁桃腺による高熱をよく出していました。
成長するにつれ、扁桃腺が腫れて熱が出る事も少なくなったのですが、一人目の子供を出産してから扁桃腺の腫れによる高熱が出るようになってしまいました。
私の場合は、喉が痛くなる前は痒みがあるのです。
1~2日すると扁桃腺が腫れて次第に膿みを持ち高熱を出す事がわかりました。

5年間の間に、扁桃腺が腫れ→膿みを持つ→高熱を出して抗生剤の点滴を投与するというパターンの期間が徐々に狭まり、上の子が5歳になる頃には毎月のように扁桃腺が腫れて・白く膿み高熱を出して、3日間抗生剤を点滴による投与で通院する日々が続きました。
喉の検査をして貰うと、本来なら扁桃腺とはそこで入ってきた黴菌を退治するのだが、私の場合は逆に黴菌を増やし黴菌の巣のような状態になっているので、扁桃腺の機能を果たしていないと言われました。
このまま毎月高熱を出しても本人はもちろん、周りの家族にも迷惑がかかるので、思い切って扁桃腺摘出手術を決めたのです。

私が入院した病院では10日ほどの入院でした。
麻酔は全身麻酔だったので、血液検査や麻酔の適応検査(パッチテストみたいなも)を行ったり、体調を整える為に手術の3日前ぐらいから入院しました。
医師には「扁桃腺を取ったからと言っても風邪をひかない」って事を告げられました。
確かに摘出しても風邪をひかないって事はないですが、以前のように喉が腫れても高熱を出すって事はなくなりました。
熱が出ても微熱程度です。
私が入院していた時に、同じ病棟の女性から「声を出さない方が良いよ」とアドバイスを受けました。
ただ手術をした当初は子供が小さかったので字が読めず筆談って事が出来なかったので、退院した後は子供に声を掛けるにしても声を出すしかなかった為に声を出していたら、それが原因だけじゃないのかもしれませんが手術後の痛みも無くなり元に戻った時は声が枯れていました。
一概に声を無理矢理出したから枯れてしまったのかそれはわかりませんけど。

長文になりましたが、私の体験談としてお読み頂けたらと思います。
お大事にして下さい。

私は4年ほど前に扁桃腺摘出手術をしました。

子供の頃は扁桃腺が弱く、扁桃腺による高熱をよく出していました。
成長するにつれ、扁桃腺が腫れて熱が出る事も少なくなったのですが、一人目の子供を出産してから扁桃腺の腫れによる高熱が出るようになってしまいました。
私の場合は、喉が痛くなる前は痒みがあるのです。
1~2日すると扁桃腺が腫れて次第に膿みを持ち高熱を出す事がわかりました。

5年間の間に、扁桃腺が腫れ→膿みを持つ→高熱を出して抗生剤の点滴を投与するというパターンの期間が徐々...続きを読む

Q高血圧と言われ、薬を処方されました、服用後、頭痛がします。服用停止するべき?

血圧140/90は、高血圧だと言われ、薬を処方されました。
しかし、服用すると、頭痛がします。
服用停止したほうがいいでしょうか?
ちなみに、私は、30代で、薬は、ニューロタン25ミリとアムロジン25ミリを一日1錠ずつです。
あと、高血圧の薬は、140/90の目安を少しでも越えたら、服用しなければ、いけないのでしょうか?
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

やはり、今すぐその薬を処方した医師と、
その薬を出した薬局の薬剤師に連絡すべきです。
「頭痛がするのですが、このまま飲み続けていいですか?」と。

薬は原則として、出された薬は全部、医者の言う通りに飲み続けなければいけないのですが、
(「140/90の目安」云々に関わらず)
その薬を飲んで別の異常が出たのであれば話は別です。

Q糖尿病の身近な発見と予防方法

先日、テレビで、“手がしびれたり、のどがよく渇く”といった人は糖尿病の可能性があるといってました。私も思いあたるので、それを確かめる、身近で簡単な発見方法と予防策を教えてください。

Aベストアンサー

主な初期症状としては
・トイレが近くなる
・疲労感が続く
・多飲
・精力低下
・こむらがえり
・体重の急激な減少
があげられます。ただ、手が痺れるというのは神経障害という合併症にかかっている可能性が大きいです。合併症は糖尿病を発症してから数年経過した時点でかかるものですから、手がしびれる、視力低下ともなれば糖尿病がかなり進行していることになります。ただ、上にあげた初期症状が自覚できるようになれば糖尿病がある程度進行してしまっていると考えたほうがいいかもしれません。

さて、自分でも確かめる方法ですが下の方も仰られている尿糖試験紙での検査が最も簡単です。しかし、尿に糖が出ているようであれば血糖値はかなり高くなっています。現在、糖尿病と診断される基準は尿糖が出るといわれている血糖値よりもっと低い値になっています。従って、これだけでは不十分なのです。従って、一番確実なのは血液検査ということになります。グリコヘモグロビン量の測定やブドウ糖を付加した時の血糖値検査など様々な調べ方があります。

予防法は
・偏食を避ける
・ジュースやスナック菓子の大量摂取を避ける
・適度な運動
が基本になると思います。ただし、ストレスなんかでも発症することもあるらしく、なるべく快適な生活を送ることも大事だと思います。

糖尿病は病気そのものが恐ろしいのではなく、それによって引き起こされる合併症が最も恐ろしいのです。ですから、早期発見できればそれだけ合併症も防げて、限りなく健康な人の生活に近づくこともできるのです。発症すれば一生付き合わねばならない病気ですが、本人の気持ち次第で普通の生活を送ることは十分に可能です。

私は肥満体型なので特にこの病気には気を付けてます。20代でかかりたくないですからね。お互い健康には気をつけましょう。

主な初期症状としては
・トイレが近くなる
・疲労感が続く
・多飲
・精力低下
・こむらがえり
・体重の急激な減少
があげられます。ただ、手が痺れるというのは神経障害という合併症にかかっている可能性が大きいです。合併症は糖尿病を発症してから数年経過した時点でかかるものですから、手がしびれる、視力低下ともなれば糖尿病がかなり進行していることになります。ただ、上にあげた初期症状が自覚できるようになれば糖尿病がある程度進行してしまっていると考えたほうがいいかもしれません。

さて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報