ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

米中貿易の影響で中国経済が低迷している中で、香港では市民が司法を否定するデモや暴動が行われています。それなのに、未だ香港警察のみで対処していますが、方法が手緩いためか目立った成果が出ていないです。

どうして、毛沢東に並び立つ指導者であると称されているにも関わらず、共産党の統治を否定する輩を野放しにしているのでしょうか?

市街地への爆撃や陸軍による掃討、あるいは化学兵器の散布、もしくは熱核兵器の使用、それらで香港という都市がなくなっても、中国全体は安定化すると思いますが、どうして行わないのでしょうか?

虐殺によって他国の軍事介入や経済制裁を恐れるほど、自国の経済や軍に自信がない腰抜けなのでしょうか。

A 回答 (9件)

無理やりは、いずれ破綻、内乱、分割します。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>いずれ破綻、内乱、分割します。
いつかは破綻するでしょうが、今は困ります。

お礼日時:2019/06/23 14:48

>虐殺によって他国の軍事介入や経済制裁を恐れるほど


 当局は、「天安門事件は成功だったことは現在の経済発展が示している」
 というスタンスだが、現状は丸腰の市民を数千人規模で虐殺しただけなので
 ヒタスラ隠す「黒歴史そのもの」です。

 市民を銃殺し、戦車で轢き殺しまくったら
 香港なら5-10万人の犠牲者は出るでしょうね。

 軍事的介入は無いにしても
「天安門事件に対する制裁の失敗を繰り返さない」ためにも
 国際社会から最強レベルの制裁を受けることになるでしょう。
 そうなれば中国は「国家存亡の危機に立たされる」と思います。

>香港という都市がなくなっても、中国全体は安定化すると思います
 そう考えるのなら香港を独立させれば良いし、
 同様に台湾も独立国家として受け入れれば良い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>国際社会から最強レベルの制裁を受けることになるでしょう。
>そうなれば中国は「国家存亡の危機に立たされる」と思います。
国際社会といっても、欧米だけでしょうから、乗り切れるのではないでしょうか。ロシアも欧米から制裁をかけられていますが、国家存亡に至っていないです。

>そう考えるのなら香港を独立させれば良い
民主主義を求めて独立されるのは、中国の秩序を不安定化させます。香港を徹底的に潰せば、良い見せしめになるのではないでしょうか。

お礼日時:2019/06/23 14:47

中国史を見ると武力優先の支配者と経済力優先の支配者に別れます。

一方は維持しないと国が潰れます。習さんは両方を維持したいようですが結局武力偏重になっています。こういう支配者は暗殺されやすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

暗殺の可能性は常にあるでしょう。

お礼日時:2019/06/23 14:43

>中国が生き永らえるためにも、犠牲が必要だと思います。



うまくいけばいいんですけどね。大陸中国は拡大し過ぎました。粛清が原因で暴発するか、粛清で抑えつけられるか。母集団が大きくなるとそのリスクが大きくなるので、香港、マカオは回収すべきではなかった。ついでに言えば台湾の回収も試みるべきではない。

個人的には、あなたと主張は異なるけど、醜悪な大陸中国は膨張すべきではないと思いますし、現時点の大陸中国が瓦解すれば、非常識国家が増えるだけとも思います。反面、資本主義、民主主義を理解し体現できる理想的な国家も発生するとは思います。とはいえ、今以上の非常識国家の出現、資本・民主主義の理想国家の出現は、日本を始めとする資本・民主主義国家を脅かす存在ですから、今の共産中国の枠組みのなかで納まっていてくれる方がトータルでは吉かとも思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>資本・民主主義の理想国家の出現は、日本を始めとする資本・民主主義国家を脅かす存在ですから、今の共産中国の枠組みのなかで納まっていてくれる方がトータルでは吉かとも思っています。
周辺国にとっても、中国の民主化は危険です。

お礼日時:2019/06/23 14:40

>虐殺によって他国の軍事介入や経済制裁を恐れるほど、自国の経済や軍に自信がない腰抜けなのでしょうか。



腰抜けとは違いますが、箍が緩めば瓦解する国、それが大陸中国です。どこかが分離して独立した地域になれば、現大陸中国は簡単にバラバラになります。それぐらい、国民に一体感がありません。

スペインでカタルーニャ独立論がありましたが、広東が商業的に一番発展していて、貧乏な北京を支えていた時期には、似たような不満は中国でもありました。今となっては上海の大発展、広東規模の都市の増加で不満も埋没していますが、方向性が違い過ぎる地域を無理矢理にまとめているのですから、どこかが独立すれば我も我もと独立し、瓦解します。中共の強みは広大な国土と人間をまとめているという求心力、動員力です。それが張子であることが立証されれば弱小国まっしぐらどころか清朝末期の再来です。だからチベット、ウィグルの民を虐殺しつつの同化政策、経済的優位性という飴と鞭を内モンゴルに施すのです。

六四天安門事件は独立運動ではありませんでしたが、中共御用組合を否定した労働争議でした。ポーランドの連帯と同じ結論が見えていたため、中共は人民解放軍を使って「党」を守ったのです。

台湾併合にフォーカスすれば、軍事的には西側諸国との軋轢があるので、一国二制度を執拗に提案しています。先ずは軍事力、外交力を削ぐわけです。その後は香港と同じように時期を見て首を絞めていけばいいという図式ですが、万が一にも台湾が「独立を宣言」したり、一国二制度導入後もしくは中国への編入後に「独立を宣言」しようものなら、それは中共破滅の起爆剤になります。

別に台湾でなくても「世界が注目する、『ここは(地理的とか文化的に)中国本体じゃないよな』と思う地域で独立運動が起こる」ことで中共の威信に疑問符が付きます。ましてや独立されてしまった日には、そこが爆心地となり中共は消えます。もちろん中国本体での独立運動は、独立運動に転化する火種になる前に潰しますけどね。弁護士が拘束されている事件などはご存知でしょう。地域によっては時の政権に歯向かうことが無駄と諦観していますから、国を捨てる中国人も多いのです。そういう「地域」も全国に広がりつつありますが。

>毛沢東に並び立つ指導者であると称されているにも関わらず、共産党の統治を否定する輩を野放しにしているのでしょうか?

習の政治力、あえて言うなら「集団から頭一つ抜ける能力」、また「独裁的に強引に進める能力」は毛と同等か、それ以上かもしれません。しかしながら習にはカリスマ性が無いのです。もしかしたら毛は政治的には無能で異常なカリスマ性が牽引していたのかもしれません。とかく数億を超える大衆を牽引するには強烈な個性が必要です。彭麗媛と再婚したのも習自身のカリスマ性確保の計算かもしれませんけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>「地域」も全国に広がりつつありますが。
だから、今こそ虐殺を行うべきだと思います。シリアのアサド政権はハマーという都市を徹底的に破壊して、反対運動の見せしめとしました。
中国が生き永らえるためにも、犠牲が必要だと思います。

お礼日時:2019/06/17 01:47

そもそも一国二制度ですので仮に香港が独立しても関係ないというスタンスなのでは?


例えば台湾や香港、マカオについて中国への往復にはパスポートがなければ出入国が出来ないです。実質で言えば現状海外です。
香港ではヤフー・ジャパンにもFBにもGoogleにもネットが繋がりますが、中国本土では繋がりません。海外っぽいわけです。
むしろ、欧米との橋渡し役、貿易ならハブとしての役割など、仮に現在の中国が関税で立ち行かなくなっても香港経由なら貿易ができるわけですし、更に、香港そのものは巨大な金融センターでもあります。さらに、現在莫大な資本を投入して深セン、マカオ、香港を一つの経済圏にしようとしています。
なお、手ぬるいと入っても約100年かけてやっと返還してもらい(普通に考えればWWII以降正当性のない戦争で取られたわけで変換の余地が合ったでしょう)、法律を少しずつ変えて、議員も少しずつ変えています。前回約100年かけたわけですので着実に中国と一体化していると上ではないでしょうか?
なお、中国本土では最近では天安門事件の日も乗り切りましたし、今回この件については一切報道されていないわけですし、体制にとって特に驚異とはならないでしょう。
むしろ、深センと合わせることで上海以上の経済的な利用価値を目指しているような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>むしろ、深センと合わせることで上海以上の経済的な利用価値を目指しているような気がします。
中国の次世代産業を担っているのが深セン市であれば、香港へ異様に手緩いのも納得です。

お礼日時:2019/06/17 01:38

どうして、毛沢東に並び立つ指導者であると称されているにも関わらず、


共産党の統治を否定する輩を野放しにしているのでしょうか?
 ↑
1,称されているのは自分と取り巻きだけです。
2,外国世論を気にしているのです。



市街地への爆撃や陸軍による掃討、あるいは化学兵器の散布、もしくは熱核兵器の使用、
それらで香港という都市がなくなっても、中国全体は安定化すると思いますが、
どうして行わないのでしょうか?
 ↑
天安門事件で欧米などの経済制裁を受けました。
それをやられるのをおそれているのです。
なにしろ時期が悪いです。



虐殺によって他国の軍事介入や経済制裁を恐れるほど、
自国の経済や軍に自信がない腰抜けなのでしょうか。
 ↑
米国との貿易戦争以前から中国経済は
低迷していました。
これは、人口オーナスなどが原因で、米国の制裁は
それに拍車をかけただけです。

中国は、ジニ係数は0,65にも達し
暴動が年に30万件も発生している
国です。
経済成長が止まり、あるいは停滞などしたら
それこそ革命が興りかねません。

そんな情勢下で、世界世論の批判を浴び、
経済制裁など食らったらたまりません。

それに、中国の首脳は海外に膨大な資産を
隠し持っています。
清潔といわれた温家宝元首相ですら
2千億円の海外資産があると報じられています。

富裕層の60%は海外脱出済みです。

中国人幹部は腰抜けが多い、というのではなく
自分の事が第一なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>清潔といわれた温家宝元首相ですら2千億円の海外資産があると報じられています。
習近平は100兆円とも言われ、それらは海外にあるそうです。

>自分の事が第一なのです。
皇帝となるなら、自分よりも国家を大事にして欲しいです。日本人は当たり前のようにできることも、中国人は無理なのでしょうか。

お礼日時:2019/06/17 01:36

革命というのはこれから先エスカレートして行くんでしょう、何処かの国が秘密裏にサポートしたりすることも考えられます。


中国から軍を出してきたら、世界中から叩かれます。
経済戦争の真っ只中、世界を相手に経済戦争をして勝てるのでしょうか。
産みの苦しみを味わうことになるとは思いますが、肉を切らせて骨を断つ戦いが革命なのです。
そこまで香港の緩い生活をしてきた市民にできるのかが疑問ですね。
苦しめられて苦しんで起こる革命とは程遠い気がします、天安門のあの悲惨さとは違う結末になるでしょう。
完全制圧は間も無く軍によって行われ、無力な民の解散となり終わりです。
中国はあまりにも組織的になってしまい、漢民族以外は生き残れないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

>完全制圧は間も無く軍によって行われ、無力な民の解散となり終わりです。
明日中には、そうして欲しいです。来週まで延びたら、転移は避けられないと思います。

>経済戦争の真っ只中、世界を相手に経済戦争をして勝てるのでしょうか。
負けても、問題ないでしょう。香港市民のような反革命的な生活を送っている中国人はいないでしょう。

お礼日時:2019/06/14 00:45

アナタは、天安門事件知らないの?


香港を潰すのは、自分の一部を潰すのと同じです!
習近平は暴君ではないですよ!
皇帝にはなりたいみたいですが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答、ありがとうございます。

天安門事件は知っていますし、それに関する書籍も幾つか読みました。

>香港を潰すのは、自分の一部を潰すのと同じです!
癌化した器官を外科処置で切り離さないと、全身に転移して死にます。20年近くかけて外科手術以外の方法を用いて来ましたが、治療できず今の状態です。

>習近平は暴君ではないですよ!
それなら暗君ですね。
折角、腐敗という中国を蝕む重い病を断固とした措置で取り除いた、というのに、愚かです。

>皇帝にはなりたいみたいですが
皇帝になるのであれば、700万人の生活よりも13億人の未来を優先すべきでしょ。
任期制がある官僚組織の長とは、違うのですから。

お礼日時:2019/06/13 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング