ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

自動車について。フットブレーキを踏むとエンジンが停止する車が多いですが、1年前に新車で売り出された日本車では、エンジンに負担どれくらいかかってるでしょうか。使い続けていくと、エンジンによくないでしょうか。気にするまでもないでしょうか。よろしくお願いいたします。

A 回答 (8件)

無!

    • good
    • 0

負担が大きいなどと言う人が多いのですが、今まで壊れたことがなかった部品なんですから、10年使ってへたったら『部品寿命を全うするくらい使ってあげられてよかった』と思うレベルです。

10年でへたるか、20年でへたるか、へたるのに30年以上かかるか、わかりませんが。
    • good
    • 0

流行です。

燃費と環境?でしょうか?わたしには分かりませんが、エンジンを含め様々な箇所が早く壊れると思います。車の部品を含め車関連の会社などは早く壊れるので喜んでいるとは思います。私はその機能が付いている車には乗らないと思います。
    • good
    • 0

アイドリングストップのことでしょう。


エンジンにというよりスターター、バッテリーに負担が多い。
    • good
    • 1

ISアイドリングストップ機能の事でしょうか?



エンジンストップ ブレーキペダルを緩めると始動
これは、バッテリーと点火系(セルモーター・プラク・イグニッションコイル)に負担がかかり 寿命が短くなります。
最近のISでは、始動を セルモーターでなく オルタネーター(発電機)を利用しているようです。
発電機の寿命が必然的に少し短くなります 発電機とセルモーター機能を模されているので高額になると言われてます。

エンジンへの負担より バッテリーとプラグ オルタネーターの寿命が縮むっていう事です。
1分程度の信号待ちの エンジンストップでは、始動時の濃い排ガスを排出して返って環境汚染は、酷くなります。本末転倒な行為です。
    • good
    • 0

エンジンに負担って、どんな負担を想定している。


少なくとも止まっている間は負担ゼロと考えるのがふ普通と思いますが。
負担がかかる、が前提の質問ですが、それが正しいのか、の検証が先ではないかと思います。
    • good
    • 0

60の自動車整備士です。


メーカーは、それなりの対策をしているのだろうが、毎日整備している者から見ると、エンジンよりもバッテリーと、セルモーターと、リングギアが可哀想。
あれだけ頻繁に、酷使されているのだから。
    • good
    • 3

アイドリングストップ車ですよね?


メーカーがそれなりの計算をして作っているので気にしないで大丈夫ですよ

もっと気にしないといけない部分が車には沢山あります他の部分に気をつかってください
オイル、ベルト、ブーツ、(ゴム、樹脂パーツ)など
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング