人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

創価学会は、他宗教、他党、脱会者、学会批判するジャーナリストや政治家を口汚く罵ることで有名です。

【創価学会の機関誌「聖教新聞」に並ぶ汚い言葉の数々】

「ウジ虫」「ゴミ虫」「犬畜生」「薄汚いドブネズミ」「人間の皮を被った鬼畜」「謀略糞坊主」「買春墜落坊主」「ハイエナ共産党」「偽善者キリスト」「テロリスト顕正会」「ガセネタ屋のデマ雑誌」「無能、幼稚、妄想」「謀略坊主がどす黒い死相を出して死んだ」「放蕩・暴力の異常人格はニセモノ丸出し」「暗闇を這い回るどぶ鼠は社会の害毒」

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …
http://www10.plala.or.jp/cobamix/soka/20040123/0 …
http://sodom.s58.xrea.com/souka-syakubuku02.html


創価学会は毎日、汚い言葉を紙面に並べて他人を貶して「大勝利」を連呼するカルト宗教ですが、言葉の暴力では飽きたらず、紙面に書いたデマ中傷を事実であるように見せるために、合成写真を作ったり無断録音したボイスレコーダを改竄して、それを証拠と称し、ネガティブキャンペーンに使うことは広く知られています。

創価学会の機関誌「聖教新聞」に、標的の男が芸者遊びをして淫乱しているような偽装写真をつくり、「淫乱男の放蕩三昧、一夜数百万円の戯れ」などの誹謗中傷と共に写真掲載したり(芸者写真事件)、盗聴した録音を怪文書掲載サイト(地湧)にアップロードして信者に聞かせていました。
どちらの件も、名誉毀損事案で創価学会の敗訴。

さらに、創価学会と公明党は、無断録音したボイスレコーダを自分達の都合のいいように編集して裁判所に証拠として提出した事件では、創価公明の異常さに政界に激震が走りました。(矢野絢也 黒い手帳裁判)
本件も、創価学会の敗訴。

敵対者を貶めるために、息子の遺骨を謀略や工作に利用した信者もいました。(コーヒーカップ裁判)
これも創価学会の敗訴。

創価学会の脱会者の話では、近所のスーパーで「あなたと全く同じ声質のお客さんから電話あって、商品が腐っていたから慰謝料を払えと凄んできたけど、電話したのはあなたですよね。」と詰問されたり、近所から「あなたが女性に手を出した所を見た人がいて、証拠の写メを警察に見せたのよ。」などと非難され、身に覚えのない冤罪事件を捏造されていると訴えることが多いです。

創価学会は、性的に貶める偽造写真をつくり、「仏敵」が犯罪者であるかのような嘘を吹聴したり、でっちあげで裁判を起こして汚名を着せるような工作をしてきたため、たくさんの前科をお持ちですが、他人を貶めることに執着するのは何か理由があるのでしょうか。

名誉会長の池田大作は、女性をレイプした訴えられたり、大阪事件で逮捕歴があり、短大卒で前職は高利貸しの取り立てであるというコンプレックスが犯行の動機とみてますが、如何でしょうか。


【偽造写真事件】

創価学会は、平成4年11月以降、会員向け機関紙上に出所不明の宴席写真を掲載し、そこに写っている日顕氏が、「芸者遊び」に没頭して満悦しているとして罵り、下劣きわまる誹謗中傷を繰り返しました。
いわく、 「日顕が芸者をあげて放蕩三昧している写真」「一夜、数百万円の戯れである。…日顕は骨の髄まで腐敗している」「日顕が欲すはカネ、酒、色の堕落道」「これぞ極めつけ『ワシ、もう成仏しそう』」。

こうした悪口雑言の”証拠写真”として、2枚の写真が『創価新報』紙上に大々的に掲載されました。
この悪辣きわまる記事に対して日蓮正宗法華講側は、これらの写真には不自然な個所が見受けられる点を指摘し、合成などのあからさまな捏造が加えられていると疑われるとした上で、写真の出所を創価学会側に糾しましたが、創価学会側はこれを拒否しました。
しかし撮影日時等が明らかになったことにより、この変造写真の原板が発見されました。
真正の原版写真と、上の学会の偽造写真との最大の違いは、猊下の奥に写っている人物を跡形もなく消そうとして、全く別物の背景を重ね合わせて、変造してしまっている点です。
しかしながら、この”全体写真”に写っているのは、日顕ご夫妻以外にも、9人もの御僧侶と奥様方なのです。
そんな席で、人が眉をひそめるようないやらしい芸者遊びなど、できようはずもないではありませんか。
(中略)
平成15年12月5日、東京高裁813号法廷(鬼頭季郎裁判長)で、偽造写真事件の控訴審判決が下されました。
鬼頭裁判長は判決文で、 「写真を見た者に対し、阿部日顕一人が酒席で芸者遊びをしているとの、実際の情況とは異なった印象を抱かせるのに十分であり、これをもって客観的な報道ということはできず、修正の限度を超えている」、
「『創価新報』の報道は、正当な言論や評論の域を超え、単に阿部日顕を揶揄し、誹謗、中傷するものとして、違法性を有するものというべき」
と、東京地裁よりもさらに明確な表現で、池田創価学会の行為が違法行為であることを認めました。
http://www.noanji-hokkeko.com/soka/geisha.html
http://www.toride.org/gosei/gsqt.htm


【黒い手帳裁判】
提訴内容は大きく五つあるが、手帖奪取事件の前後に創価学会が私に対して行った具体的な人権侵害行為を整理する意味で、それを列挙しておく。
①2005年5月14日、学会青年部幹部五名が私を脅迫して、政治評論家の活動を中止させた。これは憲法で保障された表現の自由ならびに職業選択の自由を侵す違法な行為である。
②同年6月16日、学会幹部三名が私との会談の際、自宅を売却して二億円、三億円という莫大な金額の寄付をするよう執拗に強要した。
③創価学会は機関紙「聖教新聞」などで、私への誹謗中傷記事を継続して掲載した。これは名誉毀損にあたる。
④身元不詳の多数の人間による監視・尾行を行った。
⑤手帖持ち去りと家探しはプライバシーの侵害である。
録音されたデータが裁判で公開されて、彼らの魂胆が見えた。明らかに改竄されていたからだ。
ICレコーダーの音声データは、パソコンに取り込み、いかようにも編集できる。コンピューターに少し詳しい人なら音声データは容易に改竄できる。
ハイテク集団を持つ創価学会なら痕跡を残さず、データを編集し直すことなど、お茶の子さいさいだろう。
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/04s05.h …
http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/04s07.h …


【シアトル事件】
日顕氏がシアトルで売春騒動を起こしたとシアトルの創価学会員に嘘の供述をさせたもの。
売春報道があった、調書を取った、FBIに記録がある、などの嘘を機関誌に書いて誹謗中傷した。
事実の巡って、ロサンゼルス郡地方裁判所で争われたが、一審、二審とも、「日顕氏を追い落とすための謀略であることは明らか」として、創価学会の訴えを門前払いにした。
http://www.soka-news.jp/Seattle.html


【コーヒーカップ裁判】
創価学会員が寺院に預けた遺骨を引き取ったところ、預けた遺骨と違うとして寺院を訴えた裁判が全国で多発しました。
その一例の控訴審判決(仙台高裁・平成7年(ネ)161 号事件・平成7年12 月14 囗判決) では、寺院が学会員から預かった遺骨と引き渡した遺骨とは同一であると判断するのが相当であると認定し、寺院側か勝訴しております。
 また、同判決で、学会員が「中身が違っていたとの抗議ないし問合わせの電話をしたのは、それから一ヶ月近く経っ」てからであり、学会員らの「了解し難い行動や、余りにも遅れた対応ぶりこそ、『取違え』により甚大な精神的苦痛を受けたと主張していることとつじつま が合わないと評すべきである」と厳しく断罪しました。
 その後、この事件は最高裁でも裁判官全員一致の意見で寺院側の勝訴となっております。
(東京第二布教区発行 創価学会の皆さんへ)
http://www.soka-news.jp/ikotusosho.html


聖教新聞ならぬ、偽造写真や誹謗中傷満載の”中傷ビラ新聞”
↓↓

「創価学会は、対立関係にある人を貶めるため」の質問画像

A 回答 (4件)

半島人と創価学会は


単なる馬鹿ですね。
ちこちゃんに叱られます
「創価学会は、対立関係にある人を貶めるため」の回答画像4
    • good
    • 1

以前の創価学会は、与党の支持母体にもなっており、排除することの難しかった反社会的組織ですが、今は日本を犯罪国家にさせてしまった最大の弱点を自ら作ってしまったので、吹けば飛ぶほど脆弱な状態にあります。



たった数人でもいいので、組織的犯罪の証拠を晒し、国家規模で犯罪を行っている証明をしてしまえば、創価学会はもう終わりです。

むしろ、こんなテロカルトを放置しておくと、お隣の国の方々が大量に流入してきたときに日本人の立場は弱くなるでしょうし、創価寄りな企業・組織が幅を利かせていると、それをベースにした社会経済が構築されて、後々排除が困難になりますよ。

日本経済や地域社会に根っこをはやす前に、国家犯罪の責任を追及し、責任を取らせないといけませんね。
夏前までには、処理したいところです。
    • good
    • 6

妙観講の中傷ビラ事件と良く似ています。



オウム真理教の麻原と標的の男並べてを貼って、○○はテロリストだと書き、10都県33都市に10万枚以上の中傷ビラをばらまいた事件でした。
この事件で創価は訴えられ、280万円を支払いました。
https://matome.naver.jp/odai/2153398119029601801

最近の創価のクーデターとも良く似ています。

創価の悪質性、危険性、詐欺的な面はネットの普及とともに露見し、日本人の宗教離れも相まって、信仰心の低下を抑えることができなくなりました。
脱会者が増えるばかりで入会者はゼロに近い状態。
創価学会の公明党への批判も強く、組織内の統制が取れなくなってきました。

創価学会はついに経営コンサルタントに経営方針を委ねた。
https://www.soka-news.jp/consul.html

創価学会幹部の話では、去年、池田大作の死亡を発表するという計画もあったそうです。

経営コンサルに経営方針を委ね、数年前にはクーデターを計画し一昨年実行しました。
今、創価学会が行っているテロ犯罪です。
一般の個人を悪者にして集団でストーキングを行っても(つきまとい、誹謗中傷、個人情報漏洩、公文書改竄等々)、警察力が働かないところや、法治国家でなくなった日本を見せつけて、創価批判勢力を沈黙させました。
一般個人をスケープゴートにして、反対勢力を沈黙させ、創価学会の暗部を世論操作で覆い隠すという目論みです。

ここでも、創価の偽造、捏造技術が発揮されています。

創価学会の読みでは、被害者は圧力に屈し、反学会勢力はひれ伏し、馬鹿な日本人は創価の嘘(宣伝など)を信じ込み、「地ならし(印象操作のこと:創価学会が使う隠語)」が終わった段階で、池田の死亡を発表する予定でした。

実際は、読みは外れ、発表をするタイミングを逸してしまいました。それどころか創価はテロ組織なのではないかと日本人は思い始めています。

次は、このテロ犯罪が社会問題になり、解散か分裂へ猛烈なスピードで向かうことは必至です。
法治国家、透明化、国際化がキーワードな現代国家において、地下で公務員がこぞって犯罪をしたり、信者が組織的に悪評を流布し集団ストーキングする馬鹿なことが続けられるわけがありません。
創価学会は、墓穴を掘ったわけです。
池田は死後、テロリストの指導者として何世紀にも亘って語り継がれるでしょう。
「創価学会は、対立関係にある人を貶めるため」の回答画像2
    • good
    • 6

全くです。


しかし、政権第2与党・公明党の支持母体となっておるので、下手に手が出せません。
昔の人が言いました。「創価とチョンは死ななきゃ治らないニダ」と、・・・・・
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング