人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

高1です。
大学(国公立)受験について考えているのですが、自分が大学で何をしたいのかまだはっきりしていません。
どうすればいいでしょうか?
(因みに趣味などは写真です)

質問者からの補足コメント

  • 国公立というのは、金銭的な問題です。

      補足日時:2019/06/20 06:56
  • 大卒のほうが、基本的に就職に有利ですか?

      補足日時:2019/06/20 07:25

A 回答 (13件中1~10件)

何もないなら、見つけに行くと思って大学にいけばいい。

もちろん、勉強はしろよ。
ただどうせいくなら理系をおすすめする。
    • good
    • 0

あくまで平均だと、大卒の方が生涯年収は多い。


もちろん奨学金を借りたり生活費の差で、その4年間の差はどんどん開いちゃいますが、10年~20年後には追いつき追い越せで、生涯年収が逆転します。
更に、将来性や安定度の高い職業につきやすい。

では、女子の場合は、男子ほどの逆転劇は無いのですが(主婦やパートになる可能性もあるので)
学歴と就職先でのメリットとして、
将来性のある男子と結婚できる確率が上がります。
間接的にも、優秀な遺伝子/教育/裕福な生活などの幸福度の確率が上がります。
(まあ、魅力的な女性的は該当しますが、知性や学歴も1つの魅力ポイントです)

ただし、あくまでそれは平均的な確率の話であって、例外もあるし、その時の貴方の運/人間関係/社会情勢/行動/選択にもよります・・・

------

そりゃ、高卒で公務員や社長になれるなら、それも良いでしょうけど、無理ですよね。

大卒という学歴は、資格みたいなもんで、職業の選択肢が高卒よりもかなり増えます。有利です。
それだけでも大きなメリットだと思います。
更に、有名な大学になればなるほど有利です。
つまり、
将来の選択肢を増やす為、少しでも有利な大学に進学できるように、「勉強」しなさい!

------------------
趣味を仕事に活かすのは、意外と厳しく、
趣味が仕事になると嫌になる事もあります = 人生の楽しみも減るからです。
NGの場合は、才能の無さを自己否定してしまいます・・・逃げ場が無くなります。

趣味や特技は、よっぽどの才能や人生を賭ける以外は、趣味のままが良いでしょう。
    • good
    • 0

やりたい事が分からないからこそ大学に行くんです。

その方が選択肢が広がりますから。将来やりたい事ができたときに高卒不可と言われる可能性がありますよ。
    • good
    • 1

#6にいただいたレスポンスを拝見しました。

高1だとそんなもんだと思います。そこで、大学に進学しないという選択肢もあろうかと思いますが、むしろ、「大学で何をしたいのか」を考えることによってこそ、進学のみならず、社会全体、あるいは未来全体について、ご自身なりのいろいろな考えが育まれるものだと思います。育む過程で「やはり進学しないほうがいい」という結論に達する場合ももちろんあります。

思うに、そもそも大学がどのようなところなのかを、きっとご存知ありませんよね。大学祭に行ってみたり、大学生活を経験したご家族やご親戚やお友達の兄姉に話を聴いて、理解を深めてみてはどうでしょう。

また、金銭的な問題で国公立を検討していらっしゃるとのことですが、ならば、まずは高卒後に社会に出て学費を稼いでから、何年後かに、キャリアに合った学部に進学するという方法もあろうかと思います。この場合、ご自身の蓄えがあれば私学進学も可能になってきますよね。

一方では、金銭がそんなに問題なら、金銭的に豊かな暮らしをするための方法を学べる学部に進学するという選択肢もありますよね。その場合、ご自身だけが豊かになればいいのか、あるいはご家庭を豊かにしたいのか、あるいは社会を豊かにしたいのかで専攻も分かれてきます。

ご趣味を極めるという手もありますが、写真を専攻して、卒業後に良い稼ぎを期待できる国公立大学があるのかどうかという問題はあります。ならば、国公立の中で写真部が最も充実した大学を選ぶとか、あるいは頭を切り替えて、将来、写真に関する会社や博物館に就職するための学問を学ぶという選択肢もあります。

いずれにしても、①選択肢を知り(例えば学祭に行ったり、大学の公式サイトを見る)、②自分の優先順位をしぼっていく(例えばお金が大切なのか趣味が大切なのか)、そういったことが不可欠になってきます。

とはいえ、高校を卒業して初めて可能になることはたくさんあります(例えば一人旅や飲酒や選挙)。そうしたことがキャリアにつながる人も少なくありません。今から完全に遠い将来を決めてしまうよりは、ある程度の未来を想定しながら、行きたい方、行きたい方へと、進んでいくのがいいかもしれませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。調べてみたところ、写真をしっかり学べるところはほとんど私立でした。部活などでもいい(やはり写真に関わりたいという気持ちが強くなって来ました。)ので、もっと色々調べてみようと思います。オープンキャンパスも色々行ってみようと思います。

お礼日時:2019/06/20 20:22

やりたいこととやりたくないこと、向いてそうなことと向いて無さそうなこと、特に後者側をまず決めることです。


例えば、明らかに運動音痴なら、スポーツの道は無さそうです。音痴なら音楽の道も無いでしょう。医薬農工辺りに興味が無いなら理系も無い。
いくらかは絞り込めることが多いと思うんですが。
何でもできちゃって理系のことにも興味があるが決められない、なんて人だと、手広く待つことになって辛いですが、さてどうでしょう。
仮に文系に絞り込めたなら、どこかの文系に行けるように、勉強の準備をしておくことです。

xx大学xx学部に行く、と決めてからそこの過去問を勉強すれば良い、のではありません。
大学受験の学習範囲は広く、高三からやったのでは大概手遅れです。
xx大学だのyy大学だのという以前に基礎学力として身につけておかなければならないことが膨大です。だからそれを片付けていくのが最優先です。
自分は大学で何をするのか、そして先々どういう仕事をするのか、ということは考えておかなければなりません。
ただ、考えて考えつかないのであれば、おそらく普通の文系としてどこか文系の大学学部に納まるのでしょう。
すると、広く文系一般、あるいは同等の条件で就職活動をする人との競争になりますので、なるべくレベルの高い大学に行っておく方が有利です。
高校の学習内容をきちんと身に付け、高い学力を身に付けておく方が有利という面も大きいでしょう。
先が見えてない人ほど、学力を高めておかなければならないのです。

国公立文系、であれば、必要となる基礎的な学習内容は、どこも大差ないでしょう。
科目の違いよりレベル差が大きい。
ただし、例えば現社のような、人によっては超楽科目だけれど上位大学では使えないような科目ばかりやると、あなたの学力がそういう大学に届いちゃった場合は、残念ながら受けられません、なんてことになりかねないので、その辺り、自分の学力をよく考えて、科目選択しなければなりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/06/20 07:51

そうですね。


高卒だと、
出来ないことが多いと思われそもそも面接に受からないとか、
大卒よりも給料が低い上に、

高卒だとそれなりの仕事にしか就けないため、結婚出来たとしても、相手も高卒の可能性が高いです。
なので子供も高卒ですよ。
高校までしか行ってない親は子供を金銭的にも学力的にも支援できないんですね。

 やっぱり大学は、高校よりも専門的なことについて学ぶ場所なので、専門的にしておいた方が就職は圧倒的に有利でしょう。
 例えば美術系の大学なら、先生は皆プロのデザイナーや画家だったりしますから、大学を卒業した後にどうしたらいいかなどを相談もできますしね。
高卒だと、自分で調べないといけないし、まずそんな学歴ならどこにも受からないと思います(デザイナーの話)
学歴というか、デザイナーの場合は、経験が大事なので大学でどれだけ活動したかも見られますからね。
    • good
    • 1

合格者の90%は何がやりたいのか分かっていません。

死ぬときさえこれで良かったのか判断できないのです。
    • good
    • 3

ちなみに「国公立」とまで具体的に指定して大学受験をお考えになっている理由は何ですか? 「大学で何をしたいのかまだはっきりしていませ

ん」というのは、それゆえに受験すべき入試の種類が決まらないという意味ですか? 進路指導の先生は何とおっしゃっているのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金銭的な問題です。文系に進みたいとは思っていますが、ucokさんの言われた通りです。
進路探求のワークなどをやっているので、まだそこまで深くはやっていません。

お礼日時:2019/06/20 07:32

やりたい事が決まっているなら大学より専門学校がオススメですよ。

    • good
    • 0

別に大学なんて行かなくて良いよ。


働いたら良い。
大谷翔平みたいな才能があれば高卒でも金は稼げる。

でも自分の才能に自信が無いなら大学に行くのは1つの手段。
働いて楽しそうな事や役に立ちそうな事を勉強したら良い。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング