親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

大昔に習った記憶があるのですが、朝日訴訟は第一審は良いですが、その後は完敗といっても良いものだったと思うのですが、その後の生活保護を見ていると第一審の判決を支持するような内容に変化してきているような気がします。
また、朝日訴訟は重要だったとも聞きます。なぜでしょうか?

A 回答 (3件)

2審判決は「問題ではあるが違憲とまでは言えない」なので惜敗というべきだろうし、最高裁は原告不適格(原告が死亡し遺族が継続)との判断が強いです


つまり、完敗とは到底言えません

判決の全体的な流れとしては「法的整備をより進めるほうがよい」とのニュアンスが十分読み取れます
その結果として、生活保護が拡充される流れを作ったので重要とされています


*最高裁が否定したのは25条の「財産的権利性」です
生存権は属人的権利なので、相続対象とはならないという判断ですよ
    • good
    • 0

大昔に習った記憶があるのですが、朝日訴訟は第一審は良いですが、


その後は完敗といっても良いものだったと思うのですが、
 ↑
その通りです。
最高裁は、25条の権利性を否定しています。




その後の生活保護を見ていると第一審の判決を支持するような
内容に変化してきているような気がします。
 ↑
日本は高度成長期に入り、財政が豊かになり
福祉を充実する条件が
具備されたからです。

以下蛇足ですが。
その後の田中内閣が、自民党の長期低落傾向に
歯止めを掛けるため、福祉の大盤振る舞いを
しました。
マスコミは福祉元年と賞賛しました。
こういうのも関係しています。

尚、この福祉政策が今日の天文学的財政赤字に
つながるわけです。



また、朝日訴訟は重要だったとも聞きます。なぜでしょうか?
  ↑
この事件をマスコミが大々的に取り上げ
社会権について、
学者らの議論が活発になったからです。
    • good
    • 0

1957年とそれ以降の経済が大発展した日本では、生きていくために必要最低限な金額もインフレと共に増えています。


それに支給するたびに裁判を起こされていたのでは保護事業に支障が出ますので、落としどころとなる金額の模索の結果です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング