もうすぐ年末年始。読書しよう!なにか面白いの無いかな・・・
ということでSF・ファンタジー・ミステリー・歴史小説の短編から超大作まで皆様のお勧めを教えてください。
お正月にふさわしく読み終わって幸せな気分になれるものや、スカッとするもの希望です。
できれば文庫本で入手可能な作品が良いです。暗い結末やホラー、明治維新物、外国人作家の作品は今回はパスです。

ちなみに好きな作家(とりあえず大体読んでます)です
荒俣宏・梶尾真治・椎名誠・高橋克彦・池波正太郎・清水義範・森博嗣・京極夏彦・夢枕獏・横田順彌・小野不由美・隆慶一郎、他

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

好き嫌いがある方が多いかもしれませんが、


私のベスト5は
1:田中芳樹の『創竜伝』や『銀河英雄伝説』
2:歴史物で『反三国志』
3:武者小路実篤の『真理先生』
4:冴木忍の『空見て歩こう』
5:同じく歴史物で、『三侠五義』や『楊家将』
などです。
読書で年末を過ごすってすごくいいですね。
最近ではドラマを扱ったものが多いですけど、『今会いにゆきます』もなかなかいいですよ。
参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 0

こんにちわ。



わたしは時代物で、
●佐藤雅美
 「物書同心居眠り紋蔵」「半次捕物控」「八州廻り桑山十兵衛」
●平岩弓枝
 「御宿かわせみ」「はやぶさ新八御用帳(御用旅もあります)」
●澤田ふじ子
 「公事宿事件書留帳」「足引き寺閻魔帳」「土御門家・陰陽事件簿」
●佐伯泰英
 「鎌倉河岸捕物控」
●白石一郎
 「十時半睡事件帖」
●泡坂妻夫
 「宝引の辰捕者帳」「亜智一郎の恐慌」※
の6人をオススメします。

上にあげた時代物はほとんどが連作短編なので読みやすいと思います。ちなみにすべてシリーズものです。
池波正太郎がお好きなら、イケると思うのですが…

※亜愛一郎の「狼狽」「転倒」「逃亡」という3冊は現代ものなのですが(一応ミステリーなんですけど
 のほほ~んとしたお話です)上にあげたのは愛一郎のご先祖「智一郎」のお話で、舞台は江戸時代です。
 ですので一応時代物に入れておきました。
 なお、双葉文庫は絶版ですが、創元推理文庫なら手に入りますので大丈夫ですよ。

合わなかったらごめんなさいね~。長々と失礼しました。参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事くださった皆さん、たくさんのお勧め本ありがとうございます。これだけあると当分の間楽しめそうです。どなたにポイントをつけていいか難しいのですが、読んでみたいと思った順にポイントをつけさせていただきました。

お礼日時:2004/12/12 15:31

最近のSFなら,お勧めなのは


有川浩さんの「空の中」ですね。

私とは趣味の違う本を読んでいらっしゃるようなので,なおさらお勧めします。
たまには,ちがう分野をどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有川浩さんって初めて聞く名前でした。ちょっと調べたらメディアワークスから出てるんですね。そっち系の本も大歓迎です。上には書かなかったけど北野勇、深沢美潮とか吉岡平、新井素子さんなんかも大好きです。

お礼日時:2004/12/08 21:37

 SFですが、小川一水さんの「第六大陸」なんていかがですか?少しだけ未来の世界で、もし日本企業が月面基地を作るとしたら・・・・・



 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか面白そうな設定ですね。小川一水さんの本 たまに本屋さんで見かけていたのですが、なんとなく敬遠してました。今度は手にとってみたいと思います。

お礼日時:2004/12/08 21:10

うわー、ボクと傾向が似てますねぇー。



真保裕一さん「奪取」からどうぞ。
景山 民夫 さん「モンキー岬」からどうぞ。

読ませて、軽くて、良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらも読んだ事ない作家さんですね。傾向が似てるって事なので期待度大です。見つけたら手にとってみたいと思います。

お礼日時:2004/12/08 21:01

もう読まれていらっしゃるかもしれませんが、


池波正太郎の「剣客商売」あたりはいかがでしょうか?
・・・実はその料理の描写も非常においしそうだと思っています。(あまり関係ないとは思いますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近そういえば池波正太郎の作品読んでないです。
剣客商売、鬼平犯科帳等々 うーん読み返してみたい気もするけどもう手元にないんですよね;;

お礼日時:2004/12/08 20:42

読まれているかもしれませんが、


歴史物から。

津本陽・白石一郎・海音寺潮五郎あたりはどうでしょう。
これらの作家の作品は展開が速いですし、快男児を題材にしたものが多いのでスカっとするかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん~快男児 良いですね。もしよろしければ特にお勧めの快男児が活躍するタイトルを教えていただければありがたいです。
天と地と・それから津本陽さんの坂本竜馬がでてくる作品(タイトル不明)は読んだ事があります。

お礼日時:2004/12/08 20:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二ねん三くみ夜のぶらんこの話 夢枕獏

白石加代子さんの百物語という舞台がきっかけで、夢枕獏さんの「二ねん三くみ夜のぶらんこの話」という話を知り、本を探したのですが、見つかりません。
どの本に載っているのか、または本にはなっていないのか、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「奇譚草子」という書籍の中に入っています。
書籍内のタイトルも「奇譚草子」。
夢枕氏が聴いた実話怪談という体裁になっています。
私が持っているのは講談社のハードカバーですが、現在、文庫版でも出ていたような気がします。
書籍名で検索してください。
あの話、怖かったですね。

Q梶尾真治さんのこの胸いっぱいの愛を・・・

この映画を見に行くつもりなんですけど、梶尾さんの作品が好きなので原作も読みたいなって思っているんですけど映画と原作って話は同じなんですかね?読んだ方がいたら教えてください!

Aベストアンサー

 かなり違っているようです。ソース不明(最近読んだ新聞だったと思うが・・・)ですが、9割は作りかえたと監督か誰かが述べていました。
 原作の「クロノス・ジョウンターの伝説」ではタイムマシンが開発されていますが、映画のページにはその様な機械のことは書かれていません。
 また原作は連作短篇です。

 因みに映画を本人がノベライズするという企画本も発売されているようです。

Q夢枕獏さんのオススメの本を教えてください。

夢枕獏さんのホラーやバイオレンス要素の少なく、かつ歴史もの、冒険もののオススメ作品を教えて頂けませんか。

「陰陽師」シリーズと「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読み、とてもおもしろかったので、続けて夢枕獏さんの小説を読みたいと思っています。特に冒険ものが好きで、陰陽師の瀧夜叉姫はとてもおもしろかったです。

ただ私はホラーやバイオレンスものは大の苦手で、氏の他の作品の内容紹介を読むとどうもその類の作品が多いように思います。「滝夜叉姫」や「沙門空海」の血みどろ?表現は気持ち悪かったのですが、私的にぎりぎりセーフです。
「大帝の剣」はどうでしょうか。また、他のお勧めの作品をぜひぜひご紹介ください。

ファンの方、お詳しい方、教えて頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

夢枕獏の源流はデビュー短編集「猫弾きのオルオラネ」にあります。
その後、ジュブナイルの形で「幻獣少年キマイラ」が上梓され、それから20年余に亘る奔流と化した膨大な作品群については、次の作家自身の言葉こそが最良のガイドとなるでしょう。

夢枕獏における半自伝的なエッセーや私小説群といえます。
「聖楽堂酔夢譚」
「純情漂流」
「絢爛たる鷺」
「瑠璃の方船」
「あとがき大全(あるいは物語による旅の記録)」
外にも、
「獣王伝―夢枕獏ワールド」など。
http://01.a-viva.jp/oitamanga-22763-ch.php?guid=on

伝奇バイオレンス作家として売れっ子になった彼が、「それと並行しながら別のベクトルをもった物語」を書き綴ることで精神のカウンターバランスを図った。それが宮沢賢治と「螺旋経典」をオマージュした「上弦の月を食べる獅子」であったのでしょう。
まずは「幻獣少年キマイラ」とその「岩村賢治詩集 蒼黒いけもの 」から始まるでしょう。

Q京極夏彦?

京極夏彦の対談形式の旅行記があると聞いたのですが、おわかりになりますか。
□ 数人で旅行、中の一人が京極夏彦。
□ 内容は対談で、小説ではない。
□ 妖怪話に触れていたかは不明。
手がかりはこれだけです。雑誌か単行本かもわかりません。
出版社、タイトル、または掲載されていた雑誌等、ご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

11月30日に角川書店から「妖怪旅日記」という本が発売される予定らしいです(参考URL参照)。これかなぁと思いますが、違っていたらすみません。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~yasumama/sinkan.htm

Q有名推理作家の最後の作品は?

松本清張氏、横溝正史氏、高木彬光氏、山村美紗女史などなどの有名推理作家の最後の作品を知りたいのですが、そのようなことを調べるサイトをご存知ないでしょうか。

また、それらの作品名をご存知の方、教えてくださると助かります。

最後の作品というと「絶筆」とか「遺稿」と言うのか(?)未完成のものだったりするようですが、未完成ではなく完成して最後に発表された作品が知りたいので、よろしくお願いします。

山村女史の場合、確か西村京太郎さんが続きを補足して完成させた、というのを聞いたことがありますが、出来ればその前の作品が知りたいと思います。

Aベストアンサー

ミステリー・推理作家の経歴や著作リストが載っているサイトです。
それによると、横溝正史は『悪霊島』
高木彬光は『仮面よ、さらば』みたいです。
残りのふたりは載ってないですね・・・山村美紗は「キャサリン・ターナー・シリーズ」の最後の作品なら調べられるみたいですが。

一応調べてみたところ、松本清張は『直弧文の一解釈』というものが最後の完成作品みたいですが、
色々書いてる作家ですし、タイトルからして推理小説じゃなさそうですね。
ちなみにこちらは下のサイトの「発表年代別目録」で調べました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~drkmytms/index.html

参考URL:http://www.aga-search.com/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報