出産前後の痔にはご注意!

社会保険労務士の資格があれば、
麻生大臣の受給年金額ってわかるのでしょうか?
また、ご本人は任せているからわからないとのことですが、
受給申請とかは本人以外でもできるのでしょうか?
社会保険労務士なら代行できますか?

A 回答 (5件)

社会保険労務士をはじめとする各国家資格である士業などは、書類作成・各種手続き・これらに関する相談が業務の民間事業者でしかありません。


ですので、依頼主でもない人の情報について、収集することも閲覧することもできません。
虚偽の書類でそういったことをおこなえば、刑事罰もあるし、資格者としても懲戒処分の対象です。

それに各年金事務所の職員などであっても、閲覧できる権限は各部署や立場などで制限もされていることでしょうし、業務に必要のない単なる興味で閲覧等の行為をおこなえば、処分の対象にもなることでしょう。

麻生大臣などであれば、一般の年金のほかに議員年金もあるでしょう。
資産管理のために弁護士などにも依頼していることでしょう。
委任や顧問契約などにより代理人となり得る人が管理し、朝生大臣には当然報告や判断を仰ぐわけですが、それなりの立場の人は、それほど大きな話でなければその場で結論をだし、記憶にあまり残さないこともあるのでしょう。

たとえば、旦那さんの年金受給その他の手続きを奥様が行うなんてことはよくあります。
第三者が業務や報酬のために行うには資格が必要であっても、ご家族が本人の医師や委任などで行うこともいくらでもあります。
社労士はそれを業務や報酬のために行えるだけです。当然知識は豊富でしょうが、特別な権利や特権があるものでもないでしょう。

年金に関して、第三者・専門家として手続きや管理を受任できるのは、社会保険労務士や弁護士となります。
古い制度下の行政書士においては、書類作成やその書類などの相談程度までは行えることがあるようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。
今一生懸命取繕い中かもしれませんね。
報道もそれまで控えているんでしょう。
TVもとんでもないことを、
口を滑らせてしまったのかもしれません。
(テロップもあったようですが。)

お礼日時:2019/06/26 18:02

>社会保険労務士の資格があれば、麻生大臣の受給年金額ってわかるのでしょうか



そんなわけありません。非常識な質問すぎます。

今の世の中 個人情報保護法というものがあるのですよ。
大臣といえど 個人ですからね、
あなたや他の方の個人情報があるように
この方にも個人情報があるでしょう。

私見ですが、なんのためかわかりませんが、人の懐具合、考えても意味ないです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

財務大臣が厚生年金なり国民年金の受給資格がないとしたら、大きな問題ではありませんか?
麻生さんには年金に関しては個人情報を言う権利はないように思います。
人に年金加入を強制する割には元々自分の年金など、気にさえしていない方ですので、
教えてあげたほうがいいような気もしますし。

お礼日時:2019/06/22 14:59

社会保険労務士であるかどうかは、この際、問題ではありません。


国会議員の年金制度はウィキによるとこうあります。

・ 受給資格:在職10年
・ 在職時掛金:年間126万6000円。
・ 受給額:最低でも年412万円(在職年数10年)。在職1年増える毎に年額8万2400円増えた。在職56年だと年額約742万円になった。

議員年金の制度は2006年に廃止されました。
この時点ですでに在職10年を超える人がいたので、こういう人達には支払われています。減額もされているようですが、正確なところはわかりません。

議員年金(ウィキ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B0%E5%93%A1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
議員年金は500万円ぐらいは貰っていそうってことですね。
あと、65歳以上なんで、国民年金は出ているのでしょうね。
財務大臣だから出ないなんてことはないでしょうから。

お礼日時:2019/06/20 21:42

社会保険労務士であっても、年金加入履歴を知らなければ、受給額を知ることはできないと思います。


そこまでお抱えの社会保険労務士が把握できればともかく、一般にはまず無理かと思います。

議員になる前に一般企業等に勤務していて厚生年金保険に加入していたのなら、当然、老齢厚生年金を受けることができるのですが、国会議員在職中はその老齢厚生年金が減額または支給停止になる(つまり、議員在職中は老齢厚生年金が減る。在職老齢年金とも言える。)、ということを考えに入れておく必要があります。
おそらくは引っかかっているはずで、これらの減額・支給停止の対象とはならない老齢基礎年金だけを受けている、と解釈するほうが妥当かと思います。

そのほか、2006年に廃止された国会議員年金(国会議員を辞めたあとでなければ、支給されない)。
廃止時点で受給資格があった者には、15%が減額されるものの、支給される特例があります。
こちらについては、まだ議員在職中ですから、受給していないものと考えられます。

そもそも、申請主義ですから、受給を請求しているのかどうかも不明です。
まして、受給権が時効によって5年で消滅することなども考えると、もしかしたら、1円も受け取っていない可能性すら捨てきれません。

請求は、基本的に本人でなければ行なうことができませんが、権限を代理(「代行」ではありません)された社会保険労務士であれば、業(なりわい。業務のこと。)として請求を行なうことができます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
例の国会での発言のあと、
麻生氏は年金を受け取っているという報道がありましたが
間違っている可能性が大ってことですね。

お礼日時:2019/06/20 21:36

>社会保険労務士の資格があれば、麻生大臣の受給年金額ってわかるのでしょうか?


わかりません。

>社会保険労務士なら代行できますか?
できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
資格がなくても超有名人ですし、
議員在職期間と年収がわかれば、
概ねわかるということですかね。
そもそも、国会議員の年金のシステムが、
わからないってことでしょうか?

お礼日時:2019/06/20 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング