色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

更級日記の次の問題がわかりません。
教えて下さい!
「いかばかりかはあやしかりけむを」とあるが、作者はどのような少女だったと回想しているか、簡潔に説明しなさい。

gooドクター

A 回答 (2件)

「いかばかりかはあやしかりけむを」というのは、=(当時の私は、育ちなどは)相当あやしかっただろう、


という事です。上総の国の育ちなので、この、あやし” は単純に ”田舎者" を意味すると受け取っても良い
ようですが、これに続く部分では、この世には物語というものがあると知った時に、何としてもそれが見たい
と思い始めたが、それはどうしてだったのだろう?と自問しているので、この”あやし”は不思議・奇妙の意味
とも解釈できます。事実、この少女は、物語読みたさ・見たさが度を越して、物語がたくさんある京の都に早
く行かせてくださいなどと、ねだって作ってもらった仏様!(金持ちです!) に向かって身を投げ出すほどにな
ります。まさに怪しい少女です。
まあ、この辺りまでのことををまとめると、”垢ぬけない田舎育ちであったのに、どういう訳であったのか物語に
異常なほど興味を持ち、物語がたくさんあるという京の都に上ることを切望していた少女”と回想している、くら
いで、何とかまとまると思いますが、どうでしょうか。
    • good
    • 0

あやし【賤し】


①身分が低い。卑しい。
②みすぼらしい。みっともない。見苦しい。

下級貴族の娘ですので、①②を合わせたもの、と回想しています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング