僕はキリストはお金の事だと思うんですがどうでしょうか?ご意見伺いたいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中21~22件)

キリストChristの原義は「油注がれた者」を表す古代ヘブライ語Khristosに由来し、救世主Messiahと同じ意味を持ちました。


これは、イスラエルで王位に就く者は、預言者によって頭に聖油を注がれるという古習にもとづくものです。
ダビデ(1000 B.C.)も、油を注がれて王になったと旧約聖書に記されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

油をかけるんですか!?・・・・けっこういいかもしれん、、、。そして、語源の話、参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/01 07:00

面白い変った意見を求めるときは、先ず自分の意見を披瀝した後で意見を求めないと空振りに終わると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。この問いについてもっと書こうかと迷ったんですが、僕はいつも言葉足らずなので、逆にやいこしくなって、分かりにくくなってしまい、皆さんのご意見を受け損ねてしまうような文面になってしまうと思い、あのような質問文にしてしまいました。申し訳ないです。面白い、変わった意見と言うよりも、限定のない意見を頂けたらいいなと思っています。
 茨の冠をかぶり、十字架にかけられたのは、人間ではなくお金ではないか?という質問です。すべてから愛され、すべての人間の罪を一身に受けるというのはお金ではないでしょうか?・・・・・というような文面だと、私は、「すみません、もうチョッと後で出直してきます。」と言わなければならず、又、「意味わかんね、コレ。」って感じで。中途を書いている上に分かりにくい文のため、質問を読んでくれた方も中途な印象を受けてしまい、限定のないご意見を伺えないくなってしまうと思ったんです。言い訳ばっかしてすみません。もしこれでよろしければご意見伺えますでしょうか?

お礼日時:2001/08/01 06:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト者の方へ - ご意見を下さい

『今でも愛する夫の裏切りを知った』
『親しい知人を殺された』

上のような耐え難く苦しい経験を自分に与えた相手に対し、
報復することをキリストは赦しません。

私は、とてもこれを納得しています。

それで、上のことと関連するのですが、
今日ここで質問させて頂きますのは、

『耐え難く苦しい経験によって、
(相手を憎まずとも)被害者意識を持ち続けるということ』

が赦される行いかどうかということです。
(実際問題は、被害者意識など持ちたくないが、持ってしまうというのが実際なのでしょうけれども。)
また、その人が病に臥してしまった場合の行いについては考慮外とします。

どんな苦しみを受けても、自分が健康であるならば、
戦乱にも巻き込まれず平和に、
そして、他のいのちをいただいて生かされている以上、
前向きに生きなければと私は思います。

しかし、それが道義的に正しいのかの判断ができないのです。

なぜなら、恥ずべき事ですが以前の私は、(いや正直に言うと今もかもしれません)
そうした、(相手を憎まずとも)被害者意識を持ち続ける人を、
ある種の猜疑心を持って見ていたからです。

つまり、悲劇にかまけて、
自分の為すべき事を他人任せにしようとしているのではないかと疑っていたのです。

このような猜疑心は当然に悪徳ですが、
以上を分析すると、(相手を憎まずとも)被害者意識を持ち続けることが悪い事なのではなくて、
悲劇にかまけて、自分の為すべき事を他人任せにしようとしているのが単に悪いだけなのかも
知れないなと思うに至ったのです。

聖書で、こうした問題について述べられている所があれば、
その箇所を教えていただければと思います。

また、キリスト者のかたで見解のあるお方がおられましたら、
お考えをお聞かせください。

よろしくお願いします。

『今でも愛する夫の裏切りを知った』
『親しい知人を殺された』

上のような耐え難く苦しい経験を自分に与えた相手に対し、
報復することをキリストは赦しません。

私は、とてもこれを納得しています。

それで、上のことと関連するのですが、
今日ここで質問させて頂きますのは、

『耐え難く苦しい経験によって、
(相手を憎まずとも)被害者意識を持ち続けるということ』

が赦される行いかどうかということです。
(実際問題は、被害者意識など持ちたくないが、持ってしまうというのが実際なのでしょうけれども...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まづ聖書の指し示すところは 一人ひとりの信仰という生きる動態であり これは 非思考の庭であることを意味します。げんみつにお伝えしますが:
 ★ しかし、それが道義的に正しいのかの判断ができないのです。
 ☆ というときの《道義》あるいは道徳や倫理規範のことではありません。

 人にとってのあゆむべき道を ないがしろにしてもよいということではなく そうではなく その道を 《非思考の場》をとおして実践しようというのぞみです。
 
 思考に非ず ですから 倫理を――もちろん考えてもよいのですし 実際考えますが――究めてその思考としての成果を実践するという行き方によるのではありません。

 ★ 報復することをキリストは ≫赦しません≪。
 ★ ・・・が ≫赦される≪ 行いかどうかということです。
 ★ このような猜疑心は当然に ≫悪徳≪ ですが
 ☆ これらの括弧をつけた考え方は それとして・つまり倫理や哲学として思索を重ねて行きますが その考えによって みづからの行動を律したりそもそも人びとの行動を判断したりするという行為のあり方を採るものではありません。

 人との交通(まじわり)においては まづ相手と向き合い その相手と同じようになって その相手がその持てる能力をもっともよく発揮できるようにと 少しでも考えそれがよいと判断したら 実行します。そしてそれは こちらが生きて行く上で自由を得たいためです。相手が自由になれば こちらもそうなります。

 たぶんこういうときに
 ★ 被害者意識
 ☆ は持つ必要はないはずです。もし持つなら それは相手と同じようになることが出来ていないからだと思われます。自分を先に思っているからだと思われます。
 その場合には 相手のほうを先に思うことが出来るように――自然にそうすることができるように―― ときを待ちます。

 ★ ~~~~~~~
 『今でも愛する夫の裏切りを知った』
 『親しい知人を殺された』

 上のような耐え難く苦しい経験を自分に与えた相手に対し、
 報復することをキリストは赦しません。

 私は、とてもこれを納得しています。
 ~~~~~~~~~~~
 ☆ これは 一筋縄で対処しうるとは思えません。
 まづ
 1. 道徳は忘れてください。
 2. もしわたしたちにも規範らしきものがあるとしたなら それは
 ○ わたしたちは ひとを愛し欠陥を憎むのであって 欠陥ゆえにひとを憎むべきではなく ひとゆえに欠陥を愛すべきではない。
 ☆ になります。相手を自分より先に思うことの中身としてです。自分を活かすためにです。

 3. もしこうであれば
 ○ 《親しい知人》であろうが知らない人であろうが 人を殺したのなら その行為としての欠陥を憎むべきです。わたし自身の内でその行為の悪について捉えこれを批判し徹底的に憎み 批判し終えたならば 棄てる。そうして特別の意識や感情を持たないかたちで その人殺しに向き合う。その人間という存在じたいは 愛する。
 ☆ となります。

 4. あるいは
 ○ 人を裏切ることは 悪であり欠陥です。ウソ偽りを行なったという悪です。これをやはり自分の内で批判し徹底的に憎み 批判し終えたなら 棄てる。そうして言わば白紙でその裏切り屋さんに向き合う。人間としての存在じたいはこれを愛する。
 ☆ ですから
 ★ 今も愛する
 ☆ というのは はっきりしません。上の作業をした上での《愛する》のかどうかがです。気持ちや愛情は うつろいゆくものであり 憎悪と容易に交替しうるものであると考えますから いまのキリスト信仰をとおしての《相手と向き合う》ときの愛とは別だと捉えられます。

 5.★ 耐え難く苦しい経験――☆ これは わたしに対する試練だと捉えます。キリストの神が わたしに与えたことだと。神がそのようにしてわたしをきたえつつ わたしを打つのだと捉えます。
 くやしい・にくい・仕返しをしてやりたいうんぬんという気持ちがあれば すべて神にうったえます。わたしの力量を超えてあなた(神)は わたしを打っていないか?と。
 それでも そのつらい気持ちが退いて行かなければ 神をのろってもかまいません。おさらばしても構いません。また呼んでくれるでしょう 神は。
 ですから 倫理規範は――それについて考えることはするのですが それによってわが行動を律するということとしては―― いっさい関係ありません。道徳規範は愚の骨頂です。

 6. 非思考の場において のぞみを持ってあゆみます。この信仰というのは いわば無根拠です。無根拠を根拠として生きます。これが 信仰をとおしての愛でありのぞみです。

 7. いづれ神に直接会うときには もう《信じる》は要らなくなります。

 こんにちは。

 まづ聖書の指し示すところは 一人ひとりの信仰という生きる動態であり これは 非思考の庭であることを意味します。げんみつにお伝えしますが:
 ★ しかし、それが道義的に正しいのかの判断ができないのです。
 ☆ というときの《道義》あるいは道徳や倫理規範のことではありません。

 人にとってのあゆむべき道を ないがしろにしてもよいということではなく そうではなく その道を 《非思考の場》をとおして実践しようというのぞみです。
 
 思考に非ず ですから 倫理を――もち...続きを読む

Qもし、キリストに子供がいたら、キリスト教社会はどうなっていると思いますか?

私はキリスト教は全くの門外漢ですが、単純な疑問です。

もし、キリストに子供がいて、その子孫が現在も暮らしているとしたら、キリスト教社会はどうなっていると思いますか?
キリストに子供がいては都合が悪いという意見がありますが、それはどうしてですか?

Aベストアンサー

キリストに子供がいては都合が悪いという意見がありますが、それはどうしてですか?

肉体そのものを神格化してるからでしょう。処女再誕、死後の再生などみんな肉体のみの神格化なんですね。
肉体そのものが神さまですから子供などいるわけがないとなるわけですね。だからイエスの子孫などと名乗れば魔女裁判で粛清ですからね。
精神や霊的な側面でいえば子供がいようがいまいがいいのですが、そこが大いに違っているのですね。
ダビンチコードは子供がいてその子孫を守る秘密組織があるという映画ですが、大体本当のことじゃないでしょうかね。
マグダリアのマリアはイエスの世話をしていましたので実質的な奥さんであれば子供もいたかもしれませんからね。スペインに逃げそこで子を育てたと言う説もありますから、それがダビンチコードの原型ですね。
ただ子供がいても精神は違いますから宗教家になれたかどうかは別の話ですけどね。

Q楽しい事や嬉しい事があっても、喜ぶだけ喜んだなら、その分、また嫌な事や辛い事、理不尽などがあった時の

楽しい事や嬉しい事があっても、喜ぶだけ喜んだなら、その分、また嫌な事や辛い事、理不尽などがあった時のダメージは大きくなると言う事ですよね。
なので、喜ぶのも程々にしています。
熱くなればなる程、冷めた時のダメージは大きいです。

楽しい事や嬉しい事があっても、褒められても、今ではどうも、単純に喜ぶ事は出来ません。
褒められたとしても、
「褒められる事が叱られる事の始まりだ。」
みたいに考えてしまいます。(苦笑)(汗)
皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

得るものがあれば失うモノがあります。

文字を発明した人間は、知識を子孫に
伝えることが出来るようになりました。
その反面、記憶力が落ちた、と言われて
います。

交通機関が発達し便利になりましたが、
足腰がひ弱になってしまいました。

表があれば裏があり、悪があるから善も
あるのです。
悪が無ければ、そもそも善なども認識
できないわけです。



皆さんはどうですか?
   ↑
ワタシも質問者さんに似たところがあります。
良いことがあると、緊張したり、警戒したり
します。
よい事ばかり続くわけがない。
きっと悪いことが起こる。

好事魔多し。

十分、注意しよう。

Q私の自我論です。 ご意見をお願いいたします。

私は「自我」という言葉をこのように解釈しています。 

自分ひとりで考えてきてしまったもので  別に矛盾とかは いろいろな体験からも無いと思えるのですが 皆様のご意見をお聞かせいただければと思いました。

視点が違えば こうした考えは それによってさらに豊かになるという期待もあります。

よろしくお願いします。

↓↓↓

私の人生(現在63歳ですが)からは 誰もが「自我」は、持っているという観察結果が 狭い視点なのかもしれませんが 出てきます。

しかも、それを 人と隔てる殻とすると かなり強固な殻として表現可能なものとして「自我」は存在してしまっています。
そこを 私はまず、 卵の殻ではなくて 鉄のような堅固な殻を持ったの球や円を 便宜的説明図として ここに想定させていただきます。

それは、まず そのへんをこのように考えるからです。

人を助けたいという気持も 多くの場合、 自分の満足や 自分の名誉  人から善い人と思われたい心からとか、 それによって信用されたいから あるいは感謝されるのが気持いいから あるいは見返りがいつかは期待できるからとか とか なんらか 自分のためであったりするところ  そのへんを冷徹に見つめるとなのですが、

自分をまず、大切にしたり 自分にまずゆとりを作らなければ どうせ人へのなんら助けにならないことからも   また さらには ほんとうに気持にも生活にもゆとりがなければ 人は 人を押しのけてでも まず自分の欲望を 人を助けることより優先します。

普通は こうして ゆとりさへあれば 自我の堅い殻の中にても、法律は守りますし、 人助けもします。  それが常識の範囲というものでしょう。

戦争のような極限状況で無い限りの 私たちの神経は 自分のためにも 平和を望んでいるからです。

しかし平和であっても この自我を知ってしまうと、 人の存在すら認めない考えの人も出てきます。

ただ のけものにされたくないから、いい人のふりをしているだけとなったりします。

善人でありたい 道徳心とかも強い人は多いですから これはとてもきつい冷たい見方でしょうが  私は まず このへんは冷徹に しっかりと 自我の構造を見つめておいて 真実の追及してゆくべきところと思えてしまっているということです。

そうすることによって それでも崩れない 他の人へのあたたかい思いやりの気持の所在はどこにあるのかをより明確にあぶりだしたい気持からの 冷徹さでもあると思っていただいていいところでもあるのですが、 ともかく 最初は この鉄のような硬い殻の ボールをイメージしてください。


次に、何故、 その殻は それほど硬いのか?  それは 欲望の存在がそのエネルギー 出発点では必ずその殻を持った円や球体のうち側のエネルギーを持ってしまい それに覆われるような形で その殻が形成されているからです。

そういう便宜上のイメージの話ですが、 そういうふうに表現することができると私はですが思っています。

「人はみなそれぞれ絶対弧」という哲学言葉があると聞いていますが それは又別の意味合いの「弧」の世界の表現でしょう。 むしろ人の存在を認めるからこその尊敬とう文字の裏返し その基点のようまものの表現であるのだろうと感じます。

そうではなくて、 死が絶対的別れであることを知る時のような深い奈落の孤独の世界が 見えにくくてはあっても そこには あるということです。

誰もが その「巨大な」とさえ言えてしまうような殻の硬さの中に置かれているという図、 しかも欲望が故という理屈、 ここまで 文意は理解できましたでしょうか?

これは 左脳(論理脳)で捕らえると そのようにも表現できるという意味合いでもあるのですが、ともかくまず 論理的には そのような図が考えられることを念頭の置いておいてください。

しかし 欲望は さまざまなニーズの総合、 その重複性の奥に 時に無意識的にかもしれなくても《幸せを願う》という究極へと向かいます。(ここも反論があるかもしれませんね)

幸せは 音楽への感動や この大地への感動 大自然への感動、その中での安らぎや新鮮な気持といったことを心に見出す時にやってきます。

ある意味欲望は そのへん ほんの薄皮をむけば その心の故郷と一体となった美の世界をともないます。(この欲望自体の構造については、 別に質問したいとおもっていますが)

いずれにしても  その「幸せ」感と一体となるようなエネルギーが希求の中に入り込むと(その実感が命に宿り始めると)その中からは 他の人の幸せも 自分と同じ様にせつせつと願う気持も 同時に生まれると私は思っているのです。

もっと単純な話が 人って ほんとうにうれしい事があると 人に伝えないではいられない気持になります。 そういう気持を知らない人はそれだけうれしいことがあまり無くて 記憶に残っていないからだと思いますが ともかく その延長線にある 人間性の必然だと思っていただけると解りやすいかと思います。

つまり ちょうど 磁力線のように それはなんと いとも簡単に 鋼鉄のように固い殻を突きぬけてしまいます。   それがどんなに硬くてもです。

別に それで 聖人とかになれるとか言いたいのではなくて、 かならず そこには、これも誰もが、少なくとも心の奥は 暖かい気持になってしまうということです。

これを卵に仮に例えるなら 黄身の部分がそれかもしれません。  偉いとかかいいとかのえらい違い^^は考えないで下さい。

自分のことのように 相身互いの気持にはなれるようになるということです。

この自我論が意味しているものは、 誰もが まあそんなものではないでしょうか、という大局的意味合いです。  誰を低くみたり 誰を英雄視したりすることもなく もっとみんなが 自分を見つめ 信頼し、  相手を認め 信頼しあい、 語り合えるようにするための図のつもりなのです。

しかし 私は わりと幼い頃から こうした人間についての考えを真剣に考えてきた者ですが、 本とかをあまり読む機会がないまま 忙しい人生を生きてきました。

他の人の心理学とか 哲学とかで すでにこうした自我論というのがあるのかないのかもわかりませんし、 他と比較できないので 自信とかも沸いてきません。

それは、それでいいのかもしれませんが、 やはり 対話は 勇気や力を私に与えれくれると思うのです。

もしよろしければ、 この考えの欠点、 間違っていると思える点、 感想、その他 ご意見をお聞かせいただけると ありがたいのですが、 

どうかよろしくお願いいたします

人生観から生まれた論の一つですので、この紙数ですべて書けるものでは無い論文となっているところ もしご意見をいだだけましたら そのつど お一人お一人に 補足文を書かせていただこうと思います。

よろしくお願いいたします。

私は「自我」という言葉をこのように解釈しています。 

自分ひとりで考えてきてしまったもので  別に矛盾とかは いろいろな体験からも無いと思えるのですが 皆様のご意見をお聞かせいただければと思いました。

視点が違えば こうした考えは それによってさらに豊かになるという期待もあります。

よろしくお願いします。

↓↓↓

私の人生(現在63歳ですが)からは 誰もが「自我」は、持っているという観察結果が 狭い視点なのかもしれませんが 出てきます。

しかも、それを 人と隔てる殻とすると ...続きを読む

Aベストアンサー

自我や自由意志の問題については
哲学よりも神経科学の方が
ずっと先に行ってしまっているだろうとの認識から
脳科学のトピックを拾ってきたのですが
http://www.freeml.com/bl/8065070/48398/
ご質問者さまの関心に上手くヒットできたかなと思います。

芸術に関しても彼らの仮説は大変刺激的です。
先駆けたのはピンカーでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC
http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3%81%AE%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%81%BF~%E4%BA%BA%E9%96%93%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E3%81%A9%E3%81%86%E9%96%A2%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%81%8B%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-NHK%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/4140019700

> 今 貧しくて^^、本とかすらも買えない状況なのですが
ありがたいことに彼らの講義は一部、ネットで見られます。
(しかも日本語字幕つき!)
●スティーブン・ピンカー 「心は空白の石版か」
ttp://www.youtube.com/watch?v=nVlifuHzeAA
ttp://www.youtube.com/watch?v=H3WaTvSZnIU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a-pHPe1UOiY
●ヴィラヤヌール・ラマチャンドン「文明を形成したニューロン」
ttp://www.youtube.com/watch?v=aH7VpqZp46o
●ヴィラヤヌール・ラマチャンドン「意識・クオリア・自己」
ttp://www.youtube.com/watch?v=v_ialfm5TOg
↑特に「クオリア問題」はご質問者様の関心の核心をつくのではないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

ラマチャンドランの本は最近文庫化され
こちらなどは↓620円で買えるようになりました。
http://www.kinokuniya.jp/05f/d_01/back36/no34/book34/book04_34.html
http://booklover.at.webry.info/201107/article_2.html
大変リーズナブルだと思いますがいかがでしょう。

自我や自由意志の問題については
哲学よりも神経科学の方が
ずっと先に行ってしまっているだろうとの認識から
脳科学のトピックを拾ってきたのですが
http://www.freeml.com/bl/8065070/48398/
ご質問者さまの関心に上手くヒットできたかなと思います。

芸術に関しても彼らの仮説は大変刺激的です。
先駆けたのはピンカーでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC
http://www.amazon.co.jp/%E5%BF%83%E3...続きを読む

Qもし僕がアナルだとしたら、僕のアナルはアナルのアナルになるわけですが、アナルのアナルとは一体なんでし

もし僕がアナルだとしたら、僕のアナルはアナルのアナルになるわけですが、アナルのアナルとは一体なんでしょうか?

Aベストアンサー

先日、新宿駅でアナルがスマホを片手に歩いていました。あれは、本人がアナルになってアナルが本人になった人です。
したがって、アナルのアナルはあなたです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報