痔になりやすい生活習慣とは?

電車の中で普通にジャンプをしても着地点は、同じですが。

飛行機で発進した時
シートベルトしてないと Gを感じ
多分 後ろに飛ばされますよね?

なら 1番わかりやすく
電車の中で普通にジャンプしても
後ろに飛ばない理由は…?
と 尋ねられたら なんて答えれば??

同じ空間だから?
…なら飛行機も電車もGを感じたら
後ろに飛ばされて。

多分。

追記
地球の自転速度は1700キロだし
微々たるスピードだから。

A 回答 (4件)

速度がある物体と同じ動きをしている物体は、同じように速度があります。



電車の中にいる人から見たら、速度0に見えるものも電車から力を受けて動いています。

また、地球の外から見たら私たちも地球の自転と同様に運動しています。

そのため、電車や地球と同じ速度でジャンプしても、同じ速度で進むことになります。

つまり、考えるべきなのは速度ではなく加速度です。

加速度のある物体からジャンプしたら後ろ(前)に着地します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

これが しつくり きますね。

お礼日時:2019/06/22 20:28

電車なり飛行機が


・等速運動
なのか
・加速度運動
なのかによって変わりますよ。

>電車の中で普通にジャンプをしても着地点は、同じですが。

それは「等速運動」であって、加速中あるいは減速中にはそうはなりません。

>飛行機で発進した時
>シートベルトしてないと Gを感じ
>多分 後ろに飛ばされますよね?

飛行機だって、巡航高度を安定飛行しているときには、普通にジャンプをすれば着地点は同じです。そうでなければ機内食なんて食べてはいられません。
    • good
    • 3

抵抗よる損失の誤差はなしの話になります。


通常はですが電車内でのジャンプの話は駅を出発してすぐの話ではなく。物理で言う、等速直線運動の時の話、が暗黙の了解です。
どちらも、同じ慣性運動しているから、です。
飛行機の離陸加速中は、エンジンにより加速中のため速度がどんどん早くなります。
機内でジャンプすると、エンジンによる加速度が得られません、ジャンプする前の速度での慣性運動になります、機体の方はどんどん加速して速度は早くなっています。
電車でも駅から発進して加速中なら、後ろに飛びます、ただし飛行機の離陸滑走の加速度に比べればはるかに小さいので、後ろに飛ぶ、という表現は不適切なだけです。
実際の実験では加速度が小さいのと、空気抵抗その他の誤差があるので、どこまで確認できるかは不明です。
車の屋根にバッグを置いたまま急発進したらバッグは後ろに飛びますね(車に乗っている人から見れば)、バッグは速度0の慣性運動を続けているだけです。
屋根に置いたままの摩擦抵抗では加速度が有効に伝わらないから。
    • good
    • 0

「慣性の法則」

    • good
    • 1
この回答へのお礼

それは 同等線状にいたら
同じ…静止 動力。
そんな 理由でしょうが。

極端に言えば 地球が1000キロ以上で回っていて
飛行機も人間も地球に張り付いてる ノミ以下の物体だから??

お礼日時:2019/06/22 19:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング