人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

化学 ダニエル電池について質問です。


素焼き板は両液の混合を妨げているが、電流を流すと素焼き板に空いている小さな穴を通って陰イオンが負極側へ、陽イオンが正極側へ移動する。

と説明文に有るのですが、なぜ陰イオンが負極、陽イオンが正極側へ移動するのですか?

「化学 ダニエル電池について質問です。 素」の質問画像

A 回答 (1件)

負極では極板の亜鉛がとけてどんどん亜鉛イオンに変わっていくから


負極の周囲では電気的にプラスの電気を帯びるようになる。
一方、正極では硫酸桐溶液の銅イオンが導線から流れてきた電子を受け取って
金属銅に変化して極板の銅に付着する。
すると硫酸銅液のプラスイオンがへってきて正極の周囲では
硫酸イオンがとりのこされて電気的にマイナスに帯電する
このプラスマイナスの電気どおしはお互い引きつけ合うから
素焼きの穴を通して亜鉛イオンと硫酸イオンが交流して
電池全体を電気的に中性に保とうとするわけだね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング