【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ビジネス上のe-mailなのですが、書き出しで
「いつも大変御世話になっております。」
にあたる文言を教えてください。
ちなみに、
Thank you for everything.
Thank you for your continuous support and help.
などと書いたことがあるのですが、おかしいでしょうか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これは、私も昔どのように訳せばよいか困ったことがあります。

ご参考になればと思い回答します。

結論を言うと「いつも大変お世話になります。」とか「よろしくお願い申し上げます。」という日本のビジネスレターでよく使われる表現にピッタリ該当する英文はありません。なぜならば、上記表現は日本ではあまり意味を考えずに使っていることが多いからです。たとえば、今まで一度もお世話になったことがない人に対しても「いつも大変お世話になります。」て手紙の冒頭でよく使いますよね?英文にする場合は「貴方の何に対して」を入れないと意味がとおらないため、一度もお世話になったことがない人に対しては英訳困難というわけです。

さて、「仕事でいつも助けていただいて感謝している」ということならば、貴方が上げられた表現(後者)もOKですし、
I always appreciate your cooperation and contribution for us. も使えます。
ただ、Thank you for everythingは、これを書いてしまうと、今までに先方が貴方にしたことで、今までは問題が無かったが後で不具合があることに気が付いた場合は文句を言えなくなってしまいますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
I always appreciate ・・・も参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/12/09 15:44

皆さんの仰るように英語では いきなり用件に入ります。

文化の違いでしょう。無理に訳すと 例えば、日本人が イスラム圏から「アラーのご加護云々」で始まる e-mailをもらうような滑稽さがあるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「アラーのご加護」ですか。
でもそれはそれで親しみやすい気もしますが。(^^)

お礼日時:2004/12/09 15:51

基本的に、結論や、用件を先において、修辞を、


最後にもってくるので、日本文とは全く逆です。

返信の場合
Thank you for your letter (e-mail) dated xxxxxxxxx.(日付け) とか、
We received your letter (e-mail) dated xxxxxx
xx(日付け)with many thanks. とかで、充分です。

こちらから、依頼する場合
いきなり、Please.......と、依頼用件から切り出しも、問題ありません。

初めての場合
素性を簡潔に記載して、用件(本題)にはいります。
We are representative of ......
また、相手側を、どのようにして知ったかなども、書き出しには有効です。
We referred to your web site and found you are dealing genuinecomponents of ......

最初の方がおっしゃるように、日本語での挨拶などの
定型文は、英文に無理やり置き換えると、かえって、おかしな印象を与えますし、実際の用件を曖昧にしてしまう危険性があります。
これは、多分に、文化の違いですので、あまり
こだわらなくても、良いと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。文化の違いはいつも感じています。頂きました例文を参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/12/09 15:49

ビジネス・レターの内容にもよりますが通常はそのような漠然とした挨拶言葉は不要です。

(習慣がない)最初から要件をずばり書くのが現代商用英語です。取引関係がある相手ならこれまでに手紙を貰っていると思います。それが参考になるでしょう。

欧米語でも不特定多数の顧客(航空会社や銀行などが)に例えば ”Thank you for your business"とか ”Thank you for your many years of patronage"などと書くことはありますが日常取引のある相手には使いません。

問題は英語が少し分かり日本語的表現に拘る上司の検閲を受けたり代筆をするときでしょう。説得するか上司が
ワンパターンで覚えている文章で妥協するしかありませんね。日ごろから取引先のレターの例文を集めておくことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かにいきなり要件から始める人が多いですね。
でも、ニュアンスは違いますが
I hope everything is fine with you.
などと文頭につける方はいらっしゃいますね。

お礼日時:2004/12/09 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング