ちょっと、漠然と、かたよった聞き方になるかもしれませんが、子を持つ母として、お聞きします。

O157になるといっても 状況は、さまざまですよね。集団だったり、家でなったり・・・・程度も色々あると思いますが・・・・

前に誰かに O157になる子は、親が結構、神経質に気をつけていたりする場合が多い。というような、事を聞いたことがあります。

父にも、最近は、除菌のものが増えてきて 体に抵抗力が無くなっているらしいという話を聞いたことがあります。

現実的には、どうなのでしょうか。
どれくらいの人がO157にかかったりしているのか、実は全然知識がないのですが、なったことがある方,あるいは、見たことがある方,現実的な感想を聞かせていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは。



O157とは、正しくは病原性大腸菌O157といいまして、強烈な毒素を出す以外は全く普通の大腸菌と同じです。大腸菌自体は環境中にもいるし、体にだってついてます。これを全部取り去ってしまう事は不可能です。

このO157という記号は、大腸菌を血清型というもので分類したもので、人間でいうと血液型みたいなものです。たまたま、このO157型の物は分泌物が強烈な毒であるというだけのことです。

この毒素は、わずかな量なら健康で抵抗力のある人にはそれ程ひどい症状を出しません。また、普通の大腸菌が沢山いる環境なら、O157だけが増えるということはなく、菌の増殖も抑えられます。抗生物質で菌を徹底的に叩いたあとなど、菌のいない環境に、このO157が入ったりすると普通の大腸菌もいないので、爆発的に増殖するのです。

また、最近の子は泥遊びなどもせず、昔から考えると無菌的な状態で育ちますから、抵抗力が落ちてます。お年寄りは年齢に伴って体の衰えとともに抵抗力が落ちるのですが、子どもは、本来、泥だらけになって遊んで、環境にいる菌などへの抵抗力を作っていく時期に無菌的に育ってしまうので、作るべき抵抗力が作られず、感染するとひどいことになってしまうのです。

ですから、やたらと潔癖症的に清潔志向な親だと、子どもをそういう状態にしてしまうということはいえると思います。ただし、これはO157に限ったことではなく、病原体全てについていえることです。

そんな訳ですから、もし身近にO157が発生したような場合は、消毒をこまめにやるとかは意味がありますが、普段からやたら殺菌剤や消毒剤を多用したり、抗菌~ばっかし使うというのはあまりよろしくないですね。

とまあ、こんなで参考になるでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/03 07:44

O-157と言う大腸菌はとても繁殖力の弱い細菌だと


聞いています。通常の家庭の台所等では他の雑菌の方が
繁殖力が強くなかなか人体に入って悪さをするレベルまで
O-157が増えることはまずないそうです。
実際学校の給食室のように綺麗に掃除されて衛生的と
思われている場所つまり他の雑菌が少なくて繁殖力の弱い
O-157が繁殖出来る場所にこの大腸菌が付いた時に
だけ汚染が起きるとの事でした。
また人間の皮膚(汗腺等)には乳酸菌の仲間がいて体に
雑菌が付いてもその繁殖をふせいでいると言う話を聞いた
事が有ります、あまりきれい好きは良くありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/03 07:47

大腸菌O-157は消化管の中で繁殖し、一定以上の数になったところで毒性を示すものですネ。


この菌による被害は欧米や日本のような、いわゆる発展国にしか見られません。
ヒトの腸管には大腸菌や腸球菌などが住み着いており、外から侵入してきた他の細菌は中々増殖できないようになっているのですが、清潔好きが度を過ぎてくると腸内で外からの菌が増えてしまうような環境になってくるのです。
雑菌にまみれた生活というのは、体の免疫力を維持し、実は健康的な生活といえます。
黄色ブドウ球菌も皮膚表面に大量に付着し、他の菌が付着してこないように守ってくれていたという経緯があります。
寄生虫が誰の体の中にでもいた頃には、アトピーや花粉症は存在しなかった病気なのですが、清潔な環境が進むことで、逆に未知の病気が現れてきたのですネ。
清潔好きが度を越している日本の状態では、普通の家庭でもO-157に対する防御力も落ちているでしょう。この日本で特に綺麗好きにされているのであれば‥。
東南アジアでは日本人観光客だけが集団食中毒を起こす例が続発しています。それだけ事態は深刻なのですネ。
O-157が怖くて除菌グッズを使って、綺麗に清潔にし続けることは、さらに更に体を弱くし、O-157に負けてしまう体を作ってしまうことにつながります。
私も学生さん達には常々『清潔好きにはなるな』と教えています。ほんの数十年前はドロまみれの手で野外でオヤツを食べ、地面に落としたものでも平気で食べていました。特にこの20年程の間に加速し続けている『清潔な』生活には非常に疑問を感じて止みません。
以上kawakawaでした 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/03 07:46

myeyesonlyさんの言う通りですね。

過剰に雑菌を殺しすぎるので、雑菌に対しての抵抗力が無くなるという訳です。最近の除菌・抗菌剤入り石鹸や日用品には疑問を感じます。消費者が買ってしまうからメーカーもそれを売りにした商品をどんどん出します。より除菌力・抗菌力の高いものへと・・・悪循環ですね。

人間の体表面や体内には無数の菌が住み着いています。有用な菌・無害な菌・有害な菌。これら細菌類を一概に排除したとします。有害な菌はいいのでは?・・・という意見も聞こえてきそうです。ところがそうもなりません。免疫抗体の練習相手がいなくなったらどうします?。普段その辺に少量の有害な菌が居たとします。発症するには至らない量で、健康な人の場合、早々に排除してしまいます。この時、免疫抗体が学習します。次に同型の細菌が進入しても「やっつけ方」を学習している為に、普通なら発症する量でも発症する前に抗体が何とかしてしまいます。
いわゆる「インフルエンザ」の予防注射と同じ訳ですね。

私が小学校5年くらいまでの頃はTVゲームが無かったですから、普段は「なかよしグループ」で近くの材木(原木)置き場をアジトに近辺を探索。自転車で遠出してドブ川でフナ・ドジョウ・カニなどを捕まえて遊んでました。
幼少の頃は泥んこ遊びがメインです。家の前のドブ川で蛍のエサのカワニナを取って遊んでいましたし。
あとは、幼稚園に入る前から山菜採りで山に、夏は海へと可能な限り外で遊びました。親の御蔭です。感謝しています。そのせいか、小学校3年生以降は目立った大きな病気はせずに済んでいます。アトピーも発症しましたが、直っています。

集団感染については、以上のことから抵抗力の無い人が死亡したり、より重い症状に。
抵抗力のある人は全く何ともないか、気分が悪くなる程度という事でしょう。
健康でも個体差は有ると思いますし、その時に体力が無ければ感染します。
過保護に育てた故に抵抗力が無く、重症になるのであれば親が原因を作っているかも知れませんね。
なお、年齢に左右するのは、胸腺という器官が免疫抗体の試験を行なっているのですが、体力が最もある年齢を境に機能が低下していき、試験内容が簡単になります。これだと優秀な免疫抗体が増えず、無審査で通過したバカな抗体が体中を監視する事になります。

予防:
これからの季節、特に注意が必要ですし、生ものを食べる際には「わさび」「緑茶」は欠かせません。これらで予防の効果を期待できるかは不明ですが、最も手軽に除菌する方法でしょうね。まさか薬用石鹸を飲む訳にもいきませんし・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/03 07:46

またまたすいません。

deagle さんに一つだけ補足します。

「ウィルス」は「細菌」と読み替えてください。

#多分急いで書いて間違えたんだと思います。横から失礼しました。m(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 07:45

 まず第一に、「O-157になる」という表現ですが、O-157はウィルスですので、病名ではありません。

正確には「O-157感染症になる」という表現になりますので、気持ちお止めおきを(病気そのものとウィルスとでは対応も変わってきますので)。

>除菌のものが増えてきて 体に抵抗力が無くなっているらしい
 これは発汗傷害と同じ理屈です。
 クーラー病が慢性化すると、身体は汗をかく必要がなくなって、いざってときに汗そのものをかかなくなります。こんな身体で炎天下の下に長時間い続けると、アッという間に倒れます。
 俺はまだ倒れてませんが。でもけっこうヒヤヒヤモンっす(^_^;

 身体の抵抗力も同じで、ここ細菌はスモッグや建築用材などの「身体に蓄積するばかりで抵抗のしようがない」類の毒ばかり多く、逆に「常日頃慣れ親しんでおいた方がよい」類の毒に触れる機会がありません。
 地面の泥だって、川の水だってそうです。
 あくまで常識的な範囲でということになりますが、少しくらいは汚い環境の方が、人間は抵抗力がつきます。
 子供が多少服を泥で汚したりしても、ちょっとくらいなら元気がいい、くらいですませておいてもいいんじゃないでしょうかね(笑)

 ちなみにですね。
 O-157だけを警戒し、このウィルスの感染数を調べたりするのは無意味です。
 本来はこのウィルスは無害であり、これが突然変異で例の事件を起こしただけのことなのです。
 それよりもむしろ、ニュースにもならないようなメジャーなウィルスの中にも危険な奴がたくさんいますから、そっちを警戒すべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご回答ありがとうございました。お礼が遅くなり申し訳ございません。大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/03 07:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QO157

全国数箇所のステーキレストランチェーン店でO157による発症が報道されています。
原因が素材(牛肉)にあることは明らかなようですが、O157は加熱調理しても死滅しないものなのですか?

詳しい情報をご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

O157の細菌自体は、75℃、1分間の加熱で死滅するとされています。
多くの場合は、過熱が不十分のままO157が体内に入り込むのが原因になります。

問題なのは、対象の食品にO157細菌が付着して、被害者の口に入るまでの間に、細菌が作り出す「ベロ毒素」で、こちらは普通の加熱では無害化されません。
普通は、そういう状態なら、その他の雑菌なんかも増える環境ですから、臭いやなんかで痛んでるのが分かる場合が多いです。


ベロ毒素は胃液を通貨後、腸内で出血性の下痢を起こさせます。
また、一定の量のベロ毒素が、体内(腎臓)に取り込まれると、溶血性尿毒症症候群(HUS)という状態になり、血液中の赤血球が破壊され、尿毒症などを起こし、出血やショック状態になって死亡に至ります。
他の臓器や脳そのものがダメージを受けますので、症状が重かった場合には、助かっても後遺症なんかが出る事もあります。


ハヤカワ文庫から出ている、
「毒素(Toxin)」ロビン・クック著
という小説での症状の描写が超~怖いです。
しばらくハンバーガー食べるのがダメになりました。

O157の細菌自体は、75℃、1分間の加熱で死滅するとされています。
多くの場合は、過熱が不十分のままO157が体内に入り込むのが原因になります。

問題なのは、対象の食品にO157細菌が付着して、被害者の口に入るまでの間に、細菌が作り出す「ベロ毒素」で、こちらは普通の加熱では無害化されません。
普通は、そういう状態なら、その他の雑菌なんかも増える環境ですから、臭いやなんかで痛んでるのが分かる場合が多いです。


ベロ毒素は胃液を通貨後、腸内で出血性の下痢を起こさせます。
また、一定...続きを読む

Q謎の関節痛と微熱,,,。

微熱が一か月以上続き、他の症状からバセドウ病の疑いということで
血液検査をしましたが異常がありませんでした。
エコーでは基準より少し大きめとのことでしたが、お医者様は気にしなくていいとのことでしたし、
もともと首も太いので生まれつきなのだろうと思います。

ですが、症状は依然変わらず、バセドウ病でないのならなんだろう?という気持ちです。

微熱、関節痛、手の震えがあるのですが、
ネットで調べると神経がウイルスでやられているというのが一番合致すると思いました。
おととしも、前庭神経がウイルスでやられてしまう前庭神経炎の経験があるので
体質的に神経がやられやすいのでは、と勝手に考えています。

神経がやられた場合、微熱は長期間続くものなのでしょうか?
もしそうならば、大きな病気は疑わずに、回復するまで様子を見たいと思っています。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ウィルスの可能性はありますね。

要は、ばい菌を倒すために体ががんばる=熱が出る
の考えです。
ウィルス性の感染でも同様になります。

いずれにせよ内科や神経外科の受診をし安心したほうがいいのでは。
思わぬ感染症で悪化や最悪の場合となったら損しかありません。

Q潜伏期間について

どなたか教えてください。潜伏期間中は、人に感染させてしまうのでしょうか?
潜伏期間について、詳しく知りたいのですが・・・。お願いします。

Aベストアンサー

全ての伝染病がそうだというわけではありませんが、潜伏期間というのは、何らかの伝染病原体に感染後、発病または外部から感染がわかるまで、の期間なので病原体が密かに潜んで外に出ないという訳ではありませんので潜伏期間中でも十分感染の可能性があります。

Qピロリ菌除菌失敗

タイトル通り初回の除菌失敗しました!
何がいけなかったのでしょうか?
まだ薬はあるとの事でしたがどのような薬でしょうか?
2回目で除菌成功率はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

クラリスロマイシンに耐性がある場合は、
PPI(オメプラールとか)+アモキシシリン(サワシリン)+メトロニダゾール(フラジール)
という手もある。 (保険適応はなかったと思う)
こちらは80%以上の除菌率といわれている。

Qインフルエンザの潜伏期間は?

インフルエンザの潜伏期間はどれくらいなのでしょうか。

それから
あまり症状が出てない潜伏期間も周りにうつるのでしょうか。

Aベストアンサー

潜伏期間は1日くらいでしょうね
症状がない期間はウィルスも増えてないと思いますので他人へうつす事もないでしょうね

Q腰痛,左肩甲骨のゾワゾワ感,咳。

こんにちは。3ヶ月の子供を持つ母親です。最近,腰痛がひどく,(立てないとか動けないわけではないのですが)背中の筋が曲げるといたいです。授乳のとき,変な体勢になるからだと思うのですが。。あと左の肩甲骨が1日に何度も,ゾワゾワっとします。痛くはないのですが。気持ち悪くて鳥肌がたちます。。あと,激しいわけではないのですが,1日に4~5回くらい,風邪でもないのに咳が出ます。これはなんなのでそうか?病院へ行こうと思うのですが,何科を受診したらいいのでしょうか?整形外科だと,シップもらって終わりとかになるのでしょうか?同じような症状を経験された方,どんな事でもいいので教えてください。ちなみにいま25歳です。

Aベストアンサー

文面から判断すると現代医学では難しいと思います。受診するとしたら内科と整形外科かと思いますが、基本的に現代医学は結果のみを変える対処療法ですので、激しい痛みなど緊急な場合は有効ですが、根本的な治療はせず、湿布や痛み止め、咳止めでその場しのぎ的な対応しか出来ないと思います。

症状を拝見すると、根本的な原因は血流不良が考えられます。
妊娠中は胎児の重さが加わるので腰に負担がかかり腰痛を発症しやすいです。長い時間をかけて筋肉中に乳酸や老廃物が溜まって筋肉が硬くなってくると違和感や痛みが出てきます。抱っこや無理のかかる姿勢での授乳も負担がかかっているはずです。
肩甲骨の違和感も人により表現は色々ですが、硬くなり始めにザワザワしたりします。硬くなってきている前兆といえます。また、胸椎の2~3番から気管支の自律神経が出ていますが、左右肩甲骨の間付近が硬くなると影響がでて咳がでたり、気管支の症状が出る場合があります。
妊娠中、出産後などカルシウム不足の時は特に筋肉の伸縮は悪くなります。(足などツリやすくなったりする)

ですので、まずはストレッチや体操をして上記の患部周辺の筋肉を伸ばして柔らかくしてみてはいかがでしょうか。根本的な治療をする場合は東洋医学的な治療の方が有効かと思いますが、東洋医学は治療家によって治療法、技術力は様々ですので選択に注意は必要です。

血流不良の根本の原因は現代人の生活習慣です。欧米的な食生活や甘い物の多食、運動不足、過度なストレスなどにより血液がドロドロしてきて酸素や栄養の運搬や老廃物の除去が上手くできず体本来の生理機能が低下します。
女性の場合は冷え性や生理痛、生理不順、便秘等の症状も多いです。
人間には「自然治癒力」という体の状態を良くしようとする力が24時間常に働いています。日々血流を良くする生活習慣にしていれば病気や症状の改善にも予防にもなります。
血流が良くなれば母乳も良く出ますし、赤ちゃんの為にもなります。母乳でお育てでしたら、赤ちゃんはお母さんの生活習慣の結果を母乳で摂取していることをよく認識して下さい。

ただ、怪我ではありませんから良くなったからといって元の生活に戻れば、数ヶ月、数年後にまたなる可能性は高いです。ですので日頃から生活習慣に気を付けストレッチなどで体も手入れして予防することが大切です。

緊急性がなければ、まずはストレッチや運動、食生活の見直しをしてみて、あまり変化がなければ医療機関に相談することをお勧めします。本屋さんでストレッチや正しい食生活等の本も売っています。産後はカルシウムが不足している場合が多いので、丸ごと食べれるシラス等の小魚、海藻類を多く摂ることをお勧めします。

参考になれば幸いです。

文面から判断すると現代医学では難しいと思います。受診するとしたら内科と整形外科かと思いますが、基本的に現代医学は結果のみを変える対処療法ですので、激しい痛みなど緊急な場合は有効ですが、根本的な治療はせず、湿布や痛み止め、咳止めでその場しのぎ的な対応しか出来ないと思います。

症状を拝見すると、根本的な原因は血流不良が考えられます。
妊娠中は胎児の重さが加わるので腰に負担がかかり腰痛を発症しやすいです。長い時間をかけて筋肉中に乳酸や老廃物が溜まって筋肉が硬くなってくると違和...続きを読む

Q病原菌O157が有りますけど、O156とかもあるんですか?

病原菌O157が有りますけど、O156とかもあるんですか?

Aベストアンサー

大腸菌は、菌の表面にあるO抗原(細胞壁由来)とH抗原(べん毛由来)により細かく分類されています。「O157」とはO抗原 として157番目に発見されたものを持つという意味です(現在約180に分類されています)。
http://www1.mhlw.go.jp/o-157/o157q_a/index.html

Q足の付け根の痛み,失神,熱

友人が以下の症状を訴え,どうしてよいのかわからないので,どなたか知識のある方,教えてください.
右足の付け根に強い痛みが走り,トイレに立つと失神し意識を失い,
その後,37度9分程度の熱の症状があるのですが,
これはどのようなことが体に起こっているのでしょうか.
胃の内容物を吐いてしまう症状もあるようです.
しかし,これは一日だけでおさまり,翌日は少々足の痛みは残るものの,
元気に仕事場にこれました.

1)何かの病気なのか,それであるとしたら,どこが悪いと考えられるのか
2)病院へ行くとしたら,何科へ行けばよいのか

すみませんが,情報をいただけたら幸いです.

Aベストアンサー

公立などの総合病院をたずねて、受付の問診表を書くところ
で、係の方に相談すると良いと思います。

ここに解決はありません。

Qおたふく風邪の潜伏期間について。

おたふく風邪の潜伏期間が2~3週間ほどあると聞いたのですが、その潜伏期間中にもうつるものでしょうか?

Aベストアンサー

流行性耳下腺炎,俗に言うおたふく風邪ですね。
潜伏期間は14~21日で,好発年齢は4~5歳です。
耳下腺が腫れて,痛みが強いです。よく起こる合併症としては無菌性髄膜炎を起こす事があります。

さて,潜伏期間中に他人に感染するかどうかということですが,感染しますね。
潜伏している状態はもうその人が感染している状態です。ただ,症状が外に現れていないため,潜伏と言う状態をとっているわけです。

だ液による接触感染や飛沫感染で感染して発症するみたいです。
感染後,症状が出ないか出ても気づかず通過する場合もありますが,その時に感染する確率は30~40%といわれており,感染率は高いです。

こんなところですが,御参考までに。。

Q友人が足の親指をぶつけてしまい,その後,爪の部分が黒くなってしまいました。このままにしておいていいのでしょう

友人が足の親指をぶつけてしまい,
その後,爪の部分が黒くなってしまいました。
たぶん内出血していると思いますが,このま
まにしておいていいのでしょうか。
それとも,早急に医者に診てもらうべきでしょうか。また,自然に治癒する可能性はありますでしょうか。教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

どの程度なのかわかりませんが、おそらく内出血しているのでしょう。
私も岩に足をぶつけ、親指と小指の爪が真っ黒になったことがあります。
痛みがあまりなかったので放っておいたら、爪が少し盛り上がってきて数ヶ月後にパカッとはがれました。
下に新しい爪が生えていたので、まったく痛みはありませんでしたよ。
歩いていて激痛が走るといったことがなければ、自然治癒を待てばいいのではないかと思うのですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報