環境ホルモン分解菌の代謝産物について解析をしています。培養液をヘキサンを用いて液々抽出(二層分配)の形で抽出・濃縮してGCMSにかけているのですが、ヘキサンだけでなく、別の有機溶媒でも抽出を行おうと計画しています(=ヘキサンで見えなかった代謝産物が見えてくることを期待して)。ただ、一口に有機溶媒と言っても色々あり、数多くの中から実験結果に差が出ることが期待できそうなものを数種類選ぼうと思っています。そこで、このような意図で液々抽出の結果に差を出したい場合に参考となる尺度というものは存在するのでしょうか。例えば、各々の有機溶媒がどれだけ疎水性が強いか、を示すような化学的尺度はあるのでしょうか。その他参考になりそうな「尺度」をご存知でしたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オクタノール-水分配係数というのは、極性を表す物性値としてよく使われます。

また、極性の大小については、Macek,Prochazkaの系列というのがあり、極性の高い溶媒から順番に下記のようになります。

水、アセトニトリル、メタノール、エタノール、アセトン、THF、酢酸エチル、エチルエーテル、イソプロピルエーテル、ジクロロメタン、クロロホルム、ベンゼン、トルエン、キシレン、四塩化炭素、二硫化炭素、ヘキサン、ケロシン

抽出物と極性の近い溶媒ほど、抽出物-溶媒間の親和性が高くなりますので、ヘキサンでは極性の高いものは抽出することが出来ません。相互溶解が起こらない程度に、抽出もとの溶媒と極性の近いものを選べば、極性の高いものが抽出されてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスを有難うございます。各種溶媒の序列を不等号で示した参考資料を以前に見た記憶があるですが、Take_chanさんが示してくださったのと同じような感じでした。大分核心に迫ってきたので図書館へ行ってもう少し調べてみます。

お礼日時:2001/08/01 09:43

以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?


=============================
抽出/化学工業社/2000.10 
溶媒抽出化学/田中元治,赤岩英夫/裳華房/2000.2 
試料抽出/森本源蔵/丸善プラネット(製作…/1997.3 
抽出技術集覧/化学工学会関東支部・…/化学工業社(発売)/1995.7 
================================
最初と最後は化学工学系のもののようですが・・・?

溶媒の基礎的物性であれば、ご存知でしょうが、化学便覧等が参考になります。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

MiJunさん、レスを有難うございます。上記参考文献、早速探してみます。結構新しい参考図書を挙げていただきまして、有難うございます。

お礼日時:2001/08/01 09:36

一般的には誘電率や水-オクタノール分配係数を用いるようですね。

それにしてもヘキサンではかなり疎水的ですね。酢エチやクロロホルムとかの方がより多くの代謝産物が抽出されてくると思いますよ。あと、トルエンなんかいかがですかね。極性は低いですけど、ベンゼン環があるので芳香族化合物が抽出されてくるかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスを有難うございます。トルエンは今回はじめて聞きました。大変興味深いです。「誘電率」と「オクタノール係数」についてちょっと詳しく勉強してみようと思います。有難うございました。

お礼日時:2001/07/31 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q料理 (だし巻き卵)のレシピを英語にしています。卵液の訳。

だし巻き卵のレシピを英語にしています。テストでレシピを英語にする試験があるのです。
そこで卵液というのはthe egg liquids とあらわすのかegg liquids とあらわすのかegg liquid とあらわすのか困ってます。(卵は3つ使ってます)

卵液の3分の1の量を流す
1/3 quantity of the egg liquids is washed away.というふうでよいのでしょうか?

残りの卵液の2分の1の量を流す
1/2 quantity of the rest of the egg liquids is wash away.
でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

補足にお答えして。

egg mixture が卵液になります。mixtureは何でも液体を混ぜ合わせた場合に使われます。
冠詞は初めの場合はいりませんね。無冠詞でよいでしょう。
the はその前に作った卵液のことだよと強調するためにつけただけです。

First,the egg mixture is made.
ちょっと奇異に感じます。
基本的に、レシピのようなinstructionは命令形で書くのが普通です。
Make egg mixture at first.
というように書きます。が、コレだと具体的な指示がないので、前置きなしにいきなり本題に入る方がよいでしょう。

全体に命令形で統一すると良いでしょう。

例えば卵を使う料理などでは、
recipe, egg
などとアメリカのwebで検索すると、卵を使った料理のレシピが沢山出てきますので、それで表現方法を知るとよいと思いますよ。
料理には料理で使う言い方、使う動詞があるので、マネして作るとよいと思いますよ。

Q植物プランクトンからクロロフィルを抽出するための溶媒について

私は今、環境水中のクロロフィルの測定をしています。
現在、上水試験法より抽出溶媒にアセトンを用いています。
上水試験法には、またメタノールを用いる方法もあり、
メタノールはアセトンよりも細胞膜を破壊しやすく、
抽出が容易であるとあります。

なぜ、アセトンよりもメタノールのほうが細胞膜を破壊しやすいのでしょうか?
また、メタノール以外にも細胞膜を破壊しやすい溶媒というものがあるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大学の時クロロフィル測ってました。懐かしいです。

アセトンよりもメタノールのほうが水になじみやすいからではないでしょうか。-OHがあるので。

メタノール以外にも細胞膜を破壊しやすい溶媒はあると思いますが、溶媒変えると、測定値に影響するかもしれないので注意して下さい。他の文献と比較検討するなら、分析方法は合わせた方が良いです。

メタに浸けたあと、超音波をかけると抽出早いです。
水温に注意して下さい。

Q「懸濁液」って、英語では?

「懸濁液」にあたる英語の固有名詞ありますか?
「血球懸濁液」を英語では、なんとかくのか知りたいので、お願いします。

Aベストアンサー

blood cell suspension
といいますが。

Qエネルギーについて… 瞬時にエネチャージ バッテリー液を充電してある物に交換(液だけ) 出来ればもう

エネルギーについて…

瞬時にエネチャージ
バッテリー液を充電してある物に交換(液だけ)
出来ればもうガゾリンは必要無くなる?

(バッテリー液に電気は充電されてないのは理解してます)
こんな感じで出来れば又出来ないかなと思います

Aベストアンサー

考え方は燃料電池ですね。
歴史は古く1801年からあります。↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%BB%E6%B1%A0

ジェミニ宇宙船などに実用されていましたが、
近年はより有望な物が開発され製造販売されています。

Q「転写液」を英語では、何て言うのでしょうか?

海外にいるのですが、印刷物に使う転写液を買おうと思っています。

下のリンクを見てもらうと、どういう商品か分かると思うのですが、転写液を英語では何て言えばいいか分かりません。

印刷やアート関係で英語のできる方がいれば、是非教えてください。

http://www3.zero.ad.jp/k-kuri/news2.htm​

http://www.yumegazai.com/default.asp?cd=5007000000

宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

transfer liquid (or chemical)ではないかと思います。
ただ、具体的な商品名で指定する方が店員には分かりやすい
かも知れません。

Q水質測定で、ヘキサン、窒素、リン、重金属など

今、職場の方で勉強をしているのですが。
1:ヘキサン、窒素、リン、重金属など測定しなければいけないのか?2:もしそれぞれの、測定物資はどの様に出て出来るのか?
3:その物質の値が高いとどの様な影響が有るのか?
4:し尿処理施設と、表面処理施設で、測定項目が違うのか?
質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答が欲しいので宜しくお願い居します。

Aベストアンサー

>質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答
無茶を言わないように。すべてを書けば、職場だと大学生レベルでしょうから本だと50冊は読んでもらわないと。小学生レベルでも、50ページくらいになるのでは。もっとも、小学生では「重金属」といっても理解できないので・・・。

1 >測定しなければいけないの
意味不明ですが、どのような項目を、というご質問なら、上水道水、下水道水、あるいは湖沼などには、基準があります。その他に、工場排水に排水基準があり、都道府県によっては上乗せ、横乗せ基準と言われているものもあります。なぜ測定するのか、というのなら、濃度が高いと危ないから、としか答えようが。
2 これも発生源というのなら、いろいろ。工場だったり、農薬だったり。鉛はガソリンの添加剤として使われていました。
3 これもいろいろ。重金属としては水銀やカドミウムが有名ですが、毒性は全くことなります。水銀でさえ、無機のものは腎臓に、有機のものは神経系に毒性がでます。メチルアルコールとエチルアルコールのように、メチル基とエチル基の違いだけでも、毒性は大きく変化することがあるので、化合物一つ一つをチェックしないと。
 臓器の方から見ると、水溶性のものは肝臓や腎臓に毒性が出やすい、脂溶性のものはその他に血液-脳関門や血液-胎盤関門を通過します。その他に、皮膚から透過もあります。気体の場合は、肺に影響しやすいのですが、この場合は、その粒子の大きさが最も影響します。
4 表面処理施設は知らないのですが、目的や問題になりそうな化合物は違うので、適用される法律も違うと想います。そうだと、法律による測定項目も基準も違うのは当然です。たとえば、河川の環境基準は、河川の重要度などによって異なります。たしか、AA~Eまであったと記憶しています。

 なお、水質に窒素という項目はありません。亜硝酸性窒素は水道法にありますが、窒素とは別の化合物です。窒素がなぜ対象外なのか、そこから勉強を始めてください。それが理解できないようだと、単に丸記憶するだけの学習になります。
 勉強されている過程で理解ではきないことを絞って書き込まれるのなら、毒性学を専門にしていますので、お手伝いできるかもしれません。

>質問が多くて申し訳ないのですが、出来れば誰でも解るような解答
無茶を言わないように。すべてを書けば、職場だと大学生レベルでしょうから本だと50冊は読んでもらわないと。小学生レベルでも、50ページくらいになるのでは。もっとも、小学生では「重金属」といっても理解できないので・・・。

1 >測定しなければいけないの
意味不明ですが、どのような項目を、というご質問なら、上水道水、下水道水、あるいは湖沼などには、基準があります。その他に、工場排水に排水基準があり、都道府県によっては上...続きを読む

Qこれを英語で・・・

pHメーターを校正する際に使用する標準液について質問です。
●リン酸塩標準液(pH6.86)
●フタル酸塩標準液(pH4.01)
この二つを英語でなんと言うのでしょう?申し訳ありませんが詳しい化学式は忘れてしまいましたが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・リン酸塩標準液
Phosphate pH standard solution

・フタル酸塩標準液
Phthalate pH standart solution

だと思います。

Q有機物と無機物

有機物と無機物ってなんでしょう?なにを基準にわけるのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

#1の方のいわれるとおりでいいと思います。補足をすると生活の上では、鉄(Fe)、銅(Cu)などの金属類や食塩(NaCl)などは炭素(C)を含まないので無機物です。肉、野菜、魚とか木、植物とかその他生物は全て炭素(C)を含むので有機物です。

Qシアナマイド液について

シアナマイド液は英語でどう言いますか?
教えてください。  

Aベストアンサー

回答のやり方がよくわからないのですが、
英語の綴りを教えてほしいと言うことでしょうか?

cyanamide(たぶんあってると思う)

シアナミドは「嫌酒薬」といって、お酒を嫌いにさせる薬です。
慢性アルコール中毒に使用します。(急性はだめ)

作用としては、体内におけるアルコールの分解作用の中の
第二段階に当たる「アルデヒド脱水素酵素」の作用を妨害して、
体内に「アセトアルデヒド」という物質を蓄積させることによって
効果を発揮します。
アセトアルデヒドは、俗に言う「悪酔い成分」で、これが体内に貯まると
吐き気、嘔吐、悪心などをひきおこして「悪酔い・二日酔い状態」になります。

Q溶存有機態窒素とは?

海の環境のことを勉強しています。
海水の分析項目でアンモニア態窒素などがあり、
NH4+NO2+NO3=DIN
DIN+DON=DTN
という関係が成り立つと思います。
ここで出てくるDON(溶存有機態窒素)とは一体どのような物質なのでしょうか?
DINは生物等の排泄物などという記述は目にしたのですが、
DONについて書かれているものが見当たりません。
DONは海水中でどのような形(生物の死骸?)で存在するのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

比較的一般的なところで、アミノ酸や蛋白質(「溶存」なので、水溶性のもの、たとえば
卵白アルブミン(の分解物)などに限られると思います)、尿素といったところのようです。
(尿素はどちらなのかとも思いましたが、そのものは有機態に分類されていました)

http://www.keihin.ktr.mlit.go.jp/whole/word/suishitsu/item06/yuktisso.htm
http://www.yodogawa.org/hp/yougo/yougo.html
(→「全窒素(T-N)」の項を参照)
http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/River/Quality/H14/Guide/index.html
(→「7. 総窒素【T-N】」の項を参照)


由来としては、仰るとおり生物の死骸(→もちろん動物に限らず、海藻や微生物なども
含めて)によるものが最も大きいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報