タイトル通りですが、最近は夕立が少ないですね。何か「これ」と言った原因やメカニズムはあるのでしょうか?

前は、毎日のように夕方になると突然空が暗くなって、雷が鳴り、にわか雨が降り、そしてその後に夕焼けが見られたと思うのですが、いつの間にか無くなってしまいました。

全地球的にもスコールやそれに類するものも少なくなっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

単純にアツィだけでは夕立や雷雨にはなりません。



いわゆる、大気が不安定な状態(よく天気予報でききますね・・)にならないとなりにくいものです・

全地球的というのはかなりオーバーですが(本来、雨の少ない西アジアで洪水騒ぎが起きています)

日本に関して言えば、太平洋高気圧とオホーツク海高気圧の関係があります。
特に後者は寒気を伴いますので先の太平洋高気圧と接触した際に大気を冷やす・・・
そうです、夕立や雷雨をともないやすくなります。

今年は太平洋高気圧の勢力(勢力という表現も面白いですが)がすごく強い為ひたすら暖められて、カラカラの状態ですよね・・

本来今ごろはオホーツク海高気圧が張り出して日本列島の上でしのぎあいをする時期ですがなかなか、しぶとく彼女は居座っています。

全地球的の見た場合に10年や20年のスパンの変化は誤差範囲です。
たまたま、その年によって海水温度の分布差などが出る為、エルニーニョだとかラニーニャですとかありますが、これは本来地球が繰り返してきた事です。

たとえば、去年は雷雨の数はものすごかったですよね?
都心でも毎週のように(毎日のように)夕立がありました。
1年という人間でとしては長いスパンも地球では一瞬です。

短期間の変化の観点から100年スパンの見方で気象は見ないとなかなか、変化がよみとれません。
(温暖化もじっさい結果がそうなるかは予想の範囲でしかありません)

・・・・・・・・・

夕立の後に星がきれいに見れるのですが、なかなかそういう日が少なくつらく思う日もあります。

盆中に流星群があります、できれば、そのころに一降りあるとうれしいんですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昼間は暑くてもいいから、夕方にザーッと雨が降ってその後夜は涼しくなるパターンになってほしいという希望も含まれています。古くからある打ち水の習慣も同じような効果があります。もっとそんな日が多かったような気がするのですが、他の方の回答を拝見してもそのようなものは出てきませんね。

地域的なことも関係ある気がしてきました。#4のお礼欄にもう少し詳しく書きますが、こちらでは雷雨は多くなかったように思います。

お礼日時:2001/08/01 20:10

ご指摘ありがとうございました。

断熱膨張を忘れるなんて・・・。頭は使ってないとだめですね。puni2さんのご指摘(前にもいただいたことがありますが)のおかげで、頭をやわらげられそうです。・・・なんて、私がお礼を言う場ではないのですが。

地球全体でみれば、蒸発する水はどこかで落ちているのだから、温暖化であれば当然蒸発量は増えるだろうし、雨の量はトータルで増えているんじゃないでしょうか。ただ、いるところに降らずに、とんでもないところで大雨、ということになると困ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですよね。地球全体で見れば、蒸発した水がどこかに降るのには間違いないですよね。

ただ、夕方に降って昼間の暑さを奪ってくれればいいのに。それと洪水や逆の雨不足にならずに、もう少し小出しで降ってくれればいいのに・・そう思います。

お礼日時:2001/08/08 21:12

konojiさんのおっしゃっている通りでしょう。

本当に夕立が少ないのか,本当に「いつの間にか無くなった」かどうかは,もっと慎重に判断する必要があります。東京でも先週は激しい夕立があり,水没した地下室で亡くなる方まで出ています。

夕立の降る範囲は,低気圧や前線によって起こる通常の降雨に比べるとかなり狭い(メソスケールの気象現象という)ため,局地的な事情がかなり影響します。
たとえば,東京近郊ではここ十数年ほど,1時間に100ミリを越すような猛烈な豪雨の回数が増えていますが,これは都市の温暖化,いわゆるヒートアイランド現象の影響といわれています。
同様に,troubadourさんのお住まいの地域で,最近何らかの,気象に影響を及ぼす変化があって,夕立が減っているのかもしれません。

また,troubadourさんには失礼な言い方になってしまいますが,「思いこみ」ということはないでしょうか。
誰しも昔の思い出は知らず知らずのうちに美化してしまいがちです。また,「夕立が少ない」という先入観があると,実際に夕立が来ても「これは夕立には入らない,昔のはこんなではなかった」などと感じてしまいます。

ただ,ここ数日は(全国的に見ても)確かに夕立が少ないです。これは,上空の寒気が東に抜けて,大気の不安定度が小さくなり,また太平洋高気圧が(上空においても)北に勢力を伸ばして,寒気を北に押しやったのが原因といえますが,これはその程度の話(時間的には数日,距離的には日本付近,といったスケールでとらえるべき話)で,地球全体とは分けて考えるべきでしょう。

ちなみに,nozomi500さんの
>かなり上空の冷たい空気のところまでいくと、水蒸気が冷やされて水になる
はちょっと誤解を招きやすい説明です。上空が冷たいために水蒸気が冷やされるのではなく,上空の気圧が小さいため,上昇した空気が膨張して,膨張する時に自分の持っているエネルギーを消費する(断熱膨張という)ため,みずから温度が下がるのです。
(もっとも,上空が冷えているのも結局はこの断熱膨張に起因しているので,根っこは一緒なのですが)

konojiさんの回答にもある通り,気象現象は絶えず変動しています。
例えば,よく2~3日暑い日が続くと,挨拶がわりに「地球の温暖化だねえ」という人がいます。いいたくなる気持ちはよくわかりますが。
確かに地球が温暖化すれば,暑い日が増えるでしょう。しかし,温暖化していなくても,暑い日が続いたり,涼しい日が続いたりすることはあるわけで,今年のような猛暑だけで温暖化だと結論づけることはできません。
もちろん,温暖化していないと結論づけることもできません。そこが気象学の難しいところです。

なんだかいちゃもんばかりつけているようで申し訳ないのですが,どうしても気になって書いてしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実はこの質問のスタートのキーワードは「思い込み」なのです。

質問のようなことは以前から漠然と思っていました。思い出の美化とまではいかなくても、偏った記憶とか思い込みもあるかな?とは思っていました。

ところが、今年は特に暑いので、道で知った人に遭ったときに挨拶がわりに「暑いですね。」と言うと「そう言えば、昔は夕立があって・・・。」という会話を交わすことが多いのです。タクシーに乗って運転手と会話したときもそうでした。疲れがたまって病院にいったときの医師との会話もそうでした。逆に異論を唱える人はいなかったのです。

こうなると私自身の「思い込み」だとは言いにくいと思います。「いつの間にか無くなった」は今思うと表現が変ですが、少なくなった感じは他の方ももっているのだと思います。

しかし、今回みなさんからいただいた回答を拝見していると、何か別の地域的な要因が働いている気がしてきますね。同じ地域での会話ばかりですから。

温暖化は長い目で・・という意味はよくわかります。都会での短時間での大雨にヒートアイランド現象で発生する強烈な上昇気流が関係するのもTV番組等でみたことがあります。

いろいろと参考になる回答をありがとうございます。これを見られて何かありましたら、引き続きお願いします。

お礼日時:2001/08/01 20:59

真夏の夕立雲は、熱せられた地面から上昇気流が起こって、かなり上空の冷たい空気のところまでいくと、水蒸気が冷やされて水になる。

上昇速度が速いと一気に落ちてくる。

そもそも、上昇する空気が乾燥していたら、夕立になりません。それじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近は、上昇する空気が乾燥しているのでしょうか?乾燥しているその原因が何かあるのでしょうか?例えば都市化がすすんで、地表自体からの水分の蒸発が少ないとかそういったメカニズムが働いてしまっているのかな!?・・こんな感じでふと疑問に感じました。

引き続き何かありましたら教えてください。

お礼日時:2001/08/01 19:41

 太平洋高気圧の発達具合がまだそこまで行ってないからです。


 夕立が起こるためには、大量の雨を含んだ水がその日の昼間だけで大規模に生成される必要があり、これは入道雲がもっとも一般的です(それ以外にも偶然通りかかった雲とかあるとは思いますが)。
 ですので、温暖前線が発達して入道雲ができやすい状況になれば、必然的に夕立も降るようになります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の書き方がまずかったかも・・・。

「最近」というのは、ここ十数年~数十年くらいの意味で質問しました。ただ、回答を拝見していると時期的なものや気圧配置の関係で入道雲が発達しやすい状況なんですね。

ただ、ここ十数年から数十年でも入道雲を見ることもだんだん減ってる気がするのですが・・・。

お礼日時:2001/08/01 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夕立の初めと終わり

今日夕立に遭いました。
傘を持っていなかったので、雨宿りをしていて気になったのですが、夕立が始まって前半と後半では風の向きが逆になっていました。
これは、夕立の特有の現象なのでしょうか?それとも、夕立には直接関係のないものなのでしょうか?

もし、夕立に関係しているなら原理も教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

こんにちは。
それは「寒冷前線」と呼ばれる冷たい空気と温かい空気の境目の動き方によるのですが、風向きが変わる場合というのは、その境目(前線)に向けて両方から風が吹いてきており、冷たい空気に温かい空気の風が衝突してる事を意味します。
こういう場合、温かい空気は逃げ場がなくなり、激しく上に吹き上げて巨大な雲を作ります。
これが積乱雲ですが、こういう場合は積乱雲の発達が激しくなるので、激しい夕立ちとなります。

つまり夕立ち特有というわけではないのですが、そういう場合は激しい夕立ちが起こりやすいといえます。
今日は、静岡あたりでしたでしょうか、ものすごい大雨になって冠水したり、土砂崩れとか、激しい雷で家屋直撃のニュースが流れてましたね。

Q夏の夕焼け川越すな

「夏の夕焼け川越すな」とはどういう意味でしょうか?
おそらく、天気のことを言ったことわざだと思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。

「夏の夕焼け川越すな 秋の夕焼け鎌を砥げ」
の事でしょうかねぇ・・・
若しもこの事を仰っているのでしたら、昔の諺の様なもので、「夏は天候が不安定だから、いくら夕焼けだからって川越するようなバカなマネは、事故の元だからよしなさい。反対に秋の夕焼けは必ず明日が晴天だから、農作業の為に鎌を砥いでおきなさい。」
と言う意味です。

ご参考になれば幸いです。

Q8月になると夕立が多くなる理由

最近,ものすごい夕立が目立ちます。

いたましい犠牲者も出ているようです。

今日,私が窓を開けて,別室で昼寝していると,夕立で雨が振り込んで,テレビに振りかかり,映らなくなってしまいました。

例年同じだと思いますが,梅雨明けからしばらくは夕立はあまりないのに,8月になったあたりから夕立が目立つのはなぜですか?
教えてください。

Aベストアンサー

太平洋高気圧の一部である小笠原高気圧は上層では乾燥していますが下層では高温多湿となっています。日本の夏はこの小笠原高気圧の勢力下となります。
この小笠原高気圧にすっぽり包まれると空気の流れは極端に弱くなり、強い日射と相俟って局地的に気温が上昇します。
付近に山があると、熱せられた高温多湿の空気は吸い寄せられたように山の斜面に沿って上昇していきます。

湿度の多い空気は上昇するとき温度が下がりにくいため周囲の空気より高温となり、ますます上昇気流が強くなってきます。その空気は、上昇による気温の低下で湿度が増加していき、ついには飽和状態になり雲となります。

雲(水滴)となるとき凝固熱を発し周囲の空気の温度を上昇させます。これにより更に上昇気流は強くなり、積乱雲(入道雲)にまで発達していきます。
積乱雲の中では、強い上昇気流とこれに乗せられた水滴や氷粒が大きくなり重くなって下降する下降気流との間に発生する水滴、氷粒の摩擦で静電気が発生し、雷となります。大きくなった水滴や氷粒は地上にまで達します。大粒の雨、時には霰、雹なども降ってきます。

この積乱雲が弱い気流に乗って移動したのが夕立です。

9月に入り、小笠原高気圧の衰弱に伴い、気温が低下し、地域的な積乱雲の発生も弱まってきます。
偏西風も南下し、移動性の気候に変わります。

太平洋高気圧の一部である小笠原高気圧は上層では乾燥していますが下層では高温多湿となっています。日本の夏はこの小笠原高気圧の勢力下となります。
この小笠原高気圧にすっぽり包まれると空気の流れは極端に弱くなり、強い日射と相俟って局地的に気温が上昇します。
付近に山があると、熱せられた高温多湿の空気は吸い寄せられたように山の斜面に沿って上昇していきます。

湿度の多い空気は上昇するとき温度が下がりにくいため周囲の空気より高温となり、ますます上昇気流が強くなってきます。その空気は...続きを読む

Q火山噴火のメカニズム

大学入試の過去問で、
『2000年に新聞などで報道された以下の自然現象について、
 200字程度で説明せよ』
という問題があり、【有珠山の噴火】について書かせる問題がありました。

他の減少については説明できたのですが、このテーマだけはできません。

僕は高校で地学をやったわけではなく、総合問題でこの問題が出ていました。
解答も書いてないので、困っています。

どなたか、説明していただけまんせんでしょうか?

理系の学部ですので、おそらく、理論的に、
噴火のメカニズムを説明させる問題だと思います。

Aベストアンサー

大学の講義でよく教官が、火山とビールは一緒だ、
と言ってました。

ビール 振ると炭酸が二酸化炭素?なりその圧力で暴発。
火山  マグマに溶けた水蒸気の圧力が高まり噴火。

ということでしょうか?

Q都心の夕立

夏の風物詩でもある夕立。
今年は夕立(雷雨など)がまったくないような気がするのですが、何でなんでしょうか?

Aベストアンサー

太平洋高気圧およびその周囲の気圧が安定しているからです。
上昇気流が起これば積乱雲が発達しますが、安定した大気の場合、全体が温められるので上昇気流が起こりようがありません。夕立が起こるには、大気のゆらぎが必要なのです。

今日から明日にかけて、低気圧がサハリン辺りを通過し、それに伴い寒冷前線が本州の北半分ぐらいを通過します。これにより大気の均衡が崩れ、積乱雲が発生する可能性が高くなるので、現在(8月22日14時12分)全国に雷注意報(北陸から東北にかけては警報)が発令されています。

安定した夏型の気圧配置がゆっくり秋の天候に移動しているところです。

Q雨の降り方

中緯度高圧帯の雨の降り方を短文で説明するにはどのように説明すればよいのですか?
(たぶん、「夏に雨が多い。」とか「年中雨が降る。」みたいに説明するのだと思います。)

Aベストアンサー

基本的に雨は少ない。
高圧だから下降気流で雲ができにくい。
(多くの砂漠が、この中緯度高圧帯にあります。)

Q今年の雷&夕立

今年は雷を伴う夕立が続きましたが、もう8月中旬になるとそんな夕立はおさまるのでしょうか?それともまだありそうですか?天気のことなので100%当たらなくてもいいので、教えてください。

Aベストアンサー

名古屋では逆に夕立が一度もありませんね。
しとしと降る梅雨の雨もすこししかありませんでした。
アジアのあちこちで集中豪雨的な被害が発生しているようです。
名古屋周辺でも去年は被害がありましたがほんの局地的でした。

Q雷が「落ちる」?

雷は落ちるという表現を使いますが、実はあれは地表から
空へ向かって電気が流れているのだ(地表が+)という
風に聞いたことがあります。しかし、最近友人にそのことを
話したところ、どちらが+-かは、その時々によって
異なり、決まっていないはずだと言われてしまいました。

本当のところはどうなのでしょうか??

Aベストアンサー

それぞれ、ある意味正しいです。

最初、雷雲の中で、水蒸気や氷の粒が、擦れあって大量の静電気が発生します。

その静電気が地表に向かって落ちてきます。すると、地上の電位が上がるので、今度は地上から雲に向かって放電がはじまります。

通常このサイクルを数回繰り返して、雷は終了します。

これが、コンマ何秒の間に行われるので人間の目では感知する事ができないでのです。

あくまでも自然の雷の場合ですが。

Q夕立について

夕立について
先程、昼寝をしていて浅い眠りに変わった頃、何やら戦闘機が何回も飛び回る音がしたと思って、耳を傾けたら、雷でした。
昼寝をした頃は15時25分ぐらいで雷鳴で目が覚めた頃は16時40分です。寝た頃はまだ晴れていました。雷雲らしき雲はどこにもありません。しかし、1時間後(雷鳴で目が覚めた)には真っ暗で不気味でした。天気の急変とはこの事を言うのですね。
そこで質問です。
こんなまだ夏(梅雨すら)を迎えていないのに何故、今年の夕立?は早いのか?
普通、夕立は夏の季語ですし、夕立にしては雨の降り方が曖昧です。
自分は、多分、寒冷前線が通過したのではないかと...?
でも、こんな梅雨前に夕立?(雷雨)は生まれて初めて経験しました。最近、天気がおかしく、大気汚染などの問題をコンセプトとした環境問題が深刻になっているので多分、その事だと思うけど...。
とにかく、この雷雨は、夕立といえるのか、寒冷前線が通過したのか疑問です。因みに、今18時32分も鳴り続いています。
岐阜県岐阜市の者です。天気で衛星画像見ると、岐阜県だけ集中して落雷していたことに驚きました。
長文と、余談で失礼ですけど、分かる方、回答お待ちしております。

夕立について
先程、昼寝をしていて浅い眠りに変わった頃、何やら戦闘機が何回も飛び回る音がしたと思って、耳を傾けたら、雷でした。
昼寝をした頃は15時25分ぐらいで雷鳴で目が覚めた頃は16時40分です。寝た頃はまだ晴れていました。雷雲らしき雲はどこにもありません。しかし、1時間後(雷鳴で目が覚めた)には真っ暗で不気味でした。天気の急変とはこの事を言うのですね。
そこで質問です。
こんなまだ夏(梅雨すら)を迎えていないのに何故、今年の夕立?は早いのか?
普通、夕立は夏の季語ですし、夕立にし...続きを読む

Aベストアンサー

夕立の仕組みは、
強い日差しで海や地面が暖められると付近で湿った温められた空気が出来て上昇し、
それが上空で積乱雲となって、その発達した積乱雲の下で雨が降りそそぐ、
という状態が発生するのですが、
夕方に降ることが多いのは、気温や湿度が午後に高くなるためで、
積乱雲が作られやすいのは日差しの強い場所、湿度の高い暖かい空気のある場所、
という条件が加わるので、日本の場合は気温と湿度の高い夏に積乱雲が発生しやすいだけ、
という事になります。

ただし、夕立=積乱雲から発生する集中豪雨。
という事ではありますが、夕方に急に降る雨はすべて夕立と言っても
間違いでは無いので、夕立は1年中起こる、と言っても間違いではありません。

Q鍾乳洞って、なぜ暗いのか?

先日子供たちと鍾乳洞を見に行きました。鍾乳洞の中って暗いですね。その際に段
差で足をくじいてしまい、子供に「もっと明るければ怪我しないですむのにね」と
言われました。
知人の話では「鍾乳石は紫外線に弱い為、鍾乳洞内部には照明が少ない」と言われ
ましたが、ほんとのことでしょうか?。
ならば紫外線の出ない照明(電球とか)を設置すれば安全ではないでしょうか?
足をくじく位なら良いですが、岩で手足を切ったりしたら大変なことになってしま
うのではないでしょうか。
ご存知のかたがいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鍾乳洞は単なる観光施設ではありません。地質学、考古学、古生物学などにとって貴重な宝の宝庫なのです。本来これらの研究、保存のためには一般公開しないのが望ましいのです。現に日本で公開されている鍾乳洞は全体の一割もありません。

鍾乳洞は光が射さないからこそこけ等の微生物が育たず古代のまま残されたのです。鍾乳洞には1万年前から数十万年前前までの生物(人間を含む)の遺物が残されて研究の対象になっています。酸性土の多い我が国では土中で骨が保存されませんが鍾乳洞は酸性が弱く骨等の保存に適していると言われます。

見学を許す以上安全対策は必要ですが、他の観光施設と同じように出来ないことを子供さんに説明して上げてください。蛇足ですが、先ず洞窟が出来て洞窟のよい環境に恵まれて二次生成物と呼ばれる石筍や鍾乳石が数十万年から数百万年をかけて
出来上がったのです。観光客を優先できない理由はここにあります。


人気Q&Aランキング