痔になりやすい生活習慣とは?

以下の表からEXCELの関数でA列から「東京都」の文字列を含む場合のB列の合計値と含まない場合のB列の合計値を出す関数を教えてください。

A      B
東京都港区 200
東京都北区 124
東京都大田区 100
横浜市緑区 99
川崎市幸区 90

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

東京都を含まない合計の別解として、


こういうのもあります。

=SUMIF(A:A,"<>"&"東京都*",B:B)

この回答への補足

なるほど、"<>"を使えばよいのですね。目から鱗です。

補足日時:2004/12/10 13:29
    • good
    • 1

matrix4さん



確かにそうですね。

SUMIFは条件範囲の行数が集計列の行数を決定するようです。

=SUMIF(A:A,"<>"&"東京都*",B1:B1)

としても、B列全行を集計しますね。
気を付けないといけませんね。
    • good
    • 1

位置がずれていました。



  A         B      C
東京都港区   200
東京都北区   124
東京都大田区 100
横浜市緑区   99
川崎市幸区   90
          189        378

として、B6に、
=SUM($B$1:$B$5)-SUMIF(A:A,"東京都*",B1:B5)

総合計-”東京都”含む=189ですが


C6に、
=SUMIF(A:A,"<>"&"東京都*",B1:B5)

東京都以外の合計とすると

378となります

ここで、前項、189のセルを削除すると

C6が189に訂正されます。

B1:B5とB6に掛かっていないのですが

B6を削除しないと、合計が違います

-----------------------------------------------

理由は、C6の

A:Aとしてあることと、

B1:B5としても、A:AがB6以降も掛かっている
ようです。

これは、なぜでしょう・・?
    • good
    • 0

余談ですが、


  A       B    C
東京都港区 200
東京都北区 124
東京都大田区 100
横浜市緑区 99
川崎市幸区 90
    189    378

として、B6に、
=SUM($B$1:$B$5)-SUMIF(A:A,"東京都*",B1:B5)

総合計-”東京都”含む=189ですが


C6に、
=SUMIF(A:A,"<>"&"東京都*",B1:B5)

東京都以外の合計とすると

378となります

ここで、前項、189のセルを削除すると

C6が189に訂正されます。

B1:B5とB6に掛かっていないのですが

B6を削除しないと、合計が違います

-----------------------------------------------

理由は、C6の

A:Aとしてあることと、

B1:B5としても、A:AがB6以降も掛かっている
ようです。

これは、なぜでしょう・・?
    • good
    • 0

配列数式による別方法


(例データ)
東京都港区200
東京都北区124
東京都大田区100
横浜市緑区99
川崎市幸区90
東京都北区50
横浜市緑区30
東京都武蔵野市10
(式)
どこか答え(東京都の計数合計)を指すセルに
=SUM(IF(ISERROR(FIND("東京都",A1:A8)),0,B1:B8))
といれて、SHIFTキーを押しつつ、CTRLキーを押し、且つENTERキーを押す。
(結果)
484
東京都以外は全体の合計=SUM(B1:B8)から引けば良い。略。
    • good
    • 0

こんばんは。



「東京都」を含む合計値をD1、含まない合計値をD2セルに出すとして、

D1は
=SUMIF(A:A,"東京都*",B:B)

D2は
=SUM(B:B)-D1
    • good
    • 0

・東京都を含む場合の計算


=SUMIF(A1:A5,"東京都*",B1:B5)

・東京都を含まない場合の計算

=SUM(B1:B5)-SUMIF(A1:A5,"東京都*",B1:B5)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よく分かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/12/10 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcel Countifで否定条件を指定する方法

こんにちは。たびたび質問させていただきます。
EXCELの集計で一点悩んでいます。
sheet2に以下のリストが存在します
  A
1  りんご
2  みかん
3 ばなな
   ・
   ・
sheet1で次のように集計します
  A  | B
1 りんご その他
2  1   2
A2には、=COUNTIF(sheet2!$A$1:$A$100,A1)
を入れていますが、B2に対して、
 A1と一致しないもの かつ
 ブランクでないもの
という条件を指定したいのですが、よい方法はありますでしょうか?
ご紹介いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

A1に一致しないもの(A1がブランクの場合を含む)
=COUNTIF(sheet2!$A$1:$A$100,"<>"&A1)
ブランクのもの
=COUNTBLANK(sheet2!$A$1:$A$100)
上記二つをあわせて
=COUNTIF(sheet2!$A$1:$A$100,"<>"&A1)-IF(A1="",0,COUNTBLANK(sheet2!$A$1:$A$100))
で計算可能です。

配列数式を使う方法
=SUM(IF((sheet2!$A$1:$A$100<>A1)*(sheet2!$A$1:$A$100<>""),1))
と入力してCtrl+Shift+Enterで確定する。(確定後は式が{}で囲まれます。)

#2さんのSUMPRUDUCTの場合
=SUMPRODUCT((sheet2!$A$1:$A$100<>A1)*(sheet2!$A$1:$A$100<>""))
でも可

QSUMIFS関数でOR条件を使いたい場合の関数

Excel2010を使用しています。
家計簿を作成しているのですが、SUMIFS関数でOR条件を使用したい場合どのように書けばよいでしょうか。

図は、明細と合計欄です。
ピンクのセルが円、それ以外はドルです。
合計欄のように、円とドルをそれぞれ分けて項目毎の合計額を出したいです。
セルE21のように、円の場合は「MUFJ」「ゆうちょ」ですので、MUFJとゆうちょのSUMIFS関数合計値を足しています。
これを、1行にまとめたいのですが、適切な関数はないでしょうか?
SUMIFSではOR条件が使えないようですので・・・・・・

明細行に円・ドルの列を追加すれば簡単なのですが、明細行の列はこれ以上増やしたくないので、できれば数式のほうで処理できればと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例示のデータなら以下のような数式になります。

=SUM(SUMIFS($C$2:$C$14,$D$2:$D$14,{"MUFJ","ゆうちょ"},$B$2:$B$14,B21))

Q【Excel】特定の文字を含むセルをカウントしない方法

エクセルで特定の文字列(仮に「key」とします)を"含む"場合の関数は、

=COUNTIF(A1..A20,"*key)

で処理できるのは分かっているのですが、

特定文字列(key)を"含まない"場合の処理方法が分かりません。
VBAなどを介さずに関数だけで処理する方法がありましたら、ご教示願います。

Aベストアンサー

=COUNTIF(A1:A20,"<>*key*")
でできませんか?

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

QSUMIF関数で、「ブランク以外を合計」を指定したい

SUMIF(範囲,検索条件,[合計範囲])
の、検索条件部分に、
「セル内に数字、文字をとわず、とにかく何か入力されていたら合計する」
といった意味合いの条件を指定したいのですが、その方法がわかりません。

画像で説明させていただくと、
A2のセルにSUMIF関数を用いて、
文字が入力されているc,d,e列の数値を合計し、
90という結果が欲しい、ということです。

どなたかご教授をお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは。

なんか皆さん難しく考えすぎのような・・・
SUMIF関数でできますよ。検索条件を空白以外とすればいいだけです。
=SUMIF(B2:F2,"<>",B1:F1) でできます。

Qエクセル【A列とB列の不一致を知りたいです】

初めまして。
お忙しい中、大変申し訳ございませんが、下記に関して、ご指導のほど、宜しくお願い致します。

***************
【例】
A列    B列

あめ    チョコ
ガム    ポテトチップス
チョコ   あめ
       ガム


という列があり、A列はA1000まで続き、B列はB3000まで続きます。
必ずしも、A列の横に同じお菓子名があるわけではありません。

そこで、A列とB列を比較し、B列にしかないもの(上記「例」ではポテトチップス)のセルに色づけ、もしくはC列に、不一致するものだけ「NG」等が記載される数式を教えてください。

お忙しい中、大変申し訳ございませんが、
何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

条件付書式で、B列のセルに
「数式が」
=ISERROR(VLOOKUP(B1,A:A,1,FALSE))
で書式を設定し下にコピーすると、無いものだけが書式変更されます。

同じように、B列の隣のC列に
=IF(ISERROR(VLOOKUP(B1,A:A,1,FALSE)),"NG","")
として下にコピーしても隣にNGと表示できます。

QエクセルのIF文で「NOT=」はどう書くのですか?また、>=や<=の場合の書き方を教えてください

タイトルのとおりです

IF文で下記の3つの書き方がわかりません。

NOT=は、<>?
0以外の場合は、A1<>0?

A1が0と同じか、大きい場合は
A1>=0?

なんだか、うまくいきません^^;

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

A1が・・・・・
A1 <> 0  0以外
A1 >= 0  0以上(0を含む)
A1 > 0   0より大きい(0は含まない)
A1 <= 0  0以下(0を含む)
A1 < 0  0未満
A1 = 0  0

=<,=> などの書き方は使えません。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Qエクセルの複数条件に一致したセルを抽出したいのですが、関数で教えてくだ

エクセルの複数条件に一致したセルを抽出したいのですが、関数で教えてください。

               A列   B列    C列
Aファイルには 行 【注文月日】、【氏名】、【商品金額】が記入されています。
Bファイルには 行 【注文月日】、【氏名】、【税金額】が記入されています。

AファイルのD列に、Aファイルの【注文月日】かつ【氏名】がBファイルの【注文月日】かつ【氏名】と一致する場合のBファイルC列の【税金額】を表示したいのです。

VLOOKUP関数では条件が1つだけなので使用できませんが、似たような関数で複数条件ができる関数があるなら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは!
一例です。
↓の画像で右側(Bファイル)の方に作業用の列を設けています。
作業列D2セルを
=A2&B2
としてオートフィルで下へずぃ~~~!っとコピーします。

そして、AファイルのD2セルに
=IF(OR(A2="",COUNTIF([Bファイル.xls]Sheet1!D$2:D$1000,A2&B2)=0),"",INDEX([Bファイル.xls]Sheet1!C$2:C$1000,MATCH(A2&B2,[Bファイル.xls]Sheet1!D$2:D$1000,0)))
という数式を入れ、オートフィルで下へコピーすると
画像のような感じになります。
尚、数式はBファイルの1000行目まで対応できるようにしていますが、
データ量によって範囲指定の領域はアレンジしてみてください。

以上、参考になれば良いのですが
他に良い方法があれば読み流してくださいね。m(__)m

QエクセルのCOUNTIFが正しくカウントされない原因について

この度はよろしくお願いします
エクセルのCOUNTIFで、例えば列Aに0~9までの数がランダムに入っているとします。それをカウントすると0~4まではきちんとカウントするのですが、5~9までのカウント数が0になってしまいます。実際には5~9までの数も含まれているのですが、このようになってしまう原因は何でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ半角の5に見えていても、数値扱いと文字扱いになっている場合があります
COUNTIFを使う前に、VALUEで数値に統一してみて下さい


人気Q&Aランキング