人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

家の中の壁などについている電源コードの差込口を「コンセント」と呼ぶのは和製英語で英語ではないという記事を読みました。
正しくは outlet、plug、socket であるとも書いてありました。

私はプラグはコードの端についている2本の平たい金属棒がついているのがプラグで、それを差し込む側はコンセントだと思っていました。
子供の頃、祖父が天井からぶら下がっている電灯の電球をねじ込む部分をソケットと呼んでいました。
最近は見かけないし、ソケットってなんか古臭い呼び名だと思っていました。

でも、コンセントが和製英語で、ソケットが通じる英語だということは、
壁のコンセントも、コードの先端のプラグも、電球をねじ込む部分も、もしかしたらシーリングライトを天井に付けている部分も、英語では全部「socket」で通じるのでしょうか?

祖父の方がよほど正しい英語を使っていたことに大ショックです。

A 回答 (7件)

>壁のコンセントも、コードの先端のプラグも、電球をねじ込む部分も、もしかしたらシーリングライトを天井に付けている部分も、英語では全部「socket」で通じるのでしょうか?


そうではありません。まとめて「socket」と言えば、「何の事?」と、さらに説明を求められるかも。思い込みになってしまうとまずいです。

壁のコンセント(日本語、穴の部分)は [receptacle]、[wall socket]、とか [slot] とも言います。電力の供給側から見た(壁の内側から見た)場合は電気配線の出口にも相当するので [outlet] とか、イギリスでは [power point] とも言います。

プラグは [socket] ではありません。コードの端に付いているという、今までのお考えの通りでけっこうです。ソケットとはそもそも違います。

電球をねじ込む部分は [socket] です。[socket] はねじ込む部分ですが、逆に見ると、迎え入れて包み込む部分とも言えます。電球は、今でも、LED電球とかになり、門灯などにも使っていますね。とくに古いとも言えません。昔、松下幸之助氏がビジネスで成功したのは、二股ソケットの発明と販売だったそうです、電気を枝分かれさせる発明でした。ついでですが、歯槽膿漏という言葉がありますね。歯槽(これもsocketと言う)というのは歯を植え込んである穴の事です。植えているわけではありませんが、まあ、インプラントなら植えるのかも。電球をねじ込むのに似ていますかね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細な説明をしていただきありがとうございます。

「二股ソケット」、祖父が好きだったような気がします。

歯槽もソケットとは!
たしかに、socket、といっただけではどのsocket?という話になりますね。

お礼日時:2019/07/11 11:26

電気製品のコードの先についているものは


plug, power plug プラグ

壁面についている差込口、
イギリス英語では socket, power point, plug socket,
wall socket, and wall plug.
アメリカ英語では receptacle, outlet, wall outlet,
electrical outlet and electrical receptacle.
https://en.wikipedia.org/wiki/AC_power_plugs_and …

電球をねじ込む部分
lightbulb socket, light socket, lamp socket or lampholder.
https://en.wikipedia.org/wiki/Lightbulb_socket
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

差込口、ねじ込む部分はいろいろな言い方があるのですね。
アメリカ英語ではsocketはあまり使わないようだ、と覚えておきます。

お礼日時:2019/07/11 11:34

「オス」、「メス」という用語を使えば、



オス側=「プラグ」
メス側=「ソケット」

》 壁のコンセント    → ソケット
》 コードの先端のプラグ → ×ソケットではありません。プラグです。
》 電球をねじ込む部分  → ソケット

画像借用先
https://en.wikipedia.org/wiki/Lightbulb_socket
「socketはどれを指しますか?(家庭内」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

オス、メスの説明、分かりやすいです。
画像のsocket、アメリカのstandardな電流は250Vなのですね。
three-wayというのは、吊るす、掛ける、立てるの3つの使い方ができるのかな?とか考えてしまいました。
socketの世界もなかなか面白いですね。

お礼日時:2019/07/11 11:31

シーリングライトはjunction boxに取り付けます。


電球の差込口はlamp socketでいいですが、固定してあるものならlamp holderの方が適当です。
商用電源の差込口はoutletです。socketは部品そのものを示します。概念としてはoutletという大きなカテゴリーの中にsocketがあります。「水道はどこにある」と「蛇口はどこにある」の違いかなというイメージです。

concentは古語ですから使われていません。元はconcentricです。
https://www.plugsocketmuseum.nl/ContEUR_differen …
のNo.8やNo.12にあるconcentric plug(同心円状のプラグ)からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

リンクご紹介ありがとうございます。
とてもクラシックな画像がたくさんあって、珍しいです。

コンセントの語源が「同心円」の意味だとは!
通じないわけです。

お礼日時:2019/07/11 11:23

"eye socket"は「眼窩」という意味であることからも分かりますように、"socket"は形状が窪みになっている物のことを言います。

したがって plug = socket とはなりません。
しかしいわゆる「コンセント」は"plug"を受ける形状になっていますので"socket"に該当します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

eye socket!
眼球がぼっこりはまっている部分、なるほど、イメージがよくつかめます。

お礼日時:2019/07/11 11:18

電気製品のコードの先端をplugと呼び、そのplugを差し込む側をsocketやoutletと呼びます。


和製英語は、他にも色々あるので調べてみると面白いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

先端はプラグでいいのですね。
通じると思っていて通じない和製英語、たくさんあるようですね。

お礼日時:2019/07/11 11:17

>英語では全部「socket」で通じるのでしょうか?



Yes.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2019/07/11 11:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング