出産前後の痔にはご注意!

個人年金の解約返戻金に税金がかかるのは分かりましたが、払い戻しの段階で保険会社から税金はさっぴかれてるわけでしょうか?また、その場合、確定申告の必要性の有無を教えて下さい。

A 回答 (7件)

>払い戻しの段階で保険会社から税金は


>さっぴかれてるわけでしょうか?
いいえ。引かれません。
自分で確定申告をして、納税しなければいけません。
前回答にデマがありましたので、お気をつけて下さい。

また、基本的な注意すべき点で、
★『個人年金保険税制適格特約』のある個人年金
ではないですか?
https://www.meijiyasuda.co.jp/find/list/kakehash …
その場合、解約返戻金に制限を受けることになります。
★控除証明書や契約書で、この種別をご確認下さい。

そうでない場合(一般生命保険の場合)は、
解約返戻金は一時所得になります。

一時所得の計算の仕方は、
総収入金額(解約返戻金)
-収入を得るために支出した金額…①
-特別控除額(最高50万円)…②
=一時所得の金額…③
となり、さらに、
★③の1/2に相当する金額が所得となります。

①はそれまでの掛金です。
『解約返戻金-①掛金』が50万以下なら、
②特別控除が50万あるので、
非課税になります。
★確定申告は不要になります。

ですから、
『解約返戻金-①掛金』が50万を超えるなら
給与収入の源泉徴収票などを用意して、
翌年の2~3月に管轄の税務署へ行き、
確定申告をする必要があります。

所得税は、
解約返戻金-①掛金-②50万×1/2の
★5%(最低税率)が課税されます。
※全体の所得により税率が変わります。

住民税は、同じ計算で
★10%(一律)が課税されます。

とりあえず、いかがでしょう?
    • good
    • 0

なるべく簡単に説明しますね。




>払い戻しの段階で保険会社から税金はさっぴかれてるわけでしょうか?

いいえ。個人年金保険の解約返戻金から所得税や住民税が源泉徴収されるようなことはありません。


>その場合、確定申告の必要性の有無を教えて下さい。

個人年金保険の返戻金は一時所得です。一時所得は総合課税の対象なので、一時所得だけで税金がかかるかどうかを判断することはできません。一時所得にその他の所得を加えて税金がかかるかどうかを総合的に判断することになります。


個人年金保険の返戻金に係る一時所得の計算式は、

一時所得の金額={(返戻金-過去に払い込んだ掛金の合計)-50万円}÷2

この一時所得の金額にその他の所得(給与など)を加え、基礎控除などの所得控除を差引いた残額がプラスならば、税金がかかります。マイナスならばかかりません。
    • good
    • 0

少し補足します。


前回答に金額が書いてあったので、軽く計算しますと
解約返戻金2100万-①1600万-②50万=③450万
③450万×1/2=225万…④
が課税所得になります。

他に所得がないとして、
所得控除も引くことができます。
例えば、
     所得税 住民税
⑪基礎控除 38万 33万
⑫社保控除 30万 30万(想定)
⑳  合計 68万 63万
とすると、

所得税は、
④225万-⑳68万=157万
157万×5%=78,500
復興特別税が加算されて、
★約8万となります。

住民税は、
④225万-⑳63万=162万
162万×10%=16.2万
調整控除減算と均等割加算があり、
★約16.5万となります。

★社会保険料を年間いくら払っているかが
★重要なポイントになります。
※国民年金等の前納等で節税をされると
 よろしいかと思います。A^^;)

★翌年の国民健康保険料も、
★急に高額(何十万!)になるので、ご留意下さい。
    • good
    • 0

>払い戻しの段階で保険会社から税金はさっぴかれ…



解約払戻金は「一時所得」ですから、税額の算出方法は年金として受け取る場合のような、単純ではありませんので、源泉徴収はありません。

>個人年金の解約返戻金に税金がかかるのは分かりました…

一時所得の計算法は理解されたのですね。
----------------------------------------------------
総収入金額-収入を得るために支出した金額 - -特別控除額(最高50万円) = 一時所得の金額
さらに、その所得金額の1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得の金額と合計して総所得金額
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
----------------------------------------------------
ですよ。

>確定申告の必要性の有無を…

総合課税
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
ですから、あなたに他の所得があるのかないのか、あるのなら所得の種類
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/s …
は何で、いくらほどあるのかなどによりますので、軽々しく申告無用とも必要とも言えません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/i …
    • good
    • 0

解約返戻金 > 支払済保険料 になれば差額が課税対象になります。



>払い戻しの段階で保険会社から税金はさっぴかれてるわけでしょうか?
源泉徴収、分離課税では無いのでされません。

>また、その場合、確定申告の必要性の有無を教えて下さい。
一時所得として課税額があれば必要です。
    • good
    • 0

税金?何の?個人年金は、貴方が貯蓄していたものでしょ?


確定申告は、収入のあった際にするもので、個人年金の払い戻しは、
ただの解約で貯金を下ろしたようなものだから、収入じゃないので申告の必要性はないですよ。
    • good
    • 0

> 払い戻しの段階で保険会社から税金はさっぴかれてるわけでしょうか?


そうです。

> その場合、確定申告の必要性の有無を教えて下さい。
必要性はありません。
還付が受けられる場合に、それを放棄するか請求するのか、
と言う、受け取り側の判断になります。
ただ、確定申告をすれば課税所得増となるので、翌年度地方税が増えます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング