痔になりやすい生活習慣とは?

ざっくりですみません
10万キロオーバーの車を運転して買い物して、道路出てしばらくしてエンジンがかからなく、なんとかして自宅まで帰れましたが、次の日以降バッテリーを繋いでも、ロードサービスでバッテリー繋いでもらってもエンジンがかかりません。バッテリー警告灯もついていたので、オルタネーター自体が怪しいと思いますが、他にも原因がある可能性はありますか?

A 回答 (8件)

ミニクーパーですと、燃料フィルターの詰まり、5万kmごと交換とかになっていると思いますが、


燃料フィルター側に付いていたと思います。 リアシートの下に燃料フィルターがあります。
そこは定期的に交換されているのでしょうか?

自動車は1996年にアメリカに輸出される車には、OBD2コネクターの装着が義務付けられました。
そこに故障診断機を接続しますと、ECU(エンジン・コントロール・ユニット)という車載コンピューター
側が把握しているエラーコードというセンサー類との交信で記録した故障個所特定の診断ができる
ようになりました。
今ではアメリカに輸出されない車でも、OBD2コネクターが普通に装着されてあります。

ネット通販Amazonとかで、ELM327スキャンツールを1個¥1,500(送料込み) で買えば、スマホで
故障診断もできますよ。

■参考資料:30プリウスをELM327スキャンツールとスマホアプリで故障診断してみた
https://matome.naver.jp/odai/2148920370583775401

エラーコードという英数字が表示されるので、それで、オルタネーターのどこが悪いなんて感じで
原因の特定ができるしくみです。

もちろんGSとかでも故障診断機という、安いものですと1万円程度から、高いものは数十万円のものが
まちのどこにでもあるような小さな修理工場でもあるので、みてもらうと良いのかと思います。

カム角センサーとか、クランク角センサー類が寿命ですと、エンジンの回転状態とかをECUが把握できない
ので、1度エンストでもすれば再度エンジンはかからないしくみですし、エアフロセンサーとかの
空気量測定するセンサーが寿命とかでも、エンジンかからなくなることはあります。

オルタネーターが怪しいというのはある意味合っていると思いますが、マイナスアースの端子類腐食でも
アース不良とか外車はよく経年劣化で起こるので、マイナスが不良ですと電気は車内で流れないので、
一概にオルタネーターそのものかとは言い切れないような気もします。

ダッシュボードとかにある警告灯は、ある程度大まかな故障個所を示すしくみですが、故障しても
必ずしも警告灯が点かない車などもあります。

警告灯が点灯していると、現在車検は通過できない感じになっているので、致命傷を除いてなかなか
点灯しない車種も存在しているので、ある日自走中にエンストすることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます
バッテリー新品に交換して見ましたが、案の定変わらず、オルタネーター交換するか〜と思ったけど、ベルト脱着の工具無いし、運良く受け入れてくれる工場があったのでレッカーしました。結果は火曜以降ですが、燃料系がなんか怪しい気がしています。ありがとうこざいました

お礼日時:2019/07/14 19:29

>エンジン急に落ちて、何回かチャレンジしてやっとエンジンがかかり家までは帰りましたが


オートバイ等燃料供給が自由落下式の場合に時々経験する状況に似ています。
キャブレターまでの燃料通路にごみが付着、燃料の流れが悪くなり、消費に追いつかなくなってエンジン停止。
必死にクランキングすること数分、やれやれ、やっとかかった。
実はこれ必死にクランキングの必要はなかったのです、自然落下式なので、その数分放っておくだけで良かったのです。
祖の間に少しづつ落ちてくる燃料でキャブが満杯になればかかります、もちろん走行すれば、供給が消費の追い付かないためすぐにエンストします。
車の場合は自由落下式はないと思います、燃料ポンプですね、燃料ポンプはキーオフでは作動しませんね、何回もチャレンジで燃料ポンプが作動、燃料噴射ポンプ作動の条件を満たせた。
燃料ポンプ他燃料供給系の作動不良も考えられます。
バッテリー警告灯は南海もチャレンジでセルモーターで電力消費の結果も考えられます、でも自宅まで帰って(その間若干なりとも充電するはず)、なを警告灯・・?。
オルタ発電せず、バッテリーのもで走行、バッテリー電圧低下、燃料ポンプ作動不良も考えられます。
まずはバッテリー新品または完全充電、オルタの発電状況確認(ただしエンジン回らないことには不可能ですね)
ロードサービスのバッテリー使用でもかからないから、燃料供給系の不具合かな?。
点火系統が原因でエンストなら、再始動、家まで帰宅は通常はないと考えます。
買い物して帰宅のため折り返したとたんエンスト、ある部分の燃料供給不足でエンスト、何回もチャレンジでその部分に燃料供給で再始動、帰宅、ちょうどある部分の燃料が供給不足になる距離走行した、にほぼ一致しますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます
長文助かります
燃料系、供給系ですね
とりあえず寿命に近いバッテリー、オルタ交換などしながら、ひとつずつ潰していこうと思います。ありがとうこざいます

お礼日時:2019/07/12 21:53

雰囲気的には点科系っぽいですね。


整備工場へご入庫頂く方が安いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます
点火系ですか、マイ工場無く、外車断るとこや、新規も嫌うしディーラーは高すぎて、良さそうなとこはいっぱいでいつになるやらな外車閉鎖地域なので、なんとか自力でやろうと思っております
ありがとうございます

お礼日時:2019/07/11 22:05

>道路出てしばらくしてエンジンがかからなく、なんとかして自宅まで帰れましたが


矛盾するようでもあります、車を置いて自分の体だけ帰ったなら、あり得ますが。
車を動かして帰ったなら、そのときのいきさつがも音も重要な情報です。
エンジン化からない、も二通り、セルモーターは回るが・・・、とセルモーターも回らない。
セルは回るのであれば、とりあえず、かからない原因にオルタは無関係。
もちろんオルタ発電せず、バッテリーが空、電気火花飛ばずエンスト、その間燃料たっぷり吸い込みすぎなら、多少セルモーター回しただけではかかりません、たっぷり吸い込んだ燃料セルモーター回すことでいったん吐き出した後でないとかかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます!
とりあえず根気よく調べて見ないと確定難しいそうですね、ありがとうこざいます

お礼日時:2019/07/11 20:38

オルタネーター(含レギュレター)壊れていても、


バッテリーつないでセルまわればエンジンはかかるのでしょ。

セル回した後に、プラグ外して濡れてないなら、
フューエルポンプは怪しいと思いますよ。

自分で治す気なら、後部座席下だと思うけど、、、
電気来ているかとかと、来ているならモーター回っているかを
確認はしてみるべきかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます
エンジン急に落ちて、何回かチャレンジしてやっとエンジンがかかり家までは帰りましたが、ロードサービスにバッテリー繋いでもらっても2度とエンジンかかりませんでした。ポンプ、電気系統も怪しいですね。ありがとうこざいます

お礼日時:2019/07/11 20:33

他にファンベルト切れも考えられます

    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます
ベルト系も交換時期かもしれませんね
目視では大丈夫な感じでキュルキュルは鳴って無いです

お礼日時:2019/07/11 20:28

自分で修理するつもりならあれですけど、、、


そうでもないなら、ヒューズ点検してあとは、車屋ですね。
ヒューズ切れも、たまたま切れただけなら交換すれば治りますけど、
その他の故障により切れてしまった場合は、変えてもまたすぐ切れるだけ
ってことにもなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうこざいます
ヒューズは想定外でした
そこだけ切れるのもおかしいですね
やはりオルタネーターかなぁ

お礼日時:2019/07/11 15:53

距離はどうでも良いですが


電気系は確認出来るのですね。
問題ない場合、燃料ポンプです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうこざいます
燃料ポンプも確認します

お礼日時:2019/07/11 15:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング