事務用デスク等備品を数台購入しました。領収書は合計金額で受領。単品で買うと数万程度のものなのですが固定資産ではなく消耗品費で処理していいのでしょうか?
その為には領収書を分割しなくてはいけませんか?
又、事務所のLAN配線工事をしましたが、30万掛かりました。これも固定資産に計上する必要があるのでしょうか?
できれば、経費で一括処理したいのですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事務用デスクについては、その性質から10万円を超えたりしないと思いますので、消耗品費で一括損金処理が可能と思いますが、もし10万円を超えたなら、税務上少額資産になり3年償却の対象です(経理上は経費処理でもかまいません)。

ご存じかと思いますが、税務申告上の3年間の均等償却ですので、月別に償却しないようにしましょう。
尚、領収証の分割の必要はありませんが、念のために何台買ったかを明記した方が無難です。

次に、懸念のLAN工事ですが、基本的には固定資産に計上する必要があります。また、LAN工事だけしてもこの工事だけでは全く機能しないと言うことで、ルーターも含んで資産計上する必要があると思います。このときに、サーバも新設してグループウェアなどのソフトも購入し、同時に事業のように供した場合は、LAN工事と一緒に資産計上する必要があるでしょう。
これは、先ほども言ったようにLAN工事だけでは、まったくもってなんの役にはたたず、サーバやグループウェア、ルーターなどがあって始めて動作するものと考えられるからです。

尚、固定資産関係はこういった1つだけでは動かなくて、2つ、3つが合わさって始めて動作する場合は、たとえそれら単体の価格が20万円以下であっても、合わさった時の取得価額が20万円を超えたなら、それは資産計上の対象となるので注意しましょう。

はたまた、単体の値段が20万円以上のものでも、1年以内に交換が必要な消耗品的性格を有していたら、修繕費等で処理することも可能な場合があります。
一概に金額だけの判定ではなく、こういった処理対象となる物品の性格を良く見極めて判断する必要がありますので、気を付けて処理してください。

長々と書きましたが、参考にしていただければ幸いです。
    • good
    • 1

事務所用デスク等備品を購入されたみたいですが、領収書は合計金額で構わないと思いますが、請求書等は必要になります。

(内訳金額が分かるもの)
単品で10万円を超えなければ一括経費で落としても構わないと思います。
(税抜き経理であれば)
また、LAN配線工事は、30万円であるならば固定資産に計上しなければならないと思います。(20万円以上は資産計上)
もし経費処理したいのであれば、請求書の中身を検討してみては・・・
経費に落とせるものがあるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

事務デスク等は単価が十万円未満であれば消耗品費で処理して良いです。

領収書も分ける必要はないです。(納品書には個々の値段が書いてあるのですよね。)
LAN配線のほうは20万円以上でしたら資産計上する必要があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産の勘定科目についてご指導願います。

お世話になっております。
固定資産の勘定科目、耐用年数について、ご指導願います。

(1)誘導等バッテリー30個 300,000円

(2)アンプ 250,000円

(3)製品デザインにおけるシミュレーションソフト 300,000円

Aベストアンサー

この質問では判断できません。減価償却資産というものは、どんな事業でどのように使うのか、どんな構造なのか等によって取り扱いが違います。
減価償却資産の一覧表を見ればすぐわかることだと思いますが。

質問の品について言えば、

まず、どんな事業で使うのか、

(1)誘導等(灯?)バッテリーとは、
  30個まとめて使うのか個別に使うのか
  何らかの設備に組み込むものなのか
  組み込むとしたらその組み込む対象物の減価償却資産としての取り扱いはどうなっているか

(2)アンプとは
  何のためのアンプか(アンプとは増幅機という意味でしかなく、用途や構造までは示さない)
  どのように使うのか(講堂の拡声装置のように建物に組み込むものか、ギターアンプのように単独で使うものか等)

(3)ソフトウエアは比較的簡単です。他社から購入し、自社で研究開発以外の用途に使用する前提なら、耐用年数5年です。研究開発用や複写して販売するための原本なら耐用年数は3年です。
  ただし無形固定資産なので有形固定資産とは計算方法が違います(定額法・残存価額なし)。

なお、上記の疑問に答えてもらったところで、現物を確認しない限り責任ある回答は不可能です。
正しい結論を得たいなら、税理士か税務署に現物のカタログや仕様書などとともに上記の事項が明らかになるような資料を持って行って相談することが必要でしょう。

この質問では判断できません。減価償却資産というものは、どんな事業でどのように使うのか、どんな構造なのか等によって取り扱いが違います。
減価償却資産の一覧表を見ればすぐわかることだと思いますが。

質問の品について言えば、

まず、どんな事業で使うのか、

(1)誘導等(灯?)バッテリーとは、
  30個まとめて使うのか個別に使うのか
  何らかの設備に組み込むものなのか
  組み込むとしたらその組み込む対象物の減価償却資産としての取り扱いはどうなっているか

(2)アンプとは
  何のた...続きを読む

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q汲取り代の勘定科目と固定資産税の計上日を教えてください

個人事業で起業して、初めての経理です。
勘定科目がわからないので教えてください。

私の地区は下水道が整備されておらず、
し尿汲取り代が毎月かかります。
汲取り代の勘定科目は何が適当であるか教えてください。

質問2
持ち家(ローン支払済)の一部を事務所として使用します。毎月地代家賃などとして経費で落とす事はしません。固定資産税は年に4回分割して口座振替されています。引き落としされた日付けで、そのつど按分して計上するのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

汲取り代の勘定科目は福利厚生費か雑費で良いでしょうが、
持ち家の一部を事務所として使用している場合事業に関わる費用とできるかに問題あります。
生活費との区分が必要になりますから。
質問2については引き落としされた日付けで面積比などで按分した金額を計上すれば大丈夫です。

Q備品等有形固定資産の棚卸資産への転用

一般的な有形固定資産で有る程度の耐用年数を経たものを、棚卸資産へ
転用するような場合、どのような処理になるのでしょうか?中古品としての評価損・益など計上するものなのでしょうか?流通価格と機械的な
減価償却の差をどのように扱うのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産を費消目的から顧客等への販売目的に転化させたときは、会計上は、棚卸資産への転用そのものではなく、固定資産の除却とそれに伴う棚卸資産化として事実評価します。

したがって、基本的な仕訳は、
(借方)
減価償却累計額 ¥累計額
減価償却費 ¥当期首から除却月までの減価償却費
棚卸資産 ¥処分見込額(棚卸資産売却見込額)
(貸方)
固定資産 ¥取得原価
となります。

Qやよいの青色申告06 固定資産を計上する勘定科目

今回初めてやよいの青色申告06を使って確定申告します。
なにぶん初心者なので、説明書を読んでもわからないことばかりで、かなり苦戦しています。ご助言をお願いいたします。
当方、個人事業の飲食店です。

(1)固定資産一覧の仕訳書出から振替伝票を表示して、登録をしようとしましたが、「仕訳の計上科目が設定されていないため、書き出すことができません。[固定資産管理]の[科目設定]で計上科目を設定してください。」とでてしまいました。
説明書に沿ってすすめていきましたが、除去損や減価償却累計額を計上する勘定科目をどこにしたら良いかがわかりません。

(2)事業主貸は、経費として取引にのせて良いのでしょうか?

(3)保険や年金の控除は、決算や申告書の作成などに作業をすすめていくとどこかで入力の場面にあたるのでしょうか?

質問の順序や内容が整わず、わかりづらいとは思いますがご回答のほど
、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1) 何の固定資産かということです。
「土地」とか「建物」、「建物付属設備」などの科目があります。
http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account1.htm

(2) 事業主貸は「利益 = 所得」であって経費ではありません。

(3) 事業主本人および家族の年金や国保は、決算の過程では「事業主貸」、申告書で「社会保険料控除」とします。
従業員の分を事業主が負担したのなら、「福利厚生費」として経費です。

Q減損処理した固定資産の除却処理

減損処理した固定資産の除却処理

前期に減損処理を行いました。
減損処理した固定資産が故障のため使用不可能になり、新しい固定資産を購入することになりました。

つきましては、減損処理した固定資産の除却の会計処理方法をご教授下さい。

Aベストアンサー

取得価額 1000 減損金額  200 減価償却累計額 400の時

固定資産    1000
減価償却累計額 △400
減損損失累計額 △200

として表示している場合は

固定資産除却損 400 / 固定資産 1000
減価償却累計額 400
減損損失累計額 200

固定資産     800
減価償却累計額 △400 の時は

固定資産除却損 400 / 固定資産 800
減価償却累計額 400

控除後金額で表示している場合は

固定資産除却損 400 / 固定資産 400

となります。

Q「固定資産滅失損」という勘定科目はありえないですか?必ず「未決算」を使う?

「建物200万円が火災で焼失した。
この建物には火災保険120万が掛けられていて、保険会社に保険金の支払を直ちに請求した。」

という問題の場合、
未決算 200万円/建物 200万円
ではなく、
固定資産滅失損 200万円/建物 200万円
となることはありえないですか?

仮に保険が掛けられてない場合は
火災損失 200万円/建物 200万円
となるようですが、
この火災損失が固定資産滅失損のようなことですか?

また
「保険会社に保険金の支払を直ちに請求した。」
の部分は、特に仕訳をすることないと思ってていいですか?
未収金/火災未決算
となるのは保険金額が確定してからですか?

質問ばかりですいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず勘定科目についてなのですが、実務で仕訳する際は
その会社で作った勘定科目を使って仕訳することもでき
ますが、簿記の試験上は与えられた勘定科目で仕訳をし
ないと不正解になってしまいます。
勘定科目が与えられていなかったとしても、通常学習上
で使う科目を使っておいた方が無難だと思います。
よって、「固定資産滅失損」は悪くは無い勘定科目かも
しれませんが、試験で書くのは危険です。
(その勘定科目が選択肢にあればいいですけど)
要は採点される時に損しないように、ということです。

「建物200万」というのは簿価ですか、取得原価です
か?その辺が書いてないのですが、簿価が200万(直
接法で減価償却費は無し)だったと仮定します。

>という問題の場合、
>未決算 200万円/建物 200万円
>ではなく、
>固定資産滅失損 200万円/建物 200万円
>となることはありえないですか?

まず、「未決算」というのは、金額が未確定である時
に使う仮の勘定科目です。
この場合、「保険金を請求したけど金額がまだ確定し
てない状態」だから「未決算」を使います。
(火災があったらまず保険会社に保険金を請求して、
保険会社が調査・査定をしてから、保険金の金額が確
定します)

今回は120万の保険を掛けているのですから全額保
険が降りるかもしれないし、0かもしれません。もし
0だったとしても、この段階で「全額を損失として認
識する」というのはまだ早いです。請求している段階
ですから。
よってこの段階で「~損200万」とか「~損失200
万」はありえません。

そして、今回は120万の保険に入っているのですか
ら、保険金が下りても最大120万円です。
建物の簿価200万とその120万との差額はもう損
失が確定しているのですから、80万は未決算で処理
する必要は無く、火災損失(などの勘定科目)で処理
します。

未決算 120万 /建物 200万
火災損失 80万 /

となります。

>また
>「保険会社に保険金の支払を直ちに請求した。」
>の部分は、特に仕訳をすることないと思ってていいですか?

それも含めての仕訳が上記です。

>未収金/火災未決算
>となるのは保険金額が確定してからですか?

そうです。
ただし、確定した保険金の金額(未収金)によっては、差額が
生じれば火災損失とか保険差益で処理します。

損失→建物が焼けて損した金額
未決算→まだ金額が確定してない部分
未収金→保険会社からもらえる保険金

です。
損失はむやみやたらに計上していいわけではありません。
損をする金額がわかった時に随時計上します。

こういう問題の場合、直接法より間接法が多いと思いますし、
期首から焼失した日までの減価償却をさせる問題がスタンダー
ドだと思いますので、そういう問題を解き慣れておいた方が
いいと思いますよ。

まず勘定科目についてなのですが、実務で仕訳する際は
その会社で作った勘定科目を使って仕訳することもでき
ますが、簿記の試験上は与えられた勘定科目で仕訳をし
ないと不正解になってしまいます。
勘定科目が与えられていなかったとしても、通常学習上
で使う科目を使っておいた方が無難だと思います。
よって、「固定資産滅失損」は悪くは無い勘定科目かも
しれませんが、試験で書くのは危険です。
(その勘定科目が選択肢にあればいいですけど)
要は採点される時に損しないように、ということです...続きを読む

Q消耗品費・消耗備品費の違いを教えてください

経理をしているのですが、
いつも消耗品費・消耗備品費の違いが分からず、仕訳に困っています。
明確な基準がありましたら、教えてください。
ちなみに、この二つ以外に事務用品費の科目も使っていて、こちらは文具やコピー機の使用料として使っています(これは問題ないでしょうか?)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つまり勝手に勘定科目作っても良い)

ですから、消耗品費・消耗備品費・事務用品費と別れているなら、
より明確な勘定科目名を使っているものから、文字通り
事務用品費は、一般に事務用品店で販売しているノート・ボールペン・伝票など
消耗備品費は、金額が10万円以上となれば減価償却による費用計上を要するもの等
消耗品費は、金額が10万円以上となっても資産計上を要せず、貯蔵品となるものや
その他事務用品費や消耗備品費以外の消耗品。具体的には日用雑貨・トイレタリー等
でしょうね。

10万円は税法上の決まりでそうなっています。

ただしあくまで一般的な話ですので、会社でこの勘定科目の使い方はこうと決め
一度決めた勘定科目の性質は、みだりに変更しなければ問題なしです。

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つ...続きを読む

Q簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか?

Aベストアンサー

逆に入れないのを覚えたほうがいいですよ。
3級では出ませんが、自己株式といって自分の会社の株を買うときに払った手数料は取得原価に入れません。
他の資産は基本的に入れちゃうもんだと思ってOKです。

その資産を買うのにかかったトータルのお金=取得原価

ですから。

Q固定資産を除却時の固定資産価額について

こんにちは、はじめて質問します。
固定資産システムを導入中のものです。
(背景)
これまで、固定資産を期中に除却した場合には、期首の簿価にて除却損を計上してきております。
システム化にあたり、除却までに発生した償却費についての取り扱いについて検討しています。
(質問)
期中に固定資産を除却した場合、当期発生分の償却費を戻さずに、その時点の簿価にて除却損を計上してもよろしいのでしょうか?
よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

システム導入中ということはまださほど固定資産がなく、総合償却などをせずに個別で把握されているのでしょうか?であればいたってシンプルです。

税務上は期中除却までの月割り減価償却費を計上してその時点の簿価を除却損としても、
その固定資産の除却までの減価償却費を計上せずに期首簿価を全額除却損としても税額は変わりませんからどっちでやっても問題ありません。
たいていどのソフトにもこれらの選択できる機能がついてます。

経常利益の期間比較に会計の重点を置いているのであれば、期中使用分の減価償却費を計上する方法がベターでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報