『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

高校野球の時期ですが、甲子園でよく、応援歌で「サウスポー」が歌われています。しかし、あの曲のはあくまでも投手側の歌であり、攻撃側の応援歌としてはおかしいと思います。どうして歌われるのでしょうか?

A 回答 (4件)

今、おまえが打たなきゃ誰が打つ!の中日の応援歌「サウスポー」が注目されています。


本来の歌詞ではなく、中日の応援歌として定着してるから、甲子園でも使われているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ブラバンが、演奏し易く、振り付けも、簡単だからという、単純な理由。

先輩から、譜面ごと、引き継がれている、定番の演奏で、演奏は、インストなので、歌詞はない。
    • good
    • 0

> あの曲のはあくまでも投手側の歌であり、攻撃側の応援歌としてはおかしいと思います。



それは応援時に歌詞もオリジナルのまま使えばの話でしょう。
実際は殆ど替え歌にして使って居るし、歌詞よりメロディラインが応援も選手側も乗れると言う所が大きいから使われる。
それが実際ではないでしょうかね。
    • good
    • 0

使われ始めた当初は、


左投げ投手の応援歌としてよく使用され
それがいつしか
相手投手に 逃げずに真っ向勝負を挑めと促す為となり

現在の、替え歌にした応援歌と変わってきているのです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング