4日前に病院の形成外科にて顔にあるホクロをレーザーで除去しました。
しかし術後の跡が深く彫れていて、綺麗に跡が無くなるか不安です。
出来るだけ綺麗に治す為にどの様に手当てしていけば良いか、詳しいアドバイスをいただければと思い、相談させていただきます。

医者からは、ゲンタシン軟膏(化膿止め)を塗り、小さく切ったガーゼで押さえ、
その上から3M社製のマイクロポアというテープを貼っておくように言われただけなので、
その他の情報は一切知りません。

何日か手当てしていて疑問に思ったのは、
(1)傷跡は穴が掘れている様な状態なのでゲンタシン軟膏(化膿止め)は、
傷跡を埋めるようにタップリ塗った方が良いのか、
それとも表面に薄く延ばす程度でよいのか。
(2)ウォーキングなど汗をかく運動をしても良いのか。

状況は次の通りです。
・ホクロは直径3ミリ程度で黒くわずかに盛り上がっていた。
・ホクロの場所は鼻の下、唇の上。
・ALEX LAZR(Qスイッチ型アレキサンドライトレザー)というレーザーで除去。
・傷跡が深く(深さ2ミリほど)、今だに全くかさぶたが出来ていない。

女性で顔のホクロがあり、それが長い間のコンプレックスとなっていて、
やっとの思いで決心して除去したら、今度はその傷跡がコンプレックスになったと言う様にはしたくありません。

私が上記した疑問以外にも、あらゆる知識や情報を広く得たいのです。
深く彫れた傷跡が綺麗に跡が無くなる方法をアドバイスしてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ほくろ、シミを、レーザーで治療経験あります。

(切除も経験ありです。)

ほくろの場合、シミと違って、厚みがあるので、レーザーで焼いた場合は何度も同じ場所を繰り返し焼いているはずなので(少しでも残っていると、また出てくるので)、穴が開いてて当たり前です。

表皮が欠損していますから、普通の擦り傷みたいには、すぐにかさぶたは出来ません。

うす~いかさぶたが出来るまで、何日かかかります。
しばらくは、薄いかさぶたの状態が続くので、見た目は、赤ムケ状態ですが・・・・。

自分の経験では、天ぷら油が顔に飛んで、火傷して、皮がむけてしまった時の感じと、ソックリです。
このときも、しばらく赤ムケ状態でした。

キズの赤み自体は、白くなるまで個人差があり、2,3ヶ月でマシになる人もいますし、いわゆる、瘢痕が出来やすい人(私がそうですが)は、もっと、かかります。

一般的に、口元は顔面の中では、少し、時間がかかっているようです。

傷口の感染さえ起こさなければ、指示通り、普通に軟膏を塗っていれば、大丈夫ですよ。
キズは「○日、濡らさないでください」という、指示があったはずですが?(私の場合は、丸2日、濡らさないで下さい、とのことで、以後は普通に傷も洗って良いとの指示が出ていましたが。)
それさえ守ってれば、日にちが経てば、そのうち、穴もだんだん、埋まってきますよ。

根気良く、待ちましょう。
日にちが経てば経つほど、きれいになります。
良く見たら、「皮膚の色がついてないなぁ」って程度です。

あくまでも、自分の経験ってことで、参考までに。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

経験豊富な方のアドバイスで、大変心強く感じています。

質問させていただいてから1週間ほどたち、
肉なのかかさぶたなのかは解かりませんが、
穴の淵のほうから透明な物質が徐々に埋まってきているようです。
順調に皮膚ができ、綺麗に治って行けば良いのですが、
まだまだ私の不安は続きそうです。

しかしdorago2さんの回答を拝見し、すごく参考になりましたし、すごく勇気づけられました。
本当にありがとうございました。
また質問させていただくこともあると思いますが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2004/12/21 15:49

ホクロを除去した際でも、運動はされても大丈夫ですよ。

またゲンタシンはしっかり塗るようにしてください。ご自身で注意することは、なるべく触らないようにすることかと思います。レーザー後しばらくは傷は目立つと思いますが、徐々に目立たなくなりますので安心されてくださいね。
    • good
    • 0

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

はじめまして、こんにちわ。


私も顔のほくろ除去経験者です。
レーザーではなく、メスでほくろをくり抜く方法で
取ったのですが、やはり傷跡が深く彫れていました。
最初はNgorongoro同様とても心配していましたが
半年たった今ではほとんど元に戻っています。
よく見るとわかるかな?という位です。

治療後のケアとしては、私もゲンタシンを処方されましたが、いつも厚めに塗っておくことが重要なのだそうです。
皮膚が埋まる前に乾燥させないほうがいいみたいですね。でも最初の1ヶ月しか塗ってませんでしたがちゃんと皮膚が再生してきましたよ!
    • good
    • 25
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2004/12/31 17:13

こんにちは


私も23歳ぐらいのときに鼻の横にあった盛り上がったほくろと、あごの横にあったほくろ そして 目の下にあったほくろを某大学病院の形成外科でレーザーにより取りました。とった後大きなかさぶたになり、かさぶたが取れた後も大きな穴になりました。 年齢的にも残るのではないかと心配していましたが、30歳台になった今ではもうすっかり昔の古傷程度です。 ただ目の下のほくろは切除したところからもう毛が生えてきませんが・・
どの傷もじっくり見ないとわからない程度です。
あまり 傷のうちにいじらずにタダじっと時をまつのがよいのではないでしょうか。 何ヶ月かたてば落ち着いてくると思いますよ。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

早いご回答をいただきありがとうございました。
それにもかかわらずお返事が遅くなり申し訳ありません。

穴が埋まるには何年もかかるのですね。
参考になり、少し心が救われました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/19 01:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指が痛すぎてやばいです 医者に行って ベトノバールG軟膏 亜鉛華軟膏シオエ を処方されました。 気泡

指が痛すぎてやばいです

医者に行って
ベトノバールG軟膏
亜鉛華軟膏シオエ
を処方されました。

気泡みたいな透明の白いプツプツができて
その後痒くなってつゆ?みたいながでて
最後にはこのように赤くなります

処方された薬を塗ると治るのですが…
治ったあとまた復活してくるのですが
もうどうしたらよいのでしょうか。
一生このお薬を塗ってなくてはならないのでしょうか…

Aベストアンサー

それ、汗が原因で出来るやつですよね?
わたしも一時は出来ていました。痒くて、痒くて
原因はスマホのし過ぎで熱をもったスマホが原因になってました。今は、熱が伝わりにくいカバーをして、あまり触らなくなったら治りました。
でも、友人は同じ様な症状でしたけど、腸内環境の乱れによるものでした。参考までに

Q最近太ももや腕に赤い網目の様な柄が浮かび上がる様に出てきました。

知人に聞きますと、血の巡りが悪いとか、血がにごってきたからだと言いますが、
何が原因と考えられますか?
思い当たることは、体重が増えたことぐらいです。

Aベストアンサー

常時出ているなら妊娠線のようなものでしょうが
(急激な肥満による皮膚の裂け)

そうでなければ
いわゆるリンゴ病では?

Q額の傷跡の形成外科代について

先日7歳になる息子が、額に6センチ程縫う交通事故に遭いました。

救急車で運ばれた日、医師に傷跡が残るかどうか聞いたところ、『丁寧に縫いましたが、もし傷跡が残れば形成外科に行くしかないですね』と言われました。

こちらに過失が全くなければ、慰謝料も請求できますが、赤信号飛び出しなので。。。

まだ抜糸してませんが、もし傷跡が残るようでしたら、いくら男の子とはいえ、顔に大きな傷が残るのはかわいそうなので、このような場合、形成外科に通えばどれくらいかかるのかと思い質問させていただきました。
保険も使用できるか分かりませんので、その辺りも含めて、アドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何か損害保険などには入っていませんか。
顔に残る大きなキズは、後遺障害として、保険金がおります。
通院保険+後遺障害の保険となります。
後遺障害は、事故後半年以上経たないと判断してもらえないので、保険金が下りるのは、半年以降です。

キズ跡をご両親が気にしているのであれば、できるだけ早く今通院している先生にお願いして、形成外科に紹介状をかいてもらって、転院したほうがよいです。

キズ跡は絶対のこります。抜糸タイミングやその後の処置(圧迫療法など)により、だいぶ目立たなくなります。縦のキズの方が、横より目立ちます。あと、体質によっては、キズ痕がケロイド状になる人もいます。
そうなったら、医師と相談して、処置法と時期を相談しないといけません。
また、子供の成長と共に皮膚の引きツレなどが起こると手術が必要となる場合があります。美容的な手術にしても、成長がある程度止まらないと出来ないと思いますよ。とにかく成長が止まるまで見守る必要があるので、長く通院できる病院を選ばれた方がいいと思います。

Q急性虫垂炎手術後の傷跡痛について

回答お願い致します。
私は先日、急性虫垂炎で腹膜炎を起こし緊急手術を致しました。
入院中は傷の横に三箇所穴を開けてそこから膿を出すという処置ですた。
入院期間20日間で退院いたしましたが傷が8cm位ある下のほう3~4cmが開いている状態でまだ少し膿が出ていて退院後通院でガーゼの交換に通っております。
しかしなかなか膿が少なくなる様子がなく昨日外来診察のとき、主治医の先生に「傷の治りがよくないのはもしかしたら中に糸が残っているのかも」と言って傷口を器具でグリグリとほじり出したのですがその際
傷口周辺が麻痺している状態で全然痛くないのに気付き先生に「傷口が全く麻痺していて何も感じないのですがそのうち治るのでしょうか?」と訊ねたところ「神経通ってるところだしね、もしかしたら傷の所は麻痺は治らないかも」と言われてしまいました。
それって通常虫垂炎を手術している人にはあることなのでしょうか?
その後、結局「縫っちゃいましょう」と言われて麻酔をせずに5針位縫うことになりました。その際も全く痛みを感じずとても不安になってしまいました。
この先麻痺は取れないのでしょうか??
不安でたまりません。回答宜しくお願いいたします。

回答お願い致します。
私は先日、急性虫垂炎で腹膜炎を起こし緊急手術を致しました。
入院中は傷の横に三箇所穴を開けてそこから膿を出すという処置ですた。
入院期間20日間で退院いたしましたが傷が8cm位ある下のほう3~4cmが開いている状態でまだ少し膿が出ていて退院後通院でガーゼの交換に通っております。
しかしなかなか膿が少なくなる様子がなく昨日外来診察のとき、主治医の先生に「傷の治りがよくないのはもしかしたら中に糸が残っているのかも」と言って傷口を器具でグリグリとほじり出したの...続きを読む

Aベストアンサー

どうなるかわからないことを今からくよくよ心配するよりもまずは今はひたすら傷を治すことに専念する方が良いと思います。傷をなおさないことにはなにも始まりません。
急性虫垂炎は一過性の過剰な肉体的、心的ストレスで発症します。また、ストレスが強いほど白血球の顆粒球増多で膿をつくり傷負けしてなかなか傷口が塞がらなくなります。ですから徒に不安を感じたり心配をすることも治りを悪くするのです。
もともと傷負けしやすい体質がありますが、一般的には痩せ型で、神経質、な何事にもバリバリと活動的でどちからというと気性が激しく、睡眠時間を削ってでも頑張るタイプに多いようです。
いずれにせよ、治癒を早めるにはできるだけ心や体をリラックスさせる必要があります。体を温めることと十分な睡眠は欠かせません。

傷が癒えてからまた次のことは考えたら良いのです。

Q骨折して手術後半年たってからの化膿の原因とは?

45歳の男性です。半年前足のすねを縦にひびが入る形で骨折し、金属の板をビスで留める手術をうけました。その後リハビリを経て仕事に復帰したのですが8月の終わりに突然40度の高熱とともに患部が腫れてしまいました。病院では切開して膿を出し、抗生物質の点滴を1週間の処置でした。点滴治療が終わってからは毎日消毒に通って様子をみていましたがこのままでは悪くもならないけど良くもならないということで結局来週その金属板を取る手術をすることになりました。膿の検査結果では原因不明だったそうです。原因がわからないということがあるのでしょうか?家族を支えてくれている主人のことなので心配です。回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炎症を起こす場合、細菌性の場合と無菌性の場合を考えないといけません。
金属板(=異物)を埋め込んでいる場合は、可能性としてはその両方が考えられます。細菌性の場合、切開排膿した際の膿を培養検査に出すことで原因の菌種を特定しますが、検査の方法によっては起因菌の特定が難しい場合があります(嫌気性菌など、この場合は細菌性だけれども起因菌不明となります)。また金属に対する免疫反応などの存在も同時に考えられると、そのうちのどれが主原因か突き止められないことも考えられます。お話の半年という期間はどちらかに特定する事ができない(埋め込んですぐなら細菌性でほぼ間違いない)時期でもあるからです。
細菌性であっても無菌性であっても金属板は病気に良い影響を与えてはいない事が推測されますから(細菌性であれば金属板がバイオフィルムを形成し、抗生物質などによる治療に対して抵抗しますし、アレルギーなどであれば金属板そのものが原因となってしまうから)、結局は金属板を除去しなければならないという結論に至ります。文面から考えて、最初の処置は緊急避難で局所麻酔だけでできることにとどめ、手術室、腰椎麻酔などを準備した上で次の処置に向かうプランなのだと解釈します。

炎症を起こす場合、細菌性の場合と無菌性の場合を考えないといけません。
金属板(=異物)を埋め込んでいる場合は、可能性としてはその両方が考えられます。細菌性の場合、切開排膿した際の膿を培養検査に出すことで原因の菌種を特定しますが、検査の方法によっては起因菌の特定が難しい場合があります(嫌気性菌など、この場合は細菌性だけれども起因菌不明となります)。また金属に対する免疫反応などの存在も同時に考えられると、そのうちのどれが主原因か突き止められないことも考えられます。お話の半年と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報