現在、アナログからパソコンに44.1Hzで取り込み、マスタリング作業を行っています。で、やはり市販のCDくらいの音量レベルを保ちたいのですが、入力レベルを上げすぎると当然のことながら、割れてしまいます。それでも割れないような方法ってあるのでしょうか?できるだけ上げるためにはどうしたらいいでしょうか?というかプロのエンジニアの方はどうやってマスタリングの時にうまく割れないように音圧を上げているのでしょうか?wavファイルを波形で見てみて見事に0dbでそろっているものがあったりすると感心します。コンプレッサー、リミッターを使用して全体的に音圧を上げ、音圧が高いところはそのままにするとよい、と聞いたことがありますが、具体的にはよく分かりません。やはり高価機材次第ということになるのでしうか?
ちなみに現在使用ソフトは、フリーのsound engineです。このソフトにはオートマキシマイズという機能があり、レベル的に低いところを上げ、全体を自動的に0dbに近づけてくれるのです。しかしやりすぎると大きいレベルのところで割れてしまいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>アナログからパソコンに


というのはソースは何でしょう?自作の曲でしたらトラックダウンの段階から0dbにそろえるのを意識しないと難しいです。

「リミッター」は「でかい所をおさえる」のが基本です、「低い所を持ち上げ大きい所を押さえる」のは基本的に「コンプ」の考えで、やり過ぎるとかえって音圧がなく感じていきます。

マキシマイズ系のエフェクトはかかりがきついので全体に潰れた印象になるかも知れません

>しかしやりすぎると大きいレベルのところで割れてしまいます。
割れるというのはコンプへの入力が大きすぎるのでは無いでしょうか?


>具体的にはよく分かりません。やはり高価機材次第ということになるのでしうか?

通常良く使うのは「帯域別コンプ」です。例えばボーカルものの場合、
「ボーカリストがサビなどで思いっきり歌ったその瞬間だけピークを超えてしまう」、そういった場合そのピークに合わせて全体を下げるのはあほらしい、しかし全体のコンプをきつくかけると、ボーカルがない部分、他の楽器、にコンプがかかってわざとらしい。
そういう状況の為にある特定の周波数帯にだけ反応するコンプをかけると、この場合、その瞬間ボーカル周辺の帯域の楽器だけがグッと押さえられ 0dbを超えません。
ドラムがでかい時は低音部をおさえ、ギターなどヒステリックな音がでかい瞬間は高域を押さえる、それが「バンド別コンプ」「帯域別コンプ」とよばれるものです。
これをいくつかの周波数帯域にかけることによって、自然でしかもピッタリとおさまります。

フリーでも出てるかも知れません。「ファイナライザー」等が有名です。


>見事に0dbでそろっているものがあったりすると感心します。

私も感心します、
しかしそこがプロのエンジニアの腕の見せ所ですので難しくて当然なのです。

でも最近は「音圧ブーム」が過度ですよね。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございました!!
>というのはソースは何でしょう?
はい、自作の曲です。
帯域別コンプ、聞いたことあります。そして早速ファイナライザー、調べました。でもフリーでは見当たりませんでした。microvoltageさん、恐縮ですが、もしそのありかをご存知でしたら、教えてください、、、
>でも最近は「音圧ブーム」が過度ですよね。
そうなんですよね。曲がちゃちくても、結局のところ音符が少ないところが持ち上がってなんとなく倍音も増えるようで聞いてるひとにはごまかせるんでしょうかね。
ちなみにまたまた恐縮ですが、microvoltageさんは専門家ということで、マスタリングのソフト等は使用されているのですか?差し支えなければ名称を教えてください、、、;そして、私、マスタリング用のソフトを購入しようかと考えておりまして、予算的にも10万~20万でいいと思っているのですが、もしどんなのがいいかご存知でしたら、、よろしくお願いいたします!すみません、質問ばっかりで・・・汗

補足日時:2001/08/02 05:44
    • good
    • 0

>所謂コンピュータ上での処理がマスタリングで、MTR等からコンピュータに>落とす録音処理が、トラックダウンと考えてよろしいでしょうか?



どこで行われる処理かの問題と言うよりも・・

各トラック(チャンネル)に入ったベース、ドラム、ギター、歌、などのバラバラの音をバランスをとり、エフェクト処理などして、2トラックにまとめて(”落とす”と言います)普遍的なオーディオシステムで聞ける状態にするのがトラックダウン。

色々な曲を一枚のCDやレコードに入れる時各曲の音量、や音色を揃えて統一感を出す作業をマスタリングとよびます。

MTRからアナログレコーダーやDATへのマスタリングもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました!
それにしても、レベル上げるためには、最初の曲作りでの、シンバルの位置やら、特定の場所にシンバル等が偏りすぎていない、とかそういう点も考慮にいれなきゃいけないみたいですね・・・実はいまマスタリングの最中でして・・・一喜一憂してます・・笑
ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/06 15:42

補足ありがとうございます。


>はい、自作の曲です。

あ、そうなんですか、じゃぁマスタリングよりトラックダウンでしっかり音圧出しておいたほうがあとで楽ですよ。
というよりマスタリングだけでああいった効果を出すのには無理があります。
「市販のCDくらいの音量レベル」というのは各楽器にすでにコンプがかかっているのでアタックが出ていて音圧もあり音量も揃えやすいのです。

トラックダウンがしっかりできていればマスタリングは音質補正程度ですむと思います。

>そして早速ファイナライザー、調べました。でもフリーでは見当たりません

フリーではありません。ファイナライザーはたしかハードだったと思います、
私は使っているのは『Finalator』というものです(これもフリーではない)。

すみませんマスタリング用のソフトに関してはあまり詳しくないのですが、先ほど書いたとおりTDがしっかりできていればEQとトータルコンプで済むと思いますよ。

また何かあれば補足下さい。

この回答への補足

ありがとうございます!!なるほど、トラックダウンのほうが重要なんですね、、で、もうひとつだけ、質問させてください、、マスタリングとトラックダウンの切り分けですが、所謂コンピュータ上での処理がマスタリングで、MTR等からコンピュータに落とす録音処理が、トラックダウンと考えてよろしいでしょうか?

補足日時:2001/08/03 23:19
    • good
    • 0

マスタリングの場合のリミッターの設定は



スレッショルドレベル 高め
レシオ(比率)    大きめ 
アタック       速め
リリース       適度 
が基本的です。

つまり大きな音が入って来ない時は効果は無く、スレッショルドを超えたものに対しては強くかかるということです。それにより相対的に小さい部分も上がることになり、音圧が稼げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は恥ずかしいことにリミッタ-を使用したことないんですが、こんな方法で音圧がうまく上げれるなら、早速使用してみます。ちなみに使用機材はVS880(古・・泣)です。ありがとうございました!!

お礼日時:2001/08/02 05:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマスタリングソフトについて

マスタリングソフトについて教えてください。
DAWやオーディオI/Fなど、より一般的なソフト機材に比べて情報が少なく、実態をつかみにくい状態になっています。

現在DAWにはマスタリング用途に最適化されたコンプやEQ、そしてマキシマイザーが搭載されているものも多く、「レコーディングからマスタリングまですべてソフト1つでできるようになった」なんて言葉をよく耳にします。
とは言うもののDAWによるマスタリングでは敵わない部分があるからマスタリングソフトが存在するわけで…(笑)
そこで以下の点についてご解答をお願いします。

・マスタリングソフトがDAWのマスタリングより優れている点
・DAWにはないマスタリングソフトならではの機能など

等、マスタリングソフトを使う意義・価値・優位性などをご説明していただければと思います。
それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

マスタリングソフトと呼んでらっしゃるものは、一般に波形編集ソフトと呼ばれています。
具体的にはWaveLab、Sound Forgeなどですね。
DAWが音楽製作ツールであるのに対し、波形編集ソフトは音楽製作のためだけでなく、音を扱う業界全般(効果音作成、放送関係の業界、録音ファイルの分析、教材作成など)をターゲットに作られているという住み分けがまず存在します。
ここではマスタリングの観点で書きます。

・マスタリングソフトがDAWのマスタリングより優れている点
1.インターフェースや機能がマスタリングに特化されており、動作も軽いので作業がやりやすい。結果的に作業スピードが速くなります。エフェクトをかけてレンダーしたものの、前の状態に戻したいな…という場合でも一瞬で戻せるようなファイル管理方法が採用されていますし、操作が視覚的・直感的です。
2.マスタリングは1発で完成ということはなく、いくつかのパターンを試行錯誤しますが、DAWだとマスタリングの複数パターンを同時に扱う操作が煩雑になります。
仕事になるとクオリティだけでなくスピードも要求されるので、特化したソフトが必要になると考えてもらえれば分かりやすいでしょうか。
3.部分的にエフェクトをかけるなどの編集が楽。DAWだとクリップ単位やトラック単位でのレンダーになってしまいますが、波形編集ソフトであれば狙ったピンポイントを選択して操作するだけです。
4.ピッチシフトやタイムストレッチなどのアルゴリズムがDAWソフトよりも優れている。ただしMelodyneなどの音声編集に特化したソフトには敵いませんが。

・DAWにはないマスタリングソフトならではの機能
CDを作成する際に、CD全体を見渡したバランス調整ができます。ファイルをいくつも並べてここからここまではトラック1、という具合です。
また2つ以上のトラックがつながっているようなCDや、全体の音量バランスを考えたCD作成はDAWソフトでは限界があります。
あとはサンプラー用のファイル編集。特に自分でループサンプルを作成するには波形編集ソフトが必要です。

波形編集ソフトの意義は言葉にするとこの程度なのですが、私は持っていると便利なものだと思います。
上に述べたスピードやCD作成などが必要でなければ波形編集ソフトに数万円を費やす価値はありませんが、最近は1万円程度のエントリーモデルも売られていますので、「百聞は一見にしかず」です。一度便利さに気づくと手放せなくなると思います。

マスタリングソフトと呼んでらっしゃるものは、一般に波形編集ソフトと呼ばれています。
具体的にはWaveLab、Sound Forgeなどですね。
DAWが音楽製作ツールであるのに対し、波形編集ソフトは音楽製作のためだけでなく、音を扱う業界全般(効果音作成、放送関係の業界、録音ファイルの分析、教材作成など)をターゲットに作られているという住み分けがまず存在します。
ここではマスタリングの観点で書きます。

・マスタリングソフトがDAWのマスタリングより優れている点
1.インターフェースや機能がマス...続きを読む

Qミックスダウンとマスタリング

ミックスダウンとマスタリングって良く聞く言葉ですが、具体的にどう意味が違うんでしょうか?
ちなみにミックスダウンは各トラックを一つのトラックorファイルor音源にすると解釈してるんですが、間違ってたら正しい意味を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ!
ミックスダウンに関してはmaogiさんの解釈でよいと思います。
マスタリングとはCD工場に送る最終行程ですね。
具体的な流れとしては、
1.ミックス済みトラックの音の調整(音圧を上げたり、EQの調整など)
2.曲順、フェードイン、フェードアウトなどの決定
3.PQコード入力(トラック・タイムなどの入力)
4.CDプレス工場に送るマスターディスク作成
となります。
昨今では1の行程は非常に重要で、マスタリングエンジニアの腕
次第で大きくのそのサウンドが変わると言われています。

過去のアーティストの作品で、デジタルマスタリング版で再発
されたものなどを聞くとその違いがよくわかると思います。

Qハウスmixcdのマスタリング

ハウスのmixcdを作りました。しかし曲ごとにレベルが違って、耳が痛くなる箇所があります。マスタリングをしたいのですが、いまいちやり方がわかりません。
使っているソフト
シーケンスはacid、
波形編集はsoundforgeです。
acidでmixをやってるんですが、この段階から音を調節すべきでしょうか。
soundforgeでマスタリングをするとき、どういった操作をすればいいのでしょう。ノーマライズでしょうか?数値はどの程度にすれば…。
こういった音楽ソフトは解説本などもほとんど出ていないので、非常に困っています。

Aベストアンサー

基本的にはイコライザー、コンプレッサー、リミッター、マルチバンドコンプレッサーなどのプラグインを使用していくと思いますが、ミックスもマスタリングも正解は1つじゃないので、決まりきった操作や数値はないでしょう。なので、最後まで自分でやりたいになら、納得いくまで何十回とやりなおしたり、いろんなCD聴いたり、波形を調べたりしてみてはどうでしょう。

Qデジタルマスタリングについて

初めまして。
少々わからないことができましたので、こちらでご回答をいただければと思い、質問させていただきます。
最近良くデジタルマスタリングされたCDというのを聞きますが、デジタルマスタリングされたCDでどれぐらい音質は上がるのでしょうか?
音質の感じ方は人によって違うので一概にどうとは言えないのは百も承知なんですが、例えばデジタルマスタリングされた2004年に発売されるCDとデジタルマスタリングされていない1980~90年代のCDとを普通のコンポ(スポーカー出力2Wが2つ)で聞いて、明らかに違いとかがわかるのでしょうか?
好きなアーティストが近々今まで発表したCDをデジタルマスタリング化して再発売するのですが、デジタルマスタリングされていないCDでほぼ持っており、もしマスタリングの有無で音質にそう差がないのでしたら、購入を見送ろうと思っているのです。
このデジタルマスタリングされるCDは完全限定生産なものですので、予約をしないと買えないため、もし音質に明らかな違いがあるのでしたら、早目に予約を入れたいと思いまして。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えていただけますと幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。

初めまして。
少々わからないことができましたので、こちらでご回答をいただければと思い、質問させていただきます。
最近良くデジタルマスタリングされたCDというのを聞きますが、デジタルマスタリングされたCDでどれぐらい音質は上がるのでしょうか?
音質の感じ方は人によって違うので一概にどうとは言えないのは百も承知なんですが、例えばデジタルマスタリングされた2004年に発売されるCDとデジタルマスタリングされていない1980~90年代のCDとを普通のコンポ(スポーカー出力2Wが2つ)で聞いて、明らかに...続きを読む

Aベストアンサー

デジタル・リマスタリングとは、
アナログ音源をCD化する作業、そのものを言います。
従いまして、CDとして発売されているものは、
すべて、デジタル・リマスタリングされているという訳です。
多くの人は、ここを勘違いされているようです。
また、その勘違いをいいことに、
さもデジタル・リマスタリングが高音質のキーワード
であるかのように記述してある粗悪なものもあります。
(ディスカウント・ショップのワゴン・セールのような商品)

昔、発売されたCDより最近の再発の音質が優れているのは、
これまでの方が回答されているような
処理を施している為です。

具体的には、
昔の録音は、トラック数の制限もあり
制作途中で別のテープへダビングしてから、
さらに音を重ねて作品を完成させていきました。
このような行程を何回か経て
マスター・テープが完成になります。

これまでのCD化では、
完成されたマスター・テープを単に
デジタル・リマスタリングしていただけです。

ところが、最近では、できるだけダビングしていない
『行程の若いテープ』を探し出して、デジタル化し、
さらに『次の行程』にてダビングされた
音もデジタル化していきます。
当然、タイミングも同期させる必要があります。
これを繰り返して、すべて同一時間軸に取り込んでから
改めて、ミックスし直します。

このようにして出来るだけ、ダビングされていない
良質の音を探し出して、
更に作業そのものも24bit、96KHz等で処理するため
高音質を維持できる訳です。

一方で、現実的な問題として、
作業途中のテープをレコード会社が
ちゃんと保存していない
事も往々にしてある為、
上記のような処理が出来ないケースも多くあります。

具体的には、マイナー・レーベルで録音した音源を
メジャー・レーベルが権利を買い取って
あたかも自社のアーティストとして売り出していたような場合は、
『何世代か前の』作業途中のテープが破棄されていた、等です。

蛇足ですが、
マスター・テープとレコードでは、
経年劣化という点だけで言えば、
テープの方が早く劣化する為、
保存状態の悪いテープしかなかった場合、
現存しているレコードのほうが
まだ、ましだった、という事もあり得ます。

デジタル・リマスタリングとは、
アナログ音源をCD化する作業、そのものを言います。
従いまして、CDとして発売されているものは、
すべて、デジタル・リマスタリングされているという訳です。
多くの人は、ここを勘違いされているようです。
また、その勘違いをいいことに、
さもデジタル・リマスタリングが高音質のキーワード
であるかのように記述してある粗悪なものもあります。
(ディスカウント・ショップのワゴン・セールのような商品)

昔、発売されたCDより最近の再発の音質が優れてい...続きを読む

Qsonar home studio 6 のマスタリングのやり方を教えて下さい。

こんばんは。
sonar home studio 6 XLを使用しておりますが
かなりの初心者です。一応ピアノロールから
6パートくらい重ねて曲っぽく作ってみたのですが
音質がしょぼいです。

ブースト11?みたいなソフトで多少音質がよくなりましたが
物足りませんのでマスタリングにて音の近い遠いの調整などを
したいのですがやり方がわかりません。

人によってやり方や良い音の聞こえ方
など違ってくると思いますが
教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、マスタリングといっても人それぞれで・・・っていう決まり文句から入って恐縮ですが、まあ実際そうです。
下手すればエフェクターをかけずに通すだけでもマスタリングであると言えます。

とりあえず私の場合は…

まず、マスタリングに入る前にミキシングの段階で全帯域がある程度フラットなバランスになっていて(アナライザーで確認。私の場合ドラムの分500Hz以下がちょっと他より大きめなことが多いですね。)、シンバルはあとから大きくなることが多いので、少し小さめにしておきます。
あとボーカル等センターポジションのパートもやや大きくなりやすいんで少しだけ小さくします。
個人的な考えですが、音の遠近感や分離は7割方ミキシングで決まると思っています。
もちろんプロならマスタリングでなんとかできるかもしれませんが、少なくても私には今はまだできないので、それについての説明は申し訳ありませんが他の方にパスさせてもらいますね(;><)

上記でもうおわかりになられたと思いますが、ミキシングのとき聞いていたバランスも2ミックスにバウンスすると結構変化します。
それを補正し、CDで聞ける状態まで持っていく作業がマスタリングですね。
具体的にやることは
・EQによる音質補正
・コンプでピークを潰す
・音圧を上げる
・ノイズを除去
簡単に言えばこんなところです。

Boost11はマキシマイザーといって、音圧を上げるためのエフェクトです。
「音圧ってなんぞ?」と言うと、簡単に言えば再生媒体に影響されないCD固有の音量なんですがもう少し詳しく言いますと、どれぐらい音がつぶれているかです。
CDの音量にも「これ以上大きくすると音が歪むよ」というボーダーラインがあります。それが-0dbです。
80年代のころは結構0dbまで余裕を持たせてたんですけど、次第に「音量が高いほうが他より目だってよい」という傾向が生まれてきます。
それゆえに我こそは我こそはと音圧を高めるようになり、現在に至ります。
現在のメジャーCDはだいたい同じぐらいの音圧なのでこれはこれである意味の規格化と言えたかもしれませんね・・・。
さて、なぜ音量を上げる=音を潰すなのかという話です。
0dbより上にいけないのだから、一番音が小さい部分と大きい部分の差(ダイナミクスレンジ)を極力小さくすれば結果として音量が大きくなります。
しかし、それをやりすぎると音が歪み、耳に張り付いてくるような音になります。
なのでそうならないギリギリのほどよい音圧にするというのがうまいマキシマイズの仕方ですね。
質問者の方がBoost11でなぜよい音質になったと感じたのかというと、ダイナミクスレンジが狭まり、CDらしい音になったからというのが答えです。

さて、私のやり方に戻るんですが…

コンプでピークをほんの少しだけ潰す
(ほんの少しだけですよ?各パートにコンプをかけるのとは影響の大きさが比べ物にならないので)

EQで音質補正
(これについては私もそれほど細かいセオリーが確立しているわけではないです。シンバルがうるさいなーと思ったら8kHzあたりを下げ、ボーカルが大きくなったと思ったら2~4kあたりを少しだけ下げます。)

PSP VintageWarmerでアナログの質感を付加
(なんてかっこいいこと言ってますが、私がこれを通すのは音圧のためです。歪み系や真空管系エフェクトを通さず、マキシマイザーだけで音圧を上げるとCD音圧になるまえに張り付いた感じになってくることが多いので)

トータルリバーブ
(DecayTimeは本当にちょっとだけです。これをやると私の場合奥行きや立体感が増すことが多いですね。ただ、ベースやキックが軽くなり、さらに全体的に暗い音になりやすいので、音質やリズム隊重視ならしないほうがいいかもしれません)

ノイズゲート

マキシマイザーを通す

こんなところです。
ポイントはマキシマイザーだけで音圧を出そうとせず、歪みか真空管エフェクトを通すことと、EQやコンプ等各プラグインのアウトプットで音を大きくしておくことです。
マキシマイザーは音圧を上げるというよりはリミッター的な使い方をしていますね。

えらそうに散々語りましたが、私もマスタリングについてはまだまだ勉強中です。
冒頭にあるとおりマスタリングは十人十色、ミキシング以上に様々なやり方があると個人的には思っています。
私の方法で満足しないで、独自のスタイルに発展させていってください。

うーん、マスタリングといっても人それぞれで・・・っていう決まり文句から入って恐縮ですが、まあ実際そうです。
下手すればエフェクターをかけずに通すだけでもマスタリングであると言えます。

とりあえず私の場合は…

まず、マスタリングに入る前にミキシングの段階で全帯域がある程度フラットなバランスになっていて(アナライザーで確認。私の場合ドラムの分500Hz以下がちょっと他より大きめなことが多いですね。)、シンバルはあとから大きくなることが多いので、少し小さめにしておきます。
あとボ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報