みなさんにいつもお世話になっています。
実は、特許申請中のアイデアがあるのですが、それに対して、
特許実施権の設定は可能なのでしょうか?

特許実施権を設定する契約書式はいろいろ目にするのですが、
申請中の段階で実施権を設定する契約書を見たことがありません。

可能か否か教えていただければと思います。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 全く問題ありません。

し、そういう契約は(も)普通です。どんな契約でも可能です。(公序良俗違反や、嘘・矛盾などが無限り。)

 特許されるまで何年も掛かるので、その間に技術が陳腐化する可能性も有り、発明者も実施者も早く商業化したいと考えるのが普通です。

・特許申請中
・特許後
・特許申請却下後

などで条件を設定する場合が普通でしょう。発明者/申請者側に有利な方法は、

●将来の特許性(特許化)は保証しない。(が、)
 ・特許時には一時金を払う
 ・特許後は各種条件を上げる
 ・特許申請却下後も同じ条件
 ・外国特許の場合は条件を付ける

 更に、「第三者の特許を侵害しない事」の保証をしない事も、場合によっては必要です。

 
    • good
    • 0

研究所に務めています.


当方の開発した技術を,民間の中小規模の企業に技術供与することが仕事の一環です.
donfanさんの場合は,未だ出願中であり,未だ「権利」になっていませんので,「特許権実施許諾契約」は結ぶことはできません.
この様な場合,当方では,特許出願中のものについても「技術供与契約」という形で,契約を結んでいます.
契約の中では,対象となる特許出願の明示,供与する技術の範囲,秘密保持,新たに発生した知的所有権の取扱など,規定しています.
ご参考まで.
    • good
    • 0

特許出願(申請)中の発明に関する権利は、法律上は「特許を受ける権利」というものです。

民法に規定される財産権の一種です。したがって、民法の原則に従って、上記財産権である「特許を受ける権利」の使用・収益・処分を行うことができます。
 donfanさんのいう、「実施権の設定」は、上記「収益」に該当しますので行うことができます。但し、法律上「実施権」というのは特許された発明についていいますので、「実施の許諾」という言葉になると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q特許権者と、専用実施権者と、通常実施権者の違いについて

最近、会社の知財部に配属され、勉強し始めた者です。

特許権者と、専用実施権者と、通常実施権者の違いが、よくわかりません。
移転、譲渡、質権の設定、専用実施権及び、通常実施権の設定、差し止め請求権、を誰が行使できるのか、ということがわからないので、どなたか教えてください。
また、上記のこと以外で、特許権者が有する権利がありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 特許を不動産に例えると、特許権者が土地を持っている大地主さんで、
その土地の上に家を建てて住んでいるのが専用実施権者なんです。

 共に、財産としての権利を持っているわけで、質権の設定
なんかできるわけです。

 建物がマンションだとすると、通常実施権者は、そこに
賃貸で住んでいる住居人で、自分の部屋として自由に使える
けど、財産としての権利を持っているわけじゃないので、
勝手に他人に譲渡したりできないわけです。

 それから大家さんも自分でマンション建てて、賃貸できるわけです。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Q特許権を譲渡する代わりにサブライセンス付の無償実施権を得る契約は有効ですか?

当方、ベンチャーの設計会社です。
弊社所有特許権の実施権ではなく、権利を譲渡して欲しいとの依頼を大企業から受けました。
企業規模の違いより前向きに検討したいのですが、当方の権利もある程度は残しておきたいのです。
そこでこれを受ける代わりに、当該特許の不特定企業へのサブライセンス付の無償実施権を相手企業から得る契約は有効でしょうか?

「サブライセンス先は1社のみ」とした場合、相手企業は競合が1社に絞られるメリットがあり、当方は相手企業の製品化によってその権利の価値がPRされることで、サブライセンス先との交渉が有利になるメリットがある、と考えています。

Aベストアンサー

>当該特許の不特定企業へのサブライセンス付の無償実施権を相手企業から
>得る契約は有効でしょうか?
そのような契約が取得できれば、貴社にとっては、それ以上有効なケースは考えられません。譲渡先によってその製品が市場に十分に流通した後に、譲渡先の競合会社のうちの最大手に話を持ち込めば大金を入手できることでしょう。

しかし、そのようなサブライセンスを認めるとは到底思われません。現状の実例においてサブライセンスを認める場合でも、不特定企業ではなく、特定会社乃至は出資比率50%以上の子会社などに制限しているのが通常です。

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Q特許申請中の会社が倒産、その特許権利は?

特許を申請中、もしくは取得している会社が倒産した場合、その特許権利はどうなるのですか?

一般に開放されるのでしょうか?

Aベストアンサー

申請中の権利(特許を受ける権利)、取得(特許権)とも財産権の一種ですから、破産した場合には破産法に従い、債権の対象になり、債権者のいずれかに帰属することになるのが一般的であると思いますが、残念ながら相続人存在となった場合には、特許法76条の規定に従い消滅します。よって、誰でもが自由に実施できることになります。

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q特許権消滅後にも特許無効審判の請求が可能なのはなぜ?

初心者です。特許法上の「無効審判」に関して質問です。特許法123条3項に、特許権消滅後でも特許無効審判の請求が可能である、との規定がありますが、なぜ消滅後の特許権にも無効審判を請求することができるのでしょうか?
これは、甲さんがかつて所有をし、現在は既にその権利が消滅している特許権Aを有していたとして、(甲さんは原特許権者(?))乙さんが現時点で無効審判を請求し、審決が確定した場合、そもそも甲さんは特許権を所有していなかった、とみなされるということでしょうか?
また、この場合、甲さんが本特許権を実施して得た利益(消滅前の実施により)なども、何らかの処分の対象になってしまうのでしょうか?

どなたか詳しい方、ご回答いただけると助かります。

Aベストアンサー

>ちなみに、損害賠償請求の他には、どのような例があるのでしょうか?

損害賠償しか聞いたことないですね。
消滅してしまっているので差し止めはできませんし。

>また、損害賠償は、民法の規定を元にしていますが、消滅後のものであっても過去の侵害について請求ができるというのには、その根拠になる条文などがあるのでしょうか?(民法?特許法?)

侵害時には権利として有効であり損害を受けていた以上、民709条の規定で十分だとおもいますが。

ただし消滅時効が知ってから3年または発生から20年だからそれ以上あとに無効審判を請求することは利益がないため許されないと思います。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Aベストアンサー

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の中身はわかりませんから、いくら専門家と言えども発明者の本当の意図通りの絵は絶対に描けません。

特許というのは、クレームで明確に言及されているもの以外にも、
発明者本人がきちんと認識していなかったor重要だと思っていなかった(当然だと思っていた等)の隠れた発明がひそんでいて、
実はそっちのほうが重要だった、なんてことはよくあるんですが、
この場合でも明細書や図面にその隠れた発明が表現されていれば、後から分割出願して権利を主張できます。
で、図面には、文の10倍くらいの情報がつまっています。
また、文は書いた人が書いた時点で重要だと思っている部分しか書かれないのにたいして、図には頭の中で当然視している事柄も含めて図示されますから、
基本的には、発明の本質は図面に表れることになります。

> あたしがじぶんでやったら、漫画になってしまうと思います。(笑)
> それでも大丈夫でしょうか?

それで大丈夫です。特許図面は、アートではないので、発明の説明に必要なことが伝われば十分です。
みてくれが良いかどうかなんて特許図面としてよいかどうかには無関係です。
もし最終的に誰かに清書してもらう(例えば、弁理士さんなんと打ち合わせしているうちに絵を清書させましょう、ってなることはあるかも)
としても、絶対に元絵は発明者本人が描いたほうがいいですよ。
結局の所、他人には発明者の頭の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報