人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

そもそも明治時代や大正時代の
日本人がほとんど結婚していたのは
あくまで生活の為に
結婚していただけですよね?
決して愛し合う為とかではありませんからね。
女性は結婚しなければ生きていけなかったですし
男も家制度に縛られていたのでしょうね。
本当は誰も結婚したくなかったでしょう。
でも男は妻を家の奴隷にする事が出来るので
男にはメリットがたくさんあった気がしますが。

A 回答 (8件)

結婚して、子供を作って育てる。

そう思っていない人は、生きていると言えるのか少し疑問。
    • good
    • 0

確かに明治 大正 昭和の初期の時代はお見合い結婚が主流だったしね?

    • good
    • 0

うん、そうじゃないの?


むしろ親の紹介もなしの交際なんて、不順異性交遊と見なされた時代。親公認のお付き合いだったとしても、二人きりではなく必ず兄弟がデートに同伴してきたと祖母も言っておりました。

世の中が今ほど豊かでなければ、電化製品も公的民間サービスほとんど無い時代でしたからね。
恋愛だのフィーリングなど生ぬるい事を言っている場合ではなく、さっさと結婚しないと生活が成り立たない。

>でも男は妻を家の奴隷にする事が出来るので
↑どうかねぇ。今とは違って核家族なんてほとんど無く、父母祖父母まで同居するのが主流な時代なので・・・男性だって結局は母親や祖母に牛耳られて、妻も夫というよりは家長である舅や姑に従って生きねばならないため、夫が自由に出来たかどうかは謎。
だから結局は外に癒やしを求めて、吉原みたいな所が潤ったとかあったりして。

とにかく今とは時代も考え方も違うので、我々には本当のメリット・デメリットは分かりにくいかもしれませんね。
    • good
    • 1

あなたは可哀想な人ですね。

どうしても結婚して二人で幸せに生きたい…と考えるような、
誰か、素敵な相手は居ないのですか。良い結婚ができればこのご自分の質問にも笑えるはず
ですが。

結婚は机上の空論やネガティヴな空想だけでは理解できない慣習です。そしていつの時代に
も、大多数の夫婦は結婚してよかったと感じ、夫婦相和して共に生涯を過ごしてきたのです。

それは明治や大正の頃とても変りはありません。そりゃ、あくまで生活の為に 結婚していた
…貧しい地方の人たちも居たことでしょうし、そうした実例から、このような悲観的な発想
をあなたは得てしまったのではないでしょうか。

ですが、当時の女性たちだって、よほど悲惨な地方の悲しい例はともかく、ほとんどは、間
違っても良縁に恵まれ、 男は妻を家の奴隷… なんぞと考えたことすらもなかったはずです。

まして、明治、大正、昭和にかけては、男子は出征という義務もありました。戦地に赴けば
生きて帰ることも叶わないことも。だからこそ、銃後の妻たちは、子を育て、家を守る大切
な家族としてとても大切にされていたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず、離婚せずに頑張ってみます!

お礼日時:2019/07/28 06:33

昔の日本は、婿とり婚も多くありましたよ


とくに地方の農家の次男以降は必ず養子に出されますからね
    • good
    • 0

大多数の国民は農民だったことを中学校の社会の教科書でも読んで覚えなさい。

女性は農地での労働力でしたし、結婚できない小作がいたから戦争後農地解放が行われた、違いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの農家は企業ではありませんよ?

お礼日時:2019/07/27 12:12

そんでも女の方が長生きしたんだか女の勝ちでしょ。

    • good
    • 0

制度の問題でなく。

夫婦になって子供つくって生きていくのって「あたりまえ」だからね?
われら生物なんだからオスメスくっついて子孫繁栄が義務なんだから。
現代のしかも最近は社会構造が変化して独身でも生活できるようになっただけで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング