人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。
慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到したことが理由という。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6332187


質問1) 津田の行為は「表現の自由」として権利主張できるものなのか?
質問2) 津田は「沸き上がる反感などを可視化する企画だった」と述べている。 主張が対立する事案(慰安婦問題)を象徴する像を展示することは「表現の自由」の範疇と言えるのか?
質問3) 津田は「表現の自由を後退する事例を作ってしまったと述べている」賛同するか?
質問4) 文化庁は(中止となった)当該展示会に資金提供を行っている。 生じた損害に対して責任の所在(文化庁もしくは津田、あるいは脅迫して中止に追い込んだ主体)を明らかにすべきか?
質問5) 津田は自身を被害者という立場を取っている。 同意できるか?

私には、責任感の欠如した「にぎやかし」が騒ぎを起こすことを目論んで、暴走・失敗しただけに見える。 こんな低脳に「表現の自由」などという言葉を語らせたくない。 こいつらが自由と権利を弄ぶから、本来主張すべき「権利」と「自由」が胡散臭く思われるのだ。

津田に損害賠償を請求したい。

A 回答 (16件中1~10件)

以下の回答は、質問者様が展示内容をご存じであるという前提でのものです。





1:> 津田の行為は「表現の自由」として権利主張できるものなのか?

回答1:展示するという行為は「表現の自由」として権利を主張できる。
    (展示物の「内容」を権利という視点から評価するのは不適当だと思います)



2:>津田は「沸き上がる反感などを可視化する企画だった」と述べている。 主張が対立する事案(慰安婦問題)を象徴する像を展示することは「表現の自由」の範疇と言えるのか?

回答2:回答1と同じ理由で、できる。
    ここでのあなたの論点は「主張の対立」です。
    (「主張への評価」は問題にしていない)
    そもそも、評価が対立していることを理由に展示を拒否できるなら、
    それは表現の自由ではないと思います。



3:>津田は「表現の自由を後退する事例を作ってしまったと述べている」賛同するか?

回答3:賛同しない。
    どのような主義・主張や表現であっても、それへの反対者がいるのは当然であり、
    それを表明するのも「表現の自由」である。
    →津田氏の主張は、被害者アピールでしかない。



4:>文化庁は生じた損害に対して責任の所在を明らかにすべきか?

回答4:損害と責任の内容が、何に対してのものなのか不明なので回答できない。
    損害が出たなら、作品の展示を許可した主催者のミスだと思います。



5:>津田は自身を被害者という立場を取っている。 同意できるか?

回答5:同意できない。(質問3と内容が重複している)







今回の中止については、私は「表現の不自由展・その後」への反対者が「反対という表現をする自由」を行使したものであり、中止はそれを受けた実行委員会の自由意思によるものだと思っています。
(「意見」の中には脅迫やテロ予告のような内容もあったらしいですが、それについては処罰されるべきだと思います)


ローザ・ルクセンブルク
「自由とはつねに、思想を異にする者のための自由である」

ルルーシュ・ランペルージ
「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけだ」


『ツイ民さん 津田コラ画像を作ってしまう「私は氏の理念に賛同」』
https://www.moeruasia.net/archives/49637744.html
「津田大介の「表現の不自由展」中止。 表現」の回答画像16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 回答1と2が最も気に入りました。 私自身が津田に乗せられていたことに気がつきました。

論点にしたかったのは「公金」を使った芸術祭を政治的プロパガンダの場に利用したことと、それを「表現の不自由」という隠れ蓑に包んだ卑怯な態度です。 今、読み返してみて質問が論点に合致していないことに気付きました。

>ローザ・ルクセンブルク 「自由とはつねに、思想を異にする者のための自由である」
 ⇒ 対等に意見が述べ合えればね。 今回の事例に関しては当てはまらないでしょう。 配慮を欠いた自由は暴挙と等価だね。

>ルルーシュ・ランペルージ 「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけだ」
 ⇒ 撃たれる覚悟なしに銃を振り回す者こそ撃っていいんじゃない? 韓国の態度はそれだよ。 サヨクもね。

津田の態度は良識的で節度あるものと対極だ。 その軽率な行為で、文化・芸術に対する補助金交付の敷居を上げてしまった。 あの類のサブカルチャーを公金を使った場で展示するには配慮が必要だ。 にも関わらず、政治利用の場に引きづりだし、騒乱という目的に利用した。 表現の自由に名を借りた破壊活動だと私は思っている。


文化庁は芸術祭に資金提供した訳で、今回の展示会の一部が申請内容と合致したかをチェックする必要があるだろうな。

お礼日時:2019/08/04 15:28

お礼をいただきまして、ありがとうございます。

No.12です。

>ロシアが抑留者達は待遇に満足していたと主張しているんですか? 初耳です。
シベリア抑留の世界記憶遺産化についての記事です(産経新聞 歴史戦 https://www.sankei.com/world/news/151015/wor1510 …)。

>違うと思います。
そう思われるのも、自由ですが、私は表現者とは「「権利」を冒涜して、泥を塗っている。」という考えです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 リンク拝見しました。 初耳でした。 エリツィンの謝罪以前の発言なら理解できるが、発言は最近ということで厚かましい。 それはともかく、情報ありがとうございます。

>そう思われるのも、自由ですが、私は表現者とは「「権利」を冒涜して、泥を塗っている。」という考えです。
 ⇒ おもしろい。 気に入りました。

お礼日時:2019/08/04 14:25

一晩寝たら考えが少し変わったので再回答。



「表現の自由を奪われたことで自分の「表現の不自由」が完成した」
…と言い出すかもね。
単なる反日プロパガンダなんだけさ。

継続する努力をせず75日間開催の予定を3日間で諦めたところを見ると、これが目的なのかもしれない。
あるいは売名行為かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えが変わりましたか? サヨクの彼は右傾化した大衆から攻撃を受けて、展示会を中止せざるを得なくなった被害者という訳ですね。

どうも、サヨク思想は弱い立場、被害者でいることが必要なようです。

昔、インテリは左傾化するイメージがあったのだけれど、どう公平に見積もっても現在のサヨクは被害者意識だけの不勉強な人が多いような気がする。 言ってることが事実と異なっていたり、判断根拠が情緒的過ぎる。 人間と話している気がしない。

お礼日時:2019/08/04 13:52

質問に名を借りて、自己意見を主張しているようにか思えない。



>展示内容も、特定の個人を非難したり揶揄したものでもなく、展示により傷つく被害者はいない。
 ⇒ 意図的な発言でしょうか? 慰安婦問題に対する経緯や現在の状況をご存知ないのでしょうか?

傷つくものがあれば、それは、慰安婦でしょう。

ニ) 少女像は日本人の名誉と尊厳を辱める「強制連行」の象徴です。

強制連行したのであれば、日本人の名誉と尊厳を辱めることは、甘んじて受けるべきでは?

ホ) 特定の個人ではなく、日本国民全体を辱める行為は更に大きな問題です。 違いますか?
ヘ) 展示により傷つく被害者は日本国民です。

日本人ですが、辱められたという気持ちは、微塵もありませんし、
なぜ、展示が日本国民全体を傷つけたり辱める行為と感じるか、わかりません。
むしろ、こういう考え方が戦前を回顧しているようで、危険に感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>質問に名を借りて、自己意見を主張しているようにか思えない。
⇒ それは失礼いたしました。 全否定はしませんが、間違いの指摘の部分もあるでしょう?

>日本人ですが、辱められたという気持ちは、微塵もありませんし、なぜ、展示が日本国民全体を傷つけたり辱める行為と感じるか、わかりません。
 ⇒ 知識の問題があるかもしれませんし、イデオロギーもあるのでしょう。 日本国政府が否定している「強制連行」を一方的に事実と決め付ける韓国の態度はお行儀の良いものではありませんね。

 ⇒ 日本の軍部や行政が関与した組織的な強制連行が事実ならこれは恥では済みません。 しかし、これは韓国の主張です。 事実と違ったら、謝罪で済む話ではないことは分かりますよね。

もちろん、スマラン事件やバンカ島事件(慰安婦ではないですね)など軍人が犯した個別事案は限りなくあります。 しかし、韓国の主張はこれとは違います。  


>むしろ、こういう考え方が戦前を回顧しているようで、危険に感じます。
 ⇒ 逆ですね。 WGIに毒されて思考停止することが危険です。 戦争に限らず、国家間の軋轢や誤解が生じる理由を(歴史から学んで)精査することこそが、無駄な外交問題の回避や防衛上・安全保障上重要だからです。 学ぶ努力と思考する努力を放棄してはいけませんよ。
 ⇒ 韓国の主張が「嘘」と申しているのではありません。 日本と異なると申しています。 一方の主張を是として他方を全否定する態度がおかしいと申しています。
 ⇒ 違うと思うことと、その根拠(日本の場合は強制連行の証拠が発見できなかった)を述べることが戦前回帰になるというのは異常ですよ。

お礼日時:2019/08/04 12:53

お礼をいただきまして、ありがとうございます。



>津田の行為は浅はかで、国民が堅持すべき「表現の自由」を弄んでいるというのが私の考えです。
弄ぶような展示物はなかったと思いますが。

>立場や視点によって意見が対立する対象を「問題の背景」と「対立意見の両論併記」することなく展示する行為は乱暴です。
シベリア抑留の遺物を日本は展示する時に、ロシアの主張を併記していないでしょう。ロシアは抑留は軍人のみで、民間人は含まれず、抑留者たちは待遇に満足していた、と主張しています。

>権利主張する彼らの暴挙が「権利」を冒涜して、泥を塗っている。
表現者とは、そのようなものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ロシアは抑留は軍人のみで、民間人は含まれず、抑留者たちは待遇に満足していた、と主張しています。
 ⇒ ロシアが抑留者達は待遇に満足していたと主張しているんですか? 初耳です。
 ⇒ 1993年にエリツィンは非人道的行為だったと謝罪していますが。 驚きました。 その情報を是非お見せください。

>表現者とは、そのようなものでしょう。
 ⇒ 違うと思います。

お礼日時:2019/08/04 12:59

>「公共の福祉」という世界中の憲法に記載されている概念に関しては「自由」や「権利」を規制するものではなく、規制できるのは唯一「法律」という考えでよろしいでしょうか?



>一点、再質問があります。 表現の自由には他者に対する配慮だとか、イデオロギーの相違に対する両論併記の必要性についてどのように考えられてますか? 全ての自由と権利は「公共の福祉」に抵触しないという制限があります。 回答に強い違和感を感じるのはこの観点の欠如なんです。

トリエンナーレは、私有地でお金を取って、展示しているものでしょう。
この展示と、「公共の福祉」は、全く関係はない。
気に入らなければ、見に行かなければいいだけ。

展示内容も、特定の個人を非難したり揶揄したものでもなく、
展示により傷つく被害者はいない。
展示しているだけで、何か、こうしろって、主張しているわけじゃない。
両論併記は、必ずしも必要じゃないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公共の福祉(Public welfare)とは「他人に迷惑をかけない」という概念です。 自由や権利の「暴走」に歯止めをかけるために、「周りの人間に対する配慮」を基点とするものです。 日本国憲法には勿論、世界中の多くの憲法に記された良識です。

様々な点で論点がおかしいです。

>トリエンナーレは、私有地でお金を取って、展示しているものでしょう。 この展示と、「公共の福祉」は、全く関係はない。
 ⇒ おかしな点を列挙します。

イ) 私有地であろうと、有料であろうと、「公共の福祉」が関係ないという結論は憲法無視発言ですね。
ロ) トリエンナーレの開催はすべて愛知県と名古屋市が管轄する公共施設が会場です。 私有地ではありません。
ハ) トリエンナーレは県知事が提案し、議会が決定した愛知県が主導する芸術祭です。

>展示内容も、特定の個人を非難したり揶揄したものでもなく、展示により傷つく被害者はいない。
 ⇒ 意図的な発言でしょうか? 慰安婦問題に対する経緯や現在の状況をご存知ないのでしょうか?

ニ) 少女像は日本人の名誉と尊厳を辱める「強制連行」の象徴です。
ホ) 特定の個人ではなく、日本国民全体を辱める行為は更に大きな問題です。 違いますか?
ヘ) 展示により傷つく被害者は日本国民です。
ト) そして、行政からも多額の予算を受けています。
チ) その目的は芸術です。 政治ではありません。 目的以外に公金を使ったことも問題です。 

>展示しているだけで、何か、こうしろって、主張しているわけじゃない。 両論併記は、必ずしも必要じゃないでしょう。
 ⇒ 回答がバカらしくなってきました。 典型的な政治メッセージの象徴(慰安婦像)を展示することが、何を意味するか分からないのですか? これを単なる彫像と言い張るなら、南アフリカで黒人を差別した囃子歌だろうが、差別的な4コママンガだろうがすべて芸術のくくりで済まされる。

 ⇒ 何か不自然で理解しがたい悪意が感じられます。 あなたの思考にです。

お礼日時:2019/08/04 11:11

慰安婦の像を法律で禁止したら、表現の自由の侵害にならないそうです。

損害賠償も請求できそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様々な考え方があります。 物事の理解の仕方、判断の仕方の多様性が分かりました。 彼らにとって、マナーやエチケットといった概念はそれほど重要ではないのですかね?

お礼日時:2019/08/04 10:19

>欅坂46「ナチス風衣装」の世界的炎上、いったい何が問題なのか?


 ⇒ 同列に扱うべきだ。 

http://europeanlife.web.fc2.com/other/nazi-verbo …
ドイツでは刑法第86条、86a条(StGB §86, 86a)で「憲法秩序に反する団体組織のシンボルの使用」について細かく定められています。
逆卍のマーク以外の、例えば制服も制限されているようです。
だから、「ナチス風衣装」は、世界で炎上したのでしょう。
他の国でも、ナチス禁止法がある国、例えばオーストリアもあります。
国によっては、法律に違反するものです。

慰安婦を表現した少女像は、どこの国でも、法律で禁止されているものではありません。

なので、同列には、扱えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。 ナチスファッションと本件(慰安婦像)比較の件、(あなたの考え方)よく理解できました。 違法でなければ「権利」は制限されないという考えですね。 そして、ナチス風衣装が世界で炎上したのは「違法」だからという理解ですね。

面白いので、ドイツ人の友人に本件メールしてみます。 彼とは慰安婦問題や韓国のレーダー照射事件、日本の輸出規制問題などの話をよくしています。 ナチスの話はいまだに嫌がりますが、日本人の考え方の一例として紹介する分には構わないでしょう。

「公共の福祉」という世界中の憲法に記載されている概念に関しては「自由」や「権利」を規制するものではなく、規制できるのは唯一「法律」という考えでよろしいでしょうか?

お礼日時:2019/08/04 10:13

>同列に扱うべきだ。

 おもしろい。

そう。同列なんですよ。
しかし、絶対に「ナチス」ネタは「表現の不自由」の例としては取り上げられない。

誰も援護してくれないから。

慰安婦ネタは、迫害を受けたら、朝日新聞をはじめとして、いくらでも持っていく先がある。

「表現の自由に反対する、野蛮な人達が居るんです」と、訴えたら、喜んで擁護記事を書いてくれる。

ナチスでは、擁護してくれる人は現れない。
だから、最初からそんな企画もしない。

「表現の不自由」なんて、偉そうなことを言ってるけど、しょせんは計算づくでやってるということ。
まあ、それが駄目だとはいわないが、その程度のことで、偉そうに「俺達は表現の自由を守るんだ!世間の目を覚まさせるんだ!」のごとき使命感を気取っているのが、鼻につきます。

その意味では、他の回答者の方が書かれている「昨今の表現規制で駆逐された作品や他国が激怒した作品に比べて、あまりにも一般へ配慮し過ぎて、ガッカリです。」と言うコメントに、私は結構賛同します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「昨今の表現規制で駆逐された作品や他国が激怒した作品に比べて、あまりにも一般へ配慮し過ぎて、ガッカリです。」と言うコメントに、私は結構賛同します。
 ⇒ 上記については興味があります。 見てみたいです。 個別事案では、不当な規制はあるでしょうね。

 家族三人の幸せを表した富士重工のCMが、視聴者のクレームで自粛に追いやられた事例があります。 サーフィンを始めたお父さんのために、お母さんが運転する姿を描いたものです。 幸せ家族への妬み?? と思ったら、「お父さんの趣味」に付き合わされた挙句、帰りの運転をさせられるお母さんの姿が男尊女卑をイメージさせるからだそうです。

https://otakei.otakuma.net/archives/2015112501.h …

こんなバカバカしい規制には断固反対だ。 これは批判する側が再考すべき事案だ。

日本人の一部に「権利意識」を履き違えたり、捻じ曲げたりするやつがいる。 迷惑だ。

そして、正当で大切にすべき権利が胡散臭がられるようになる。 権利に泥塗られる。

お礼日時:2019/08/04 09:31

気に入らなかったら見に行かなければよいだけで、他人が展示を可否を非難すべきではない。

たとえ、政治問題になるものであっても。
非難する時点で表現の自由を制限しようとしている。
したがって、回答か以下のとおり。

質問1) 津田の行為は「表現の自由」として権利主張できるものなのか?

当然権利主張できる。

質問2) 津田は「沸き上がる反感などを可視化する企画だった」と述べている。 主張が対立する事案(慰安婦問題)を象徴する像を展示することは「表現の自由」の範疇と言えるのか?

当然「表現の自由」の範疇と言える。

質問3) 津田は「表現の自由を後退する事例を作ってしまったと述べている」賛同するか?

賛同する。

質問4) 文化庁は(中止となった)当該展示会に資金提供を行っている。 生じた損害に対して責任の所在(文化庁もしくは津田、あるいは脅迫して中止に追い込んだ主体)を明らかにすべきか?

京アニの事件があった後だからね。
「脅迫して中止に追い込んだ主体」を逮捕すべきだね。
少し前だが、ネットで実現不可能な爆破予告をしただけで、逮捕されたものがいたね。
具体的には、○○線の××駅を爆破する、というものだったが、
○○線には、××駅は存在しないんだけど、逮捕した。
今回もFAXをしたものは、徹底的に捜査して、
国は、「脅迫して中止に追い込んだ主体」に損害賠償をすべき。

質問5) 津田は自身を被害者という立場を取っている。 同意できるか?

同意できる。

以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 前回同様、意見は平行線です。 もっとも、視点の相違を埋める理由はないのだけれど。

一点、再質問があります。 表現の自由には他者に対する配慮だとか、イデオロギーの相違に対する両論併記の必要性についてどのように考えられてますか? 全ての自由と権利は「公共の福祉」に抵触しないという制限があります。 回答に強い違和感を感じるのはこの観点の欠如なんです。

ナチスファッションが非難されることについてもご意見いただけると理解の助けになります。

お礼日時:2019/08/04 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング