あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

シェーバーを見ていました。

(1)100V~240V
(2)100V~120V

このような場合、いずれも海外での使用に耐えうる
ものだと思いますが、(1)と(2)の違いはなんで
しょうか?

多分、ほぼ世界中で使用可能なのが(2)で、だいたい
普通の人が行くアメリカやヨーロッパやアジアだったら
(2)でOK・・・ということだと思うのですが。

よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

ほぼ、お考えの通りです。

(1)の方が、広範囲の地域で使用可能です。詳細は、参考URLを、ご覧ください。
なお、海外に持っていく場合には、コンセントの形状が違いますので、変換プラグも必要になります。
世界各地の電圧およびコンセント・プラグ形状は、下記参考URLにあります。
なお、周波数については、シェーバーは、内部で交流電源を一旦直流に変換して直流モーターを使用しているので、周波数は、50/60Hz(共用)となっていると、思います。

参考URL:http://www.mxeng.com/modem/plug1.htm
    • good
    • 2

masadayo様



悲しいかな、100Vは日本くらいです。

ほとんどの国では200V~ですよ。
特にアメリカ本土にヨーロッパ諸国は…。
他にも周波数やらソケットの形状やら異なっているので、
海外でそのまま使えるということはまず無いでしょうねぇ。

とりあえず世の中には変圧器などがあるので海外でも100Vの
製品は使うことが出来るので良いのですが、ね。
    • good
    • 0

私がハワイに行く前に聞いたことですが、そこでは110Vを使用しているので、


(2)が使用できます。もちろん(1)でも使えますが…
他の国ではそれ以上に電圧が高いところもあるのですが、日本で動作することが最低条件(日本製の場合)なので、100V~となっています。
上限の電圧は、よく利用される場所に適した電圧の範囲のものを選べばいいと思います。
    • good
    • 1

電圧の許容範囲だと思いますので、


ほぼ世界中!?で使用可能なのは(1)の方だと思います。
日本の場合(2)ですよね!
後は周波数(Hz)とかもチェック要だと思います。
東日本、西日本でも異なっていますので。
    • good
    • 2

ほぼ、お考えのとおりだと思われます。



例えば、120Vまで対応製品を、200Vに差すと、破裂します。
危ないですねぇ。(^^;
許容(保証)限界量ですから、記載しないわけにもいきません。

でわでわ
    • good
    • 0

 ヨーロッパはAC240Vですので(2)を使うと壊れます。

それだけでなく、破裂することもありますので危険です。
こちらのURLをご覧ください。

参考URL:http://www.sony.co.jp/sd/products/tourist/conten …
    • good
    • 0

 日本の電圧は公称100Vですよね。

海外の場合は、国によって電圧が異なります。従って、(1)100V~240Vは、日本はもちろん、世界各国でも使用が可能と言うことです。 (2)100V~120Vは、この範囲内の電圧の国のみで使用が可能と言うことになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100Vの製品を110Vや120Vの国で使う場合

日本で売られている100Vの製品を、110Vや120Vの国で使う場合はどうなりますか?
少しの差なので、問題なく使えるでしょうか。
さすがに220Vの国では無理です・・・か?

Aベストアンサー

● 100V用を110Vでの使用は略可能ですが、壊れる場合もあります、120Vは危険です、200Vでは即壊れます、最悪火災の事もあり、正常な電圧で使うべきです。

●パソコンなどは100~240V程度まで使用できるアダプターとなっている場合が多いですが、携帯電話の充電器も同等、アダプターの表示を見てください

● 表示のない場合はトランスを使い、100Vにしてください
下記URLを参考に、値段も入っています。
http://www.aisan.co.jp/products/foreign_plug-trans-adaptor.html

まとめ 電圧は守りましょう、守らないと、感電、火災などの心配があります。

QAC100Vの「AC」とは何ですか?

質問させていただきます。
よく、電化製品に「AC100V」と書いてあるものがありますが、
この「AC」とは何を表しているのでしょうか。
「AC」を取ってしまったら、意味が変わってくるのでしょうか。
とても初歩的な質問だとは思いますが、どなたか
ご回答頂けましたら、と思います。

Aベストアンサー

> よく、電化製品に「AC100V」と書いてあるものがありますが、この「AC」とは何を表しているのでしょうか。

ACは交流を表す記号で、英語の alternating current (交流)の頭文字をとっています。
交流とは、時間とともにその大きさと方向が周期的に変化する電流です。
そして、1秒間に電流の向きが変わる回数をHz(ヘルツ)という単位で表します。

日本で家庭に供給されているのは電圧が100V、50Hz(ヘルツ)あるいは60Hzの交流です。東日本と西日本で50Hzと60Hzと分かれているのは、明治時代に、関東は東京電燈(現・東京電力)がドイツ式の発電機(50Hz)を、関西は関西電燈(現・関西電力)がアメリカ式の発電機(60Hz)を導入したことに端を発しています。

電気の豆知識
http://www.kea.gr.jp/mame/mame_00.html

直流は direct currentn の頭文字をとって DC と表し、時間的に流れる方向が変わらず、方向と同時に大きさも変化しない電流です。
乾電池や充電池などはプラスとマイナスが明確に決まっている直流電源です。

時間的に流れる方向が変わらないけれども大きさが変化する電流は脈流( ripple current )といいます。
脈流は、交流成分を含んだ直流電流といえます。
ダイオードで交流を整流した直後の電流は脈流となりますが、脈流のままでは電子機器は駆動できないので、電解コンデンサを用いた平滑回路で直流に近付けます。

安定した直流電流が必要とされる電子機器の電源等には、トランジスタのスイッチング動作を利用したスイッチング電源が使われます。

参考URL
直流にもクォリティがある
http://www.tdk.co.jp/techmag/illustrated/200406/index.htm


> 「AC」を取ってしまったら、意味が変わってくるのでしょうか。

ACの意味は変わりませんが、ACを取ってしまったらDCかもしれないと判断に困る場合もあるでしょう。
専門分野を除く世間一般で普通に100Vといったら交流と思うのが一般的ですが、電気製品の表示は間違いを防ぐためにも交流と直流を表示することになっています。

参考URL:http://www.tdk.co.jp/techmag/illustrated/200406/index.htm

> よく、電化製品に「AC100V」と書いてあるものがありますが、この「AC」とは何を表しているのでしょうか。

ACは交流を表す記号で、英語の alternating current (交流)の頭文字をとっています。
交流とは、時間とともにその大きさと方向が周期的に変化する電流です。
そして、1秒間に電流の向きが変わる回数をHz(ヘルツ)という単位で表します。

日本で家庭に供給されているのは電圧が100V、50Hz(ヘルツ)あるいは60Hzの交流です。東日本と西日本で50Hzと60Hzと分かれているのは、明治時代に、関東は東京...続きを読む

Q100-240V電源ってどうなってるの?

海外でもコンセントさえ合わせれば、そのまま使える100-120/220-240Vの電源ってどういう仕組みで切り替えるようになっているのですか?

Aベストアンサー

#1です。
簡単に説明できないですが、電圧が低いときに補う回路は普通はありません。

逆で、電源を設計する場合は、最低の入力電圧で動作するように回路を設定します。
そして、入力電圧が高い場合も部品の耐圧が持つような部品を選定し、低い入力電圧から高い入力電圧まで安定に動作するような回路定数を選定します。

通常は、PWM(Plus Width Modulation)方式というもので、電圧を制御しています。

入力電圧(100Vacなど)は、出力電圧(5Vとか)よりずっと高いです。それをスイッチ(トランジスタ)のオンオフを繰り返して細切れにします。オンしている時間が長いと出力に高い電圧がでます。その制御を出力電圧を監視しながら、一定の電圧になるように入力電圧のオン、オフの比率を制御します。

それだと出力の電圧は上がったり下がったり安定な直流にならないと考えられると思います。オン、オフする周波数が低ければ、そうなりますが、実際は100KHz(例)とかの周波数で行っていて、出力にはその電圧をダイオードで整流し、コンデンサで平滑して直流になります。厳密にはその名残であるリップル電圧がmVオーダで残ります。

かなり端折った説明なので、お判りなるか自信はありません。

#1です。
簡単に説明できないですが、電圧が低いときに補う回路は普通はありません。

逆で、電源を設計する場合は、最低の入力電圧で動作するように回路を設定します。
そして、入力電圧が高い場合も部品の耐圧が持つような部品を選定し、低い入力電圧から高い入力電圧まで安定に動作するような回路定数を選定します。

通常は、PWM(Plus Width Modulation)方式というもので、電圧を制御しています。

入力電圧(100Vacなど)は、出力電圧(5Vとか)よりずっと高いです。それをスイッチ(トランジスタ)...続きを読む

Q定格電圧とはどういう意味ですか?

コンセントに125V-15Aや250V-30Aなどと書かれていますが、一般家庭ですとAC100Vか200Vなのになぜ上記のような記載のされかたをされているのでしょうか?100V使用なのに125V、200Vを使用するのに250Vと書かれている意味を、そして定格電圧の定格という言葉の意味を、どなたか、電気初心者の私にわかりやすくご教授願います。

Aベストアンサー

参考にして下さい。まず定格電圧とは、定格によって、示された電圧
で、機器など安全に使用しうる電圧の限度をいい、線路公称(配線回路
)電圧の115%、我が国の標準定格は、110V、220V,3300V、6600V、11000Vとなっています。
コンセントに125V-15A、や250V-30Aと書かれているのは、法律で電気用品取締法第25条で決められています。中身を簡単に
説明します。(規則24条)形式認可マーク、形式認可番号、製造事業者名、及び電気用品の種類によって異なるが、定格電圧、定格電流、消費電力、などが、規定されています。125V。250V、は定格電圧の115%にあたります。

参考URL:http://bulkfeeds.net/rpc

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

Qアメリカから電化製品を購入し日本で使えますか?

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法などは載っていますが、で結局どこがどう違えば使えなくて
どうであれば使えるの?と言うことが解らないのです。

例えば、ボルトは電気を押し出す力などと説明されていますが、
電気を押し出す力と日本のコンセントに指して使えるかどうかとの
関係については理解できませんでした。

学術的なことよりも、海外には欲しい家電がたくさんあるので、それに強くなりたいのですが・・・。
(ここでは、書ける情報量では無いと言うことであれば、どの辺りから勉強を始めればよいでしょうか?)

該当製品は
Vivitek Qumi Q2
http://www.amazon.com/Vivitek-Q2-3D-Ready-Projector-Black/dp/B004FP3RYM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348929978&sr=8-1&keywords=Qumi+Q2
です。

その他、アメリカのアマゾンでよく欲しい物がみつかります。
今後のためにも家電(ボルト、アンペア、ワット、hzなど)の知識が無い私に
アメリカから電化製品を買う際に理解しておかなければいけないアドバイスを頂けると幸いです。

追記
ボルト、アンペア、ワット、hzなどの解説サイト等説明を見たのですが、
各、用語の説明や計算方法...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか使えない、というものがありますが、その場合は必ず注意書きが書いてあります)。
このあたりは、参考URLをご参照下さい。

また、日本国内であれば地域問わず、各家庭のコンセントには105~115ボルト程度の電圧がかかっているのが普通です。便宜上「100ボルト」と言っていますが、送電線の長さや、同じ線から電気をもらっている他の家庭での使用状況によって数ボルト程度の変動があるのが普通です。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品は、やはりそのほとんどが100ボルト~120ボルト程度の幅のなかで使えるように作られています。

さらに、カメラや携帯電話(の充電器)、電動シェーバーなど旅行に持ち歩く可能性の高い商品の場合は、(特に最近のものは)世界各国どこの国でも使えるように100~240ボルトの電圧で使えるように作られています。


さて、前置きが長くなりましたが、以上を踏まえてご質問の本題「海外の家電製品が日本でも使えるか」、ですが。

まず、ヘルツで言いますと、ほとんどの国は50ヘルツ/60ヘルツ併用または60ヘルツの電気が供給されていますので、お住まいが西日本であればほぼ気にする必要はないでしょう。東日本の場合、50ヘルツでも使用可能か確かめた方が良いでしょう。
電圧については、その製品が受け入れることのできる電圧の幅の中に、100ボルト近辺が含まれているかどうか。
最後に、以外と盲点なのですが、コンセントの形状は日本と同じ国のものかどうか。日本はA型(縦長2本)またはB型(縦長2本+真ん中にアース)です。北米/カナダはほとんど同じA型またはB型ですが、それ以外の国では全く違う形のコンセントを使っています。これは、変換プラグ(海外旅行用品を扱うお店などで手に入ります)を使えば解決する問題ではありますが、結構不便です。

※余談
最近はエアコンや食器洗浄機など200ボルトの電源を使うものが増えていますので、家庭のコンセントにも200ボルトの電源が来ている場合があります。この場合はコンセントのところに「200V」と書かれていますし、コンセントの形が違いますのですぐわかると思いますが、このコンセントは日本独自の規格ですので海外のものには合いません。改造が必要ですので電気工事店にご相談下さい。

もし、カタログ等を読んでもそのあたりの情報がわからない場合には、メーカーに「この製品は日本国内でも使用できますか?」と問い合わせるのが一番確実です。
メーカーによっては、「北米/日本向け仕様」「ヨーロッパ向け仕様」「日本以外のアジア/オセアニア向け仕様」など、複数のラインナップを作っている場合もありますので。

問い合わせ先がわからない場合は、ネット上でその国の電源規格を調べたり、使用体験談などを探されるのも参考にはなるのでは、と思います。

電圧(ボルト)も、ヘルツも違うけど、どうしてもこれが使いたいんだ!!ということであれば、間に変圧器やインバーターなどをかますことで使う事は可能です。気軽にコンセントに抜き差ししただけでは使えない、というだけのことですので、上級編としてチャレンジしてみられるのも良いのではないでしょうか。


なお、最後の最後になって恐縮ですが、例として挙げられたプロジェクターは日本アマゾンでも売っています。日本アマゾンから購入すれば、値段は違うかも知れませんが確実に日本国内向け仕様のものが手に入ると思いますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E7%94%A8%E9%9B%BB%E6%BA%90%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0

まず、大前提として、ピッタリ何ボルト、何ヘルツでないと動かない、という機械は(専門的なものを除いて)ほとんどありません。

例えば、日本国内のことで言いますと、日本国内で各電力会社から供給されている電気は西日本で60ヘルツ、東日本で50ヘルツです。このため、日本国内で使用されることを想定している家電製品はそのほとんどが50ヘルツでも60ヘルツでも使用できるようになっています(一部の照明器具など、一度取り付けたら滅多に移動することがないものについては、稀にどちらかのヘルツ数でしか...続きを読む

Q海外用120V/60Hzの照明を日本(関東)で使用するには?

海外用の照明でデザインが気に入って購入しました。
知り合いの電気屋さんに頼んで付けてもらったのですが、まったく点灯しませんでした。
電気屋さんは、海外製品について詳しくはわからないとのことです。
かなり苦労して手に入れたので、どうにかして使いたいのですが無理なのでしょうか?

照明は、スポットライトです。
本体にはトランス(120V→12V)が付いています。
ライトは、12V/20Wが3個です。

100V/50Hzを120V/60Hzに変える機器ってありませんか?

50Hzを60Hzに変える機器でもかまいません。

また、この照明を使えるようにする良い案があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

    kanamesさんこんにちは。
簡単におこなうのであればスライダックですが、長時間使用には向かないので、周波数変換機を使用します。
 
 入力が単相100V/50Hzで出力が120V/60Hzです。
 照明の消費電力に合わせた出力電力容量に足りる物を使用する必要があります。

 参考メーカーを紹介しますので問い合わせると良いと思います。↓

参考URL:http://www.yamabishi.co.jp/jpn/products/inv/ego/ego.htm

Q1ccって、何mlですか?

料理をしようと思っているのですが、恥ずかしながら単位に疎いです。
ccとmlの違いがまず分からず、1ccをmlに換算すると‥‥と考えるだけでわけ分かりません。
以前、調理本でデシリットルという単位があり、デシリットルがどんな位なのか分からず困っています。

単位の換算表とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

結論から言うと、1cc=1mlです。

『cc』は、「キュービック・センチメートル」の略です。
センチメートルの3乗(cm^3)、いわゆる「立方センチメートル」です。
一辺が1cmのサイコロの体積です。

『リットル』は、立方センチメートルと立方メートルの間を取った単位で、『1リットル=1000立方センチメートル』と決められています。
重さで『トン』という単位があるでしょう。
1トン=1000kgですが、あれと同じようなものです。

『ml』の「ミリ」は、1000分の1を表す記号です。
つまり、1ミリ"リットル"は1"リットル"の1000分の1の体積ということになります。
『dl(デシリットル)』の「デシ」は、10分の1を表す記号です。
つまり、1デシ"リットル"は1"リットル"の10分の1の体積ということになります。
これを総合すると、
『1リットル=10デシリットル=1000ミリリットル』
ということになります。

料理本用語をピックアップすると、
『1cc=1ml』
『1dl=100ml』
『1リットル=1000ml』
ですね。

結論から言うと、1cc=1mlです。

『cc』は、「キュービック・センチメートル」の略です。
センチメートルの3乗(cm^3)、いわゆる「立方センチメートル」です。
一辺が1cmのサイコロの体積です。

『リットル』は、立方センチメートルと立方メートルの間を取った単位で、『1リットル=1000立方センチメートル』と決められています。
重さで『トン』という単位があるでしょう。
1トン=1000kgですが、あれと同じようなものです。

『ml』の「ミリ」は、1000分の1を表す記号です。
つ...続きを読む

Q220V用の電球を100Vにて使うことはできますか?

電気音痴です。ヨーロッパに住んでいます。日本より持ってきた照明器具を変圧機を利用して100Vにて使用しています。ここで問題なのですが、電球が切れてしまった場合、ここヨーロッパで販売されている220V用の電球を安全に使用することはできるのでしょうか?
質問は多岐にわたるのですが:

1)100Vの状態で、220V用の電球は使用できるでしょうか?小学生のときの理科の実験で、1.5Vの電池を一個つないでも2個つないでも問題なく豆電球を点灯できたような記憶があって、なんだか問題なさそうなのですが、どうなのでしょう?
また、そのとき、100Vで100Wの電球の代わりにする同じ明るさ用の電球として220V用で100Wの電球を買えばいいのでしょうか?
2)220V用の電球型の蛍光灯が売っていて、接続は電球と同じようにぐりぐりとねじ込むのですが、これをこのまま100Vの照明器具に使うことはできるのでしょうか?
3)いっそのこと、照明器具をそのまま220Vでつないでしまっても安全に使用できるのでしょうか?電球は100W以上になることはないのですが、コンセントやコードなどが220Vという電圧に負けて火を噴いてもらっても困るのですがどうなんでしょう?なんだか、日本の照明器具の電線も、ここで売っている照明器具の電線とかわらないように見えるし、コンセントのところを差し込みに合うようにしてしまえば、問題なく使えるような気がしています。実際のところどうなんでしょう?

電気音痴です。ヨーロッパに住んでいます。日本より持ってきた照明器具を変圧機を利用して100Vにて使用しています。ここで問題なのですが、電球が切れてしまった場合、ここヨーロッパで販売されている220V用の電球を安全に使用することはできるのでしょうか?
質問は多岐にわたるのですが:

1)100Vの状態で、220V用の電球は使用できるでしょうか?小学生のときの理科の実験で、1.5Vの電池を一個つないでも2個つないでも問題なく豆電球を点灯できたような記憶があって、なんだか問題なさそうな...続きを読む

Aベストアンサー

220Vの地域で売ってある100Wの電球に流れる電流は
 100W÷220V=0.4545A
そしてその電球の抵抗は
 220V÷0.4545A=484Ω
この電球を100Vで光らせれば
 100V÷484Ω=0.2066A の電流が流れ
 100Vx0.2066A=20.66W となり
たった20W程度の明るさしかないと言う計算になります
もし100Vの電圧で100W程度の明るさが欲しい場合 
100Vで100Wの電球は
 100W÷100V=1Aの電流が流れるので
 100V÷1A=100Ω という抵抗値になります
220Vの地区で抵抗値100Ωの電球をさがせば
 220V÷100Ω=2.2A 220Vx2.2A=484Wになります
かりに400Wもの明るさの電球があるとすれば
 400W÷220V=1.818A
 220V÷1.818A=121Ω になり
これを100Vで使えば
 100V÷121Ω=0.826Aの電流が流れるので 電力は
 100Vx0.826A=82.6W になりますので
お手持ちの器具に使用可能かと思われます
実際に400Wとかはなくても 200Wくらいなら売ってあるかもしれません
220Vで200Wの場合100Vで41Wです 使用可能です たぶん  
あくまでも日本から出たことのない人間の計算です
球が切れたら器具ごと買い換えましょう

220Vの地域で売ってある100Wの電球に流れる電流は
 100W÷220V=0.4545A
そしてその電球の抵抗は
 220V÷0.4545A=484Ω
この電球を100Vで光らせれば
 100V÷484Ω=0.2066A の電流が流れ
 100Vx0.2066A=20.66W となり
たった20W程度の明るさしかないと言う計算になります
もし100Vの電圧で100W程度の明るさが欲しい場合 
100Vで100Wの電球は
 100W÷100V=1Aの電流が流れるので
 100V÷1A=100Ω という抵抗値になります
220Vの地区で抵抗値100Ωの電球をさがせば
 220V÷100Ω=2.2A 220Vx2.2A...続きを読む

QVAC AMPって何の記号ですか?

中古のサブウーハーらしき物をもらって来ました。
AudioSourceの(MODEL VS TOW)PoweredSpeakerと裏面に表示してあります。台湾製
肝心の電源(アダプター)が無くって、ソケットの穴部分に24VCA 2Ampとあります。(普通、Vとアンペアですよね)

アダプターを購入したいのですが入手方法以前に意味が分からなくって困ってます。意味が分かれば何かで代用出来るかもっと思いますので教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

あらら...

スピーカーに必要な電源が、「24VAC 2A」なのですから、電源アダプタの出力(OUT)が条件を満たしていないといけないですよね。

なので、OUTが
24VAC(別の書き方だと、AC 24V)で
2A以上の出力ができるものということになると思います。


人気Q&Aランキング