人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

鉄とルチンを反応させると赤褐色を呈します。UVスペクトルを測定すると400nm付近でピークが見られたのですが、なぜ400nmで赤褐色を呈するのですか?光のスペクトルでは赤色は700nmなのに・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本語です。

読んで字のごとくです。

透過はその波長の光がどれだけたくさん通って行けるか、
吸収はその波長の光がどれだけたくさん吸収されてしまうか、です。
今回は吸収されたのですから、波長400nm付近の光は減ってますよね。しかしそれに比べて長波長赤色域の光は比較的残っているわけですよね。
    • good
    • 1

波長400nm付近の光が吸収されたんですよね。


と言うことは透過してくる光の波長ピークはどうなりますか?
ここまでヒントを言えばわかりますよね。

この回答への補足

化学初心者なものですいません。吸収と透過の違いをわかっていないのですが・・・青の光を透過するからですか?

補足日時:2004/12/13 00:24
    • good
    • 0

透過率のピークですか?


吸収率のピークですか?

この回答への補足

吸収スペクトルのピークです。

補足日時:2004/12/12 21:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケルセチンの生物活性と用途について

ケルセチンはどのように生物活性をして、何の用途に使われるのでしょうか?

Aベストアンサー

健康食品関連のページ
http://www.kenbijin.com/seibun/kerusetin.html
http://www.megadeta.net/kerusechin.html
JRFL様の構造等に関するページ
www.jfrl.or.jp/other/jfrlnews/polyphe2.pdf
サントリー様のプレスリリース
http://www.suntory.co.jp/news/2005/9127.html
googleで引くと12,800件ほど当たります。^^

Qルチンの再結晶について

先日、学校の実習でルチンの再結晶を行いました。

その際、熱時ろ過を行った後“急激に冷やすと結晶が析出しにくくなる”と教えられたのですが、この理由がわかりません。

どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 再結晶の操作を行うと固体が出来るわけですが,この固体には2種類あります。

 1つは分子(お書きの例だと,ルチン分子)が規則正しく並んだ状態の固体で,もう1つはただ単に分子が集まっただけの固体です。前者の規則正しく分子が並んだ固体を「結晶」と言い,後者を「沈殿」と言います。当然,分子が規則正しく並ぶにはただ単に集まるよりも時間が必要です。つまり,「結晶」を作るには,分子が集まって,規則正しく並ぶだけの時間が要るわけです。

 これでお解りになるかと思いますが,急激に冷やすと分子が規則正しく並ぶ時間が無いため,「結晶」にはならずに「沈殿」になってしまいます。

Qルチンの加水分解(ケルセチンの生成)

今、ルチンについての実験を行なっています。ルチンを加水分解させるとケルセチンが析出されるんですが、これはどういうことが起こってケルセチンが析出されるんですか?
極性が関係しているみたいなんですが、調べてみても納得のいく回答が得られません。教えて下さい。

Aベストアンサー

ルチンはケルセチンの配糖体ですので、加水分解すれば、糖とケルセチンに分解するのは当たり前だと思いますが。
そういうことではなく、実験の際に、ケルセチンのみが固体として析出する理由ということでしょうか?
だとすれば、ケルセチンがその溶媒に溶けにくいということでしょう。糖の部分とケルセチンの部分を比べると、前者が水に溶けやすいのに対して、後者は水に溶けにくいといえます。したがって、ルチンから水に溶けやすい部分が取れてしまえば、その残りのケルセチンは水に溶けにくいために、固体として析出するということです。糖の側の断片は水に良く溶けます。

極性を考えるならば、ケルセチンの極性が小さく、糖の極性が大きい。糖がケルセチンにつくことによって生じたルチンは、糖の影響でケルセチンよりも極性が大きいということになります。

ただ、水への溶解度を極性だけで説明するのはどうかと思いますけど。

Qケルセチンとケルセチンペンタアセテートの色が違うのはなぜ?

今、レポートを作成中です。
考察の中でケルセチンは黄色針状晶をしているが、それをアセチル化して得られたケルセチンペンタアセテートは無色なのはなぜかというものが。
アセチル化したことによって黄色を呈していた構造が崩れたためなんでしょうか?

化学が苦手な私にはこのくらいしか思い当たらないんですぅ~。
どうか、分かる方詳しい解説をお願いします。ちなみに提出は金曜なので早めにお願いします。聞いている立場なのにずうずうしいこと言って申し訳ないです。

Aベストアンサー

発光体以外の物質に太陽光のもとで色が見えるのは、物質が特定の可視部の波長を吸収し、反射光にその波長が含まれないためです。ケルセチンに色があるのは吸収した波長の補色を人間の目が色として感じるためで、アセチル化されたものに色がないのは吸収する波長が変わって補色が色として感じる波長でなくなったためです。ケルセチンペンタアセテートの場合、ケルセチンの構造は崩れていません(構造式中の骨格は同じで、置換基である-OHが-Oアセチル[すなわち-OCOCH3]に変わっただけ)。

Q生薬の抽出について

生薬カイカを水で加熱還流すると、成分ルチンが抽出できますが、なぜですか?ルチンだけが加水分解か何かされるのでしょうか?また、その時、ほかの成分は抽出されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

ルチンはフラボノイドの配糖体だったと思います。熱水に比較的溶けやすいので抽出できます。加水分解とは関係ないと思います。いわゆる「煎じる」という操作だと思いますが。
当然、ほかのものも抽出されるはずです。異なる糖が配位しているものもあるはずですから。生薬学の実験ではここから純化していくのではありませんか?

ルチンはそば湯にも入っている、と言いますね。

Qクエルセチンのアセチル化

クエルセチンを無水ピリジンと無水酢酸を用いてアセチル化を行ったときの反応機構をおしえてください。無水酢酸のカルボニル基がどのように活性化されるのかの部分を特に詳しく教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

エステル化を促進するのに、DMAP(N,Nジメチルアミノピリジン)という化合物を使います。DMAPの代わりにピリジンで済ませることも多いと思います。無水を使っているのはエステル化の水酸基と水が競争的に反応するので脱水試薬を用いたいという気持ちからでしょう。
無水酢酸にまずピリジンのNがアタックして、AcO-が抜けていき、AcO-Pyrdineができます。この化合物はAcO2よりも活性が高く、カルボニル基が活性化された状態となります。よってクエルセチンの水酸基がアタックできるわけです。
ただし普通はあくまでDMAPを使うと思います。DMAPによるエステル化の促進とかなんかで合成本を読んでみてください。

Qケルセチンとルチン

ケルセチンとルチン、どちらも血管を丈夫にする効果があるようですが、
何か違いがあるのでしょうか?
また、どちらがより効果的なのでしょう?

Aベストアンサー

ルチンはケルセチンにルチノースが結合した配糖体です。親戚のような関係なので、その効果も似通っていますが、ルチンは、血管壁を強く柔軟にしてくれることや、ビタミンCの吸収を助けることがよく知られており、ケルセチンは、LDLコレステロールの酸化を抑制することや、花粉症などに効果があることがわかっています。


この両者について、何が違うか?については、ルチンを加水分解すれば、糖とケルセチンに分離できるので、化学式など成分的な違いは説明可能です。

しかしながら、どちらがより効果的か?という疑問に対する答えは微妙です。いずれも、アンチエイジングの強力な味方となる抗酸化物質で、それぞれに大事な役割を担っているからです。

優劣はつけられない、どちらも重要、という評価が妥当かと思います。

Qblank溶液とcontrol溶液の違い

分析機器の検量線を作ってます。
blank溶液とcontrol溶液の違いを詳しく教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

英和辞書を引くと
blank=白紙
control=抑制 と載っているのではないでしょうか。

ブランク実験は何も入れない実験です。
分析溶液
 :水
 :場合によってはバッファー

コントロール実験は反応を抑制している実験です。
分析溶液
 :基質のみ(酵素をいれない)
 :阻害剤をいれる。

QTLC 硫酸による確認試験

ルチンの構造決定のための確認試験でTLCの後硫酸を噴射し、ホットプレートで加熱をしました。
すると黄色に呈色しました。

フラボノイドを確認する試験と聞いたのですが調べてもどこも載っていませんでした。
フラボノイドの確認試験でいいのでしょうか?
お手数ですがご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常有機化合物で同じ事をすると必ず「硫酸の脱水作用」で黄色から褐色に色付きます。
硝酸銀を使う方もおられますね。
ヨウ素の場合は可逆的なので時間が経つと色が消えます。

QTLCに関すること

はじめまして。TLCの展開層に引いてある ろ紙の役割について質問です。
ろ紙を引くのは気液平衡を保つためだと聞きました。
どうして、ろ紙を引くことで気液平衡が保たれるんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

濾紙の目的は展開槽の中の溶媒蒸気を予め飽和状態にするのが目的だと思います。底に貯まった溶媒だけでなく毛管現象で吸われた溶媒からも蒸発するため、確実に飽和状態を保つことができる。
そうしないとTLC板上を上がってきた展開溶媒からも蒸発してゆくため毛管現象による本来のRf値以上の位置までスポットが上がってしまいます。しかもその上がり方が板の中央と両端で異なるのです。たとえば20cmの幅の板に同じ試料液のスポットを10個並べて展開すると、真ん中のRf値は小さく(低く?)両端にゆくほど高くなるという現象が起こります。
手元に資料がないので紹介できませんが、公定書ではその辺の注意事項が書いてあったと思います。
USP(アメリカ薬局方)では濾紙のサイズまで規定していたのでは・・・・
ただ、分離させるだけの用途に使うのなら杓子定規に考えなくてもよい場合もあるでしょうが、きっちりやる場合は成書の記載を忠実に守った方がよいと思います。
是非参考書を一読されることを勧めます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング