『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

昔のナショナル真空管ラジオUF605が出てきましたがメンテが必要のようです。回路図不明の為探していますがご存じの方ありましたらご回示宜しく御願い致します。

A 回答 (3件)

そのくらいのなら、回路図なくても目で追っていけばわかりますよ。

自分で起こせる。
まずは全体の掃除、洗浄して接点をきれいにして。半田クラックを目視で点検。コンデンサーの液漏れも目視確認。
これくらいで動き出したりしてね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本回路を参照して作図してみます。補修ポイント周知致しました。

お礼日時:2019/08/09 13:57

UF-605はうちにもあります。


裏ぶたを開けると配置図と糸の張り方はありますが回路図は無いみたいです。
でもシンプルなものですから、シャシ外して目視で追っていけば自分で起こせるでしょう。
真空管は高圧が流れているのでご注意ください。
「ナショナル真空管ラジオUF605の回路図」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教示ありがとうございます。回路図は無いようですね。配線 追ってみます。

お礼日時:2019/08/09 13:53

このようなサイトが見つかりました。


「真空管ラジオの部屋」
http://jh4abz.web.fc2.com/uf605/index.htm

戦後から50年代までの真空管ラジオは、大抵5球スーパーと呼ばれる方式で、今のラジオより構造が簡単で、電気の知識がある程度ある方なら、メンテもそう難しく無いと思います。
むしろ、真空管を交換する必要がある場合、入手可能かどうかが問題と思います。
国内では、1979年を最後に、真空管の生産は終了しましたから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補修サイト参考に致します。5球スーパーの基本回路は大きく変わらないと思いますので参考に致します。

お礼日時:2019/08/09 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング