あの二つの点があって、その下に変なゴッチャリした絵があり
そんで焦点をずらすと立体的に見えちゃうあれ。
あれがタダで見れる、サイトってありますかねぇ?
あったら教えて下さい。

A 回答 (1件)

Yahoo!Japanのステレオグラムカテゴリは、参考URLです。



(ランダムドットじゃないステレオグラムがあるかも)

参考URL:http://www.yahoo.co.jp/Arts/Visual_Arts/Computer …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qはやりの「YOUやっちゃいなよ」「MEやっちゃうよ」の語源

「YOUやっちゃいなよ!」「MEやっちゃうよ!」について。

語源を知ってる方いたら教えてください!!
誰(どこ)の言葉なのでしょうか??

もうブームは過ぎちゃったのか、使い始めなのかまで教えてもらえたら、なおうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川さんのことばですね。

Q「今 何刻だい」 「へぇ、九つで」  いいねぇ、、古典落語 皆さんのお勧めは??

子供のビデオを借りがてら、ヒョイっと覗いたレンタルCDコーナー

いやーー、、訳の分からん、横文字の歌手(アーティスト?ですか)がズラズラ・・(だれじゃ?これ??って感じでしたが)

で、、その隅っこにチョコンと申し訳ない様に置いてあった
 『柳家小三治 独演会』
息子の反対を押し切って借りてきちゃいました。

いやーー車の中で「落語」を聞いちゃいけませんね。
 笑いすぎて、危うく信号待ちしている車に突っ込むところでした。
笑い転げた、お題目は、、「粗忽の釘」


こんな、笑いが自分には不足してたんだな、、とつくづく思う始末。

 

で、ちょっと、凝ってみたくなりました。


皆さんの好きな「古典落語」ってなんでしょう??


 あの噺は、あの人でないと、、なんてのもありそうですし、
この噺のサゲにはこんなのも、、みたいのでも結構です。

 是非、是非、、ということで。よろしくお願いします。


(ところで、、ここに、古典落語好きな方がどのくらいいるんだろ、、、それが、ちと不安ではあるが・・・)

子供のビデオを借りがてら、ヒョイっと覗いたレンタルCDコーナー

いやーー、、訳の分からん、横文字の歌手(アーティスト?ですか)がズラズラ・・(だれじゃ?これ??って感じでしたが)

で、、その隅っこにチョコンと申し訳ない様に置いてあった
 『柳家小三治 独演会』
息子の反対を押し切って借りてきちゃいました。

いやーー車の中で「落語」を聞いちゃいけませんね。
 笑いすぎて、危うく信号待ちしている車に突っ込むところでした。
笑い転げた、お題目は、、「粗忽の釘」


こんな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
古典落語楽しいですよね。小三治さんは私も大好きです。

昔、講談社文庫から『古典落語』(興津要 編)という分厚い6巻のシリーズがでていまして、やはり、ふき出さずには読めなくて楽しかったです。
高座にかかったので好きだったのは、
『目黒のさんま』『子ほめ』『厩火事』『明烏』『道具屋』『桃太郎』『時そば』『あくび指南』『やかん』『牛ほめ』など。
本で楽しかったのは、
『出来心(花色木綿)』『千早振る』『道灌』など。
なんて、後で、あれもあったなあなんて思うと思います。
ずっとご無沙汰していて、先日ラジオで偶然小三治さんの襲名披露(若かりし頃ですね)と小さんさんの高座の録音したのをやっているのを聞いて、また聞きたくなりました。今は歌舞伎を見るので、歌舞伎ネタのもいいなあ。

Q遠山式立体表示法とは?

遠山式立体表示法の理屈と言うか原理、仕組みが知りたいです。いままでの赤青メガネの立体視とどこが違うのか。赤青メガネ(昔のキカイダー劇場版や、テレビオズの魔法使い)や偏光メガネ(ディズニーランドのマイケルジャクソンのキャプテンイオ)はだいたい判るのですが…
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すいません、たびたび。#1です。
気になって調べてみたんですが、基準面が床(例えば、加工した写真を机に置いたら、その机の面)になるように遠近感などを計算して作られたものらしいです。
説明が下手でスミマセン。

↓参考になりそうな記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0402/04/news068.html

Q忘れられないテレビの思い出 体からクギ?あれはいったい?

20年前くらいのテレビのバラエティーの内容です。
アジアのどこかの国に行って、呪術師のような人がピーヒャラ呪文を唱えつつ、小さな竹のような筒で患者?の体を観察しつつ、痛いところがあるとそこを探し当て、ごしごし手をこすり付け、ナイフで小さな切込みを入れるとクリップの伸びたような鉄片が出てきて、それをペンチで抜く、というような映像がありました。
その患者は今まで肩が上がらなかったのに、鉄片が取れて肩が上がるようになりました!見たいな感じだったと思います。
まあ、非常に胡散臭いのですが、あれってなんだったのでしょうか?
どなたかご存知であれば教えてください。

Aベストアンサー

懐かしいですね^^
当時、そういうの流行ってた気が。
私の記憶する限りでは、質問者さんのおっしゃる「ごしごし手をこすり付け」たりしている間に、体内に針状のものを挿入(当然、周囲には見えないように)、その後、あたかも以前から体内にあったかのように取り出すといった感じのインチキだったように記憶しています。
それは、当人が金儲けのためにそうしていたのか、はたまたTV局のやらせなのか、その辺はよく知りませんが、TVで放送された後に、専門家のような人がビデオで詳しく鑑定し、インチキの可能性大だといっていたのは記憶しています。

Q昔感動したけど、今あらためて見たら「あれ?」な作品

本や映画、ドラマ、アニメで、昔は感動したけど、今あらためて見たら
「あれ?こんなんだっけ?」と少しガッカリまたは少し冷めた作品がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

45十年前ので良ければ。

まだ幼稚園か、小1くらいの時、「恐怖のミイラ」と言うテレビ番組がありまして、すんごく怖くて、でも見たくて、

先日、何かの番組でちょっと映ったのですが、「え、嘘だろ」と言うくらいでした


人気Q&Aランキング

おすすめ情報