ニトロメタンの定量方法についてアドバイスをお願いします。

A 回答 (2件)

anisol さんのおっしゃるように


何のなかのニトロメタンなのか、ニトロメタンそのもの
なのかにより答え方は違うと思います。

ニトロメタンの純度の求め方でしたら
JIS K 9523 ニトロメタン(試薬)に
ガスクロマトグラフィーの記載があります。
    • good
    • 0

どういう組成の混合物の中の、どの程度の量のニトロメタンの定量ですか?


情報が少なすぎます。補足をお願いします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエタノールに亜酸化窒素(笑気ガス)をブクブク溶かすとニトロメタンのような働きになりますか?

ラジコンやってます。ラジコン燃料は、使われているメタノールに、ニトロメタンの割合(概ね30%まで)を増やすことで出力アップなどメリットがあります。そこで車などでパワーアップに使われる亜酸化窒素(笑気ガス)を、直接メタノールに溶かして使用したら、ニトロメタンのような効果が得られるのじゃないかと思ったのですが…。危険なことになってしまうものなのでしょうか?どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
笑気ガスはメタノールに溶けるのは溶けるんですけど、N2Oという化学式で表され、窒素と酸素の原子の数は2対1で、ニトロ基-NO2では、窒素1に対して酸素2で、酸素含有量は窒素1原子について4倍になっちゃいます。
圧倒的に酸素が少ないですね。
それにメタノールに飽和させても分子数で1:1にまでとても出来ませんから、加圧して使用する事になり、キャブレターから逆流してしまうでしょう。
#ビールやコーラを振って栓を抜いたような状態になります。

面白い発想ですが、ちょっと無理みたいです。

Q化学 熱量KJメタンCH4の燃焼熱は891KJである。1.12Lのメタンを完全燃焼すると発生する熱量

化学 熱量KJ
問.
メタンCH4の燃焼熱は891KJである。1.12Lのメタンを完全燃焼すると発生する熱量は何KJですか?

答.
メタンが1mol燃えたとき891KJ
メタン1.12L燃えたときQKJ
1.12Lは1.12/22.4=0.05mol
891×0.05は
=44.6KJ

1.12Lは1.12/22.4=0.05mol
この式の22.4の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

標準状態(0℃・1atm)ではどんな気体であろうと、1mol=22.4L(リットル)

Qo-ニトロアニリンとp-ニトロアニリン

薄層クロマトグラフィーで、o-ニトロアニリンとp-ニトロアニリンを分離すると、何故o-の方が長距離進むのでしょうか。

溶媒のジクロロメタンにはp-の方がよく溶けるようですし、極性もo-の方が高いのでは??
と、未熟な私には分かりません。どなたかお願いします

Aベストアンサー

o-ニトロアニリンの場合にはアミノ基の水素とニトロ基の酸素との間に分子内で水素結合ができます。
そのために、p-ニトロアニリンと比較して分子間の水素結合ができにくくなり分子間の引力が減少します。同様の理由で薄層クロマトの固定相(シリカゲル?)と引き合う力もo-ニトロアニリンの方が小さく、展開溶媒の移動にともなう移動距離が長く(Rf値が大きく)なるものと考えられます。

Qo-ニトロフェノールとp-ニトロフェノールのシリカゲルの保持

o-ニトロフェノールとp-ニトロフェノールのどちらがシリカゲルに強く
保持されるかというのがわからないので説明していただけないでしょうか?2つの沸点や極性などが関係しているんでしょうか?おねがいします。

Aベストアンサー

p-ニトロフェノールの方が強く保持されるでしょう。
なぜなら、o-ニトロフェノールのヒドロキシ基は分子内で水素結合を形成するために、シリカゲルに吸着されにくいと予想されるからです。
ちなみに沸点は関係ないでしょう。極性に関しては、あるといえばあるといえるでしょう。

Qp-ニトロベンゼンのモノニトロ化配向性

ニトロ基がついているので、電子吸引により電子は左側に流れ、右のベンゼン(2)のメタ位にモノニトロ化の配向性が現れると思ったのですが、なぜオルトとパラ位なのか教えてください。


また、左のベンゼン(1)が反応しないのはニトロ基により不活性化されているからでしょうか?

Aベストアンサー

ニトロ基は電子吸引基なので左のベンゼン環(1)が反応しない、ということでOKです。
ベンゼン環(2)がortho, para配向性になるのは、ニトロフェニル基を弱い電子供与基と考えれば説明できます。
メチル基、フェニル基は電子供与基ですので。ただNo.1の方のように(2)のortho位は立体障害があるためpara配向性が強まりますが、それでもortho付加体が無くなるほどハッキリとは変わらないでしょう。

ここから先は余談ですが、ベンゼン環は一つ一つは平面構造ですが、ビフェニルの場合、2つの環を平面構造にするとorthoの水素原子同士が反発するため少しねじれた構造になっています。このためニトロ基の電子吸引性は(2)のベンゼン環には影響しにくくなります、ということをNo.1の方が仰っています。
(共鳴の極限構造式では平面になりますが、その状態は不安定で寄与が小さいということです)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報