こんにちは、honiyonです。

 著作権のある音楽を演奏する場合、演奏により生じた音(つまり曲)は誰に著作権があるのでしょうか?
 アーティストなのでしょうか? それとも演奏者なのでしょうか?

 また、歌詞つきの曲の場合、替え歌は違法ですが、歌詞を歌わず、演奏だけ行った場合は違法なのでしょうか? 

 よろしくお願い致します(..

このQ&Aに関連する最新のQ&A

替え歌」に関するQ&A: 森のクマさん 替え歌

A 回答 (4件)

まず、ご質問の場合、音楽に働く権利というのが、どのようなものかというと、


・ 曲を作った人、詞を作った人の権利(著作権)
・ 演奏した人の権利(著作隣接権:実演家の権利)
というそれぞれの権利が同時に働くことになります。ですから、両方が権利者です。

つまり、単に楽譜に書いてある曲を演奏してレコード録音する場合や、ライブハウス等で演奏する場合には、1番目の著作権者の許諾が必要です。
ライブなどで演奏された曲を録音するような場合には、1番目の著作権者と、2番目の演奏した人(実演家)の両方の許諾が必要になります。
ただ、著作権者の持っている権利と、実演家の持っている権利の範囲には、若干違いがあります。
実演家が持っている権利は、録音・録画、放送・有線放送、ネットワークへのアップロードなどの権利に限られ、著作権よりせまくなっています。
より詳しい場合について知りたいということでしたら、補足してください。

それから、歌詞を作った人と曲を作った人は、同じ曲に対してそれぞれ別に権利を持っていますから、不特定又は多数の人を前に歌詞無しで演奏を行う場合には、原則として曲を作った人の許諾が必要です。
歌詞をそのままインターネットに載せるときには、歌詞を作った人の許諾がいるのと同じ理屈です。

これら音楽の著作権(実演家の権利は入りません)については、日本音楽著作権協会というところが多くの部分を管理しているので、許諾が必要なことをする場合には、そちらにお問い合わせ下さい。(下記URL)

参考URL:http://www.jasrac.or.jp/

この回答への補足

こんにちは、honiyonです。
 早速のご解答ありがとうございます(^^)
 丁寧なご説明ありがとうございました。

 実演家は著作権のある楽曲であっても、演奏による音については自分に権利が生まれるのですね。 その権利の中にもネットワークへのアップロード、つまり送信権と送信可能可権(名前違ってるかも^^;)が含まれているのですね。

 という事は、完全非営利(入場料も報酬も一切無し)で演奏すれば著作者への許諾と著作料の支払いが不要で演奏できるという法律があったと思いますが、これを利用して演奏し、実演家はその自分の演奏を録音し、ネットワークへアップロードをする事が可能という事でしょうか?

 この点に関して再度ご解答お願いできますでしょうか?
 よろしくお願い致します(..

#実はこれに似た質問をJASRACにメールにて質問した事が
あるのですが、半年近く経っても返信ナシ(^^;
TELじゃないと対応してくれないのかもしれないですね。
JASRACネットワーク課にはもう少し頑張って欲しいです。
 (余談でした)

補足日時:2001/08/02 00:37
    • good
    • 0

ストリーム配信についても、「公衆送信権」が及ぶことになるので(直接流すようであれば「複製権」は及びませんが)、著作権者の許諾が必要です。



放送や有線放送について著作権者の権利が及ぶのと同じことだと理解していただけると幸いです。
法律の規定では「その場限り」とか何とかということは書いていませんので、規定通りに解釈するしかありません。
なんだか混乱させたようですみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、honiyonです。
 やはりストリーム形式には著作権者の許諾が必要であり、結果としてライブ放送にも許諾が必要なのですね。

 何度もありがとうございました。


>なんだか混乱させたようですみません。
 いえいえ、とんでもないです(^^)


 法をよく読んでみようかなと思います。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/02 15:33

まず権利者の問題ですが、


音楽に対して、AさんもBさんも権利を持っていると言う場合には、AさんとBさん両方の許可がなければ使うことはできません。
Aさんが使う場合には、Bさんの許可がなければいけませんし、Bさんが使う場合にはAさんの許可が必要です。
ですから、演奏した人が権利を持っているといっても、著作権者の許可をもらわなければ、原則として、録音や演奏をすることはできません。
逆に作曲者が誰かが自分の曲を演奏したものをアップロードするときには、演奏した人の許可をもらわなければなりません。

『完全非営利(入場料も報酬も一切無し)で演奏』の規定は、著作権者の演奏権が通じない部分を決めたものです。
「演奏権」というのは直接不特定の人やたくさんの人に聞かせることを目的として演奏することについての権利です。
完全に非営利で演奏するときは、その場かぎりのことなので、著作権者の権利を敢えて行使させる必要はないということです。
ブティックや喫茶店の「人集め」のためというのは、ブティックや喫茶店の「営利」を目的としているので、無料無報酬でもダメなのです。

これに対して、ネットワークへのアップロードについては、サーバに音楽ファイルをコピーすることになります(複製権)。
また、ネットワークを通じて伝達できるようにすること(送信可能化)は、直接の演奏より多くの人がアクセスできるうえに、場合によってはいつでもアクセスすることもできます。
著作権者への影響が大きいということで、営利・非営利にかかわらず著作権者の権利が及ぶこととされているのです。
法律的に言えば、こちらには、「演奏権」ではなく「複製権」及び「公衆送信権」が働くことになるので、「非営利無料無報酬の演奏」の規定が及ばないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、honiyonです。
 度々のご回答ありがとうございます(^^)

 「完全非営利での演奏」では、「その場限りのこと」が重要になってくるという事でしょうか? 「その場限りで事が済むので、著作者への影響がすくないため、著作権者の権利を行使させる必要はない」という理解で合っていますか?

 なるほど、とすればWebサイトにおける曲の公開は問題となってきますね。 その場限りではなく、そのサイトに行けば何度でも聞ける事になります。  ダウンロードが可能で有ればなおさらですね。 

 それならば「その場限りのこと」を重要視し、ライブ放送を行った場合はどうなるのでしょうか? ライブ放送はTVやラジオと一緒でその場限りとなり、コンピュータにデータも残らず著作権者への影響は街路での演奏と同等と捉えられるので、利害関係等から言えばOKとなると思います。 しかし、ライブ放送はストリーム形式を使用し放送します。 また公衆送信権も絡んでくるので、「影響は同等でもダメ」となるのでしょうか。

 この疑問で最後にしたいと思います。
 よろしくお願い致します(..

お礼日時:2001/08/02 13:37

こんにちは。



『完全非営利(入場料も報酬も一切無し)で演奏すれば著作者への許諾と著作料の支払いが不要で演奏』は出来ます。
ただ演奏に対してお金をとらなくても「人集め」のためとなるとダメです。(例えばブティックや喫茶店でなど)


『実演家はその自分の演奏を録音し、ネットワークへアップロードをする事』は禁止されています。
既存の曲のMidiファイル(自作)のアップロードに許諾が必要なのと同じです。(メロディーが入ってなければ大丈夫ですけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは、honiyonです。
 ご回答ありがとうございました(^^)

 完全非営利であっても、人集め目的ではダメというのは初めて知りました。

 実演家は、著作権のある楽曲をネットワーク上で無料で演奏する事は絶対不可能という事ですね。
 街路で完全非営利で演奏するのと、Webサイトで完全非営利で演奏するのでは大差ない気がするのですが、何故Webサイトの方だけそのように禁止されているのでしょうね(^^; 著作権のある楽曲をCD等からそのままコピー(録音)し、Webサイトで公開するのは違法とするのは大いに納得出来るのですが。

お礼日時:2001/08/02 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガ・アニメの著作権について。このケースは著作権法に違法となりますか?

私は漫画が大好きで、いずれ漫画喫茶を開店しようかと考えています。
その漫画喫茶で下記のサービスを提供しようかと思っているのですが、
下記の2つのサービスについて著作権法に違反する可能性があるかどうか教えていただけないでしょうか。

1.お店で出す料理のメニューに漫画の名前、アニメの名前を冠する。
例えば『ルパン3世のナポリタン』、『天空の城ラピュタの目玉焼きパン』など。いわゆる漫画飯をメニューとして提供する。

2.店内のテレビでアニメDVDを流す

この2つのケースについて、もし著作権法等に違反してしまう不可能である場合、
どういった許可を得れば、このサービスを提供することができるでしょうか。
ご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.商標登録されていれば問題になります。
  個別には著作権者に問い合わせてください。
  オリジナルな命名でなければ商標は認められませんので
  ルパン3世はセーフのような感じはしますが・・。
  ちなみに、ミッキーマウスがアウトなのは有名です。

2.DVDを店で流すのは著作権法違反です。
  放映許諾を取らないといけません。
  

Q著作権についてみ◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のも

著作権について
み◯きー等のみんなしっているキャラクターの絵を自分のが描いた場合その著作権は自分のものになるのでしょうかそれともそのキャラクターをつくった人のものになるのでしょうか教えてください

Aベストアンサー

自分で描いても「あなたのデザイン」ではないのです。私的利用ならさほど問題にはなりませんが、商用利用はできません。

Q古い曲・演奏・媒体の著作権について

似た質問を見つけられなかったので質問させていただきます。

(1)
音楽の著作権は50年~70年という話ですが、
ある曲を他のアーティストが演奏した場合、著作権は
オリジナルの著作権+演奏したアーティストの著作権、
の2重の範疇になるでしょうか?
その場合、演奏したアーティストの死後50年以上経った場合は
その曲を自由に配布・販売しても問題が無いのでしょうか?
もしくはアーティストや所属会社によって区々なのでしょうか?


(2)
仮に、曲も演奏も50年以上経つと配布が可能な場合、
著作権が切れた曲・演奏の入った、10年前に作られたCDから、
その曲を抜いて配布・販売すると違法になるのでしょうか?
(その場合、曲+演奏+録音 の3重の範疇?)
仮に違法になるとすると、その著作権はCDの原盤を録音した
音楽会社にあるのでしょうか?


以上何卒ご教示の程、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)(2)ともに、同じ理由で結論が出るので、まとめてお答えします。

まず、著作権法の用語として「著作権」といった場合には、「著作者の権利の1つ」を意味します(もう1つ別に、「著作者人格権」という権利を有します)。これは、著作者が「作品を創作したこと」に対して与えられる権利です。

他方、アーティスト(実演家)、レコード会社、放送事業者などは、「著作隣接権」という権利を有します(実演家には「実演家人格権」もある)。これは、その権利が与えられる者からも分かるように、「作品を公衆に提供する過程で一定の功績があること」に対して与えられる権利です。

一般用語では、これらをごちゃ混ぜにして著作権といったりしますが、このように、いずれも権利の性質が異なります(権利内容も異なります)。

たとえば、あなたの手元にあるCDを例にとると、

作曲者 → 演奏者 → レコード会社 → あなた

という過程を経ています(実際にはもっとややこしいですが)。そうすると、それぞれに対して、「著作権」、「実演家の権利」、「レコード制作者の権利」が与えられていて、3重構造になっていることが分かります。

このうち、「著作権」は、原則として、著作者の死後50年で保護期間が終了します。「実演家の権利(人格権を除く)」は、原則として、実演の時から50年で保護期間が終了します。「レコード制作者の権利」は、原則として、レコーディングの時から50年で保護期間が終了します(正確には若干長くなります)。

したがって、例えば、クラシックの古典であるバッハは、1750年に死亡していますから、「曲の著作権」自体は1800年頃にすでに消滅しています。しかし、1980年6月1日にX氏が演奏した場合には、その時点で「実演家の権利」が生じます。これは、2031年12月31日が終わるまで保護されます(注を参照)。また、その時に録音された音源も、同じ期間保護されることになります。

そうすると、(a)著作者の死後50年以上が経ち、かつ、(b)実演の時から50年以上が経ち、かつ、(c)レコーディングの時から50年以上が経った録音物(音源)に関しては、自由に利用しても良いことになります。反対に、いくら古い作曲家の作品でも、最近録音されたものであれば、その実演家やレコード会社の許可を得なければ、勝手に利用することは許されません。

注:
保護期間の計算は、「保護期間の始期が属する年の翌年1月1日から50年間が経過するまで」です。なので、1980年6月1日が保護期間の始期とすると、その翌年である1981年1月1日から50年間が経過する2031年12月31日の終わりまで(2032年1月1日に日付が変わる瞬間まで)が保護期間です。

ただし、日本は、先の大戦中に連合国の著作権を十分保護していなかったという理由で、最大10年余りの「戦時加算」というペナルティがあります。したがって、外国作品(演奏・録音)を利用する場合には、一見50年以上が経っているように見えて、なお保護期間内である可能性に注意しなければなりません。

(1)(2)ともに、同じ理由で結論が出るので、まとめてお答えします。

まず、著作権法の用語として「著作権」といった場合には、「著作者の権利の1つ」を意味します(もう1つ別に、「著作者人格権」という権利を有します)。これは、著作者が「作品を創作したこと」に対して与えられる権利です。

他方、アーティスト(実演家)、レコード会社、放送事業者などは、「著作隣接権」という権利を有します(実演家には「実演家人格権」もある)。これは、その権利が与えられる者からも分かるように、「作品を公衆に...続きを読む

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Q音楽著作権 曲が同じで歌詞を変更する場合

著作権に関する知識が乏しいので
すみません、教えてください。

自分が作詞・作曲した作品を
友人が歌詞を変更して、ミュージカルに使いたいと言っています。

私の原曲は著作権登録などはしていません。
ただ、友人の団体の通例は、
作詞・作曲者から著作権の譲渡を受け、著作権登録なども行っているようです。

私もその例に沿って、ミュージカルのバージョンに関して
著作権を譲渡した場合は、自分の原曲の扱いはどうなってしまうのでしょうか?
私は、原曲を自分で歌い続けたいし、CD化などもしたいと考えています。

原曲とミュージカルバージョンは曲が同じで、詩が違うという状態です。

何か分かりましたら教えて頂ければと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

著作権法の規定は, 基本的に権利者が指摘しない限り発動しません. ごく一部例外はあるけど. 登録するときも, 管理者は「同じかどうか」ということを考えずに登録すると思います.
実際にどう扱うかはわからんけど, 法的には新しいバージョンは「二次的著作物」, その元となった原曲は「原著作物」となります. もともと原曲に対しその著作権者が翻案権を持ち (著作権法第27条), したがって「ミュージカルバージョン」を作るには原曲の著作権者の許可が必要です. そして, 著作権法第28条により原曲の著作権者は「ミュージカルバージョン」に対しその著作権者と同等の権利を持ちます. つまり
・原曲の著作権者は原曲とミュージカルバージョンの両方に対して権利を持つ
・ミュージカルバージョンを作った人はミュージカルバージョンについてのみ権利を持つ
となります. こうなると後の権利処理が面倒なので, 原曲の著作権を譲り受けるというスタイルにしているんじゃないでしょうか.
で, 譲渡したとしてその後の関係なんだけど.... これは, はっきりいって「譲渡契約」ですべてが決まります. 原曲を演奏する権利を保持していれば演奏できるし, 録音して販売する権利を保持していればそのようにできる. この辺が #1 の(譲渡の内容にもよりますが)ってところですね.

著作権法の規定は, 基本的に権利者が指摘しない限り発動しません. ごく一部例外はあるけど. 登録するときも, 管理者は「同じかどうか」ということを考えずに登録すると思います.
実際にどう扱うかはわからんけど, 法的には新しいバージョンは「二次的著作物」, その元となった原曲は「原著作物」となります. もともと原曲に対しその著作権者が翻案権を持ち (著作権法第27条), したがって「ミュージカルバージョン」を作るには原曲の著作権者の許可が必要です. そして, 著作権法第28条により原曲の著作権者は「ミ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報