【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

海外の貧困解消などの活動をするNGOに興味があります。
NGO職員の方は無給であることが多いと聞きます。
無給の場合は、他にお金のもらえる仕事をしていくことが
多いと思うのですが。。。

そこでお聞きしたいのですが、

1)無給のNGO職員の方は週どれくらいの時間、活動して
  いるのですか?

2)NGOとして海外で活動することも多いと思いますが、
  他の仕事で生計をたてられるだけ働く余裕(時間的にも
  体力的にも)はありますか?

3)「他の仕事」はアルバイトとしてですか?
  また、日本での仕事が多いですか?

実際にNGO職員として働いている方の意見もいただければ
幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はNGOの運営委員をしていますが、昼間は他の仕事をしており、NGOの方はもっぱらボランティアです。

週に3日ほど、夜会議をしたり事務仕事をしたりします。この私は、「無給非専従職員」としてカウントされています。
無給職員というのは、だいたいこんな感じの、いわゆるボランティアの人たちを指します。NGOで働いているけれど給料がもらえない、というようなことを考えておられるのだとしたら、ちょっと違います。当然ながら、メインの仕事としてそれをやるなら、給与をもらわないわけにはいきませんから。

なお、NGOで働くことを考えておられるのなら、国際協力NGOセンター(JANIC)が「NGO就職セミナー」というのを時々開いていますので、参加されるとよいでしょう。

参考URL:http://www.janic.org/pr/shushoku.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした。

昼は本業があり、夜にNGOボランティア。
ボランティアなどは「無給非専従職員」としてカウントされるのですね。

とても参考になりました。疑問もだいぶ解決しました。
参考URLもありがとうございました。

お礼日時:2004/12/28 20:55

しっかりしたNGOの正規職員は(給料が安いことはあっても)無給ということはまずないと思います。



生計のため他の職業を持つならば、片手間で食べていけるほど楽な仕事は世の中にはまずなく、NGO職員の仕事に専念などできないでしょう。

それに、職員に給料も払えないような組織・予算もない団体では、海外で相手国の開発を支援する援助活動などそもそもできませんよね。NGOは、普通、寄付収入に加えて、政府、財団、国際機関などの助成金を受け、予算的に活動の裏付けを持っているものです。

日本の一部のメディアでは、実質的には個人か少人数の集まりまで「NGO」と呼んでしまうことがあります。また、そう名乗ることは自由ですし、個人・少人数の活動がもちろん悪いわけではありませんが、国際援助NGOの職員になるということは、本格的な組織で給料をもらって仕事をすることを意味します。ボランティアとは区別して考えてみください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに、正規職員に給料が払えないNGOは問題がありますよね。

ちなみに、誤解かもしれいないのですが、給料をもらえない役員の
方もいると聞いたことがあったので「無給NGO職員」と書きました。

また、もし、お答えいただけるなら「給料をもらえる正規職員以外の
方(つまり、ボランティア等になるのだと思うのですが)」について
上記の(もともとの)質問にお答えいただけないでしょうか。

お礼日時:2004/12/15 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNPOやNGOの収入源について

紛争地域や貧困国で支援活動をされている方々はたいていがNGOやNPOなどの団体に所属されておられます。
このような団体へは誰が資金を提供し、そこで活躍している人はどのように給料?を得ているのでしょうか?
そこに就職して給料をもらって活動をおこなっているのでしょうか?
紛争地域での支援活動などそもそもお金とは無縁のようなきがして政府がよその国の活動にお金をだすのか?などいろいろ不思議におもうところでございます。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

 いわゆる国際協力NPOのことですね。

 基本的には、政府や企業ができない活動、あるいは入れない地域での活動をしている団体ですが、政府や企業と資金面、人事面で協働している団体もあれば、独立している団体もあります。

 ある程度の規模で、長期にわたって活動している団体は認定NPOを取っているので、事業報告書や財務状況は簡単に調べることができます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/npo/meibo/02.htm#ja01

 なぜ政府や企業に比べて効果的な活動ができるのか、考えてみれば簡単で、専門的知識と現地の事情の双方に通じている人材を抱えている団体は他にないからです。教育、医療、福祉などの分野ですね。

 だれが資金を負担するのか。質問者がwindowsをお使いならご存じだと思いますが、ビル ゲーツ夫妻が創設したファンドは、途上国の福祉向上を主たる目的としています。相続税対策といえばそれまでですが、こうした資金が、政府に頼らない国際協力を推進するのに役立っています。

QNPO法人の方は生活費はどうしてるんですか。

NPO法人の職員は生活費はどうして稼いでいるんですかね。無知なので教えてください。素朴な疑問です。

Aベストアンサー

NO.4の方がかなり詳しく書かれていますので・・・別の目線で書きますね

私はボランティア組織で今は責任者をしていますが15年以上維持しています。全てはメンバーの会費と一部の寄付ですが、勿論無給で通常の仕事をして週末などに活動しています。

一方NPOになれば、一部役員にでも給料を払うことができるため、業務の維持や活動の幅を広げやすくなることもあり、一時期NPOへの組織替えも考えましたが、結果としてボランティア団体のままでいます。

理由は、非営利ですが、利益を上げないと給料を払えないため、一定の収入を組織として得なければならないのです。
本来ボランティア活動では収入はないので、物品の販売や有料情報誌の発行、寄付などで得ますが、やはり、本来のボランティア活動の中身とは変わってきます(内でも広報紙は出していますが無料です)
また、一部NPO団体などでは名前を売るためにマスコミなどに搭乗したり、注目を浴びそうな活動に力点が置かれてしまい、持っていた良さを失っていった団体をいくつか見ました。(ほとんどはそうでないですよ)

こうした事から私たちはNPOには成りませんでしたが、最初に書いたように活動は継続できています。
NPO以外にもボランティアがいることも忘れないで欲しいと思い書きました。

NO.4の方がかなり詳しく書かれていますので・・・別の目線で書きますね

私はボランティア組織で今は責任者をしていますが15年以上維持しています。全てはメンバーの会費と一部の寄付ですが、勿論無給で通常の仕事をして週末などに活動しています。

一方NPOになれば、一部役員にでも給料を払うことができるため、業務の維持や活動の幅を広げやすくなることもあり、一時期NPOへの組織替えも考えましたが、結果としてボランティア団体のままでいます。

理由は、非営利ですが、利益を上げないと給料を...続きを読む


人気Q&Aランキング