痔になりやすい生活習慣とは?

0. 神は 人間がいかなる座標を設定して捉えようとしても 必ずその座標
や場を超えている。ゆえに 想定していざるを得ない。

0-1. 想定(アブダクション)に際して シューニャター(空)として規
定することはできる。⇒7‐B。



1. 特殊絶対性とは 《われ 神を見たり》と言い張る主観を 傍(はた)
から否定も肯定も成し得ないというとき その神観としての主観を言っている。

1-1. 独り善がりであっても 特殊に絶対性だと見なすことになる。これ
は・そしてこれが じつは信教・良心の自由に見合っている。

2. 言いかえると 《われ 神の声を聞けり》と言う主観は 主観の外へ出
かけるなら意味を成さない。意味を成すとすれば 神を人間の認識しうる概念
としてのみ扱った場合に限る。

2-1. 人間の言葉をとおして主観の外に出かけたならば――すでに言葉≒
《経験事象に基本として対応する概念》にもとづくことになるからには――思
考や想像の産物としての《観念の神》でしかない。

2-2. それは 或る種の信念を形成するかも知れないが 《神》としては 
実質的な意味を成さない。成すかどうかが どこまで行っても 人間には決め
られないのである。⇒(#0)

3. ゆえに 宗教は それがもし神を他人に向けておのが心に受け容れなさ
い(つまり 信じなさい)と説くのならば ただの譫言(うわごと)である。
主観の外に出かけているから。

3-1. 特殊絶対性は 外出無用である。つまり 神なる概念の弄びになら
ざるを得ない。

3-2. 組織宗教に 存在理由は無い。主観のおままごとは せいぜい一個
人の内面にとどめなさい。





4. 《絶対》とは 経験事象としてのものごとが有るか無いかの問いを超え 
ており 因果関係からまったく自由である場ないしチカラである。《非経験の
場》とよび そう想定する。

5. 非経験の場は 認識のあり方として 《非知》である。

  経験事象(相対世界でありそれについて経験合理性にて認識する)

    可知(認識しうるものごと)

      既知(間違いだったと分かることもあるが 知ったとする)
      未知(いづれ既知になるであろうと推察されている)

    不可知(未知のうち知り得ないと証明し得たものごと。証明が間
      違っていたということもあり得る)

  非経験の場(絶対性)

    非知(知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ。不可変である)


6. 非知なる非経験の場 これを――《神 またはその一定の名》において
――無条件でわが心に受け容れたとき(つまり 信じたとき) わが心には
《非思考の庭》が成る。

6-1. ヒトたる生物の身と心とから成る自然本性に ぷらす α としてや
どる何ものかの自覚が起きる。

 【 +α : 霊我】:信じる:非思考の庭:クレド:(*ヒラメキ・**良心)
 ---------------------------------

 【心:精神】:考える:思考の緑野:コギト (*直観) 
 【身:身体】:感じる:感性の原野:センスス・コムニス(**ヤマシサ反応・恥ぢ)


7. 非思考の庭は 受け容れる器(ミクロコスモス)とその対象(マクロ
コスモス)との一体性として示される。類型として《梵我一如》とよぶとよ
い。または 《霊霊一如》である。

  A. ブラフマニズム:梵我一如
   梵:ブラフマン・・・・・マクロコスモス。神
   我:アートマン・・・・・ミクロコスモス。霊我

  B. ゴータマ・ブッダ:無梵無我一如(=無神論)
   無梵:空(シューニャター)・ゼロ
   無我:アン‐アートマン;ニルワーナ

  C. ブディズム:仏仏一如(=有神論)
   仏:アミターバ・ブッダ(阿弥陀如来)
      / マハーワイローチャナ・タターガタ(大日如来)
   仏:タターガタ・ガルバ(如来蔵)・ブッダター(仏性)

  D. クリスチアニズム:霊霊一如
   霊:神・聖霊
   霊:《神の宮なるわれ》

  E. (プラトン?):霊霊一如
   霊:宇宙霊魂(プシュケー・コスムー) / 世界霊魂(アニマ・ムンディ)
   霊:《われ》

  F. 《もののあはれを知る》:霊霊一如
   霊:かみ(超自然およびその依り代としての自然)
   霊:われ(自然本性 +α )

  G. ユダヤイズム:霊霊一如
   霊:ヤハヱ―;(エローホ=神)
   霊:われ

  H. イスラーム:霊霊一如
   霊:アッラーフ(イラーハ=神)
   霊:われ

8. したがって これら前項の神はそれぞれ人間が 非経験の場・ないし
非知なる神を それぞれの言語で名づけたものである。

8-1. 非知なる神は 不可変性において《普遍神》である。具体的な神
としては 名が違う。

8-2. また それら有神論に対して《無い神》としての無神論も 普遍
神についての・互いにまったく差の見出せない同等の説明である。(神は 
経験世界の有る無しを超えている)。

9. これが 《一般絶対性》である。






10. 《個別絶対性》とは 人間一般ではなく 特定のひとりの人の信仰す
なわち 《普遍神と個別のわれとの関係》をめぐって 一般絶対性をさらに説
明する視点である。

11. というのは 普遍神を具体的によぶ名前がひとによって異なっている
だけではなく 個人ごとの信仰が――対象(非対象)である神は 普遍神ひと
つであると想定されるにもかかわらず―― 互いに同じであるか どう同じで
あるかが 人間には分からないからである。

11-1. それは いわゆる証明抜きの公理として持たれる信教・良心の自
由という内容につながっている。

12. 目に見える現象としては互いに異なるところがあると言わねばならな
いはずだが その信仰は 個人ごとの個別絶対性として捉えられる。つまり 
一般絶対性のもとに そのように具体性を帯びた姿を採っている。

12-1. 個人ごとの個別絶対性として 一般絶対性ないし普遍神が とう
とばれるのだ。つまり――循環論法ながら―― 神とわれとのカカハリとして
は 信教・良心の自由のもとにある。ここから あらゆる自己表現の自由が出
る。


13. 個別絶対性は 神が普遍神であること および その神とわれとのカ
カハリとしての信仰が霊霊一如なる普遍的な類型において成ること――つまり
は 一般絶対性理論――からみちびかれる。



14. 個別絶対性は さらに具体的な個人にあって《普遍神とわれとの関係》
が――生身の人間においてであるゆえ――多様性を持つと見られる。このとき 
神の名の違いだけではなく その《関係のさらに具体的なあり方》が おのお
の主観の内にあっては 《特殊絶対性》という側面を持つと捉えられる。

14-1. (12-1)に述べたごとく 信教・良心の自由にもとづき そ
の信仰なる動態についてさらになお自己表現するときの《表現の自由》という
ことになる。

14-2. 誰かが おれは現人神だと言ってもその表現までは だれも 否
定も肯定も出来ない。

14-3. 特殊絶対性はそれぞれ神観なる主観として――内面にて〔のみ〕
――持たれ得る。・・・〔ダ・カーポ〕。

        *

15. 信仰から得られたヒラメキないし観想を――その己れの神観としての
自己表現からさらに外に出て――倫理規範として整序し・また宇宙観や世界観
にまで展開したのが 宗教のオシヘである。

16. けれども ひとりの主観が内面においていだいた特殊絶対性としての
神観から飛び出して来たオシヘというのは すでに人間の言葉で考え表現した
《思想》である。

16-1. 神という言葉をまじえながらも 基本として経験思想なのである。
信じるではなく 考えるものと成ったことを意味する。

16-2. 一般に《オシヘ》は 普遍神という正解をみちびくためにと人間
が人間の言語表現をとおして引いた補助線である。どこまでも 指の先に指し
示された正解にみちびかれるための補助線であり その《ゆび》である。

16-3. この《ゆび》を信じなさいと説くのが 宗教である。

16-4. 人びとも 仏《教》を信じるとか・キリスト《教》を信じないと
かという表現で捉えてしまって 平然としている。これは 哲学から見れば 
無意味である。世界各地で起きている長い歴史を持つ集団痴呆現象なり。




17. オシヘは 相対的な経験思想であり 思考の緑野の中に完全におさま
る。飽くまで 《考える》ものである。《信じる》とは げんみつに言って何
の関係もない。痴呆――思考停止――とよぶ所以である。


18. 重ねて言おう。神とわれとのタテの関係である神観としての主観(つ
まり 特殊絶対性)を われわれなるヨコの人間関係の世界に持って来て そ
の倫理(つまり 善し悪しを意識した人間関係)や宇宙観として 自己増殖さ
せたものが シュウキョウである。

18-1. 主観の外に出るとは 神とのタテの関係を 人間どうしのヨコの
関係に移して 寝かすことである。

18-2. シュウキョウは 寝技である。これは 神論(一般および個別絶
対性理論)としてアウトである。

18-3. このようなシュウキョウは 絶対性を知らない者の道楽か・また
は ただの商売である。 


☆ 見解を述べられたし。添削・批判そして賛同をもどうぞ。

質問者からの補足コメント

  • 《先の者があとになり あとの者が先になる》という見方があります。

    いまは わたしが――あなたの得意分野をのぞいて―― 先の者です。
    だから いろいろ書き込みます。そういう場でしょう。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/08/28 06:53

A 回答 (17件中1~10件)

あなたがどう思うかではなく、他の人がどう思うかです。


それが迷惑行為の改まらない人間なのです。
迷惑行為という誤りは認めないのです。
誤りを認めない人間に成長はないのです。
後世に評価されるピカソにあなたは自分をなぞらえていましたが、違います。
そういう主張は墓の中からどうぞ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

二点あります。


★ あなたがどう思うかではなく、他の人がどう思うかです。
☆ 《常識あるふつうの知性で まともに発言している》他の人の
場合なら 問題が生じましょう。




★ ピカソ
☆ については ただの絵の具の塗りたくりだと思っていることを
お断りしておきます。





ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/29 19:19

no15のお礼で


「質問をもしています。」
って何だよ。
自説の開陳なら自分のブログでやれよって話。
迷惑かけてる自覚がないのがあんたが嫌われる原因で、
おそらく実社会で活動の場がないんだろうなと思わせる点なのです。
---
わたくし個人的にはあなたはそのままでいてくれた方がメリットがあるのですけどね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

☆☆ (№15お礼欄) ~~~~~~
★ 学ぶべき事のない人間はいない。
☆ と思うから 質問をもしています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ つまり 《もう学ぶべきことは無くなった》のではなく そうではな
く どこまでもまなんで行きたい》と思うから 回答をするだけではなく 
質問をも しています。



そうしてまた 質問者として みなさんから寄せられた回答に対してお礼
欄でコメントを書きますが その場合は あたかも:
☆☆(№14お礼欄) 撞かれた具合いに応じて 鳴る鐘です わたしは。
☆ というふうに説明しています。


何か意図をもって発言しているのではなく 基本としては 相手つまり回
答者の回答内容に応じて わたしはわたし自身の鐘をひびかせている。
――という意味です。

鐘のほうから 自分勝手に成り出すことは 基本的に ないんです。




さらにそして このことは 回答者となって回答を書きこむときにも同じ
です。つまり つねに 撞かれたときにわたしという鐘は鳴ります。



★ 自説の開陳
☆ と言われますが これは――そう見えていたとしても ことの本質と
してそうではなく―― 相手の所説に応じてこちらの見解を打ち出してい
る・・・ということです。

ここで《相手》というのは 具体的に誰々の発言であったり 世間一般の
常識であったり あるいは学問としての定説やまた新説であったりすると
いうことです。

わたしの振る舞いは 基本として つねに受け身のものです。

お礼日時:2019/08/29 13:46

全く役に立たない人間はいない。

学ぶべき事のない人間はいない。
だからお互いに発言が続くのかもしれませんが。
ともかく自分が上、教える側なんだから、偽装して質問する側、つまり教えてもらう側を装うのはやめなさいという事ですよ。miyaさんの言ってることもたぶん似たような事だと思う。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

★ 学ぶべき事のない人間はいない。
☆ と思うから 質問をもしています。

そして 前回の№14にしるしたすがたがあります。



ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/28 15:41

もう僕の回答は無視して下さって結構ですが、


いま、回答no8の補足に気づいたのでその旨カキコします。
これをそのタイミングで読んでいればその後の流れがかわったかもしれません。
---
あああなたは質問のフリをした布教活動をしてるんだ、とね。
自分の思想の宣伝。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

撞かれた具合いに応じて 鳴る鐘です わたしは。




ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/28 15:39

手取り足取りを相手に求める甘え。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

誰にでもそれが必要なときはあるさ。



ご回答をありがとうございます。


それに アマエは 必要ですよ 誰にでも。

それがないと 寛い心になりにくい。

お礼日時:2019/08/28 15:36

永遠の反面教師。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

予告編ではなく 本番・本編をどうぞ。




ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/28 11:51

自分の質問にあまり回答がつかない本当の理由にお気づきではないようだ。

あなたは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

予告編ばっかり。





ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/28 11:37

無理ですよ。

あなた。
あなたは自分の守備範囲が狭い。
そこから外れるととたんに返しが弱くなる。
力むなよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

★ 返し
☆ にあたいしない。という判断です。



ご回答をありがとうございます。

お礼日時:2019/08/28 10:25

>意志や心を踏みにじった場合には そのことの内容を明示しまた しかるべく


批判し そうして放っておきます。

やっぱり失礼な奴だったか。
そりゃ自分だろ。
さすが私の鑑。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

一般論。

お礼日時:2019/08/28 09:05

あなたに成長がないのはいいんだ、だってあなた自身でそれを選択してるのだから。


でもあなたとやりとりすると私の成長にはなります。
こういう不公平な関係を続けて良いのか考えものです。
私はこれからも思ったことを正直に書きます。
あなたはそれを拒否することが出来ます。
拒否の意志は誤解のない明瞭な方法で表明お願いします。
この回答への補足あり
    • good
    • 2
この回答へのお礼

意志や心を踏みにじった場合には そのことの内容を明示しまた しかるべく
批判し そうして放っておきます。





★★(№7) ここでのあなたの言動を見る限りは、
人格的に幼稚、
実社会での活動が乏しく世間知らず、・・・

☆ といった判断を下しているなら――つまり おまえのかあちゃん 出べそ!
と言ったなら―― その中身についての説明責任が おのづと生じるのです。

誰もが互いに 無条件で 平等であり対等であるからです。

なぜ 表現は自由か? ということです。



自由に表明された命題(判断)は 相手も なぜそうなるかと考えることに
なります。

でも すでに先に言った者がそのとき同時に その理由を考えた上で その
理由説明をしているというのが 自由で平等な市民であるとなります。
(互いに生きやすくするためです)。

良心にうったえるまでもなく おとなであるなら 当然のことなのです。



ご回答をありがとうございます。





わたしは ここでは 質問者としての〔応答の〕責任を果たすまでです。

応答することがむつかしい場合――冒頭にしるしました――には 応答を断
念せざるを得ないときがあります。

お礼日時:2019/08/28 06:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング