【お知らせ】まとめて検索などの提供終了

嫁が収入面で扶養外れてるんですが、税金対策に子供達の扶養もこっちから外して嫁の扶養扱いにしてとの事なんですが、税金対策としてはどちらでも一緒な気がするんですが、少しずつでも変わるんですかね?

A 回答 (7件)

収入の多い方にした方が得です。

それは、税金が安くなるのは、収入が多い人ほど支払っている税金が多いので、税金の戻りも多くなります。

これは扶養に限らず、医療費控除も収入の多い夫か妻に纏めた方が得です。 生計が同じなら夫婦どちらにしてもokです。

医者に良く行かれる場合は確定申告をすると、連動して地方税も翌年割引になる場合があります。 現在は確定申告はマイナンバーカードを所持していたら、スマホからでも医療費控除の申告はできるので、おススメします。
    • good
    • 0

奥さんの収入が、貴女より高いか、奥さんの会社での扶養手当てが、貴方の所得控除のメリットより多いからでしょう。


いい、嫁さんもらいましたね。
これしとくと、離婚するとき、会社に改めて言わなくていいので、楽チンです。
もしかしたら、健康保険も、奥さんの会社に入れてたら、計画離婚ですよ!
大丈夫ですか?
    • good
    • 1

税金対策なら 収入の多い方へ扶養として入れた方が得策。


ただ
扶養と言ってもいろいろあって
健康保険だけの扶養なのか そうでないのかでも違いがある筈です。
何の扶養なのかを言わないと回答も難しいですよ~。
お国はとるものに関しては黙っているけど
渡すものに関しては非常にややこしくしているのです。
だって
渡したくないんだから。自己申告しなきゃ渡さないってしとけば
面倒でわけわからないほど自己申告はしませんからね。
詳細をできるだけ詳しく伝えないと
どんな扶養なのかどんな控除なのか正確に伝える事は出来ないのが現実なんです。
    • good
    • 0

これだけの情報で、どういう回答を望んでいるのでしょうか。


回答者側が、各種のケースを想定して、回答をしろとでもいうの???
    • good
    • 0

夫婦のどちらのほうが所得が多いのでしょう?


所得税率が5%と10%の人がいれば、10%の人が扶養に取るほうが節税になります。

児童扶養手当は夫婦の主たる生計維持者に支給されますが、誰が主たる生計維持者かは収入、税扶養、健康保険扶養などで総合的に判断されますが、今回のような例では妻が希望すれば支給対象者が変更になる可能性もありますね、
    • good
    • 0

>変わるんですかね?


はい。変わるケースがあります。

ご質問の状況だと、
今年12月までの奥さんの収入が少ない場合で、
お子さんが、16歳未満の場合なら、
奥さんの住民税が非課税になる場合があります。

16歳未満のお子さんでは、所得控除はないのですが、
●住民税非課税条件の計算で家族数にはカウントできます。
お住まいの地域によって変わります。
参考
東京都23区
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.htm …
徳島市
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/faq/zei/ …
北見市
https://www.city.kitami.lg.jp/docs/1908/


例えば、16歳未満のお子さんが2人いて、
東京にお住まいの場合
35万×(本人+お子さん2人)+21万
35万×3人+21万=126万の合計所得
給与収入換算で206万未満なら、
奥さんの住民税は一切非課税です!

また、
35万×(本人+お子さん2人)+32万
35万×3人+32万=137万の合計所得
給与収入換算で221.6万未満なら、
奥さんの住民税の所得割は非課税です。

このことで、就学支援金や医療費助成に
有利になる自治体が結構あります。

具体的にお知りになりたいのであれば、
①奥さんの今年の収入見通し
②お子さんの年齢と人数
③お住まいの地域(市レベル)
④ご主人の収入
といった情報をご提供下さい。
    • good
    • 1

収入の多い方の扶養にすると多少ですが得になるかもしれません。


累進課税方式なので、収入が増えると課税がグッと増すのです。そこで扶養控除で減らすと課税対象が減って税金がグッと減る。 のですが、実際はランクもあるので変わらないかもしれません。
具体的には 税務署で相談するといいでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング