出産前後の痔にはご注意!

こんにちは。平成25年から、「高校の英語の授業は英語で行う」ことが基本となったようですが、色々問題があるようですね。先ず、英語で授業を行えるだけの力量を持った教師が不足していることと、たとえ、英語で授業を行ったとしても 理解できない生徒が続出することです。

しかしながら、教える対象となる言語を使ってその言語を教えることなど、日常茶飯にどこででも行われています。

例えば、いろいろな言語を話す日本語がわからずに日本に来た人たちに、日本国内で日本語を教えるときには、もっぱら、この日本語を使って日本語を教える、という方法がとられます。それができる教師もいれば、できない教師もいるわけですが。

それよりも何よりも、海外の英語教育など、すべて英語で行われていますよね。そこで何も問題は起こっていませんが。

外国語教授では翻訳することを初期に、あるいは、最初から取り除いたら、その外国語学習は自然に行われることになります。

ただ 翻訳を通してしか英語を理解できない人には、外国語教授の「プロセス」はわかりにくいんだと思います。

そして、今まで日本語を使って英語を教えてきた学校の英語教師には、英語を使って教えるためには、発想の転換が必要となってきます。それは、現場の教師が、研修会に行くなりなんなりして、自己啓発していくしかないのではないでしょうか。

教える対象となる言語を使ってその言語を教える、という教授法は、別に珍しいことではありません。学問的に確立した教授法です。いくつも種類がありますが、基本は、学習者に意味をわからせる、ということです。

ところで、ちょっと面白い現象が起こります。中級、上級になった段階で、むしろ、訳語を使う方が早くて正確な場合があります。ただ、文を訳す、ということは、どの段階ででも、起こりません。


そこで質問です。従来の文法と訳読法に固執している人は、生きた言語を教える教師としてのセンスに欠けるか 怠慢だと思うんですが、みなさんは いかがお考えですか?

A 回答 (7件)

きちんとした現地発音を教えることの重要性、ということに関して。



大阪もこんなです。新幹線内でのアナウンスは外国人乗客への利便としてまだ認めます。

が、「じいちゃん、大阪はオーサカじゃなくて、Osaka っていうだよ、学校でAETが言ってたよ。じいちゃんは遅れてるね~」

https://www.google.com/search?q=%E5%A4%A7%E9%98% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先程のリンクは無視してください。
英語はまだいいけど、英語を中国語にして聴いてみてください。東京も大阪も全く発音が変わってしまいます。中国人と英語で会話して
" Among big cities in Japan, I prefer Daban to Dongjing."
なんて言われたら 分からなくなりますよ。

お礼日時:2019/08/25 16:33

文を訳すことなく、且つ「中級、上級になった段階で、むしろ、訳語を使う方が早くて正確な場合があります。

」という事実をお認めになるのでしょうか。

訳した結果が「訳語」なので、訳さないで「訳語」がある? ちょっと意味不明な展開ですよね。
    • good
    • 0

きちんとした現地発音を教えることの重要性、ということに関して。



この点については、外国人にも「日本語の名前」をきちんと日本語として発音するよう教育してほしいものですね。ただの例ですが、「東京」をこんな風に発音してほしくない。という意見があっても当然な気がします。
日本人教師は日本の学校で「東京」を、このように発音する日本人の子供を育てるべきなのでしょうかね。


https://www.google.com/search?ei=PephXdbsBtLVmAW …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>この点については、外国人にも「日本語の名前」をきちんと日本語として発音するよう教育してほしいものですね。ただの例ですが、「東京」をこんな風に発音してほしくない。という意見があっても当然な気がします。
そんなのまだ可愛い方ですよ。
こちらを聴いてください。
https://www.google.com/search?ei=PephXdbsBtLVmAW …

お礼日時:2019/08/25 16:25

どうせやるのでしたら英語だけでなく全科目にすぺきでしょう。


ただし対象は希望者だけ。全生徒に対してやらせるのは税金の無駄遣い。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

所謂 イマージョン教育ですね。まあ、一理ありますね。英語だけを英語で習っても 科学文献を読むには
厳しいですからね。フィリピンなんかは それに近いです。でも、国語(タガログ語)とか 自国の歴史とかは タガログ語で習うそうですが...

お礼日時:2019/08/25 16:23

英語を初めて学ぶ外国人に英語で教えることはまったくナンセンスです。

学校で先生がゆっくりと繰り返し話してくれたとしても、理解できないものは何百回聞いても理解できる道理がありません。理解できたとしても一部分だけで完全な理解するのは到底無理なことです。 一部分の理解を積み重ねていけば少しずつ進歩していく可能性はありますが、常識ある賢明な人なら明らかに非効率な学習法であると思います。学習の進歩速度が遅いだけでなく、理解が不十分なことにより間違った理解をしてしまう危険性すらあります。

幼児は文法とは関係なく感覚として英語を受け入れるから英語が身につく、だから日本の学校でもそのような方法をとるのがいいとする主張する人もいますが、まったく非論理的と言わざるを得ません。

当然ですが、英語を母国語とする国の幼児、子供は親や先生から英語で英語を教わります。 小学生ともなれば、ほとんどのことを表現できるようになります。 しかしそれは忍耐強く言葉を教えてくれる親や保護者が常に近くにいて、新しい言葉に対しては子供が既に知っている言葉を使って説明し何度でも繰り返して子供が分かるまで説明してくれます。 そして親であれば子供の拙い表現でも内容を理解し的確にアドバイスすることができます。 子供が母国語を覚える環境というのはこういう環境です。このような環境にいるからこそ幼児、子供は母国語を発達させることができるのです。

翻って外国人はこのような環境下ではなく、未知の言語を母国語の理解を介さずに直接理解するのは不可能とは言えませんが、非常に非効率な方法であるのは明白です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

#2さんの意見とは全く正反対のご意見ですね。

お礼日時:2019/08/25 16:16

英語を外国語として教えるとか学ぶなら、すべて英語で行うべきと信じています。

現に、日本にある米系B英語学校では、入学したばかりの生徒に挨拶や自己紹介から英語で話しかけ、生徒の理解があろうとあるまいと、まず絵(万国共通)を示して名前(名詞)を言って繰り返します。おそらく、たとえば、海でアメリカ船に救助された、昔のジョン万次郎のような状況なのでしょう。まず名詞の名前から始まり、動詞に拡張して行きます。このような教え方をすれば、英語だけで何とか行くものです。そこでは文法は皆無です。日本人の赤ン坊に日本語を初めて教えるのも同じでしょう。また始めから文法は教えません。いわゆる赤ちゃん言葉ですが。

ところが、日本の教育で日本人教師が英語を教える場合は、まず先に、翻訳、単語帳(英語・日本語対訳)、文法、になってしまいます。意味の理解は英語そのものではなく、まず直訳(という名称の特殊な日本語)してから、それをもとにして、言わば直訳という中間言語で行うのです。一人で文章を読むような場合はまだ良いのですが、会話となると応答時間がかかり過ぎてしまいます。
さらに日本人の特性なのか、細かいところに拘るのが好きな先生が多く、どうしても文法(英語学)に走ってしまいます。英語の専門家でなければならないプレッシャーのもとで、話せないからこそ、文法や直訳に走るという背景でしょうね。
今の英語の先生は、それで良いという文科省の基準で採用されたので、センスに欠けるとか怠慢(本人はまじめで努力している)とまでは言えないでしょうね。必要だと思う人は、上にあげた英語ネイティブ教師に直接教わるのがよいでしょう。現在の英語教育を責めても、直るまでに10年とか20年とか、それ以上は続くでしょう。
本当の英語を身に着けたい場合と、日本人として常識的なレベルの英語で十分という人は分けてよいと思います。地域によって一生、英語と無関係の人々もいますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

よろしかったら、こちらの掲示板もご覧ください。

https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs

お礼日時:2019/08/24 15:32

みなさんは、以下のスレの質問では、そこまですることに難色を示されていたように思うのですが、


——-
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11261142.html
英語由来の外来語や人名は日本語で喋る時も英語で発音するべきですよね?
-------

英語教育が英語で行われるようになるなら、外来語も人名も英語の発音のままで話すようになるのでしょうね。わたしも自己紹介のときに名前をカタカナでいわなくてすむようになります!これはうれしいことです。

心配なのは、英会話ができる日本人の英語教師って、ホントにいるのか、っということなんですが。作文ができても発音ができないと、イタイです。教師にとって最大のプレッシャーじゃないでしょうか。発音なんて気にしない、というなら、英語での英語教育には肝心な効果が期待できないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>みなさんは、以下のスレの質問では、そこまですることに難色を示されていたように思うのですが、
英語は英語、日本語は日本語です。漢字は中国から渡来した文字ですが、日本で使われている漢字を
中国語読みする必要がないのと同じです。ただ、中国人の名前を日本語読みするのは 問題がありますね。
例えば 2016年リオデジャネイロオリンピックの女子卓球シングルで金メダルを獲得した 丁寧選手。
ラテン文字表記は Ding Ningです。
それで、オリンピックの場合、選手の名前は テレビ中継では ラテン文字表記が主流で、これは 中国人も例外ではありませんが、新聞では 漢字表記されます。すると、初めて見る人なんかは 丁寧とDing Ningが結びつかなかったりします。

>心配なのは、英会話ができる日本人の英語教師って、ホントにいるのか、っということなんですが。作文ができても発音ができないと、イタイです。
そうなんすよ。gentlemenを ジェントるメンヌと読んでいるようじゃ、英語の発音を分かっていない証拠です。
http://makki-english.moo.jp/2specialnoun.html
https://9200.teacup.com/ingles_555/bbs/486

お礼日時:2019/08/24 06:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング