痔になりやすい生活習慣とは?

一日の糖質量目安について

炭水化物は糖質と食物繊維の量なんですよね?
糖質だけの一日の目安量を知りたいのですがいろんなサイトを見てもごっちゃにしてるような気がしてわかりません。

それとも炭水化物の量が分かれば必然的に糖質の量も分るから炭水化物の一日目安量だけ気にしてればいいのですか?

A 回答 (7件)

推奨糖質量は、体格によって異なりますが170cmの人で280g/日、程度です。


この推奨量は3大栄養素(炭水化物:脂質:蛋白質=5:3:2)をキチンと摂った場合です。

炭水化物全てが糖質では無いのですが、食品毎に炭水化物中の糖質量が決まるので、どちらを使っても良いと思います。
炭水化物中の糖質量=炭水化物-食物繊維

摂取カロリーだけを計算しても意味は有りません。
摂取カロリーとは、食べた食材の持つカロリーの総合計の事です。

食材の持つカロリーは、食材を燃やした時に発生する熱量の事で、どんな食材でも燃やせば熱を発生します。
食材を装置に入れて爆発燃焼させて発生した熱量が、その食材のカロリー値になります。

その値がそのまま人体のエネルギーに寄与するわけでは有りません。
例えばアルコール。高いカロリー値を示しますが、肝臓で全て代謝され、人間の活動エネルギーとしては利用できません。

蛋白質はホトンドが新陳代謝の材料に使われ、活動エネルギーとして利用されるのが僅かです。

人が口にするものは何だって燃やせば熱を発生します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごく深い内容で勉強になりました。

お礼日時:2019/08/24 13:55

目安は1日に


ご飯お茶碗一膳
食パン一枚です
アルコールぬき
主食は、豆腐、納豆、野菜、ヨーグルト
    • good
    • 1

一日の糖質量の目安?。


そんなものは初めからないよ。
これはそれぞれの民族によっても違いがあり、同じ民族の中でも違いがあるのだから。
で、もともと日本人は「農耕民族」なので、昔から「糖質中心」の食生活が多かったんだよ。
南方の島国などでは「食事のほとんどが糖質」というところだってあるんだよ。
ところが、最近はダイエット目的で「糖質制限」などと言い出しているが、これには何の根拠もないんだよ。
少し前にどこだかの研究機関の研究では「糖質を制限しすぎると寿命が短くなる」とも言ってるんだがね。
    • good
    • 0

イヌイットの遺伝子が働いていない民族が真似しても意味がないなのに、ケトン食療法はてんかん治療に効果を認められますし、3年前には保険適用にまでなっている。

最近は他の疾病への効果も認められ、対象が拡大しつつあるようです。不思議な事もあるもんだ。

東京女子医大のページでも、「ケトン食療法の全世界的な普及の流れにのって2016年よりてんかん食として保険適応が付与されました。」と書いてありますね。

http://www.twmu.ac.jp/PED/education/nerve-epilep …

意味がない治療法なのに、普及していくってのは不思議ですね。

ちなみに、過半数の医師が「糖質制限」を支持 医師の3人に1人は自ら実行
という記事もありますね。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/seri …
まだ現在のように一般に糖質制限が普及していない2014年のデータですから、2019年現在は8割ぐらいになっていると推測できます。


ちなみに、糖質制限やケトジェニックダイエットが効果が出にくい体質(腸内フローラのタイプ)というのは確かにあります。おそらく医師なら誰でも知っていることです。一部の栄養士やトレーナーでさえ知ってます。で、そういう体質でも根気よく続けることでバクテロイデス群が増加し、ケトジェニックダイエットに適応する体に変わっていく事が明らかになっています。
イヌイットにしか意味がないなんて話はないんですよね。


本かかにかに中途半端に感化されたんでしょうけれど、ケトジェニックダイエットを勧めているのは医者なので、医者にダメ出しをしてみるといいと思います。さすがに医師が医学や遺伝学に疎いということは滅多に無い気がしますが。

水野雅登氏
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会提携医/一般社団法人ビタミン・ケトン療法会代表理事
https://mizunodoc.jp/

宗田哲男氏
宗田マタニティクリニック院長
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334 …

古川健司氏
東京都保健医療公社多摩南部地域病院外科 医長
http://tokyoketooncology.kenkyuukai.jp/special/i …

渡辺信幸氏
こくらクリニック院長
https://logmi.jp/business/articles/106551
https://www.hmv.co.jp/artist_%E6%B8%A1%E8%BE%BA% …

ケトンダイエットが意味がないということは、大多数の医師がヤブ医者だという話になってしまいます。

あと、不思議な事にイヌイットにしか効果が無いはずなのに、僕が試したところ尿中ケトン試験紙でもケトーシス効果が出ており、減量効果と、アレルギー性鼻炎の症状消失、逆流性食道炎の症状消失、トレーニング時の持久力向上といった効果が出てしまいました。僕はイヌイットだったのでしょうか。
    • good
    • 1

ケトン体(式)ダイエットとはどう言う事を指すのか、医学・遺伝学を解ってなくて言ってる人が実に多いので一言。



イヌイットの食生活を調べて最初に発表した人の内容を、そのまま物真似として流布した結果です。

今の研究結果では、イヌイットの人達にのみ特定の遺伝子が働いている、と言う事です。
その形質が代々子に引き継がれている訳です。

その遺伝子が働いていない民族が真似しても意味が無いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごく深い内容ですね。勉強になります。

お礼日時:2019/08/24 13:58

商品によって栄養表記のフォーマットは様々ですね。


最近は糖質と食物繊維を別々に書いているものも多いけれど、炭水化物とだけ書いてあって、そのうち糖質が何グラムなのかわからないものも多いです。こればかりはどうしようもありません。想像するしかありません。

1日の糖質目安量は、ダイエット方法を考えた人によってバラバラです。
医学的には糖質は0gでOKです。昔は必須栄養素だと考えられていましたが、今では厚生労働省の栄養摂取のガイドラインでも、必須栄養素ではなくなっています。
脳の栄養素はブドウ糖だけではないので、糖質を摂らないと脳が働かないなんてこともありませんし、糖を摂らないと赤血球が働かないということもありません。たんぱく質さえ十分に摂っていれば、たとえ糖質をまったく摂らなくても必要に応じて体内でブドウ糖は作られるため、食べなくても体内で糖質が不足するということはありません。

むしろ糖質の摂取量は少なければ少ないほどよいです。糖質が全く入ってこないと、体内で糖質では糖質を使わなくなり、ケトン体という脂肪から作られるエネルギー源を利用する状態に切り替わるためです。

これをケトジェニックダイエットと言います。一番効果がある、厳しい糖質制限です。
そのような状態を目指すには、1日に25g以内が理想です。糖質1割:たんぱく質2~3割、脂質6~7割がベストな割合です。このように厳しく糖質制限をして数日~1週間ぐらいで、ケトジェニックな状態になります。

糖質制限マクロ栄養素計算ツールというのがあります。
こちらのサイトで、身長や体重に合わせた具体的な糖質・脂質・タンパク質の摂取量の目安を調べることができます。
https://dietshokuji.com/macro-calculator/

糖質を減らすだけでなく、タンパク質や脂肪まで減らす人が多いですが、体調を崩したりダイエットに失敗したりするので絶対にやってはいけません。糖質は必須ではありませんが、たんぱく質は超必須栄養素。脂質も、痩せるためには多めに摂取しなければいけません。


糖質制限を提唱している医師はたくさんいて、みんな好き勝手に糖質摂取量の目安を決めています。が、ゆるい糖質制限でも1日130g以内が良いと思います。それ以上摂るような糖質制限は、まったく糖質の制限になっていません。
コンビニのおにぎりは1個で35gぐらい糖質が含まれていますから、130g以上糖質を摂って良いとなると、1日におにぎり3個以上食えます。それ以上食べてたら糖質制限でもなんでもありません。普通ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

タンパク質了解しました。
ホエイプロテイン最近購入したので頑張ります。
今まで炭水化物は一日300g以上は取っておりここ2か月は200g以内に抑えてましたがもっと絞らないとですね。

お礼日時:2019/08/24 13:57

摂取エネルギーだけ気にしていればほぼ大丈夫です。


代謝量より摂取エネルギーが多いと太ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱそうなんですかね。

お礼日時:2019/08/24 13:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング