『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ベートーヴェンが障害を克服して所謂神の領域に近かった。
晩年の作品は聴けばわかります。
感じられる事は素晴らしいと思います。
もう古典ですがこのような曲に対してどのようかイメージが湧きますか?
お伺い申し上げます。

質問者からの補足コメント

  • 障害を克服してない方はこれを聴いても分からないでしょう。ベートーヴェンがわかりやすく作曲してくれました。

      補足日時:2019/08/29 17:58
  • ベートーヴェンは偉大な作曲家で楽聖と言われてます。耳が聞こえなくなりどれほどの苦労があったかその後達した境地の音楽を作曲してます。
    凡人にはわからないと思います。
    クラシック音楽も分からない回答者がいて詭弁を展開てし困ります。

      補足日時:2019/08/29 22:21

A 回答 (2件)

ごめんなさい。



ベートーヴェンが障害を克服したという認識が無いです。

聴覚障害があり、通常、旋律を奏でたり、作ったりは不可能に近い。

それを、空気振動で、感覚として捉え、作曲・演奏出来た、天才という認識。

あなたの、価値観・思想に共感出来ない、愚かな僕を、許してください。

僕は、下肢障害2種3級、要介護3の人間です。

ベートーヴェン、ショパンは、好きで、聴いてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2019/09/19 13:34

人間は全員 神の子です



ベートーヴェンだけで無く 誰もが神の領域まで達せる
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。ただし障害を負ってどれだけ苦労したかはわからないでしょう。神の子と言う言葉でそれ以上言わせなくするのはいいどうかと思います。人は皆違います。

お礼日時:2019/08/27 16:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング