ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

不幸過ぎる人生で
ここまで不幸な人間は自分が恐らく日本有数だと思ってます。
自殺未遂引きこもり非行施設収監育児放棄湖捨てられる
一年間バイトしながら学校に通い一日12時間勉強しても
偏差値2しか上がらず進学断念バイトではミスが多く
店内歴代一位と言われ塾でも市内でも有数の落ちこぼれと言われ塾辞退100回超える学校に通ってるにも関わらず不登校の学校に学力のなさから進学発達障害と診断されスチューデントアパシーにその後に仕事やるか引きこもるか
幼少は家出虐待の繰り返し犯罪行為に走り
ハンコを三度以上押し評判も悪く
遺伝で不健康体型のため心配されていじめにあい
親元を離れる予定
弟は肌が荒れ難病持ち自分はホクロが多く発達障害持ち
兄はニキビが多いが特に問題なし
だがやはり問題ある輩が産んだらとんでもないことが起きるとシミジミわかり中学の頃から恋愛や結婚しないと決断して独身状態長く続くその為性欲はもうなくなり
食欲と睡眠欲しかなく
何のために生きてるか自分の生きる為に生きてるに違いはないが相談など繰り返しても知ったか野郎に適当なアドバイスされるだけでどうやって生きていこうか
勿論仕事障害者雇用で生活保護受けながら独身で生きる生き方するしかない可能性も高く
二年後生きてるかわからないです。
障害が生きてるのは誰よりもこんなんだがその分お前なら生きていけると言われて作られたかもしれません。
落ちこぼれの日雇い労働や漁業や介護や運送や倉庫内作業や
清掃や農業やボランティアや配送など10代から経験するも人一倍ミスが多く今後仕事やって成人後も一人でやっていけるか不安でもう死んだ方が楽だなと思いながら生きています。
本当に人生って不平等ですよね?
不幸な相談もこれ以上相談しないようにしますが
誹謗中傷はいらない
刑務所で暮らす方がマシか
中東アフリカ東南アジア南方圏で暮らす方が幸になれるか
何か生き方のアドバイスください

A 回答 (13件中1~10件)

まぁ、大概の人はクソ人生です。



でも良さげに見えますか?
そう見えるだけです。

また、質問は悪い部分ばっかり書き連ねてるけど
今度は良い部分を書き連ねては?

それと、どんな人でも適性という
ものがあってどこかしら仕事が
できない部分がある。

オールラウンダーって
なかなかいないよ。

発達障害ならば発達障害支援センターに
相談して職業評価検査を受けてみては?

どんな仕事が向いているのかが
わかる。

自分の強みを正確に把握していこう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどです

お礼日時:2019/08/30 04:38

以下は私の目で見てあなたに関係ありそうな「自閉症ではない」後天性の障害名です。



発達性トラウマ障害の説明は「いつも空が見えるから」のhttps://yumemana.com/labs/dtd/から一部、情報を引用しています。

①発達性トラウマ障害
(Developmental trauma disorder)

■幼児期に普遍的な愛着障害を呈する
■学童期にADHD様の多動と破壊的行動障害が前面に表れる
■思春期にPTSDと解離症状の明確化
■青年期には解離性障害および素行障害へ展開
■成人期に一部は複雑性PTSDに進展

発達性トラウマ障害は「発達性」、つまり成長に伴い、症状が次々に変化して発展していくという特徴を持っています。

この発達障害だと診断されたりPTSDと診断されたり「問題児」という扱いになったりと周囲の評価や診断名に揺れが生じやすい子供(大人)が時々います。そのような人は幼児期に「愛着障害」を体験することが多いようです。愛着障害についてはネットでカンタンなまとめ記事など多いのでご自分で調べてみてください。心当たりがあると思います。

学童期にADHD系(多動、落ち着きがない、忘れっぽい、集中力が続かない)などの問題行動が多かったかどうかは質問内容からは分かりませんが、ご自分で判断できると思います。破壊行動みたいなことをしていたかどうかも、自分で思い出せると思います。

思春期のPTSDや解離症状はあなたの質問文で言うと「スチューデントアパシー」「引きこもり」がそれに近いといえば、近いかなと感じます。解離症状はバリエーションが豊富なので無気力系になるとは限らないのですが、しかし無気力感や不活発性が前面に出る場合もあります。PTSDも同じです。PTSDだからといってウツや無気力が前面に出るとは限らないのですが、あなたの場合、体質に虚弱さがあることもあるし、発達性トラウマ障害のセオリーとして思春期にむなしさや無気力感が出やすい傾向があるみたいなので、それと一致するといえば、してます。

今のあなたの年齢が18歳前後だと推定していますが、だとしたら青年期~成人期に該当します。まだ青年期と言うほうがよいでしょう。上の基準では青年期は解離および素行障害が出てくるというふうになっています。素行障害は「行為障害」という言い方も同じです。以下は少し長いですが、目をとおされてください。

参考:「行為障害」
https://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/f90/ …

犯罪歴が今より若い時期にあったということなので、それが行為障害または破壊的行為というキーワードによく一致しているんではないかと思われます。発達性トラウマ障害の一般基準の時期とはズレていますが、しかし今までの生活歴には行為障害も入っているみたいです。

なお「解離性障害」に発展。というのも青年期の特徴になっていますが、解離性障害ってどういうことなのかとか、今あまりピンと来ないと思います。

解離性障害はネットで軽く検索した程度ではイマイチわからん感じだと思いますが、ベースは人間の防衛本能です。脳疲労やストレスや肉体の苦痛により脳が一瞬強制シャットダウンしたり、ダメージを食らった脳の一部だけが麻痺や休止モードに入り、その他の脳が活動する、というふうに緊急態勢に入ることです。原理はただのノーマルな防衛反応なので、誰の脳にも同じ機能が備わっています。これがないと逆にアブノーマルです。

しかし解離は癖になると、ただボーっとして現実感が消えていったり、幽体離脱みたいな不思議な感覚が強くなったり、幼児退行が出たり、多重人格になったりとアブノーマルさが増してしまいます。幼児期に強いショックを受けたり慢性的に虐待されたりした人は、脳がいつでも暴力を食らうので延々防衛反応を解除できなくなってしまい「解離」が習慣化してしまうことがあります。

私があなたの質問に対して特に注目した最大の理由は「この人は解離性障害の兆候があるんじゃないだろうか?」と感じたからです。

あなたの投稿を見て「解離」を連想する人は少ないと思いますし、あなたも何かの言いがかりをつけられたみたいに思っているかなあという気もします。不愉快であるとしたら大変申し訳ありません。ただ私は面白がって言ってるんではないです。当事者としてはやはり似た特性の人を見たらピンと来るということがあるので、民間人がこういう場で言うにしたらだいぶ越権行為なのは承知ですが、あなたの意識が自閉症にばかり向いてしまっていて明らかに片手落ちであるし、医療機関につながってる気配がないんで、あるていどズケズケ指摘しといたほうが、いいのかなと判断しました。

いつか医者にかかる日が来ると思います。イヤダと思ったってそのままだったら悪化するんで行くしかなくなります。でもそのときあなた自身が「自閉症」しか言えない人だったらあなたには正しいケアが与えられない可能性もあるので、今のうちに覚えておく方がいいキーワードを書いています。

>成人期に一部は複雑性PTSDに進展

上の「複雑性PTSD」というのが私が先の投稿で書いた「CPTSD」のことです。

「発達性トラウマ障害」は一般的な概念ではないので、医療機関でこの病名で診断されることはまずないと思います。医師たちもこの問題を重視しはじめているので、あなたが今後長い人生を歩むうちには「発達性トラウマ障害」を正しく診断でき、ケアを行える医師や心理士とめぐり合うかもわかりません。関連書籍などは出版されているようです。関心があったら書籍を読んでみられるのもいいと思います。

しかし現在の日本では、あなたに出来るだけ正確な診断名を与えようと精神科医が努力した場合「PTSD」あるいは「CPTSD」になる確率が一番高いとおもいます。その次に、うつ病または解離性障害の疑い。というビミョイ診断名がサブタイトルでついてくる気がします。

あなたがこだわってる自閉症とかはまた別件です。それも診断アリですが、自閉症は病気じゃないんで、自閉症は治すのではなくてただ尊重するという方向で介入するだけです。

その他、反社会性障害、ボーダーライン(境界型人格障害)、あたりもあまり良心的ではない医者だったらあなたに診断名として与えてしまう可能性が少しあります。しかしそれはあなたを幸せにしないし、治せない医師がつける診断名です。

「自閉症」という診断はいつどこで誰にもらったのか、自閉症の詳細な内訳などが今手元にあるのかも定かではないのですが、出来たら教えてほしい。何歳のときにどういう検査を受けて「自閉症」といわれたのか。それはウソではないと思うけど、アバウトすぎる診断名です。発達検査を受けたらデータが詳細にもらえます。あなたが幼い時期に診断を受けたせいで、自分で詳細な検査結果をを知らないままでいるのか、詳細を自分で知ってるけど内容は公開したくないのでただ「自閉症」で押してるのか、どちらでしょうか。

またあとで、CPTSDについて別に投稿します。
    • good
    • 0

No.9の続きです。

スーパー事務的に分類処理するやりかたを書こうかなーと思ったのですが、それ書いてみた結果、私の良心がだいぶ痛んでしまったのでいったんそれはやめます笑 

私個人の整理マニュアルでは原則として、今の私(最近の私)が感じている色々な悩みごとや心配事、ストレス、もやもやすることをいったんすべて書き出して「過去」「現在」「未来」に仕分けします。それから改めて「現在」にすべてをヒモつけ回収する、という作業を出来るだけ丁寧に精密に行います。基本はいつでも同じです。

ロジカルには「私」は現在にたった一人しかいない。
だから過去にむかう意識も未来に向かう意識も結局は、現在の私の脳が発信している蜘蛛の糸みたいなナニカだねーというイメージが私にはあります。そういう意味では、意識の方角がどっち向きだろうと意識する内容が何だろうと、その発信源は「現在の私」であることは不変です。なので私の思う未来も私の体験した過去も、すべては「現在の私」のかばんやリュックや洋服のポケットにどんどん入れる、みたいな作業をするのが私の基本的な態度です。

その作業するときは、できるだけ計画的に行うようにもしています。最初はできなかったけど最近はそういうスケジューリングもマアマアできる人になりました。向こう○日間とか○ヶ月間、リアルの人付き合いや仕事のノルマを出来る限り減らすとか、定期的な通院をするとか、金がこんだけ必要だとか、なんなら家の大掃除を一緒に行うほうがいいとか、私の性質や過去をある程度理解してくれてる弟か心理カウンセラーに緊急メールできるタイミングで行うとか、細かく言えばマイルールで決めてることはいろいろあります。

しかし細かいことはさておいてベースの考えだけ言えば、自分の悩みや自分の感覚(苦痛とかも含めて)はできるだけ人任せにしないで自分の手中におさめる、過去も未来も現在の私の意識にきちんとヒモつけておく、それらにヒモつけておいてある程度は飼い慣らす(自分で自分の心の動揺をある程度コントロールする)、情報が増えすぎたら取捨選択をする(ノイズや不要なデータは手放したりいったんヒモを切ってしまい、現在の私の手に負える量まで減らす)、という態度をすすんで採用するということです。

過去を回収するときは未来をそうするときよりは精神的な苦痛や体の不具合が出やすいと思います。やるまでもなく、いやだとか無理だとハッキリ感じたら、その気持ちが大事なんで、当面おこなわないでください。
しかし作業をしない場合も一度それを意識したのであればノートに年月日を入れて「過去回収の作業をしようとしたが、やるまでもなく嫌悪感が出た、頭痛も出たので行わないことにした」というふうに「過去と現在とをつなげることを理性的に行おうとイメージしただけで、ハッキリ抵抗や苦痛が出た」という記録だけはできるだけ取っておきます。

ちなみに、こういう質問サイトもできたら一冊のノートを使って「ネット質問サイト利用記録」という日誌を自分のためにつけておくと効果が上がります。

過去の回収作業は完璧に達成することよりは「過去の回収作業をしたときどういう苦痛が出てくるのか」という調査を軽くやるだけだ、というくらいに考えて、作業しながら何かしら出てくる不具合を書くことを重視されてください。「脈拍が速くなった、呼吸が浅くなった」「頭痛がひどくなった」「涙が出た」とかの自分の体に生じる変化は一番大事なので、作業中はメンタルよりもフィジカル(肉体)の不具合を特に記録してゆくと良いです。

過去の項目は現在にすぐヒモつけしやすいものと、そうではないものがあるので、無理にすべてを現在に回収しようとしないことも大事です。

特に単発の不幸なエピソード記憶は「過去は過去」で完了、終了しているほうが正常ということも多く、たとえば身内の死去などの大きな喪失体験は、葬式という大き目の儀式をすることが多いですね。仏式だったら3年目ぐらいまでは法事が増えます。そのあとは法事の頻度が減ります。グリーフワークをきちんと完了したら遺族の深い悲しみや動揺もだいたい癒えて「過去は過去」で切り離しておくことがカンタンになります。

とくに良質のグリーフワークを達成した場合は、大事な人とのつながりを再確認して別のかたちで強化できるので、死去による寂しさや不満よりは、生前の思い出の品物を丁寧に整理する作業に意欲的になったり、「天国で見守ってもらっているし、私もがんばろう」みたいに思うことが増えてゆき、安定して日常に戻ってゆきやすくなります。

不幸の単発エピソードが現在の項目にすぐリンクする場合は「グリーフワークができていないまま放置されてるのでただ過去が足枷になっている」という可能性もあるし、グリーフワークの途中段階にあるので過去と現在はからみあっていて今は容易に切り離すべきではない可能性もあるし、良質のグリーフワークを達成した結果として過去の不幸が現在の私に良いかたちでつながっている、という可能性もあります。

その見極めは容易ではないですが、体にあまり無理が出ないタイミングで過去を現在に一度ヒモつけされてみると自分で分かるかもしれません。

あなたの過去をいじるのは良くないので私の例を出すとしたら「過去の不幸」という台紙には「父親から表層的なエリート教育や優生思想、弱者差別、カルト思想を強制されて、いちいち父親に賛成したり、父親が正しい、父親が優れている、と熱心に父親の間違いを支持しなければならなかった件」というような項目が出てくると思います。

私の「現在の不幸」は主観的にあまり悩んでないというか、不幸と感じることは最近そんなに無いといえば無いんですが、父親の後遺症のひとつに男性恐怖症の傾向がハッキリあります。目上の(上司などの)男性に支配されたり侵害されたりしやすいということもよくあるし、暴力をふるわれてすぐに抵抗するとか逃げるというとっさの作業がうまく出来ないという後遺症もあります。

私の例で言うと「父親」という恐怖対象との関係は、リアルの生活では既に関係を切っています。たとえばそういう人物が過去の項目にいた場合、現在に何かの影響を与えているみたいだと感じても、付箋を一枚につなげないようにします。隣に並べておくだけにしておきます。

上の作業が順当に行えた場合、過去の台紙から「現在の不幸」にハッキリヒモつけされた項目だけ注目します。過去の台紙に付箋がまだ残っている場合はそのまま保管します。

書き忘れていましたが、付箋はどんどん移動するので、そのつどプロセスが一段落した状態で付箋がどんなふうになってるか、タブレットなどで写真をきちんと撮影しておくと、あとで記録を見直すときに便利なことがあります。ホワイトボードなどでさしあたりの悩みの整理に何かを書いたり消したりするときも、さっと消す前にいったん撮影すると、あとで便利です。

現在の不幸にヒモつけられた過去の不幸が複数あったら「現在に影響を強く与えている順番」で付箋を並べ替えます。苦痛な順番とか、緊急度高い順番とかでもいいです。自分として積極的に「なんとかしたい、このままではよくない」と感じる順番で並べるということ。ランキングは「あれもこれも一緒くらいイヤ」みたいな評価では話が前にすすみません。堂々巡りの原因になるので、自分の現在の悩みとか過去のトラウマの深刻度は順位をつけにくい、と感じても、かならず優先順位をつけてください。

それらの項目の詳細な内容はあなたにしかわかりませんし、私も詳細を知る気はありません。優先順位の上に来た項目の内容次第で「じゃあ今どうしたらいいのか」を考えて何かを実践することは、あなた自身の知恵や工夫で行ってください。

なお「現在の不幸」にはあなたの生まれつきの性質や、後天性の認知バイアス(思い込みの強いことや、錯覚、偏見など)が色々出てくると思います。それらも最終的にどうするかは自分で決めるだけですが、質問に出てくる幾つかのキーワードは奇遇にも私の人生に出てくるキーワードによく似ているといえば、似ていて笑ってしまいました。

あなたの不幸の出所の1つは過去の人的環境の劣悪さとトラウマ体験の多さなのでしょう。そこは非常に深刻で、医療機関とか専門家のいる場所でなかったら正しい手当てを受けることができないと個人的には思います。ただの自由意志で医療機関を避けているのか受診したくてもできない理由があるのかよくわかりませんが、今の苦痛や不幸は、自閉症であることだけが問題ではなくて、むしろ「CPTSD」という後遺症を放置していることから発生しているように見えます。

しかしあなたの質問には「自閉症」はよく出てくるにしても「私はCPTSDです」という自己紹介がまだまったく出てこない。PTSDさえ、出てこない。なので診断を正しく受けられていないんではないかという気がします。そこが非常に心配だし大問題です。

もうひとつはあなたの強迫観念や固定観念が自縄自縛というかブーメランになってることも命取りです。優生思想、学歴主義、他人との競争、他人との勝負にこだわる、等。

そのへん当事者としてリアルに知ることをもう少し情報提供しておきたいので、また少し間を空けますが、のちほど。
    • good
    • 0

貴方が選んで来た道です


自殺未遂なんて人がさせては居ませんからね
好きに生きて下さいよ
人の意見に従って生きていないのに
何でいまごろ
人に聞くんですか
教えて貰ったとしても
まともにしたことなんて一回も亡いじゃありませんか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なぜそんな事言うのですが
悲しい事を

お礼日時:2019/08/30 04:38

No.8の続きです。



先の作業の結果「虚弱体質/二年以内の死のリスク」みたいな付箋が何枚か出来上がっているとします。その付箋の一つずつの内容を別紙に具体的に詳細に書き直します。

「虚弱」って具体的にどこがどう虚弱なのか?
「二年以内」に何がどうなって死亡するのか?

「より具体的に」「より現実に即した内容に」ということを大事にしながら、自分の現状や未来予測の詳細な輪郭をどんどんシビアにハッキリさせてゆく感じです。感情的すぎたら結局ただ非現実的で乱暴で妄想的な物話しか作成できないので、なるべく理性的な状態を選んで冷静に作業されてください。具体的に書き直す場合の例を今適当に書くと、

虚弱体質→とくに胃が弱い→胃痛や腹痛で食欲不振になりやすい→体重が増えない、栄養不足が慢性的になる→この状態のまま生きていたら栄養失調が原因で身体衰弱して二年以内に死ぬ気がする。

みたいに書きます。しかし書いてみたら、

虚弱体質→働けなくて貧困になる→食べ物が買えない→死ぬ

みたいな話になることがあります。食べ物があれば食べられるしお金があったら死ななくていいという話だったら、健康な人だって全く同じなので、胃弱は死因にまではなりませんね。その場合は「貧困/二年以内の餓死」という付箋か「食料調達のスキルがない/二年以内の餓死」という付箋を作成しなおして「虚弱体質/二年以内の死のリスク」という付箋と差し替えます。

現実と未来の付箋をつなげたものはすべてそのように詳細を書いてもう一度精査し、何かが本音や現実からズレていることに気がついた場合は、付箋の内容や詳細なストーリーを現実に引き戻すように補正してゆきます。付箋と大幅に食い違う詳細なストーリーが出来たらどちらかが嘘なので、自分で本音や現実に即する方を採用して、うそが多い方を捨てます。

たとえ財布にたくさんお金があって冷蔵庫の中にいろいろな食べ物があっても自分の胃が弱いせいで食べ物を食べられないので衰弱死するのだろうな、と感じる場合はやはり虚弱体質がヤバイということなので、死のリスクを下げるには「すぐに内科に相談に行く」とか「大学病院で精密検査してもらい、食物アレルギーを調べる」みたいに内科的にアプローチする必要が出てきます。

一番良いのは、そのように「未来のリスクを下げるには今どうするべきか」というところまで具体的に導き出して「やることリスト」を付箋の内容から作成し、現実に計画的にそれを実行することです。そこは不幸の堂々巡りから足抜けするひとつめの出口です。

最初は1つでも自分の勘違いや誇張など「現実離れの兆候」に気がつけて、その兆候を自力で少し補正して「現実に近づける」という作業を行えたら、自分の発見や修正能力を自分でしっかり褒めてあげます。NGなのは自分を責めることです。しかし最初のうちは、どうしても自責や罪悪感が強く出てくることが多いと思います。他には恥ずかしいという気分や惨めという気分、無力感や劣等感などもいろいろ出てきます。

つらい気分や混乱がいろいろ出てきてうまく調節できないと感じる場合、その日の作業はそこで終わりにしてください。ノートの余白に日付と「頭痛、吐き気、罪悪感が出て作業中止」という風に症状を少しでも書いておくと、あとで大事なカルテになります。

自責や自罰や無力感、惨めさなどが強すぎると、上の補正作業が全く行えないか、がんばって行うと気分が悪くなって吐いたり倒れたり気を失ったりするので、そういう傾向が出てしまう場合は無理しないでください。昔の私がこういうちょっとした内職みたいな作業を精神科でしか行えなかったのは、そういう症状が出てしまいすぎる人だったからです。

①➁③の作業まではそこまで大変ではないので折を見ては習熟されると良いと思います。未来の回収作業もたぶん一人で問題なく行えると思います。しかし補正作業は苦手だったり苦痛がハッキリ出た利する場合は無理にがんばらない、一人で無理に行わない方が良いです。いまの自分に出来る範囲での作業をして達成感や整理された気分を何かしら味わえたら、そこでやめる方がいいと思います。本末転倒にならないように注意してください。作業速度も1日で無理なら1週間、1ヶ月かけてやり遂げると考えます。

作業に何回か取り組んでいてあまりにも「死ぬ方向の感覚」ばかりが強化される場合は「病みすぎ」なので、医者の助けを早めに借りて早めに治して早めに自立する、というほうが、人生あとあとラクだと思います。

もう1回投稿をして「過去」の仕分けのもう一段階細分化するときのヒントだけ書きます。あなたの場合は「過去」が一番重たい情報群なのだろうと思うので余り詳細にどうするかとか言えないですが、普遍則の範囲で書きます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/08/30 04:38

No.7の続きです。

私の方の都合で恐縮ですが、この先の話は何通かに区切りながら投稿します。なるべく減らしますが3通~5通ぐらいに分けて投稿すると思います。

③の作業まで行ったら「未来」に出ている項目を「現在」にいったんすべて回収します。

たとえばですが、質問文のなかで「未来」に分類できそうなのは「二年後生きてるわからない(二年以内に死ぬリスク大)」という感覚がありますね。その未来予測は「現在」に仕分けした付箋のどれかにリンクしています。それを自分で探してください。そして隣にくっつけて並べます。できればその段階で二つをくっつけてしまい、1つの付箋に書き直すほうがいいです。

もし二年内に死ぬリスクの根拠は「虚弱体質」にあると感じているんだとしたら、1枚の付箋やメモに「虚弱体質/二年以内に死ぬリスク大」という風にまとめます。
そうではなくて、貧困だから死ぬのだ、と感じている場合は「貧困/二年以内に死ぬリスク大」という風にまとめます。根拠が現在に複数あると感じた場合は、メインの根拠を1つだけ絞るとしたらどれなのか?と考えて1つだけ選び出し、一対一でヒモつけしてください。

そのようにして「未来」に出てきた項目を「現在」にいったんくっつけて回収します。
いつでも自分の意識は「現在」にあるようにしなければ作業する意味がないので、まとめるときには、未来の台紙に現在の付箋を移動しないように注意してください。
いつでも現在をベースにしておきます。「未来」の台紙は一度付箋をすべて取り去ってカラッポにしてしまうということです。

作業してみたとき、すべての未来の項目は「現在の貧困」に回収されてしまうかもしれないし、すべての未来は「現在の虚弱体質」に回収されてしまうかもわかりません。
何かの項目に集中するというわけでもなく、未来と現実の項目は一対一でまんべんなく結び付けられるかもわかりません。
どういうふうになったとしても自分の気持ちや思考のパターンが見えやすくなります。

もし「現在の何にも回収されない未来」の項目が出てきた場合はそれだけ別の台紙にいったんよけておいてください。

私の書いてるやり方は、私が過去に3年間ほどお世話になった精神科医とワーワー喧嘩しながら行った作業を自分なりにアレンジしているやりかたです。

私は最初これをやるだけでも3時間ぐらいかかりましたし、精神科医と快適な診察室と、いつ倒れてもOKなベッド、などなどが完備されている空間でなければ不可能でしたけど、たぶんあなたは当時の私よりよほど軽度の方なので、だいたい一人で行えそうだし作業も3時間もかからないんじゃないかな。

私は精神科医に「混乱を自力でおさめるやり方のひとつ」として習ったのですが、これ自体は心理療法というほどのなにかではないです。ただの情報整理。会社員だったら何かしら知ってるやつです。なので、もしこういうことの教科書や参考書を探す場合、心理療法系の本にもバリエーション色々掲載されてるのですが、ビジネス系の本やコンピュータの本や統計の本にたくさんあるとおもいます。こうしないといけないというルールは無いので自分に合いそうなバージョンを探せる場合は、それをベースにされると良いと思います。

いったん切ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/08/30 04:37

わが身の不幸を整理整頓、仕分けしてみたことってありますか。


そのやり方いちおうカンタンに教えておきます。

①「わが身の不幸」を思いつく限り列挙する。
 ノートに直接書くと、あとで一項目ずつ移動しにくいので、小さな付箋紙やメモ用紙の1枚につき1つの不幸を書き込む。

②①の作業がだいたい済んだら、その紙切れをいったん時系列で分ける。

「自分の実体験・過去の出来事」
「自分の性質・今現在の気分・今現在の暮らしの困りごと」
「自分の将来の不安や心配事、未来に対する不幸な空想」

の3つに仕分けする。過去、現在、未来、の3つでそれぞれ台紙を分けておき、①の付箋をペタペタ貼ってゆくということ。

③②の作業が済んだら、過去、現在、未来の項目の数量をそれぞれ小計して書き出しておく。また、その作業を行った年月日の日付をかならず入れておく。問題解決、改善までにそれぞれ何日かかるか何年かかるかというデータを取るため。

ダラダラ同じ愚痴や悩みを繰り返し書いたり訴えたりするだけで堂々巡りするのではなくて、きちんと解決に導くには日付を入れるという態度がとても大事になるので、日付記入を忘れたり無視したりしないように注意する。

この作業に使うノートやルーズリーフを選ぶときはページごとに「日付記入欄」がきちんと印刷しているものを選んで買うと、日付の記入し忘れを予防できる。とくに長期的な悩みを整理する作業をしたときは、作業した月日だけではなくて「年」を必ず記入することが大事。

特に生まれつきの性質などは、一生モノであるので、来年も再来年も同じトラブルや類似の悩みを抱えている可能性がある。しかし正しく介入できている場合は、まったく同じ堂々巡りではなくなり、らせん状にステップアップしていくことが多い。また職場を変わったり、加齢(老化)などで、生まれつきの性質が急に高い評価になったり逆に低い評価になってストレスが一挙に変わるという場合もある。

自分の性質ゆえの悩みは、いつどこで何をきっかけに、どのように変化していくのかを長期で詳細に把握・追跡できるようにしておくと一生役立つ。それを実行するには、すべての記録に必ず西暦年、月日を正確に記入する習慣を身につけておくことが特に重要。


上の①②③をするだけでもたぶんあなたは少しクールダウンするし自分なりの方針を自分で立て直すことが可能です。しかしもう少し、コツを教えておくほうが親切な気もしているので、またあとで続きの作業を書きます。

そんなアドバイスはいらない、自分の欲しいのはそういうことではない、という場合は私をブロックすると良いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほどでは次のやり方教えてくれますか?

お礼日時:2019/08/28 22:36

移住は難易度高いですが、海外へ3ヶ月(渡り歩けば国をまたぐごとにプラス3ヶ月。

ビザの関係でこれ以上は難しい国が多い。3ヶ月よりも短い所も多い。)程度行くだけなら、日本人というだけで実は世界でも有数の特権階級の国に生まれているので簡単にできます。
仮にあなたが、途上国などに生まれていればパスポートを取るだけでも大変ですが、例えば日本へ行くだけでも大使館へ行ったり紹介状を書いてもらったりで数ヶ月かかったりします。実際、シンガポールからマレーシアへ行ったのですがたまたま一緒の宿に泊まっていた人と仲良くなり明日以降と行ったのですが、「僕の国のパスポートでは大使館でビザをもらわないと行けないから最低でも1週間は移動できないんだ。」と言われたことがあります。どれだけ日本人が特権階級かわかるかと思います。例えば、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム、中国、このルートを移動するのに日本人なら基本的にはビザなしでいけます。(現在は異なるかも)しかし、多くの国の出身者はそれぞれの国で相手国の大使館へ行き1週間と手数料を払う必要があります。海外に遊びに行って日本人で恵まれているなぁーと実感したりました。
なお、私の経験上、食事なども美味しいですし、医療水準も高く言葉も通じるし、逆に日本の良さがよく分かってしまったというのが感想です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2019/08/30 04:38

不平等だという観念を変えられない限り、場所をどこに移しても不幸です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんなのわからん

お礼日時:2019/08/30 04:38

海外へ行けば同調圧力から逃れられるわけではないと思いますよ。


むしろ、現地後(マレーシアならマレー語)への同調圧力、また、現地の習慣への同調圧力など日本で普通のことでも海外ではすべてはじめてですので、非常に強い同調圧力がかかるのではないでしょうか?また、途上国では一般的に障害者への支援が行き届いているとはいい難いですしかなり厳しい気がします。

とりあえずは、ワーホリなどで海外で少し暮らしてみてはいかがですか?他にもそこまで本格的ではなくても観光ビザでちょっと滞在したり語学学校へ行ってみるなどしてみてもいいかもしれません。

私自身は障害があるわけではないとおもいますが、海外にいいところはないかとフラフラしていたこともありますが、全体で見ると日本の良さを再認識した気がします。日本以上の国が見つかりません。また、同調圧力については気にしない。これが一番下と思います。日本の場合基本的に給料がしっかりあれば一人で生きていくこともできますし人からとやかく言われることも少ないかと主ます。

ただ、日本での習慣が嫌で海外でくらいしている人も多く居ますし、まぁ、日本なら物価の関係で給料もよく少しバイトすれば海外を体験できますのでじっっ祭に行ってみるのもいいと思います。

なお、資格試験での成績よりも、情報系で頑張るならプログラマーなどになったほうが良いかと思います。また、TOEIC300だと意思疎通がギリギリレベルですのでそれでも海外でやりたいのであれば英語力がなくても通じるようなスキルを身につけるべきでしょうね。私もそのくらいでしたが海外にいると英語力以外が身につきました。また、そもそも英語圏に行かなければTOEICはあまり意味がないと思います。
なお、語学ですが可能な限り日本で身につけていったほうがいいですよ。現地で語学に慣れることはできます(雰囲気でわかるようになる)が語学力のアップにはあまりつながらなかったです。なお、一般論ですとTOEICは300は意味がなく、とりあえずTOEIC500-800はないと意味がないと思います。このくらいあれば英語圏にいれば英語力が自然と身につくかもと期待できます。300では分からに単語が多すぎて、また聞き取れず、文法も分からず英語力の向上が見込めないという感じでした。(これは私の体験談)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スキルつけて移住します
人生変えます

お礼日時:2019/08/28 03:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング