ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

こんばんは。
カード決済で立て替えた場合の仕訳方法について教えていただけないでしょうか。

以下のような仕事を受注しています。
1.ホームページ作成...\50,000
2.ドメイン登録.......\10,000
3.レンタルサーバーの月々の費用の立替え(9月~)....月¥3,000

費用は、12月末に一括で普通預金への入金してもらうことになっています。2,3はそれまで立替えて支払っています。
#その支払いは、個人用の普通預金からの自動引き落としになっています。

自動引き落としの場合、カード会社からの請求書は、利用日が、9/1になっています。でも実際のカード会社からの引き落としは、翌月10/27になります。
この場合の仕訳の方法について教えてください。自分で考えた仕訳は以下のものです。

9/1  (登録料) \10,000 (未払金) \10,000
9/1  (賃借料) \3,000 (未払金)  \3,000
10/27 (未払金) \10,000 (事業主借) \10,000
10/27 (未払金) \3,000 (事業主借) \3,000
12/25 (普通預金) \50,000 (売上) \50,000
12/25 (普通預金) \10,000 (未払金) \10,000
12/25 (普通預金) \3,000 (未払金) \3,000

以下のように、未払金を省いてもいいのでしょうか?
10/27 (登録料) \10,000 (事業主借) \10,000
10/27 (賃借料) \3,000 (事業主借) \3,000
12/25 (普通預金) \50,000  (売上)  \50,000
12/25 (普通預金) \10,000 (登録料) \10,000
12/25 (普通預金)  \3,000 (賃借料) \3,000

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

事業主と会社との関係を多少混乱されているように思います。

10/27にカードから引き落とされた際は、事業主が依頼主に対して立て替えているのであって、会社は何も影響を受けません。12/25に依頼主が会社に振り込んだ13,000円は、会社を経由して事業主に立替代金を支払ったことになります。よって、会社は一時的にお金を預かったということになります。
こんな説明でいかがでしょう?
個人事業主とはいえ、事業に関するお金と個人のお金は明確にすべきであり、個人用のカードの利用はやめましょう。また、税務上の証拠ともなりうるので会社のお金は極力通帳を通して授受しましょう。
ちなみに、前受金は売上代金を事前に受け取るときに使用する勘定で、13,000円は今回の売上50,000円に含まれないため使用不可です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。

言葉では分かっていたつもりでしたが、説明いただいたように事業主借=事業資金ではないのですよね。
とてもよく分かりました。
大感謝です。

青色申告に向けて、頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/12/16 10:04

最初に事実確認をさせてください。


(1)ホームページ作成を5万円で請け負っている。
(2)ドメイン登録、レンタルサーバー代は依頼主の負担
・・・条件が違えば連絡ください。
(3)依頼人の利用開始を仮に12/1とする。

9/1  仕訳なし
10/27 仕訳なし
12/1 売掛金/売上 50,000円
12/25 普通預金/売掛金 50,000円
12/25 普通預金/預り金 13,000円

ドメイン登録とサーバーレンタル代はあくまでも事業主個人が立て替えているため、仕訳が発生しません。ただ、依頼主からは会社の口座に13,000円含めて支払われるため、会社が一時的に事業主のお金を預かっているという処理が実態にあっているのではないでしょうか?事業主が会社口座から自分口座に振り替えた際に預り金/普通預金という仕訳が発生します。
本来であれば、会社名義のクレジットカードを作り利用すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
詳しく説記述していただいてありがとうございます。

事実関係は、合っています。9/1と10/27の仕訳が発生しない理由、利用開始時点で売掛けが発生している点についても理解できたと思います。あと、12/25の売掛金の回収もついていけました。

1点、12/25の預り金についてのみ、再度、質問させてください。
「会社が一時的に事業主のお金を預かっているという処理」とあるのですが、でも実際には、10/27に立替で自動引き落としされたという事実が通帳に残っているので、自分の頭の中では、どうしても12/25に預かったというよりは、10/27に立て替えたものを返してもらったという気持ちがあるのですが、そういうものなのでしょうか?

預り金というとどうも前受金に近いイメージがあるのですが。。。

見当違いのことを質問してしまっていると思いますが、お返事いただけたら、とても参考になります。

#会社名義のクレジットカードを作るというのは、思いつきませんでした。早速、検討します。ありがとうございます。

よろしくお願いします。

お礼日時:2004/12/15 19:09

>12/25 (普通預金) \50,000 (売上) \50,000



9/1 (売掛金) \50,000 (売上) \50,000
12/25 (普通預金) \50,000 (売掛金) \50,000
ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってすみません。ご指摘ありがとうございます。

簿記の本の勘定科目の「売掛金」という言葉は、気になっていたのですが、恥ずかしい話なのでいいたくないのですが、売掛金で扱うためには、掛けで売ったという証拠のようなものが必要だと考えています。

例えば、9/1付けの契約書に、「代金は12/25に支払う」「9月分のレンタル費用は、立て替えます」というような記述があればよいのでしょうか?
それとも請求書の内訳に何らかの記述があればよいのでしょうか?

お礼といいつつ、再質問してしまい、申し訳ありません。

再度、回答いただけたらとても嬉しいです。
よろしくお願いします。

お礼日時:2004/12/15 18:53

10/27 (登録料) \10,000 (事業主借) \10,000


10/27 (賃借料) \3,000 (事業主借) \3,000
12/25 (普通預金) \50,000  (売上)  \50,000
12/25 (普通預金) \10,000 (登録料) \10,000
12/25 (普通預金)  \3,000 (賃借料) \3,000

でもいいと思いますが
(登録料)と(賃借料)は立替金の方が良いのではないでしょうか。あくまでも登録料とかは経費科目なので、ご自分の経費とは区別したほうが後でわかりやすいと思います
仕訳の摘要に○/○ ○○様分と書き加えても良いかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってすみません。

未払金は、使用しなくてもよさそうなので安心しました。また、立替金を使用するとした場合、
10/27 (立替金) \10,000 (事業主借) \10,000
10/27 (立替金) \3,000 (事業主借) \3,000
12/25 (普通預金) \50,000  (売上)  \50,000
12/25 (普通預金) \10,000 (立替金) \10,000
12/25 (普通預金)  \3,000 (立替金) \3,000
という感じにしたらよさそうな気がしてきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/15 18:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社員のカード払いは許されますか?

皆さんの会社は個人のカード利用した領収書の立替払いは許可されていますか?
というのも社員の中で何度注意しても自分のカードで払った領収書で請求してくる社員がいます(営業車のガソリン代高速代、コインパーキング代等)その社員がカードを使う理由は現金を持ち歩きたくないのとカードのポイントを貯めたいという事です。

普通は現金で立て替え、会社に請求するものだと思っているのですが(今まで働いてきた会社では何処も禁止していました)
その社員に利用を禁止を納得させるだけの明確な理由が見つかりません。

世間一般的に会社の経費を個人のカードで立て替える事は許可されている事で構わない事なのでしょうか?

ダメな場合 理由があったら教えてください。

Aベストアンサー

ネットでの買い物のほうが安かったりした場合、
カード決済が必要になります。
しかし、法人名義でカードを作成し経理処理をすると、
経費計上が1ヶ月遅れたりして、面倒が増えます。

以前いた会社では、認めていました。

営業で車を使用するなら、会社の近くのガソリンスタンドと
契約し、掛け払いに出来るように、
専用のカードを作ってもらえばいいんじゃないですか?

会社の社則はどうなっているのでしょうか?
なぜ、禁止になさっているのでしょうか?
もし、そういった規則がなければ、経理部の部長なりが
本人に対して厳重注意するしかないのではないでしょうか。
あとは、その営業の上司にも言って、それでも守らないのであれば、
ボーナスなどの査定に響くと言ってみるとか?

もしくは、クレジットの領収書だと現金が支払えませんと言って、
精算しないことですね。
(そこまで、する必要があるのかどうかわかりませんが)
あなたの上司はどう思われていますか?

Q売掛金に含まれる立替金の仕訳を教えてください。

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。

税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。

Q社員に立て替えてもらっている状態の仕訳方法

社員が、新聞図書費、旅費交通費、事務用品費、消耗品費などに該当する費用を社員が自分のお金で一時的に立替ている場合はよくあると思いますが、
この仕訳はどのようにするのでしょうか?

あるいは、消耗品資産勘定の場合はどうなるのでしょうか?

また、最終的に、社員が自腹のまま会社に費用請求しないままになった場合はどのように処理するのでしょうか?

(非常に基本的な仕訳だと思いますが、ネットで調べてもわからなかったのでこちらにて質問させていただきました)

Aベストアンサー

社員の立替費用は仮払していない時は
支出承認願で請求されてきます。
よって、社員に支払う時点で費用に計上されます。

○○費  /  現金

備品等の資産勘定の場合は
納品(発生)した時点で

備品  /  未払金

立替者に支払った時点で

未払金  /  現金

となります。

「最終的」とはどう言う意味か不明ですが、
社員が請求しなくても、支払うように準備し、引き換えに領収証を受け取ります。
退職され、居所が判らないなどと言うことでしたら、

未払金  /  雑収入

とするしかないでしょうね。

Q代金を立替えた仕入れの帳簿処理のしかた。

海外のソフト会社から仕入れをして顧客へ販売しました。
仕入れの時カード決済だったので個人のカードで支払い
をしました。支払いを証明する書類は、個人のカード利用
明細書しかありません。
この場合、出納帳へは、どのように記載するのが良いので
しょうか?
また、領収書の代わりに個人のカード利用明細書を保管し
ておけば問題ないでしょうか?

次回からは金融機関から海外送金しようと考えています。
説明がわかりずらいかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

次の仕訳をして、会社から現金を支出して、カード決済の口座に入金します。
立替金 **** / 現金 ****

次に、顧客から現金などで回収したら、立替金で受け入れます。
現金 **** / 立替金 ****

いずれも、出納帳には「立替金」として記帳します。

又、個人で立て替えたことにして、出納帳に記帳しない方法が有ります。
個人のカード利用明細書を顧客に渡して、現金を貰い、カード決済の口座に入金すれば処理は終わりです。

領収書の代わりに個人のカード利用明細書を保管し
ておけば問題有りません。

Q会社経費を従業員が立替えて支払った場合の仕訳は?

本来、会社の経費である(例えば事務用品など)を従業員や取引先の人が、
立替えて商品を購入し、月末に会社から、その人に支払う場合ですが、

今までは、事務用品費/立替金として上げていて、月末に会社から返金した時に
立替金/現金  の逆処理をしていましたが、

確か、立替金とは会社側が従業員や取引先の人に立替えて支払った場合のみを言う。
っていうのを思い出しました。

という事は、今回は逆のパターンなので、どういう勘定科目で仕訳をすればよいでしょうか?

初心者で困っています。
皆さんどうか教えてください。

借入金になるのでしょうか?

Aベストアンサー

A会社の仕事の内容よっては従業員が毎日立替払いをする場合があります。そうして従業員はその領収書の金額を業務連絡書に記載して領収書はB5判の台紙に糊付けし業務連絡と一緒に提出して,給料計算締め日迄に提出したものは,給料計算時に集計して支払う。つまり20日締め日で25日給与で加算して支払うのです。

B従業員が単品を立替払いして,
(Dr)事務用消耗品/(Cr)未払費用
へ計上して,月末に
(DR)未払費用/(CR)現金
を起票して支払いをしているのは煩雑で大変だと思います。

Cもし,たまに従業員が立替払いした場合は,
(DR)事務消耗品/(CR)現金
で処理して方が面倒が少ないと思います。

※私の言いたいのは無駄な作業をしないようにする事です。私は大会社の経理課にて検証・検印をしていている立場から感じることです。ちなみに,わが社は発令者(正社員)は立替払いはしない事になっています。未発令(パート)で外出勤務が多い場合の人はAで処理しています。余計なことですが未払費用と未払金は使用する内容が異なるので紐解いてください。参考。

A会社の仕事の内容よっては従業員が毎日立替払いをする場合があります。そうして従業員はその領収書の金額を業務連絡書に記載して領収書はB5判の台紙に糊付けし業務連絡と一緒に提出して,給料計算締め日迄に提出したものは,給料計算時に集計して支払う。つまり20日締め日で25日給与で加算して支払うのです。

B従業員が単品を立替払いして,
(Dr)事務用消耗品/(Cr)未払費用
へ計上して,月末に
(DR)未払費用/(CR)現金
を起票して支払いをしているのは煩雑で大変だと思います。

...続きを読む

Q帳簿および青色申告時の立替金の記載に関して

当方、個人事業主で青色申告を行っています。
基本的に、普通預金で行っていて、現金の取り扱いはありません。
今回、仕事関係者のために、代わりにある商品を普通預金からの振込によって購入して(立て替えて)、後日、立て替えた分をその口座に振り込んでもらうことになっています。
(1)その場合、私は何の科目においてその立替金を使い、後日戻ってくる振込額に関しては、売上ではなく何と書くべきか、分からずにおります。
(2)また、青色申告時、経費の欄には、自分で何か科目を追加して処理できそうですが、振り込まれたものに関しては、売上以外に記入欄はなさそうに感じるのですが、やはり、どこでどのように記載すべきか、分からずにおります。

大変恐縮ですが、以上の2点、ご存知の方がいらしたら、教えて頂けましたら助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

勘定科目は、ズバリ立替金です。
1.支出時の仕訳
借方     貸方
立替金○円  普通預金○円
2.回収時の仕訳
普通預金○円 立替金○円

申告上は、ごらんのとおりプラスマイナス0円です。
決算期をまたがない限り、計上する必要はありません。

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q個人事業主:カード支払いの際の仕訳について

こんにちは。
主人が個人事業主、私は専従者です。
青色申告で昨年は簡易簿記でしたが、今年の申告は
青色申告の特別控除額が上がるとの事で、
複式でやってみようとソフトを使いつつがんばっています。
そこでわからない事が出てきたので、教えていただけると嬉しいです。

事業用のクレジットカードを作っていないので、
すべて個人のカードを使っています。
定期券や書籍、ネットの通信代などその他もろもろ経費となるものを
わりと頻繁にカードで支払いをしています。
その場合の仕訳で、

(例)カード使用日で
旅費交通費 ○○○円/事業主借 ○○○円
というような仕訳で個人が立て替えた形で問題はないのでしょうか?
カードの引落し口座も個人口座です。


また上のような仕訳がダメな場合、やはり一般的な仕訳

カード使用日で
旅費交通費 ○○○円/未払金 ○○○円
引き落とし日で
未払金   ○○○円/普通預金 ○○○円
という仕訳になると思うのですが、個人のカードなので、経費と関係のないものも
含まれるため、金額が違ってきますし、何より個人口座より引き落としされるので、
どうしたらいいのか・・・。

個人のカードを支払いに使っている事がややこしくしているので反省しています・・・。
どうかわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
主人が個人事業主、私は専従者です。
青色申告で昨年は簡易簿記でしたが、今年の申告は
青色申告の特別控除額が上がるとの事で、
複式でやってみようとソフトを使いつつがんばっています。
そこでわからない事が出てきたので、教えていただけると嬉しいです。

事業用のクレジットカードを作っていないので、
すべて個人のカードを使っています。
定期券や書籍、ネットの通信代などその他もろもろ経費となるものを
わりと頻繁にカードで支払いをしています。
その場合の仕訳で、

(例...続きを読む

Aベストアンサー

『もうひとつ教えていただいてもよろしいでしょうか?』
【了解しました。】

『売上が入ってくるだけの口座なので、『事業用』と考えて使っています。これは間違いでしょうか?』
【間違いでは有りません。しかし入金だけでなく、出金も事業用の通帳を通す様にすれば、通帳がそのまま帳簿になります。パソコン会計を併用すれば、伝票レス処理が可能になります】

『クレジットカードの引落としを事業用の口座に変えて、tatuzinさんの教えてくださった仕訳をするというような感じでも大丈夫なのでしょうか?それが大丈夫ならばカードを新たに作らなくてもいいので、とても処理が簡単になるように思うのですが・・・。』
【御察しの通りとても処理が簡単になります。生活費は月に1回程度プライベート用の通帳に振り替えるとか、小口経費の支払は1か月分をまとめて事業用の通帳から出金するとか… 会計処理のルールをシンプルにするだけで、経理業務はとても簡単になります。参考になる部分があれば、是非取り組んで見て下さい。】

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング