セルロースを過酸化水素濃度7.5%の水溶液で酸化分解反応して実験を行っているのですが、別の酸触媒、たとえば塩酸や硫酸を用いて酸化分解するときには濃度を何%に設定すれば反応条件として「触媒をかえたとき」の比較として発表できるのでしょうか?塩酸の場合でも過酸化水素と同じ7.5%でよいのですか?
計算方法等があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 


rei00 です。補足拝見しました。

> 過酸化水素を用いてセルロースを加圧熱水処理して水への
> 可溶化を図る実験を行っている研究室があり、

 その研究室は,「セルロ-ス」を過酸化水素処理しているのでしょうか。それとも,「樹皮や端材」を過酸化水素処理して「セルロ-ス」を得ているのでしょうか。後者の場合,「樹皮や端材」には「セルロ-ス」以外にリグニン(ポリフェノ-ル)等も含まれています。その研究室は,このリグニンを酸化分解して,ほとんど分解されない「セルロ-ス」を得ていると考えられますが。


> 糖類や有機酸などができることは実験によりわかっています。

 どの程度できたのでしょうか。使ったセルロ-スに比べて微量ということはないですか。


> ほかに何かいい溶媒があれば教えていただきたかったのですが、

 今の目的にどうか分かりませんが,先の成書には,多糖の完全加水分解の方法として,「1 ~ 2 M HCl または H2SO4 で 100 ℃,2 ~ 3 時間」が,部分加水分解の方法として,「1% 以下の希酸溶液」や「低温で無水酢酸-硫酸で処理するアセトリシス(加酢分解),部分メタノリシス,部分メルカプトリシス」の語が見られます。詳細はのっていませんので,何か他の方法で調べる必要がありそうですが。


 MiJun さんもご存知のように,この辺りの事は,私よりも専門家(?)がおられるのですが。御覧になっていないのでしょうか。
 

この回答への補足

樹皮や端材中に含まれるセルロースの水へ可溶化をはかる観点からこの研究室ではモデル実験としてセルロースを加圧熱水処理をして水への可溶化の実験を行っています。過酸化水素を溶媒として用いることで、過酸化水素を添加しない場合よりもセルロースの水への可溶化は進行したことも実験によりわかっています。

可溶化したセルロースのカーボンベースによる収率は20~30%程度で、うちグルコースの収率は5%程度とたしかにかなり低いかもしれません。

ご紹介いただいた文献は参考になりそうなので探してみたいと思います。
ありがとうございました

補足日時:2001/08/04 12:25
    • good
    • 0

MiJunです。


少しネット検索してみました。
以下の参考URLサイトでの研究でしょうか(日化では立教大との共同発表も)?

rei00さんの#6の回答のように、反応させたい物質は「セルロース」でしょうかあるいはNIREのように「樹皮」でしょうか・・・?
さらに、最終目的物質あるいは成分は何でしょうか?

さらに補足お願いします。

参考URL:http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/nenpo/h11/2-1 …
    • good
    • 0

 


 rei00 です。私も糖類(特に多糖)はあまり扱っていないのですが。

> セルロースを加水分解して糖類などを得る実験において
> 糖類収率の比較をしたいと考えています。

 セルロ-スを「過ヨウ素酸」あるいは「過ヨウ素酸ナトリウム」で酸化分解すると,バラバラになって「単糖などの糖類」は得られないと思います。「過酸化水素」で反応が進むかどうか疑問ですが,反応が進んだ場合は同じ結果になると思います。

 セルロ-スを分解して糖類を得る事が目的であれば,酸による加水分解だと思います。糖類の酸加水分解については,多くの成書に記載されているように思いますが,「生化学実験講座」などは御覧になっていますか。

 その他にも多数ありますが,MiJun さんが詳しそうですので,私は一つだけ『阿武喜美子,瀬野信子 著「糖化学の基礎」(講談社)』ご紹介しておきます。
 
    • good
    • 0

rei00さんの回答とも関連するのですが・・・?


>セルロースを加水分解して糖類などを得る実験において糖類収率の比較をしたいと考えています。

なぜ酸加水分解反応に「過酸化水素」を選択されたのでしょうか・・・???

補足お願いします。

この回答への補足

糖類などという言い方は、ちょっと語弊があったかもしれません。
過酸化水素を用いてセルロースを加圧熱水処理して水への可溶化を
図る実験を行っている研究室があり、その応用?として樹皮や端材中の
セルロースの有効利用をはかる目的で、その研究室も使用している過酸化水素を用いて水への可溶化を行っています。

過酸化水素を用いて水に可溶化した場合、糖類や有機酸などができることは
実験によりわかっています。

今日、塩酸を用いて同様の実験を行いましたが、それらしき物質は得ることができました。

ほかに何かいい溶媒があれば教えていただきたかったのですが、
自分の実験ですので、いろいろ探求していきたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2001/08/03 21:18
    • good
    • 0

(#1補足)と言うことらしいです。


有機系の反応は大の苦手としていますので、後はrei00さん他専門家におまかせします。
    • good
    • 0

 


 Zincer さんと同じく,実験の意図がわからないのですが,多糖で酸化分解といえば「過ヨウ素酸分解」です。ただ,これは酸そのものではなくて,ナトリウム塩(過ヨウ素酸ナトリウム)を使いますが。

 ところで,セルロ-スは過酸化水素で酸化分解を受けるのですか。反応しそうな所は,還元末端のアノメリック位だけのように思いますが,違うのでしょうか。

 よければ実験の意図を補足して下さい。その内容によっては,追加回答が可能かも知れません。
 
    • good
    • 0

実験内容を理解していませんので定かではありませんが、過酸化水素には酸化力がありますが、塩酸及び硫酸にはありませんので、直接比較する意味はないように思われます。

例えば、過酸化水素による酸化分解反応における酸触媒の影響などを調べたいのでしょうか。あるいは酸化分解反応と酸触媒による加水分解反応の速度を比較するのですか。
酸化性の酸と言えば、硝酸、クロム酸、次亜塩酸等が有名なところだと思いますよ。

この回答への補足

そうなんですか・・・勉強不足ですみません。
実験は酸化分解反応と酸触媒による加水分解反応の比較です。
セルロースを加水分解して糖類などを得る実験において糖類収率の
比較をしたいと考えています。

補足日時:2001/08/02 21:07
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレーヨンの構造式

レーヨン(酢酸セルロース)の構造式を調べているのですが、なかなかでてきません。教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは、、

これ、
http://www.daicel.co.jp/cell_ac/dai_zu2.html
のことですかね。

Q過酸化・二酸化・水酸化

中学の理科を勉強しているのですが、過酸化なんたら・二酸化なんたら・水酸化なんたらが出てくると頭がこんがらがってしまいます。
過酸化と二酸化と水酸化はどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

水酸化: OH^- がある
二酸化: O が 2個ある
過酸化: O2^2- (O-O) がある
例えば NaOH は Na^+ と OH^- にわかれるので「水酸化ナトリウム」です.
CO2 は「二酸化炭素」です. ここの O2 は「O が 2個ある」という意味. 実際には O=C=O とつながっています.
H2O2 は「過酸化水素」. ややこしいですが, こっちは H-O-O-H とつながっています.
「二酸化~」と「過酸化~」は区別しにくいんだけど, 中学校で過酸化水素以外の過酸化物が出るとも思えないですね.

Qデンプンやセルロースの構造上の最小繰り返し成分?

いつもお世話になっています。

デンプンやセルロースの構造上の最小繰り返し成分は何個の炭素原子を含んでいるか、という問題があるのですがこれは構造式を書いて繰り返しになるところまでの炭素を数えればいいのでしょうか…?

でも答えとは違ってしまって・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

澱粉もセルロースもブドウ糖がたくさんつながったものですよね。
澱粉はα-1,4結合の繰り返し、セルロースはβ-1,4結合の繰り返しです。
ということは、最小繰り返し成分はブドウ糖ということになるでしょうか。
ブドウ糖はC6H12O6ですから、炭素の数は・・・

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。

Qメチルセルロースの構造式と水溶性

基本的なことで申し訳ないのですが、エチルセルロースの構造式はセルロースのOH基がOHC3に置換されたものですよね。すると親水性を示す官能基がなくなってしまうので、非水溶性になるような気がするのですが、メチルセルロースはなぜ水溶性になるのでしょうか?
 仕事で必要になったのでなるべく回答を早くほしいです。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

セルロースは分子構造中で(-OH)どうしが水素結合を形成していてこれが分子自体を堅くしているので水に溶けません。
逆にセルロースの(-OH)を疎水性を与えるメチル基(-CH3)やメトキシ基(-OCH3)に「部分的に」置き換えてやると、水素結合が少なくなって水に溶けやすくなることになります。だから普通のセルロースよりもメチルセルロースやメトキシメチルセルロースの方が水に溶け易いのです。

Q次の問題の解き方教えてください! 濃度36.5% 密度1.2g/cm3 の濃塩酸のモル濃度はいく

次の問題の解き方教えてください!

濃度36.5% 密度1.2g/cm3 の濃塩酸のモル濃度はいくらか

Aベストアンサー

質量パーセント濃度36.5%の濃塩酸
溶液質量100gに対し36.5gが塩酸なので約1molが溶けている事になる。
密度が1.2g/cm^3なので、その容積は
100(g)/1.2(gcm^3)=83.333cm^3となる。
モル濃度は、溶質の物質量/溶液の体積(L)なので、
1mol/83.33cm^3=xmol/1000mL
x=12.00mol/Lとなる
答え12.0mol/L

濃塩酸は12N=12.0mol/Lと覚えておくと便利な事があります、
濃度としての規定(N)は今ではあまり使われていません(推奨されていない)が、時々出くわすことがありますね。

Qセルロースの染色

セルロース溶液中で、溶媒に溶けきっていない結晶セルロースを顕微鏡で観察したいのですが、結晶のセルロースを染色できるような試薬があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 セルロースは直接染料、酸性染料で染まりますので、例えば、メチルオレンジとかコンゴーレッドとかの指示薬はありませんか?研究室によってはあまり使わないかもしれませんが、化学系の研究室から貰って来るなんてことも可能では?

Qフッ化水素酸の濃度はwt%?vol%?

実験でフッ化水素酸を使うのですが
容器に書かれている純度(私が使うものは46%)は体積パーセントでしょうか?
それとも質量パーセントでしょうか?

エタノール等の純度は体積パーセントで表すようですが、フッ化水素酸の場合はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

フッ化水素酸や塩酸など気体を溶解させたものはwt/vol%です。
46%ということは、100mLに46gのフッ化水素が溶けている
ことになります。

ちなみに、フッ化水素の分子量は20.01ですから、46%の試薬は
(46/20.01)*(1000/100)=23(mol/L)
となります。

なお、フッ化水素は毒性が高く、皮膚についた場合は容易に
浸透しますので、防護メガネや手袋などをつけて、安全に
十分に注意して取り扱ってください。

Q生野菜のセルロースを破壊するには?

麹漬けに興味を持って本を借りてきたら、
後述する内容の文章がありました。

これまで、
生野菜のセルロースを破壊するには
加熱調理以外に、ミキサーなどですりつぶすか
できるだけ細かく噛み砕くことで
ある程度の栄養は吸収されるのではないかと思っていました。
その本には「麹漬け・加熱以外にセルロースを破壊する方法がある」とは書かれていませんでした。
すりつぶしたり、噛み砕くのでは効果がありませんか?
また、ここにあげた他に生野菜のセルロースを破壊し、栄養分を吸収する方法がありましたら
ぜひ教えていただけませんか?

お詳しい方からのご意見お待ちしております。
よろしくお願いします。


(本の要約)
「生野菜はセルロースという膜で覆われていて、
加熱調理することで破壊できる。
生のままで食べると
人間はセルロースを分解する酵素を持たないため消化できず、
膜を破壊できない。
単に生野菜を食べているだけでは栄養を吸収しにくい。
麹にはセルロースを分解するセルラーゼが含まれており、
セルロースを分解してくれるから
生野菜を麹で漬ける=麹による分解は、煮る=熱分解と同様の作用がある。
また、セルロースは消化に悪いので
生野菜をたくさん食べるとお腹にガスがたまったり、下痢する人もいる。
麹に含まれるセルラーゼはセルロースを分解し、植物性乳酸菌の働きを助けるから
腸内環境もよくなるだろう」

麹漬けに興味を持って本を借りてきたら、
後述する内容の文章がありました。

これまで、
生野菜のセルロースを破壊するには
加熱調理以外に、ミキサーなどですりつぶすか
できるだけ細かく噛み砕くことで
ある程度の栄養は吸収されるのではないかと思っていました。
その本には「麹漬け・加熱以外にセルロースを破壊する方法がある」とは書かれていませんでした。
すりつぶしたり、噛み砕くのでは効果がありませんか?
また、ここにあげた他に生野菜のセルロースを破壊し、栄養分を吸収する方法がありましたら
ぜ...続きを読む

Aベストアンサー

セルロースそのものから影響を吸収したいわけではないんですよね。
セルロースが守っているその奥にある栄養をとりたい、と。

少なくとも全てどうにかなるレベルでは無いんですが、
噛めば多少破壊できる、とは聞いた事があります。
ジューサーでも破壊はできるそうですよ。

ジューサーでドロドロにしてから、
しぼりきったかすを口に含んでみて、
いっさい野菜の味がしないんなら、
全部壊しきって奥の栄養をとりきったはずです。
もちろん、現実的ではないような気もしますけどね。

そのうち食糧難とかになったら、
草食動物の腸内細菌からヒントを得て、
人間の腸内で活動できるセルロース分解酵素を出す
新しい菌でも開発するんじゃないですかね。
そうしたらセルロースそのものから栄養取れますし。

Q二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式

タイトルのとおりなのですが、二酸化硫黄と硫化水素の酸化還元反応式が
どういうふうになるのかおしえてほしいのです。
硫化水素 H2S→2H+ + S + 2e-
二酸化硫黄 SO2 + 4H+ + 4e- → S + 2H2O
ということまではたぶんあっているとおもうのですが・・・
このあとどうやっていけば酸化還元反応式ができあがるのかが。。。
教えて下さい

Aベストアンサー

そこまでわかっているのなら、後は
e-が消えるように2つの式を足し合わせるだけです。
最初の式を2倍して、2番目の式と足せば、
2H2S + SO2 + 4H+ + 4e- → 4H+ + 2S + 4e- + S + 2H2O
両辺から同じものを消して
2H2S + SO2 → 3S + 2H2O
となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報